1: 天之御名無主 2012/07/05(木) 00:16:54.35
立てました。
日本仏教と地域民俗・風習との関わりを多面的に。

五来重、山折哲雄などの話題もどうぞ。








2: 天之御名無主 2012/07/05(木) 00:49:52.09
夏の風物詩といえば花火大会だけど、これも盆行事の変化形なんだよな。

盆棚とか盆提灯とか、キュウリ馬とかみんなちゃんとやってるかい? ちなみにウチはさっぱりだ。

3: 天之御名無主 2012/07/05(木) 21:22:24.18
お盆に先祖は馬で来て牛で帰るという。
ならばこの世は馬ばかりになり、あの世は牛ばかりになってしまうではないか。
どうせあの世は退屈なのだろうから、来る時には出発を早めて牛で来ればよさそうなものだ。

7: 天之御名無主 2012/09/29(土) 21:39:17.72
仏教の先祖祭祀行事の多くは神道(仏教伝来以前からの)由来のもの。 

8: 天之御名無主 2012/10/03(水) 01:05:32.43
柳田いうところの「固有信仰」のことか。
民間信仰から、仏教と道教、陰陽道、修験、記紀神道、皇室神道などの要素を削除すると見えてくるものという。

9: 天之御名無主 2012/10/05(金) 18:02:50.04
>>8
それらの要素を削除してしまったら、ほとんど日本文化そのものを否定してることになりゃせんかね?

27: 天之御名無主 2016/07/26(火) 02:07:57.74
>>9
柳田を読んだことないの?

「固有信仰」を基層として、その上に諸々の文化が積み重なり、シンクレティズムを成しているのが、日本の文化の実相だよ。

11: 天之御名無主 2013/03/06(水) 18:45:08.22
神道とも仏教ともいいがたい土着の民俗宗教もあるよ


48: 天之御名無主 2018/11/28(水) 20:11:49.26
教えてください。
日本の仏教僧侶や仏教徒のみなさんはなぜ世界で仏教国のチベットが不当に侵略されて,同じ仏教徒が弾圧されているのを見て見ぬふりをしているのでしょうか?
それが仏教の教えなのでしょうか?

49: 天之御名無主 2018/11/29(木) 14:50:47.76
>>48
そうです。日本仏教ではそういうのに近づくのはご法度です。
汚いものに近づいてはいけないそういうのは仏に任せろ、と耳心地のいいように言ってますがようは、見て見ぬふりをしろといえのが日本仏教の教えではあります。

50: 学術 2018/11/29(木) 21:51:14.58
スサノオ狂があるではないか。

51: 天之御名無主 2018/11/29(木) 22:27:15.65
スサノオってウンコ投げまくったんでしょ

52: 天之御名無主 2018/11/29(木) 22:59:43.90
ウマの首じゃなかった?

53: 天之御名無主 2018/11/29(木) 23:56:38.84
>>51-52
馬の首&大便投げまくったのが神世界の追放の原因w

62: 天之御名無主 2018/11/30(金) 06:58:53.52
>>53
神話時代の抽象にしてもキチガイすぎじゃねえかwww

まあどこの国も神話時代のお話は理解不明どころか意味不明なのばかりだしね
鳥になって逢いに行っただの、牛になってまぐわったとか、自分の垢をコネて門番を作ったり。

54: 天之御名無主 2018/11/30(金) 00:11:37.69
馬の首なんだ?
うちにある本には「皮を剥いだ馬」って書いてある

スサノオが暴れて機織りガールズの小屋に穴あいてビックリした乙女たちが細長い機織り道具で自分の股関を突いて亡くなった話が一番意味不明だった

59: 天之御名無主 2018/11/30(金) 04:34:57.72
>>54
ああ、その辺の解釈はいろいろよ
だからそれでも違ってはないと思う
馬そのものだったりの表現もあるし

55: 天之御名無主 2018/11/30(金) 00:41:08.49
天照大神も理屈なく弟は攻めてきたとか言って噛み付いてるし、国譲りとか耳心地いいような言ってるけど今でいうとこのテロリストだし、イスラム国だし、問題解決しようとせずに岩に引きこもるし、信念持って引きこもってるわけじゃないからどんちゃん騒ぎで顔出すし、もうろくでもないよな天照大神も須佐之男も

56: 天之御名無主 2018/11/30(金) 01:06:13.55
でも弟に馬肉とか人糞とか投げられたら泣いて閉じこもるわ

63: 学術 2018/11/30(金) 08:35:11.98
意味不明理解不明な世界の方がいろんな可能性が在るだろう。神話は常識ではなく神話は神話で普通の事なんだ。

67: 天之御名無主 2018/11/30(金) 22:51:09.20
アマテラスを優位に立たせたかっただけで深い意味ないでしょ
天つ国から追い出すための悪行をしたってことにしたかっただけで

69: 天之御名無主 2018/11/30(金) 23:40:14.99
本来暴れたのは月読で元々は昼と夜がある理由を説明する神話だったという説もある
後の時代にスサノオに入れ替わったので意味不明になったのかもね

71: 天之御名無主 2018/12/01(土) 01:07:32.16
>>69
おもしろい説だね

72: 天之御名無主 2018/12/01(土) 04:09:32.51
月読の神話が圧倒的に少ないのはスサノオが入れ替わったからとも言う

73: 天之御名無主 2018/12/01(土) 05:16:06.69
ツクヨミ空気すぎて好き

74: 天之御名無主 2018/12/01(土) 12:57:55.21
月読とスサノオは同じだが、このエピソードの全体は主要食物である穀物の豊穣を祈願する儀式で動物を生贄にした話を喩えたのだと思う。
月読はスサノオの代行であるスサノオの人形や絵が人格化されたものだろう。
古事記と日本書紀の違いで、古事記は儀式にはなるだけ触れずに、事実?を記すことにより近かったというか、詳細な経過を省いたのでは?

