51EqULe3ZOL



1: 世界@名無史さん 2010/07/27(火) 20:42:32 0
トルコに征服されてからアメンヘテプでクレオパトラなエジプトが無個性なイスラム国家に…

あんなのエジプトじゃねえ!
ちゃんとファラオ崇拝してるのがエジプトなんだよ
ギリシャはちゃんと元に戻ったのに何でエジプトがイスラムの真似事を今でも続けてるの?








2: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 2010/07/27(火) 20:46:39 0
トルコに始まったことではないでしょう。
独自路線でなくなったというのなら、ローマ化、あるいはキリスト教化した時点で終わっていた気がしますが。
アレクサンドリアの図書や学問もイスラム化以前に排撃されている。

3: 世界@名無史さん 2010/07/28(水) 15:16:01 0
逆に考えるんだ

イスラムがエジプトの風土に合っていたんだよ

5: 世界@名無史さん 2010/07/28(水) 15:46:39 0
エジプトのアレクサンドリアは今でも大都市として続いているのに、
シリアのアンティオキア(アンタキヤ)はなぜあんなに衰退してしまったんだろう。

8: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 2010/07/29(木) 22:49:54 0
>>5
アレクサンドリアも、ムハンマド・アリー朝で国際貿易港として整備されるまではさびれていましたね。
アンティオキアにはそうした機会もなく、欧州とアジアをつなぐエジプトの貿易港と比較して、整備されたところでそこまでの発展はなかったのでは。

6: 世界@名無史さん 2010/07/28(水) 21:07:46 0
ナショナリズムとイスラームとの相克 ~19世紀イランの場合~

19世紀のイランでも、同じような主張をする者たち(アーホンドザーデ、ケルマーニーなど)が現れている。
おりしも、古代文字が続々と解読され、イスラーム化される以前のペルシアが世界帝国であった事実が明らかになった。この誇らしい歴史的事実に鼓舞される形で、イラン・ナショナリズムが高揚していく。

彼らナショナリストは、栄光の古代イランとは対照的に、植民地化されつつあるイランの窮状(19世紀)を嘆き、このようなイランの国力低下と文化の衰退の原因が、イスラーム化されたせいではではないか?と考えたのである。 そして、自分たちはムスリムである前に、イラン民族であるという意識を高めていくのであった。

この流れは、パフラヴィー朝期に最高潮を向かえる。同朝は世俗化を強調しイスラームを抑制し、イラン文化からアラブ要素を排除し、イスラーム以前のペルシア文化の保護と掘り起こしなどを実行に移した。

例:ペルシア語からアラブ系外来語の排除、ベール非着用、イスラーム法学者の裁判からの排除、ゾロアスター教の月名の採用、古代遺跡の保護など

7: 世界@名無史さん 2010/07/29(木) 08:28:06 0
ムハンマド・アリー朝のエジプトでも西欧化政策が行われていたけどな。

二代目のイスマイルは、「エジプトはもはやアフリカではない。ヨーロッパの一部である」と豪語した。

10: 世界@名無史さん 2010/07/31(土) 17:36:46 0
>>7
イスラムである限りは、アラブだろ
ヨーロッパや古代エジブトとはちがうよ

11: 世界@名無史さん 2010/07/31(土) 19:58:19 0
トルコがヨーロッパならエジプトもそうでいいだろう

23: 世界@名無史さん 2010/08/03(火) 10:47:59 O
>>11
トルコには正教会の本拠地があるし
ニカイア公会議の開催地でもあるし
キリスト教にとって超重要な土地なのだが
やはりイスラム教のイメージの方が強いか

エジプトのアレクサンドリアもキリスト教アリウス派の拠点だったが…

13: 世界@名無史さん 2010/08/01(日) 10:51:08 0
要は、イスラーム主義か?ナショナリズムか?って問題だよ。

17: 世界@名無史さん 2010/08/02(月) 14:10:47 0
古代の誇りみたいなのはないの?

