1: 自治郎 ★ 2018/12/30(日) 19:21:55.23 ID:CAP_USER9
九大フィルハーモニー・オーケストラが1924(大正13)年、福岡市でベートーベンの交響曲第9番を演奏した際に使った楽譜が見つかり、当時の演奏の詳細が明らかになった。「歓喜の歌」で知られる第4楽章から、合唱とともに10分ほどの演奏だったという。

この演奏は24年1月26日、摂政宮(のちの昭和天皇)の結婚を祝う音楽会で、九州帝国大学フィルハーモニー会が披露した。当日のプログラムから、日本人による初めての「歓喜の歌」の演奏と知られていた。第4楽章の一部が奏でられたことは分かっていたが、どの部分をどう演奏したかは不明だった。

今回調べたのは、九大フィル顧問の松村晶・九大工学研究院教授。今秋完了した九大のキャンパス移転作業に伴い、オーケストラの古い楽譜786点を所蔵していた九大文書館で、手書きのパート譜10点を見つけた。当日の合唱用総譜は、東京芸術大付属図書館が所蔵。両者を照らし合わせ、合唱譜への書き込みなどから演奏部分を特定した。

松村教授によると、演奏は331小節目から始まり、627小節から654小節をリピートした。その間にあるテノールの独唱はソプラノ歌手が担い、10分ほどの演奏だったという。

九大フィルの設立は1909(…

(残り:282文字/全文:787文字)

(続きは会員登録で読めます)

2018年12月30日11時16分
https://www.asahi.com/articles/ASLDT3Q0VLDTTIPE00P.html

福岡市記念館で1924年1月26日に行われた「摂政宮殿下御成婚奉祝音楽会」の様子(九大フィル提供)
no title

1924年1月26日の音楽会で実際に使われた第1バイオリンのパート譜(九大フィル提供)
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181227003748_comm.jpg
公演当日のプログラム(九大フィル提供)
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181227003763_comm.jpg








12: 名無しさん@1周年 2018/12/30(日) 19:44:07.40 ID:IOyvVojv0
今も第四楽章だけ
やったら?

27: 名無しさん@1周年 2018/12/30(日) 20:30:05.84 ID:7BpVoyVw0
>>12
するどい
もともと4楽章にちょっと付け加えて一曲の予定だったけど、寿命を察して別の完成してた
1ー3楽章をくっつけた

20: 名無しさん@1周年 2018/12/30(日) 20:09:16.20 ID:p+1F55wD0
日本初は坂東俘虜収容所じゃねーのか?

21: 名無しさん@1周年 2018/12/30(日) 20:09:29.68 ID:avW5n4PL0
2003年からあるらしいコピペ

「第九」とは、ベートーベンが真実の音を探し求める旅です。

第一楽章、第二楽章では次々と出だしから激しいメロディーが演奏されます。
それは「これがお前の言ってる音だろ?」という問いかけです。
しかし即座にそれらの音は「違う違う、そんなんじゃない!」とうち消すメロディー。
真実の音は見つからず途方に暮れつつ、第三楽章では地平線をぼんやりと眺めます。
ですが、第三楽章の最後で「お?ひょっとして!」とヒントを見つけました。
そして「うおーっ!!」と怒濤のように思いを巡らせるのが第四楽章の冒頭です。
頭が冴えてるベートーベンは第四楽章の冒頭で「これだろ?」「これだ!」と
次々と真実の音を提示します。しかし「まだまだ」「惜しい」「ちがーう」と否定されます。
そういう問答を繰り返している内に、おや?とある旋律を発見します。
まだ自信がないのでおそるおそるコントラバスでこっそり弾きます。
否定されないようなので、バイオリンでも弾いてみます。お、もしかしてこれが?!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!
ついに真実の音を見つけました。真実の音とは「ファ」でした。
これだと確信してオーケストラ全体であの有名なテーマを演奏します。
「ファファソララソファミ レレミファファーミミ ファファソララソファソミ レレミファミーレレー」
(続く)

22: 名無しさん@1周年 2018/12/30(日) 20:09:58.92 ID:avW5n4PL0
喜んでオーケストラ全体で演奏したメロディーですが、「ちょっと待ったーっ!」と異議を
唱える人物がいます。バリトン歌手です。
「おまいさん、それは違います。まだなんか足りませんねー」と。
そこで、楽器だけじゃあ真実の音は表現しきれないんじゃないかと考え、
男声コーラスを加えてみます。「フロイデ!(サイコー!)」と呼びかけるバリトンに
「フロイデ!(サイコー!)」と返事をしました。
すると、バリトンはさっきよりも力強く「フローーーーーーーイデ(超サイコーーーー!)」と
切り返してきました。どうやらコーラスを入れて正解だったようです。
続いてアルト、ソプラノと女声も参加していき、やがて歓喜の大合唱へ。
真実の音がついに見つかったのです!

40: 名無しさん@1周年 2018/12/30(日) 21:53:08.02 ID:lApEmCFK0
>>22
そうそうw毎年の事だがこのコピペ好きだわww
明日の第九実況スレ楽しみだww

28: 名無しさん@1周年 2018/12/30(日) 20:32:12.62 ID:cDzSfZO00
ところで何で年末に聴くの?(´・ω・`)?
元吹奏楽部だけど知らんねん

37: 名無しさん@1周年 2018/12/30(日) 21:02:30.57 ID:XToOigD70
>>28
「第九」は戦後貧しかった時期に楽団が年末ボーナス獲得のため始めた。
「第九」は当時から人気曲だったが演奏するにはオーケストラ以外に百人以上の合唱団が必要。
オーケストラと合唱団のメンバーが一丸となって親戚や知人にキップを売りさばくほどコンサートは大入り満員になった。

トリビアでも放送してたw

42: 名無しさん@1周年 2018/12/30(日) 23:27:57.81 ID:cDzSfZO00
>>37
なるほど、お祭り騒ぎとして昇華した感じか~

35: 名無しさん@1周年 2018/12/30(日) 20:56:27.67 ID:bK4XFZDM0
徳島・鳴門の「バルトの里」、ロケ現場が残っていた頃に行ったことがある
カルチャーショックと言っていいほど感激した

まだあの時代は、「戦争にもルールがある」「俘虜も兵役の一つだから、人権を」
が機能していた時代だったということだな

いろいろ資料は残っているとは思うけど、肝心な「男声版第九」の楽譜は残っているのだろうか?

55: 名無しさん@1周年 2018/12/31(月) 05:01:25.31 ID:l0k3BM5/0
よく見たらほとんどガイドだね
やはり弦楽器奏者は休みの小節数を数えられない

57: 名無しさん@1周年 2018/12/31(月) 05:43:00.68 ID:6Z5n1/ms0
当時、地方大学にもアマチュア楽団ってあったんだな
時期的に日本にプロ楽団が創設される前だろう

62: 名無しさん@1周年 2018/12/31(月) 20:33:16.71 ID:7OzARuKU0
>古い楽譜786点

ツタヤ図書館だったら、こういうのは真っ先に捨てられそうだな。

引用元: ・【音楽】大正時代の第九、楽譜見つかる 演奏10分の詳細が判明