314bPFwUu9L


1: 世界@名無史さん 2017/06/18(日) 21:18:17.44 0
北京原人から習近平まで








245: 世界@名無史さん 2017/12/08(金) 20:39:29.32 0
北京は華北大平原の北端に位置し、潮白河、永定河が形成した扇状地にあり、北京湾と呼ばれるポケット状の小平野をなしており、東、西、北を山に囲まれている。

西部の山地は総称して「西山」といい、太行山脈に属している。
北部と東北部の山地はすべて「軍都山」と称し、燕山山脈に属している。
天然の峡谷沿いに東北へ向かえば遼河平原に入り、西北へ向かえば蒙古平原に達する。
潮白河、永定河などの河川は、西北部の山地に発し、山を突き抜けて東南の平原地域へ向かって流れ、最後は渤海に流れ込んでいる。

246: 世界@名無史さん 2017/12/08(金) 20:41:14.36 0
つまり北京は、山に囲まれた麓にあり、いくつもの河が流れる、砂漠のオアシスみたいな都市。

水が枯れるまでは、首都であり続けるだろう。

247: 世界@名無史さん 2017/12/08(金) 22:19:09.31 0
広大な中国だが、首都に適した地はここしかないようだ

253: 世界@名無史さん 2018/03/05(月) 14:46:18.40 0
>>247
砂漠がすぐそこまで迫っているのに?

254: 世界@名無史さん 2018/03/05(月) 15:56:52.84 0
安陽:商代のみ
旧長安:何度も長期政権の首都になる 
洛陽:何度か首都になる
開封:北宋のみ 
南京:何度か首都になるが短命政権が多い
北京:元代以降の長期政権
基本的に中国で首都に選ばれたのは7つ位しかないし、ほとんどが西安か洛陽か北京

255: 世界@名無史さん 2018/03/05(月) 16:05:22.93 0
唐代以前:ほぼ長安か洛陽
唐滅亡→五代十国→北宋の首都=開封
元代以降:北京か南京   
内陸部が砂漠化で衰退?

256: 世界@名無史さん 2018/03/05(月) 19:00:31.62 0
北京・上海・広東省。
中国の中心が、内陸部から沿海部に移って久しい。
日本でいえば、「太平洋ベルト地帯」に相当する(古いか)。

この体制が確立されたのは、やはり、モンゴル帝国期といえるだろう。

257: 世界@名無史さん 2018/03/05(月) 23:59:58.53 0
もともと、長江デルタや珠江デルタが、中国で最も肥沃な最良の土地。
沿海部が発展して、内陸部を凌駕するのは時間の問題だった。
274: 世界@名無史さん 2018/03/23(金) 19:08:28.02 0
北京を首都にしていても、上海や香港は勝手に繁栄する。 
南京を首都にしたら、北京は衰退するだろう。 

だから、国土の均衡ある発展のためには、北京を首都にしておいたほうがいい。

275: 世界@名無史さん 2018/03/23(金) 19:14:13.78 0
つまり、中国の首都がどこになろうとも、上海や香港が繁栄することに変わりはない。 

一方、北京については、あくまでも、首都であることに意義がある。 
首都でなくなったら、経済的にも衰退するのは間違いない。

297: 世界@名無史さん 2018/03/26(月) 12:36:33.38 0
北京と上海の対抗意識は凄い。 

同胞意識がないね。

298: 世界@名無史さん 2018/03/26(月) 12:47:57.14 0
燕と呉越か・・・

259: 世界@名無史さん 2018/03/06(火) 00:11:43.35 0
元々は明の首都は南京だった 
国民党時代の中国も南京だったし、気候も北京より雨量が多く温暖で過ごしやすいのではないか?
何でわざわざ大陸性気候のさぶい北京に遷都する?南京のままでいいだろう 
さぶいの嫌!

261: 世界@名無史さん 2018/03/06(火) 07:29:48.85 0
日本人で中国史が好きな人というのは、たいてい三国志や項羽劉邦といった古代史からこの道に入ってるので、「中国の古都」というと、洛陽や長安を連想する。

でも実際には、日本でいえば平安時代の後期あたりから北京が台頭し、鎌倉時代あたりからはずっと北京が都。

その間、洛陽や長安は荒廃して再建されたりしている。現在の西安は、明代に再建された都市だ。

要するに、「中国の古都」といえば、第一に北京を連想するべき。

262: 世界@名無史さん 2018/03/06(火) 08:13:22.68 0
古代史にこだわるのは、現代の中国を理解する上で役立たない。
むしろ、誤解を生むので有害。

