41bxl7e+dKL



1: 天之御名無主 2016/04/09(土) 17:52:23.10
ムカデは概して悪役?








2: 天之御名無主 2016/04/09(土) 17:56:47.31
日本の伝承にあった話で覚えているのが…
小さな島で蛇神と百足神が対立
島に上陸した人間グループは蛇神に味方する
百足神を倒す
人間は蛇神の庇護を受けて村を築く

俵藤太の話でも、百足は悪役ですが

百足退治伝説

近江国瀬田の唐橋に大蛇が横たわり、人々は怖れて橋を渡れなくなったが、そこを通りかかった俵藤太は臆することなく大蛇を踏みつけて渡ってしまった。その夜、美しい娘が藤太を訪ねた。娘は琵琶湖に住む龍神一族の者で、昼間藤太が踏みつけた大蛇はこの娘が姿を変えたものであった。娘は龍神一族が三上山の百足に苦しめられていると訴え、藤太を見込んで百足退治を懇願した。

藤太は快諾し、剣と弓矢を携えて三上山に臨むと、山を7巻き半する大百足が現れた。藤太は矢を射たが大百足には通じない。最後の1本の矢に唾をつけ、八幡神に祈念して射るとようやく大百足を退治することができた。藤太は龍神の娘からお礼として、米の尽きることのない俵などの宝物を贈られた。また、龍神の助けで平将門の弱点を見破り、討ち取ることができたという。


4: 天之御名無主 2016/04/10(日) 19:45:47.36
じゃあ百足と争う事が多い蛇類は?

6: 天之御名無主 2016/04/12(火) 14:32:33.66
>>4
縄文人にも弥生人にも蛇神信仰があるから蛇というだけでは特定は出来ないが海人族のケースが多いと思う

5: 天之御名無主 2016/04/11(月) 11:38:19.81
俵藤太の伝説も、元はと言えば蛇が敵対する百足を倒すよう、藤太に依頼したもの

小島の伝説と同根から派生したのかも

7: 天之御名無主 2016/04/12(火) 21:09:58.39
山vs海か
単純だな

9: 天之御名無主 2016/04/18(月) 13:39:40.09
民間伝承
日光山の神と赤城山の神との戦い

日光山の神は蛇神、赤城山の神は百足神
最終的には、弓の名手を味方に引き入れた蛇神が勝利する

これも同根ぽいね

日光山にまつわる伝説

『日光山縁起』に拠ると、小野(陸奥国小野郷のことだといわれる)に住んでいた小野猿丸こと猿丸大夫は朝日長者の孫であり、下野国河内郡の日光権現と上野国の赤城神が互いに接する神域について争った時、鹿島明神(使い番は鹿)の勧めにより、女体権現が鹿の姿となって小野にいた弓の名手である小野猿丸を呼び寄せ、その加勢によりこの戦いに勝利したという話がある。


20: 天之御名無主 2016/05/07(土) 13:47:36.94
>>9の日光山と赤城山の神の抗争は、下野限定の伝承らしい

上野での伝承だと、下野とは逆に、日光山の神が百足神、赤城山の神が蛇神
展開の方は同じく、前半は百足神が優勢だが、弓使いに助けが入った蛇神が逆転勝ちする

ただ、下野・上野が共に自分の地元の山を勝者側にしたい意図があり、どちらかがどちらかの立場を入れ替えたカウンターバリエーションを作ったとも考えられる

3: 天之御名無主 2016/04/10(日) 14:58:07.64
ムカデは製鉄民を例えてると思われる

8: 天之御名無主 2016/04/17(日) 09:19:40.99
ムカデを富の象徴とする見解ってのも、製鉄と同根にある、金の採掘と精錬に関係するから?

10: 天之御名無主 2016/04/20(水) 19:01:50.01
戦国時代あたり、武将の兜の飾りにムカデを模したものもあった
ムカデは前にしか進めないので、勇敢に切り込む武士の象徴という解説があったが、どこまで本当だろう?
富の象徴という線はないのかな

11: 天之御名無主 2016/04/20(水) 23:53:16.94
金の原石がムカデの様な模様をしてる事が多いからですよ

金=ムカデ だから ムカデ=金掘り衆 ムカデ=富の象徴

12: 天之御名無主 2016/04/28(木) 10:16:32.64
ムカデに喩えられる金鉱石


no title


出典:佐渡金山展示資料館

13: 天之御名無主 2016/05/03(火) 01:55:52.99
鉱脈が百足、水脈は龍蛇?

14: 天之御名無主 2016/05/06(金) 02:37:42.95
実際の蛇を信仰してるのが縄文
水蛇を信仰、その後陸の蛇も信仰してるのが海人族
地脈、水脈を龍蛇として信仰してるのが黄河系

15: 天之御名無主 2016/05/06(金) 10:31:11.39
少々興味をひかれる話があった

ムカデは土の竜
ヘビは水の竜
中華文化の五行思想によれば土剋水となり、土は水に対して圧倒的優位にある
そこで人間の助け(弓の名手であることが多い)があって、水が土に勝つ話になる

27: 天之御名無主 2016/08/01(月) 09:48:22.42
>>15
五行における龍は木属性だよ
そもそも相侮っていう逆の考え方もあるし、相剋だけが五行じゃない
安易な属性相性のイメージが定着しちゃった感じあるけど原典はもう少し複雑

16: 天之御名無主 2016/05/06(金) 12:16:55.71
ムカデ神は弓で倒されるパターンが多いのかが気になって、今昔物語に収録されている小島を舞台にした説話を調べ直した

小島での話も、弓で退治したことになっていた
ヘビ神に助力した人間グループは漁師であり、俵藤太とは違って侍ではないのにわざわざ「弓」とな

18: 天之御名無主 2016/05/06(金) 15:22:09.54
弓矢が木行に分類されるということでいいの?

21: 天之御名無主 2016/05/17(火) 00:48:42.13
>>16
山東半島が製鉄民と海洋民の地域で海洋民の主武器が弓だ
その地域の話かもしれないね

22: 天之御名無主 2016/05/20(金) 15:59:02.18
赤城山と日光山の神の抗争に関わる弓の使い手・猿丸太夫は山間部の猟師(あるいは武士)ということで、海洋民の面影はないけど、

加賀の小島の神の抗争に関わる漁師は、海洋民そのままっぽいな

23: 天之御名無主 2016/06/07(火) 15:35:28.31
真っ先に挙がるべきは、スサノオのあれじゃないのか
昔からどんだけ嫌われてたんだよっていうね

24: 天之御名無主 2016/06/24(金) 08:23:36.05
たしか鞍馬寺では大事にされてたはず
なんでだかは忘れたけど

25: 天之御名無主 2016/07/01(金) 20:08:11.78
あの見た目だし
悪役扱いは仕方ない

28: 天之御名無主 2017/01/04(水) 18:35:47.17
秩父の聖神社のことみんな知らないな?
銅の採掘にからめて、この神社ではムカデは御神宝だよ

31: 天之御名無主 2017/05/30(火) 12:27:11.71
鞍馬寺での百足の扱いは、祀っている毘沙門天の眷属としているみたいだね
他でも、百足を毘沙門天の眷属と見做すところはあるのだろうか
鞍馬寺独自の伝統かもしれない

引用元: ・【ムカデ】百足が登場する伝承・神話