41Zcvhk2nBL



1: 人間七七四年 2016/12/23(金) 23:21:56.82 ID:8zVwcV0q
知識が浅いので知りたい(`・ω・´)








2: 人間七七四年 2016/12/23(金) 23:29:29.12 ID:G48s+ghi
じめじめとした男で権詐を好み、馬上槍を奮って敵を破るよりも、陰謀を用いて敵の内部を腐らせ、そののちに手を伸ばして敵領を奪う男である。
少なくとも、青少年が好む英傑ではない。

86: 人間七七四年 2017/04/09(日) 02:13:37.66 ID:+UKaN5a8
>>2
司馬遼太郎乙

4: 人間七七四年 2016/12/24(土) 07:14:07.08 ID:iJylARW7
一介の国人出で大内氏を打ち破った英傑なので、個人的には親が一国の主だった武田上杉より才覚は上だと思う
織田の桶狭間に匹敵する難しい戦である厳島を制したんだよ

8: 人間七七四年 2016/12/24(土) 18:36:26.38 ID:X45hj4IU
NHK大河ドラマの主人公になったことがある

12: 人間七七四年 2016/12/25(日) 04:27:18.07 ID:533mgy+x
>>8
大河ドラマ見ようか悩んでます…
面白いですか?

14: 人間七七四年 2016/12/25(日) 07:00:36.46 ID:so4TOx16
>>12
有名な息子二人の内の一人、小早川隆景役に当時若手お笑いタレントに過ぎなかったホンジャマカの恵を起用するという、意味不明な大失敗を仕出かしたこと以外は概ね良い作品に仕上がっているんじゃないかな。
元就少年時代役のV6森田剛が意外と好演してる。
厳島神社での回は名場面。
尼子経久役の緒形拳や桂広澄役の草刈政雄も良いよ。

10: 人間七七四年 2016/12/24(土) 20:31:49.35 ID:K9Bk3DL5
NHK大河『毛利元就』のタイトルの題字は元就直筆の書状からそのまま採られた物らしい
そのためスタッフロールの中には『題字 毛利元就』なんて一文が実際に入っているとか



16: 人間七七四年 2016/12/25(日) 18:53:34.52 ID:AbfMACAS
謀将のイメージあるけど、実際には戦上手でのし上がっているよねこの人
小早川隆景より吉川元春の方が親父似だったんだろうな

18: 人間七七四年 2016/12/26(月) 09:51:30.88 ID:MxVqoYEq
デマを流して尼子新宮党を粛清解体させているし、 色々な手口を用いている

22: 人間七七四年 2016/12/28(水) 20:50:11.37 ID:+94LBToQ
新宮党粛清は元就の謀略じゃなくて晴久の家中の統制の一貫

11: 人間七七四年 2016/12/24(土) 21:31:16.06 ID:KKgqiM0X
糞慎重だよなぁ
子供達に天下とるなとか
晴久の死を信じないとかな

25: 人間七七四年 2017/01/02(月) 19:39:30.66 ID:2Sx/P7iW
これ以上領土広げるなとか凄い消極的だよな。京は間近なのに。結局は天下穫らないと権力者に頭下げなきゃならないのにね

26: 人間七七四年 2017/01/02(月) 20:21:12.95 ID:usEokZuL
>>25
天下を目指すな。とか本当かな?
元就が死んだ後も普通に戦いまくってるよ。

27: 人間七七四年 2017/01/02(月) 20:25:45.31 ID:usEokZuL
あと、謀略メインみたいな印象だけど、自分より巨大な敵を何度も戦いで撃破している。
例えば、安芸守護の武田、尼子、陶(大内)
普通に戦上手だと思う。

28: 人間七七四年 2017/01/02(月) 20:46:33.41 ID:BM26YL+H
あれまで勢力が広がると、天下を目指さざるをえない立場に追い込まれたといえる。
仮に天下人の二番目を狙おうにも、あれだけ広大な領地を邪魔に思われるのは必然だし、じじつ、徳川家康の姦計に嵌められて大坂城を明け渡したら最後、長門周防29万石に押し込められていたし、じっさい、徳川公儀体制のもとでの最大の外様大名加賀前田は密かに公儀から取り潰しを狙われ、越前、越後両脇に親藩格を置かれてがっちり抑えられていた。
加賀藩は五箇山で硝石を密造して、幕府の大軍に備えていたが、皮肉なことに越前、越後が先に自壊した

31: 人間七七四年 2017/01/02(月) 23:02:50.00 ID:2ArBdhv3
晴久に大敗して石見銀山奪われて、さらに奪還に失敗して大敗
晴久存命中に石見銀山を奪うことはできなかったね
石見銀山争奪戦は晴久の圧勝
第一次月山富田城の戦いでも晴久に大敗して死にかけた

