1: 茗荷 ★ 2019/02/06(水) 13:23:36.02 ID:XImgN9659
全国の鈴木社長、力貸してください-。日本で2番目に多い鈴木姓の発祥地とされる和歌山県海南市の「鈴木屋敷」の復元に向け、市が企業版ふるさと納税を活用した寄付を呼びかけている。屋敷のある神社は、全国の鈴木さんが訪れる「巡礼地」。寄付金を活用して屋敷を改修し、一般公開も検討している。発祥地をアピールする関係者は「屋敷を観光名所にしたい」と意気込む。(小笠原僚也)

鈴木姓は、平安時代末期に紀伊半島南部の熊野地方から海南市内の藤白(ふじしろ)神社境内に移り住んだ豪族がルーツとされる。一族は昭和17年、122代当主が亡くなり途絶えたが、それまで全国各地に熊野信仰を熱心に布教して回っていたことで、鈴木姓は全国に広がったという。

(続きはリンク先でお願いします)

2019.2.6 12:44
https://www.sankei.com/smp/west/news/190206/wst1902060024-s1.html








2: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 13:26:22.23 ID:R4Y+Nf3/0
雑賀孫一

4: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 13:29:08.52 ID:KtKXe7Ye0
>>2
だよな

9: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 13:35:24.66 ID:0H9vKCqv0
信長の野望でも、あの辺りには鉄砲を使う鈴木さんが沢山居るな。

11: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 13:38:26.28 ID:gZp9J6/l0
まあ、全国の鈴木さんのほとんどは明治時代に勝手につけた苗字なんですけどね。

15: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 14:02:52.16 ID:XViC3hLS0
>>11
今では常識だけど江戸時代も庶民は公式には名乗れないだけでみな苗字を持っていた。

明治になって戸籍が作成された際、多くの人は今まで名乗っていた苗字を家族名としたが
改めて新しい苗字を登録する人たちも少なくなかった。
そのさいのこぼれ話が載った明治の新聞を見て庶民は苗字を持っていなかったと学者が誤解した。
すでに江戸時代に鈴木さんは多かった。

33: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 17:54:02.06 ID:NoicWOse0
>>15
うそをほんとらしく書くな

38: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 18:12:37.68 ID:sFhzsvI90
江戸時代に百姓にも姓名があったというのはどうやら本当らしいよ。
ここでいう百姓(農民)はあくまで庄屋や豪農のことであって、大半の
者にとっては『本家』の名前という関係だけれども。明治の苗字許可令の
ときにも大半は旦那寺に残された記録から姓名を選んでつけてる家が
多いはず。だから特定の土地には似たような名前が集まってるんだよ。

16: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 14:10:33.22 ID:lLp7dyeb0
和歌山県海南市といえば小野田さん?
熊野や高野山を守ってきた人たちの子孫、古い家柄が多い

18: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 14:58:10.49 ID:wbkBhmZH0
最初の鈴木さんは東へ向かったんだな
西日本には割と少ない苗字

21: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 15:44:46.36 ID:ZnDUCwOY0
全国の鈴木さんは、強制的に募金しないといけないようにしたらどうや?

25: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 16:26:53.73 ID:xJ9ROQ9M0
鈴木姓だけだろ観光に行くヤツなんて 鈴木姓だけで成り立つのか?

28: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 17:07:16.92 ID:ikfSuTjv0
三河の鈴木さんのルーツだっけ?

32: 名無しさん@1周年 2019/02/06(水) 17:48:11.63 ID:TTSi2pDh0
静岡県浜松市は石を投げれば「鈴木」さんに当たる、スズキ自動車のオサム会長に頼むといいに。
 

引用元: ・【鈴木姓】発祥地とされる和歌山県海南市の「鈴木屋敷」の復元に向けて寄付呼びかけ