51bwCyzyp3L



1: 世界@名無史さん 2014/08/09(土) 18:32:42.76 0
歴史上、人類は移民し続けてきました。
古くはアフリカから世界への人類大拡散
ゲルマンからローマへの移民
などが有名です。
ですが、ここでは近現代移民 (アメリカ合衆国建国以降)の移民に限ったスレとしたいと思います。








2: 世界@名無史さん 2014/08/09(土) 18:57:37.30 0
まずネタ振りからいくか...

ドイツ系移民の新大陸国家への貢献というネタで。

アメリカが超大国になれた理由にドイツ系移民の貢献が大きいと言われます。
ドイツ系は勤勉で真面目で良く働きます。が、ドイツ本国の硬直した制度の下ではその力は生かされませんでした。(ナチス・ドイツから逃げたドイツ系/ユダヤ系科学者が典型)
その力は自由の国、アメリカで最大限発揮されます。(同じことは日系ブラジル人にも言えます)

が、そのドーピング効果もドイツ系移民が完全にアメリカ化する事で終焉してしまいました。

4: 世界@名無史さん 2014/08/10(日) 17:40:53.68 0
移民というほどではないかも知れんが、ローザンヌ条約によるギリシャ・トルコ住民交換で強制移住させられた人たちが、移住先で先住の人たちと仲良くできたのか気になる

5: 世界@名無史さん 2014/08/11(月) 12:12:02.01 0
>>4
基準は言語じゃなくて宗教なんだっけ?
たしかに気になるな

6: 世界@名無史さん 2014/08/11(月) 15:37:42.17 0
>>4
トルコ人の出て行った跡地、痩せた開拓地、スラム形成。
むろん仲良くできなかった。
話すギリシャ語も違っていた。トルコ語を話す者もいた。スミルナ出身者は裕福なものもいたが。

7: 世界@名無史さん 2014/08/12(火) 13:20:59.49 0
>>6
富裕層以外はだいたいスラムに流れ込んでいったの?
トルコ人が元々所有していた肥沃な土地は、ギリシャ人が入ってくるまでに先住の人たちの間で分配されてしまったんだろうか

8: 世界@名無史さん 2014/08/13(水) 06:37:59.04 0
トルコとギリシャの住民交換ってもったいないよなぁ。
国民国家成立には仕方なかったにしろさ。
2000年以上続いたギリシャ人の小アジアでの歴史が終わっちゃったんだぜ?

9: 世界@名無史さん 2014/08/16(土) 13:05:08.20 0
個人的にはユーゴみたいな泥沼の民族紛争の二の舞にならなくてよかったと思うけど

11: 世界@名無史さん 2014/08/28(木) 20:26:36.70 I
まあ人類誕生の瞬間から人間は移動しながら発展していったわけだな

12: 世界@名無史さん 2014/08/28(木) 22:53:55.71 0
そして文化が定着した現代では、移民は問題しか起こさないと・・・

27: 世界@名無史さん 2015/04/09(木) 18:26:36.31 0
近世の移民は安い労働力でさえあれば歓迎されたけど、
これからの歓迎される移民は、専門スキルの高い技術者でないとな・・・

後世の歴史が見れば、この分水嶺がちょうど今現在なんだろうな。

32: 世界@名無史さん 2015/12/09(水) 16:39:29.97 0
>>27
外国語の教師とかその国の料理人とかならともかく
高い技術者が高給取りでもとの住民が貧乏だとそれはそれで問題が大ありだろ。
移民が会社の幹部で元々の住民か平社員とかも軋轢を生む。

36: 世界@名無史さん 2016/03/06(日) 18:46:05.21 0
>>32
ポーランド人が戦時中ドイツのユダヤ政策に率先して協力した理由がそれなんだよな。
近世からエリート階層をユダヤ人が独占して、土着のポーランド人は農奴に追いやられていった。
フランス革命の少し前に、ユダヤ人の官憲に対する大規模な反乱が起こったが、鎮圧されて「無教養な下層民がユダヤ人への憎悪を高まらせただけ」で片付けられ、ポーランド人の地位が改善されることなく20世紀を迎えて……。