32: 人間七七四年 2017/01/02(月) 23:36:10.48 ID:V7Adtfd6
>>31
石見銀山を奪われたのは、毛利が陶&大内を撃破した直後で、尼子はその隙を狙って進軍してきたんだよね。
まだまだ長門周防を征服したところで安定してない頃だから仕方ないね。
戦力差も3~4倍だったし。

33: 人間七七四年 2017/01/03(火) 00:15:11.68 ID:0ly+Xqz/
それ元就擁護するとこじゃなく晴久の戦略眼褒めるとこ

35: 人間七七四年 2017/01/03(火) 01:20:17.19 ID:gtytvdYx
今まで大内が石見銀山を支配してたけど、内紛が起こって、大内は配下の毛利に滅ぼされた。

尼子から見れば、棚からボタ餅・漁夫の利だよな。

36: 人間七七四年 2017/01/03(火) 07:17:40.23 ID:aYOj/oKs
晴久が早死にしたのは幸運だよな

37: 人間七七四年 2017/01/03(火) 09:50:30.57 ID:Aur9D6O2
尼子晴久は北条氏政・武田勝頼なんかと同じタイプだからねえ

「父に比べて~」と言われるけど、実際の所は
親父の残した負の遺産のせいで苦しんでババ引いているだけ
しかも晴久は曲がりなりにも自分の代では家潰していないし

39: 人間七七四年 2017/01/03(火) 12:13:44.61 ID:O3Y+8btW
>>37
なんで、毛利が陶・大内を撃破した後に全面戦争を仕掛けなかったんだ。
あの時の毛利の手勢は数千人レベルで、その後も占領地(長門周防)に張り付けだったはず。
あの時、石見銀山を取っただけで満足したから、尼子は後で滅ぼされる事になったんだよな。
2~3万人の兵力あったのに

40: 人間七七四年 2017/01/03(火) 12:45:33.97 ID:ErgiviNG
>>37
負の遺産って、、、
家を継いだ時、数カ国100万石程度の領地があったんでしょ?
周りには大内くらいしか強敵はいないし。
どんだけ恵まれた負の遺産なんだよ。

毛利元就の場合は、大内や尼子のような大勢力に囲まれていて、家臣(井上)に内部を牛耳られていて、尼子にそそのかされた弟が家督を狙ってるし、内(家臣、親族)も、外も、むちゃくちゃな状態だぞ、

42: 人間七七四年 2017/01/03(火) 18:22:18.68 ID:IREQxRzn
尼子経久は70万石ぐらいだよ

43: 人間七七四年 2017/01/03(火) 19:28:44.63 ID:gkyG8kle
大内氏の最大範図は周防、長門、豊前、筑前であり、尼子氏は10ヶ国の太守とか言われていたから、最大範図は、出雲、伯耆、石見、備中、備後、美作、因幡、但馬、隠岐、備前であったことは、異論の余地が無い

44: 人間七七四年 2017/01/03(火) 20:18:00.62 ID:O3Y+8btW
>>43
それぞれ何万石よ?

57: 人間七七四年 2017/01/11(水) 09:46:14.60 ID:ggvWwdLb
>>44
正保郷帳より
出雲25、伯耆17、石見14、備中24、備後25、美作19、因幡15、但馬13、隠岐12、備前28
182万石

47: 人間七七四年 2017/01/04(水) 13:14:27.37 ID:14JzXggD
「兄や親父は酒飲み過ぎて死んだからわしは飲まないようにしてる、お前もそうせい」
って輝元にあてた手紙が残ってた気がする。忠告空しく輝元はがぶ飲みだったそうだけどw

49: 人間七七四年 2017/01/08(日) 22:06:22.12 ID:EymVx5J8
厳島合戦が「西国の桶狭間」と呼ばれる場合もあるが、戦略性やスケール感は圧倒的に厳島合戦の方が上。
村上水軍も絡んでるし、何より世界遺産の厳島が舞台だしね。

まー、誇張されてる可能性はあるけど、発生時期はこっちの方が古いし、厳島合戦と比べると桶狭間は正直ショボく感じる。
サイドストーリーの方が目立ってるだけというか。

50: 人間七七四年 2017/01/10(火) 00:18:32.30 ID:GyOH6rza
直接的に信長、秀吉、家康の三傑に絡んでいないから、どうしても地味な印象になってしまうよな。
元就が生きてる内に信長軍団とガチでやり合ってたら面白かったろうにね。
元就は強いからな。

87: 人間七七四年 2017/04/09(日) 02:20:28.71 ID:+UKaN5a8
>>50
確か元就が死ぬまでは信長は毛利を持ち上げる形で準軍事同盟を結んでいた。元就の求めに応じて播磨だったかに出兵もしている。元就が亡くなった時には香典も送ってる。

