1: 次郎丸 ★ 2019/02/08(金) 22:37:29.66 ID:i7k8YQXJ9

no title


斬新な発想で奇想天外な絵を描いた江戸時代の画家の作品を集めた展示会が、9日から東京都内の美術館で始まります。

会場には、江戸時代の8人の画家の作品、合わせて113点が集められていて、8日は報道関係者を対象に内覧会が開かれました。

このうち、伊藤若冲の「梔子雄鶏図」(くちなしゆうけいず)は、くちなしの実をついばもうとするにわとりの姿を描いたもので、一般に公開されるのは、今回が初めてです。

鮮やかな色を使うことが多い若冲の絵の中では、色合いが淡泊なことから、初期の作品と考えられています。

また、曽我蕭白の「雪山童子図」(せっせんどうじず)は、釈迦の修行の一場面を描いた作品で、釈迦の衣装の「赤」と鬼の体の「群青色」との対比が独創的です。

このほか、とぼけた猿の表情がユーモラスな長沢芦雪の「猿猴弄柿図」(えんこうろうしず)や、幕末の浮世絵画家、歌川国芳などの作品なども集められています。

この展示会は、9日から4月7日まで東京 台東区の東京都美術館で開かれます。


@映像はソースでどーぞ 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190208/k10011808731000.html 








3: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 22:44:36.96 ID:VjuvdlTV0
がしゃどくろの解説はよ

4: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 22:45:56.51 ID:tTN0NGIx0
歌川国芳の動物の擬人化とてもカワイイ

6: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 22:47:47.05 ID:u8dEF+Uf0
>>1
画像にある歌川国芳のがしゃどくろこと相馬の古内裏は構図がいいよな
他の作品も大胆に鯉や化け物を描く
みかけハこハゐが とんだいゝ人だ、みたいな騙し絵も

若冲もいいけど、その中なら国芳だな

9: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 23:23:44.56 ID:MpHzK+WV0
白象黒牛図屏風の犬はウケそう


no title

10: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 23:29:26.74 ID:AtqfSnzl0
>>9
芦雪の犬の絵はほんと可愛い

17: 名無しさん@1周年 2019/02/09(土) 00:53:00.66 ID:zGXdGddo0
>>10
虎も

19: 名無しさん@1周年 2019/02/09(土) 00:56:16.51 ID:q7JXkKgI0
>>10
応挙の犬は賢そうで可愛い
芦雪の犬は馬鹿そうで可愛い

11: 名無しさん@1周年 2019/02/08(金) 23:35:24.88 ID:QSuCKS9v0
>>1
歌川国芳と他とでは「奇想」が違うだろ。


no title

21: 名無しさん@1周年 2019/02/09(土) 01:04:21.19 ID:fLxqDm9P0
府中美術館でやりそうなネタだなーと思った。

22: 名無しさん@1周年 2019/02/09(土) 01:12:51.32 ID:UMKvpfSP0
>>21
わかるw
ちょっと地味な感じがねー

引用元: ・【東京】江戸の “奇想の画家” 展 若冲の一般初公開作品も 東京都美術館 ※映像