19: 世界@名無史さん 2010/08/02(月) 21:36:42 0
>>17
近代国民国家のイデオロギーとしては当然古代エジプトからの連続性を主張したいんじゃないかと思うけど、「アラブの連帯」とかそっち方面との兼ね合い的にどうなんだろうね?
詳しい人がいたら解説求む。

39: 世界@名無史さん 2010/08/14(土) 21:49:11 0
>>19
俺は特に詳しくないけど、19世紀から20世紀のムハンマド・アリー朝で、同時期のイランのように古代エジプトとの一体性を保つような文化政策や言語政策、具体的にはアラビア語エジプト方言と書き言葉の言文一致運動を行う動きがあったようだけど、やはり「アラブの連帯」の前に、フスハーを書き言葉として使い続けることになったんだとか。

22: 世界@名無史さん 2010/08/03(火) 10:33:32 0
エジプトはアラブの盟主であるし
アラビア語話してるから

27: 世界@名無史さん 2010/08/04(水) 18:30:13 0
エジプトもマムルーク朝時代まではコプト教徒の農民が人口上では優勢だったらしい。

28: 世界@名無史さん 2010/08/04(水) 19:00:25 0
実際アラブ初期はキリスト教徒だらけだからな
啓典の民として保護したから寛容というけど現実問題そうしないとやってけなかったからだよね
イスラム優勢になるとあからさまな差別や強制改宗させようとする支配者もでてくるし

29: 世界@名無史さん 2010/08/04(水) 20:35:23 0
>>28
かなり激しい迫害をした支配者が多いよな
仏教やゾロアスター教もやられた

31: 世界@名無史さん 2010/08/05(木) 18:29:10 0
ゾロアスター教徒迫害した支配者っていたっけ?

32: 世界@名無史さん 2010/08/05(木) 20:53:51 0
イスラーム教徒による宗教的迫害
http://ja.wikipedia.org/wiki/イスラーム教徒による宗教的迫害
これみると十字軍の腹いせにキリスト教徒とユダヤ教徒を強制改宗、虐殺、レ○プが横行
イスラム教徒は寛容だなw容赦ないわ

33: 世界@名無史さん 2010/08/05(木) 21:12:27 0
>>32
初期ムワッヒド朝は当時の基準でもかなり狂信的な集団だろ
アンダルスのムスリムもドン引き

38: 世界@名無史さん 2010/08/06(金) 11:56:40 0
エジプトは今からでも立ち上がるべき

45: 世界@名無史さん 2010/08/31(火) 22:29:15 0
古代エジプトの系譜なんてのはヘラクレイオス(エジプトのイスラム化を促進させた元凶)と一緒に潰えたよ。
そしてピラミッドを崩してせっせとモスクを作ってたり大図書館の蔵書をガンガン燃やしてた癖に今更ロゼッタストーン返せだのなんだのと騒いでやがる。

50: 世界@名無史さん 2010/09/06(月) 23:48:28 0
19世紀のヨーロッパ人の考古学者たちが古代遺跡を発掘してるのを見て、現地の住民はどう思ったんだろうな?

51: 世界@名無史さん 2010/09/06(月) 23:51:28 0
>>50
ギリシャ人は「彼らはきっとあの神殿を立てた異教徒の子孫なのだろう」とか思ってたそうです。

52: 世界@名無史さん 2010/09/06(月) 23:57:32 0
>>51
ヨーロッパ人が来る以前は「あんなデカイ宮殿造った異教徒は雲を突くような巨人族だったんだろう」と思ってたそうな。

53: 世界@名無史さん 2010/09/07(火) 01:27:35 0
中世のエジプトの城も相当もでかいと思うけどね
ピラミッドのでかさに比べればカスみたいなもんだけど

引用元: ・◆糞イスラムのせいで俺のエジプトが滅茶苦茶に…◆