現代の中国を理解したかったら、やはり、北京の歴史に限る。

264: 世界@名無史さん 2018/03/06(火) 08:34:27.40 0
北京はモンゴルの首都だった

266: 世界@名無史さん 2018/03/06(火) 18:21:05.61 0
>>264
その前に金の首都「中都・大興府」

267: 世界@名無史さん 2018/03/22(木) 16:17:55.62 0
戦前の教育を受けた祖父は
「”ぺきん”とはなんだ!? "ぺいぴん”だろが!!」
と酔うたび言ってたな

270: 世界@名無史さん 2018/03/22(木) 19:29:03.46 0
>>267
台湾では、いまでも「北平」
さすがに、大陸との交流が盛んな今は、「北京」と呼ぶ人が多いが


308: 世界@名無史さん 2018/07/30(月) 00:13:22.64 0
三国史から中国の歴史に興味を持った自分としては、現北京が三国史の北平ってのが何ともいえない
春秋戦国に興味を持ったら燕の薊だし、北宋に興味を持ったら雲台十六州ってのがまたなんとも
歴史って面白いですね

310: 世界@名無史さん 2018/10/28(日) 11:15:59.67 0
>>308
日本でも、平安時代には、関東が田舎だったのと同じ

今の中国の中心である北京・上海・広東省が台頭したのは、長い歴史の中では割りと最近のこと

311: 世界@名無史さん 2018/10/30(火) 20:52:46.36 0
>>308
燕の薊は、微妙に場所が違うんじゃないかな?

325: 世界@名無史さん 2019/01/19(土) 17:52:40.28 0
歴代最弱王朝の宋にも、北京を一時的に領有した時期はあった

しかし、宋に特有の、朝鮮人みたいなコスッからい裏切り行為で金を激怒させ、北京どころか開封まで奪われてしまった

342: 世界@名無史さん 2019/01/20(日) 10:56:20.98 0
現在の北京の直接の前身は、元のフビライ・ハンが建設した大都。
その後、明の永楽帝が大改造を行った。
北京の観光名所の多くは、永楽年間のものだ。

344: 世界@名無史さん 2019/01/20(日) 13:57:45.91 0
>>342
大改造じゃなくて縮小工事
明代の北京は元代の北京の半分以下

345: 世界@名無史さん 2019/01/20(日) 17:35:01.02 0
やはり、元代が北京の最盛期か

348: 世界@名無史さん 2019/01/20(日) 21:35:36.03 0
唐の時代にも、北京が天下を取りかけたことはあった
北京で旗揚げした安禄山は、大燕皇帝となった
もしもクーデターに成功していたら、唐は玄宗の代で滅び、燕になっていた

349: 世界@名無史さん 2019/01/20(日) 21:36:49.26 0
しかし、その安禄山も、皇帝に即位したのは洛陽だった
おそらく、北京を首都にする気はなかったと思われる

351: 世界@名無史さん 2019/01/23(水) 10:37:20.64 0
先週初めて北京行ったよ。
1日しかなかったけど天壇・前門・天安門広場・王府井・国貿へ行った。
歴史とかあまり知らないけど、上海やシンセンにはない威厳があるね。
「マルコポーロがフビライに接見したのもここだったのかな・・」とか想像しながら結構楽しかったな。もし次に機会があればゆっくり回りたい。
その前にここのスレで勉強しないとね!

353: 世界@名無史さん 2019/01/23(水) 13:53:25.11 0
>>351
マルコ・ポーロとフビライの接見は上都だから今の北京ではない

354: 世界@名無史さん 2019/01/23(水) 23:07:21.33 0
>>353
そうか、ありがとう。
すっかり北京が気にいちゃって、
次回の出張時も北京経由で画策中w

357: 世界@名無史さん 2019/01/25(金) 16:38:36.93 0
>>353
マルコポーロはかなり長くいたから、北京でも会ってるんじゃないかな?

363: 世界@名無史さん 2019/01/26(土) 14:07:07.76 0
モンゴル帝国期には、北京が水陸交通の要衝になった

364: 世界@名無史さん 2019/01/26(土) 18:19:08.44 0
北京帝国の特徴としては、皇帝の権力がやたら強かった

明代ですでに、近代ヨーロッパの絶対王政の域に到達していた

365: 世界@名無史さん 2019/01/26(土) 18:20:53.17 0
明の領土は、ほぼ今でいう「内中国」に限られ、チベット・ウイグル・モンゴル・満州には明の統治が及ばなかった

370: 世界@名無史さん 2019/01/26(土) 19:39:08.67 0
いっそのこと、高校の世界史での中国の扱いを、モンゴル帝国から始めたらどうかと思う。

その方が、現代の中国を理解する上では、よほど役に立つ。

引用元: ・北京の歴史



北京―皇都の歴史と空間 (中公新書)
倉沢 進 李 国慶
中央公論新社
売り上げランキング: 479,227