38: 世界@名無史さん 2016/03/11(金) 14:00:42.30 0
>>36
矢十字団 ウスタシャ ボスニアSS 鉄衛団・・戦中の東欧の動きを見ると、ポーランドだけでなく東欧全てがそんな感じに見えるな 
戦前のルーマニアは今のシリアかリビアかマリみたいだ

30: 世界@名無史さん 2015/11/04(水) 09:37:13.51 0
移民というわけではないがアイルランドやスコットランドの有能な人材がイングランドにやってきたという部分もある。

37: 世界@名無史さん 2016/03/11(金) 02:13:11.08 0
>>30
イングランドにやってきたアイルランド人の殆どは労働者ですが。

39: 世界@名無史さん 2016/09/18(日) 19:06:40.80 0
移民が多いことで先進国となったアルゼンチンだけど20世紀に入ると、次第に移民の中でも都市労働者たちの間に寡頭支配層に対する反発が生まれた。皮肉なことに中流階級や労働階級もそれなりに豊かで知識があったからこそ、そうした不満が政治的運動へと向かいやすかったと言えなくもない。

サルミエント大統領以来アルゼンチンでは教育の普及が進んでたしね。そして、そうした階級対立が寡頭支配層の反発を招き軍事政権を生むことになる。
特にペロン大統領が労働階級の支持を背景にしてこの手の階級対立を過度に煽り、結果として寡頭支配層の不満を高めたせいで統一的な経済発展が出来なくなった。妻のエビータの政策も単なるばら撒きに終わったような気もしなくはないし。

結果的にペロニズムとそれへの反発がこの後のアルゼンチン政治の混乱を招いたしね。汚い戦争で悪名高い軍事政権もペロニズムへの対立から生まれたものだし。個人的にはこれらの事柄がアルゼンチン没落の主な理由だと思う。

実際、ラテンアメリカ史関連の書籍をあさるとしばしば、19世紀後半から20世紀初頭までのアルゼンチンは先進国だったと書かれてるよ。この時代のアルゼンチンはヨーロッパからの移民を大量に誘致し、アメリカ合衆国と並んでアメリカ大陸では屈指の移民国家だった。ヨーロッパ移民の増加と同じ頃イギリス資本の流入も盛んになってたしね。
牛肉に代表される農牧業を積極的にヨーロッパに輸出することで経済発展を成し遂げ、南米のパリと呼ばれるブエノスアイレスの西洋的外観もこの頃に基盤が出来た。
「母を訪ねて三千里」も当時のアルゼンチンがいかに多くのヨーロッパ移民を抱えてたかが、良く分かる良い例だと思う。アニメとは言え時代背景が良く表れてる。

40: 世界@名無史さん 2016/11/09(水) 19:45:18.24 0
トランプはドイツ系移民の子孫

41: 世界@名無史さん 2016/11/10(木) 02:10:49.09 O
>>40
母親はスコットランド人でバイキングの子孫のマクレオド氏族。マスゴミのバッシングを屁とも思わない図太さにバイキングの血を感じるw

42: 世界@名無史さん 2016/12/31(土) 16:23:46.81 0
中南米にはドイツ移民の子孫が多くいるね

43: 世界@名無史さん 2017/02/14(火) 17:06:35.46 0
チリとアルヘンにはクロアチア系の移民も多い

51: 世界@名無史さん 2017/05/05(金) 12:00:58.69 0
19~20世紀に中南米に移民した欧州系は1970年代以降国籍を持ったまま欧米に逆移民していたが2010年代になってまた中南米に戻ってきているね

要するに豊かな土地を彷徨い歩くということなんだな

引用元: ・近現代移民について語るスレ



移民の政治経済学
移民の政治経済学
posted with amazlet at 19.01.05
ジョージ・ボージャス
白水社
売り上げランキング: 59,722