53: 人間七七四年 2017/01/11(水) 00:04:53.00 ID:R75uSN9k
全国デビューする厳島合戦時で既に55歳だからな。
積極果敢に討って出るにはキツくはなってただろうね。
大内に次いで、尼子だけは生きてる内に滅ぼしておかなければならないとは思ってただろうけども。
隆元は先に死んじゃうし、守勢厳命もやむ無しか。

56: 人間七七四年 2017/01/11(水) 09:35:53.98 ID:ggvWwdLb
兄を毒殺
兄の子を毒殺
兄の嫁の実家に謀略を仕掛け乗っ取る
吉川家を乗っ取る
小早川家を乗っ取る

102: 人間七七四年 2017/10/03(火) 21:02:47.54 ID:hMqCdT5H
>>56
兄は自然死だったかも知れんよね。
でも、300貫の分家って城主とも言えん身分でそんな伝手無いでしょ。
只、甥っ子は自然死だったか多いに疑問だね?その前に兄嫁の実家の高橋一族が消されて
その所領が何時の間にか元就のもん成ってるしさ?
この辺の経緯資料無いけど、後見人の立場を巡って色々有って、邪魔者の高橋氏消して
そんで孤立無援の甥を消して目出度く本家乗っ取り完了って考える方が辻褄合う。
家督相続の時に起請文取ってるから、相当な血が流れてると思うなあ...

61: 人間七七四年 2017/01/12(木) 05:01:31.77 ID:zuQ76Pqd
正室の3兄弟は有名だけど
側室の子供たちも結構粒ぞろいの印象
家康よりも子供達には恵まれてるな能力的に
孫が微妙で関ヶ原で自爆したけど

65: 人間七七四年 2017/01/12(木) 15:53:35.34 ID:SCP5Kk/o
輝元の器量を見抜き天下を狙うなと生前言葉を残した元就
それなのに関ヶ原で夢見ちゃったのが皮肉
広家のおかげで家は助かったけど

毛利が全力で戦ってたら関ヶ原は勝てたかも知れないけど
その後の戦乱を乗り切るのは無理だったろうから正しい判断といえよう

68: 人間七七四年 2017/01/15(日) 00:03:26.15 ID:krpSFEtU
小早川隆景 吉川元春 毛利秀包・・・
何この兄弟たちの優秀っぷりは?
現代なら元就の精子は高い値が付きそうだ

72: 人間七七四年 2017/01/15(日) 08:25:07.36 ID:8BnBzsSn
>>68
弟たちの影に隠れてるけど、長男の隆元も実は超優秀

67: 人間七七四年 2017/01/14(土) 15:42:02.71 ID:ziKntmHG
厳島合戦に感状が無かったり、折敷畑合戦の感状が全部偽文書の可能性大だったり毛利も胡散臭いとこがかなり多い

69: 人間七七四年 2017/01/15(日) 03:37:57.32 ID:DrQ14QNB
>>67
厳島の合戦がなかったとしたら、どうやって陶を倒して周防長門を手に入れたんだ?

71: 人間七七四年 2017/01/15(日) 06:42:25.51 ID:ZPK3WEyn
厳島合戦は村上水軍主動の合戦だったのに江戸期に手柄を毛利家主動に変えられてしまったとする学者はいるね
だから毛利家に感状が無いと

73: 人間七七四年 2017/01/15(日) 09:19:23.32 ID:DrQ14QNB
>>71
なんか、一つの見解を執拗に取り上げて、毛利の勝利にしたくない書き込みしてるけど、本当にそう思ってるの?
海戦では村上水軍主導だったかもしれないけど、陸戦や総合的な戦略は毛利主導でしょ?
そして、厳島の後、結果的に毛利が陶と大内の領土を手に入れた。

78: 人間七七四年 2017/01/15(日) 11:30:49.63 ID:vuN+Yc5J
厳島合戦自体はあったことは間違いない
陰徳太平記の記述がそのまま通説になってて疑問符がつく部分が多いのも事実
良質な史料に準拠すると実態不明な合戦
厳島合戦のウィキにも少し書いてあるね

79: 人間七七四年 2017/01/15(日) 12:04:29.17 ID:DrQ14QNB
毛利側が書いた文章しか残ってないから多少の誇張が入ってるんじゃないか?という事だろ?
でも事実として、あの戦いで陶は死んで、その後、周防長門は毛利の手に落ちた。

