1: 記憶たどり。 ★ 2018/12/09(日) 14:20:46.69 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20181209/1030006043.html

忠臣蔵で知られる赤穂浪士が主君の敵の吉良上野介の屋敷に討ち入りをした今月14日を前に、新発田市の歴史研究家が、討ち入りが成功した背景に迫る新しい説を披露しました。

新潟大学の名誉教授で新発田市に住む冨澤信明さんは、赤穂浪士や新発田市出身の赤穂浪士堀部安兵衛の研究を7年にわたって進めてきました。

冨澤さんが8日、新潟市で発表した研究成果によりますと、吉良上野介は討ち入りの前の年に、幕府から命じられて屋敷を移るいわゆる屋敷替えを行いましたが、屋敷の周辺には、赤穂浪士の主君、浅野内匠頭にかかわりがある親類や縁者の屋敷が30軒以上あったことが確認されたということです。

冨澤さんは、吉良がこうした場所に屋敷替えとなったことで赤穂浪士が襲撃しやすい環境が整ったとしています。
その上で浅野家と親類で、新発田藩とゆかりがある溝口摂津守が当時、幕府で、大名や重要人物を監視する重要な役職に就いていたことが屋敷替えの背景にあると考えています。

冨澤さんは「親類などの関係を明らかにすることで、こうした縁で赤穂浪士に協力したのではないかと推測できる」と話しています。








3: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 14:22:33.78 ID:cFeU5wlT0
キルゾーンに誘い込まれたわけか
ケネディ暗殺と構図は似てるな

9: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 14:26:36.77 ID:f5WB6Saj0
主君の仇討ちは武士の美徳だしな。
直接手出しはしなくても、助けはするわな。

143: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 15:49:12.00 ID:Qy0ESrjj0
>>9
てか吉良って仇なのかってことすら疑問になってるしなあ

14: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 14:30:01.45 ID:udw/F3/z0
赤穂浪士が討ち入ったのは他藩への再就職が目的なんじゃねーの?

190: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 16:28:57.21 ID:p2hZGnoF0
>>14
んなわけない
喧嘩両成敗の原則からも討ち入った時点で切腹はほぼ確定
再就職できるなんて考えてできる話じゃない

221: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 16:58:14.18 ID:/nGaQTt60
>>190
舎弟の大学が浅野家再興する希望はあったようだが
四十七士にも家族がいて、それらの行く末を考えたかもしれない

16: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 14:31:24.32 ID:R8gs7EM50
成功したのは、赤穂浪士が不意打ちで襲ったからに尽きる。

吉良側は何が何だか判らぬうちに、無抵抗のまま討ち取られた。
陣太鼓も無ければ、名のりもなく、ひたすら殺戮を行った

111: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 15:28:34.20 ID:XYurvcdl0
>>16
戦術的には正しいんじゃないの?
とにかく、親玉を取ることをしくじるわけにはいかないんだから。

156: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 16:06:43.63 ID:UL9Apuyz0
>>16
正しいね、かりに名乗って逃げ出されたら無念だから捕まえてから名乗るのが勝負師の鉄則。
それと長屋のほうには吉良家の家来たちが大勢いたようだが浪士たちに弓と槍で構えられて外へ出れなかったようで、敵勢を把握しにくい夜襲の効果が大きかった。

18: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 14:32:49.21 ID:5oH0dcaD0
当時の法律でいう喧嘩両成敗とは、現代みたいな「喧嘩を売った方も買った方も両方悪い」というサヨク的なものではなくて、「喧嘩を売られた方が正当防衛の域を超える反撃をしたら両方罰する」という過剰防衛の抑制だった。
だから浅野に一方的に切られただけの吉良が無罪になったのは、えこひいきでも何でもない当然のことだったのだよ。

69: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 15:08:20.44 ID:auMbZn5F0
>>18
娯楽本だけど江戸城内の刃傷沙汰を全部検証して浅野の事件の判決が不公平かどうか調べてたな
その結果偏りのない正しい判決だった
吉良が刀を抜いて応戦してたら罰せられた可能性もあるらしい

84: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 15:13:56.13 ID:Qy0ESrjj0
>>69
てか江戸城って、ちょっとでも刀抜いたら罰せられるほど抜刀に厳しいんじゃなかったっけ
しかも自分だけじゃなく家や藩への処分になる可能性もある

30: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 14:41:59.80 ID:auMbZn5F0
幕府が吉良を生贄にしたとか手垢の付いた説じゃないの

31: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 14:42:11.92 ID:R8gs7EM50
赤穂浪士の仇討ちが美談になったのは、当時の幕府が仕立てたのと、それに迎合した芸能人が『仮名手本忠臣蔵』などを作って大衆を洗脳したから。
アウトローがのさばっては、幕府としてはまずいからね。

本当はヤサグレの浪人どもが、単純に復讐を図っただけのもの。

38: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 14:47:07.52 ID:auMbZn5F0
>>31
当時の民衆は忠臣蔵をあくまでフィクションだと認識してたんじゃないの
三国志演義や平家物語と同じ
それを史実と思い込んだ後世の人間がアホなだけ
今でも大河ドラマを史実と違うと発狂する馬鹿がいるし

54: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 14:58:36.43 ID:Pj35UID30
>>38
それは明治政府が悪いな
赤穂事件を義挙として大々的に道徳教育に取り入れた。
大河ドラマとかで赤穂浪士側にちょっとでも不利なシ-ンがあれば
抗議しまくってたのは、その教育を受けた人間

今は、その教育を受けた人間が減ってるから、そういう抗議とかもかなり減ってるけど

59: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 15:03:33.53 ID:kfxjnvnQ0
>>54
吉良さん一家惨殺事件
って言うと、うちのおかん、激怒するからなぁ…。
誰が聞いているかわからんっつって…。

姫路の方ですから…。

34: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 14:45:08.26 ID:VGfd6yyp0
ともかく江戸時代は圧倒的に義挙として評価されたからなあ

57: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 15:02:28.01 ID:zbHWq5HEO
私たち吉良方から見れば、毎年末の忠臣蔵の放送は許せないんですよ。
赤穂の人とは既に蟠りはありませんが、テレビ局や脚本家には強い抵抗感があります。
なぜ、末代まで毎年毎年不実の物語で辱しめを受けなければならないのか?

409: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 22:39:46.29 ID:Fkhq/WM90
>>57
吉良が悪役になったのは歌舞伎の責任だな。
「気のふれた浅野が、何の落ち度もない吉良に切りつけて、定め通りに切腹になった」
では面白くないものね。

失意のうちに死んだ主君の恨みを晴らすために討ち入ったという話にするために吉良をことさら悪役に仕立て上げたし、それが成功したから、その後の映画・テレビも同じことをした。

419: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 22:44:26.06 ID:YQ2oYffg0
>>409
> 吉良をことさら悪役に仕立て上げたし

悪役はとことん悪役の方が倒したときのスッキリ爽快感が増すからねー
物語としてはそれで正解

88: 名無しさん@1周年 2018/12/09(日) 15:17:48.25 ID:92Rnb8GR0
これって幕府が暗に「仇討ちしろよな」ってお膳立てしたってこと?

引用元: ・【忠臣蔵】赤穂浪士討ち入り成功の新説披露。新発田市の歴史研究家