75: 天之御名無主 2018/12/01(土) 16:21:33.91
>>74
ごめん全然意味が分からない

76: 天之御名無主 2018/12/01(土) 16:51:40.00
>>75
ウケモチ神が身体中から食物を出したらツクヨミが汚ねえって怒ってウケモチ神を殺したっていう話じゃないの
スサノオも同じ理由で食物を身体中から出してくれる大ケツ姫を殺してる

79: 天之御名無主 2018/12/02(日) 14:26:06.84
>>74
スサノオ系の祭祀でそういう神事が過去にあったってこと?ツクヨミ祀ってる神社でも?よく分からなかった

80: 天之御名無主 2018/12/02(日) 15:30:44.25
>>79
それはウケモチが食べ物を吐き出したり、女陰の中に穀物を蔵していたりで、食物の摂取と排泄を逆にしてることで生と死を逆転させること、つまり死から生への復活のアナロジーを提示してる。
それによって、月読がスサノオとして生まれ変わり、月読とスサノオが一本化されたことになる。元々、アマテラスと月読は夫婦だったことが、日本書紀の「月読尊と一日一夜、隔て離れて住みたまう」で示されてる。
これはアマテラスと弟が姉弟であり夫婦でもあった証拠だが、既に記紀が書かれた当時は
近親結婚を忌む風潮が現れていたという。

メルカートの復活の儀式egersisではメルカートの像が焼かれるが、像を焼くことで(つまり疑似的に殺し、消滅させて)、復活を誘引するということがある。スサノオの影武者、つまりイメージとしての月読を消滅させることがスサノオの確立再生になったのではないか?

81: 天之御名無主 2018/12/02(日) 15:37:57.98
だからスサノオとツクヨミのことを聞いてるんだけど何故ウケモチが出てくるの

>日本書紀の「月読尊と一日一夜、隔て離れて住みたまう」

昼支配と夜支配なんだから逆の場所で離れて住むのは当たり前だと思うんだけど、それが夫婦ってどういうことなの別居婚なの意味不明

83: 天之御名無主 2018/12/02(日) 17:31:17.50
大国主の父(先祖)であるスサノオをアマテラスの弟にすることで国津神系の神話と天津神系の神話をつなげる橋渡し役をさせたんだと思う
その際に月読の神話をいくつか奪う結果になったのでは?

84: 天之御名無主 2018/12/02(日) 20:41:45.35
月読の話を奪うというよりスサノオやオオクニヌシみたいな出雲系は暗いイメージのある根の国に縁の深い一族だからあとから日本にやって来た天孫系の人達が本地垂迹みたいな感じで夜を象徴するツクヨミと暗い根の国を好むスサノオを同一視してしまい高天原におけるツクヨミの話がスサノオの話に変質したってことはないのかなあ

85: 天之御名無主 2018/12/02(日) 21:13:18.86
大国主大神に関しては大黒天だというのがなんか気に食わないんだが
正直日本の紙でまともなの大国主大神だけだと思ってるからやなんだよなあ

86: 天之御名無主 2018/12/02(日) 21:24:41.69
>>85
死んだら目をかけてくれる神の力で何度も生き返ったり
ご先祖様のに会いに死後の世界に行ったり
あちこちでお姫様のモテたりする少年漫画の主人公みたいな神様だけどなあ

87: 天之御名無主 2018/12/02(日) 21:58:26.71
>>86
いや大国主大神は好きなのよ?問題児は大黒天さね

89: 天之御名無主 2018/12/03(月) 00:58:01.80
>>87
音読みすると同じというだけでの習合ですからねえ

93: 天之御名無主 2018/12/03(月) 13:26:53.65
>>85
大黒天ってシヴァ(マハカーラ)が仏門に落ちた姿だろ

96: 天之御名無主 2018/12/03(月) 13:36:32.36
>>93
せやな、シヴァの激おこぷんぷん丸マハーカーラーが大黒天や。

98: 天之御名無主 2018/12/03(月) 14:13:57.15
>>96
出雲地方の旧家にあるオオクニヌシの像なんかは
優しくて女にモテるイメージのオオクニヌシのイメージとは真逆の怒りの形相のものが多いって本で読んだけど
そういう理由から怒った顔にしてあるのかな

88: 天之御名無主 2018/12/02(日) 23:34:24.05
むしろスサノオとツクヨミを習合させようとして失敗した感があるよね

夜、闇、冬、死、寒を象徴とするツクヨミと
人を病気や災害から守るスサノオはどうやっても一致しなかったんだろうね

90: 天之御名無主 2018/12/03(月) 02:56:49.61
>>88
病気や災害から守る?
病気や災害を引き起こす祟り神だから祟らないでくださいって拝み上げるのがスサノオだと思ってたけどな

103: 天之御名無主 2018/12/03(月) 17:11:17.00
>>90
そこは紙一重だから
災害を引き起こす祟り神に祈っているうちにいつの間にか災害から守る神になってるわけですよ

104: 天之御名無主 2018/12/03(月) 17:16:31.43
祟り神は祟り神でしかない
103みたいな奴はイメージ戦略に洗脳されてる

106: 天之御名無主 2018/12/03(月) 20:00:11.84
そりゃあ民衆がイメージ戦略に洗脳される事は多いでしょ

引用元: ・日本仏教と地域民俗