どの戦いでも多少の誇張や誤差はある話で、毛利が主導ではないとか、村上水軍がメインだとか、そもそも戦いはなかったとか、とんでも理論が出てくる理由にはならない。
否定している人、ミスリードしている人は、「ではどんな戦いだったか?」を自分の推測で書いて欲しいですね。

80: 人間七七四年 2017/01/15(日) 12:44:12.77 ID:05yAlvIs
戦いが無かったなんて言ってる人はいないでしょ
山口県史でも陶方の兵数は一万に満たないとしてたり、実証主義の観点からすると不明なことが多いってだけで
現状の厳島の戦いは小瀬甫庵の信長記の桶狭間の記述をそのまま引用してるのと同じ状態
精査が知りたいなら自分で専門書読むなり良質な文献に当たるなりして調べるしかない

82: 人間七七四年 2017/02/19(日) 10:28:05.18 ID:Pk1VCxdr
三本の矢は折れねーんだよ!!
って力説してた人

83: 人間七七四年 2017/02/21(火) 03:23:24.47 ID:rsXq0VFl
毛利秀元なら自慢の怪力でへし折ったんだろうけどな

90: 人間七七四年 2017/04/11(火) 23:32:48.75 ID:rP4h/ETF
九州はさっさと諦めて上洛するべきだった
晩節を汚すを体現した人

91: 人間七七四年 2017/04/13(木) 17:18:15.41 ID:n1AFx4AY
あんな高齢の爺に上洛しろとか無茶いうな/(^o^)\

92: 人間七七四年 2017/04/13(木) 20:43:07.25 ID:QA9yuYYZ
上洛して何するん?

93: 人間七七四年 2017/04/13(木) 23:30:41.76 ID:v/gkIcW5
中国地方と当時の物流の最重要ルートだった瀬戸内海を
押さえてたわけだし普通に毛利幕府でも開けばよかったんじゃね

94: 人間七七四年 2017/04/16(日) 21:34:13.20 ID:P774n5pb
偉大な人には違いないがライバルの存在が世間的にはマイナーだし信長とは直接関わらないからなぁ

95: 人間七七四年 2017/04/18(火) 01:56:21.66 ID:NJym2LcW
手紙が長くてクドイ

98: 人間七七四年 2017/07/20(木) 15:44:18.67 ID:GiWcFdIN
家族思いのいいおじいちゃんだったと思うよ。
ただそれ以外の人には冷たい人かもしれないね。
あと家族評価が正しくなかったかもしれない。
自分は三兄弟で最も優秀だったのは隆元と思ってるから。
それは求める基準が兄弟それぞれで違ってたからと思ってる。

111: 人間七七四年 2017/12/20(水) 12:48:45.80 ID:YyB9GmTc
毛利家は分業制みたいな経営している。
元就は自分の立場に応じて、柔軟に役目を変えている。

後見役時代(猛将) 
前線指揮官・有田仲井手の戦いでは上杉謙信ばりの陣頭突撃で勝利。
戦後権限がないので、守護安芸武田氏の横領地は持ち主へ返還。
       
当主時代(統治者・勇将) 
もっぱら調整役。誠実第一。

大殿時代(謀将) 
裏方として謀略・調略を担当。

元就の3人の息子は優秀と湛えられるが、毛利家が分業制なので、息子3人の特化した才能が光ったとも言える。

隆元(稀代の統率者)
統治・内政・外政。国人衆・商人を信義誠実で取り込み、毛利家勢力を飛躍的に拡大。

元春(常勝の前線指揮官)
勇猛な前線指揮官。応仁の乱で日本全国に名を轟かせた鬼吉川の軍団を率い、毛利の強兵を示し、毛利の軍神として家中の拠り所であった。

隆景(壮大な外交・軍師)
外交・折衝。対外外交で活躍し、毛利家の権益を調整・確保し続けた。後に豊臣政権を生み出す原動力(最初期の秀吉に毛利が強力する事で、秀吉は圧倒的な大勢力に成長)となり、日本総無事に関わっている。

家族経営の会社が大成功したような事例。

118: 人間七七四年 2018/02/18(日) 18:54:02.71 ID:+FULuBu+
毛利家は最初から最後まで豪族連合にすぎなかったから中国地方が組織的に限界

119: 人間七七四年 2018/03/17(土) 23:47:38.08 ID:Td3hWhUq
豪族連合なのはどこも同じだから別にいい
隣に集権中に死んで家を潰させた奴がいるから及び腰にもなるだろう
元就は冒険するには歳を食い過ぎ&心配性すぎ

120: 人間七七四年 2018/03/20(火) 01:01:56.50 ID:vgZ4EGlZ
元就が家臣団の集権化を達成できなかったのは元就自体が元々安芸の一部を支配する
小国人に過ぎなかったのも影響してるのかも

引用元: ・毛利元就ってどんな人?