61P4lCg+RDL



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/17(土) 02:37:20 ID:rDA92TWw

かつて中国地方に覇を唱えた名門・尼子氏について語るスレ。








3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/17(土) 10:12:55 ID:vQ5m7mO3
願ワクバ我二七難八苦ヲ与へ給へか

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/17(土) 15:30:18 ID:jupOda8x
最大最強の守護大名 山名氏に較べて尼子氏がマシなイメージなのは、山中幸盛と勝久の最期の御陰。
嗚呼、山名豊国よ……。

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/19(月) 14:50:49 ID:9PTVnzhY
>>5
最大最強の 守護 ではあるよね、山名
なにしろ六分の一殿だから

出雲の京極とは違って、但馬、因幡を確保はできたが、尼子、大内、毛利と匹敵はしない

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/20(火) 20:37:50 ID:nlCxe46N
尼子の最盛期ってどのあたり?

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/20(火) 20:44:58 ID:7nycUXoN
郡山城攻めの直前位じゃね?

10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/21(水) 14:28:58 ID:Z6XlPt5e
尼子の場合領国経営は間接的だからね、勢力範囲が最大なのは経久晩年でしょ

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/21(水) 15:30:16 ID:yoItc87L
郡山城攻め以降、尼子は直轄地は多少増えるが、勢力圏は縮小して行く事になる。

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/21(水) 15:56:48 ID:Z6XlPt5e
後年まで備中や美作には尼子派の国人がいるのだが
安芸では毛利の離反+敗戦で基盤を失う

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/21(水) 20:52:59 ID:JtQYR1WQ
>後年まで備中や美作には尼子派の国人がいるのだが

永禄九年の富田落城時までいたのは、かなり凄いよね

14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/22(木) 02:04:39 ID:FVIsLBOW
落城まで播磨尼子城にも尼子勢いたぞ。

17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/23(金) 10:03:24 ID:qTHjeON7
尼子山城ですか
一時義久も在城していたとか
永禄六年(1563)に毛利に攻められ落城したそうですね
月山富田城落城の三年前ですね

18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/24(土) 22:07:02 ID:RRkh3DAO
中国って全体的に石高が少ないのに、よく3万も動員できたな

54: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/09(日) 21:48:07 ID:hvYoPIz/
>>18
出雲は石高は低かったが森林と鉄の資源が豊富で経済的には悪くなかった。

20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/25(日) 00:08:35 ID:xXlOTU/j
出雲はけっこうな石高だったはずだぞ。

21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/25(日) 03:14:05 ID:mC+Qq2yc
出雲でも二十万石位だわな。

23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/26(月) 01:05:25 ID:eR3XmcgJ
たしか江戸期、松江藩でも十八万石位じゃなかったか?

26: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/26(月) 15:07:48 ID:N5ClZGxM
尼子の勢力範囲って

出雲、石見、伯耆、因幡、備後、備中、美作、備前ぐらい?

もちろん完全に押さえていたわけではないだろうけど

27: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/26(月) 15:33:43 ID:c8dKpKca
安芸、播磨、但馬にも尼子党はいたんじゃね?

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/26(月) 15:41:50 ID:N5ClZGxM
全部合わせりゃ相当の勢力範囲だね

29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/26(月) 17:38:03 ID:lwmOW16o
隠岐が忘れられてるな

31: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/26(月) 21:52:36 ID:ava51mBu
完全に押さえてたのが、出雲、伯耆、隠岐
八割方押さえたのが美作
一時的にであれ勢力を伸ばしたのが因幡、備中
後は諸国にパラパラと尼子方がいるという理解でOK?

教えて!偉い人!

32: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/27(火) 14:22:45 ID:Dyojn5No
石見も五割近く押さえてたんじゃないの?

33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/27(火) 14:49:57 ID:KyQMU1Dy
そうさね石見銀山押さえてる時期あるもんね

36: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/29(木) 13:43:23 ID:c8YDLsMo
>>33
享禄四年(1531) 小笠原氏が銀山領有
天文二年(1533)に灰吹き法が確立され、石見銀山の生産量が飛躍的に伸びる
このころは大内が奪還

天文六年(1537)尼子が奪う
天文八年(1539)大内が奪う
天文九年(1540)尼子方小笠原氏が奪う・・・・

この後大内→尼子の争いつづく

最後の尼子奪還が永禄元年ー五年(1558-1562)

37: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/29(木) 22:41:15 ID:HGm8S3Ta
>>36
ソースが何か知らないけど、それってあんまり根拠がなかった、今までの通説じゃなかったっけ?

原慶三 「尼子氏の石見進出をめぐって-石見銀山、小笠原・吉川氏との関係を中心に-」
で、尼子氏による最初の銀山攻略は天文9年(1540年)。
永禄元年(1558年)と推測されてきた銀山攻略は、弘治2年(1556年)と特定されたそうだが。

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/30(金) 14:04:15 ID:AtgfdWEb
>>37
調べが浅くて申し訳ありません、と謝っておきます

銀山を押さえてるのとそうでないのでは、相当違うんでしょうね、経済力

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/02(日) 12:22:10 ID:sCEuM/TC
銀山押さえておくと朝廷にもガンガン貢物できるしね。
大内が朝廷に対する貢物はほとんど大森銀山かららしいし。

41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/04(火) 17:55:14 ID:3Xi8BDOk
晴久の八カ国守護は、幕府への献金のお陰なのかな?

42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/05(水) 09:44:33 ID:FtF9Mjgj
そりゃあ多少の献金もあっただろうがね

43: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/06(木) 14:20:33 ID:HPo1UOz5
いまいち尼子家での山中鹿介の序列の位置がわからない
勝久擁立してからはトップに近い存在だったのかな

44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/06(木) 15:13:43 ID:KojK1AQ9
直接関係ないけど
尼子分限帳によれば尼子の重臣は

1、宇山 石見18万7千7百石
2、佐世 備後の内12万石
3、牛尾 備前の内10万石 だそうだ


45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/06(木) 17:38:03 ID:tz6oAcMx
納得のいく連中だが、所領でかいな

51: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/09(日) 10:29:39 ID:/T4kQ0Pq
中国地方の山間部、石見銀山ばかりが有名ですがたたら製鉄も忘れないで。
たたら製鉄で作った刀やらで美保関の関税もかなりの財源になっていたと思うが?
国力は石高だけで量れない。国造りって難しいよな・・・・・

52: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/09(日) 11:41:17 ID:DW8Wg1Q6
安来にはまだ残ってるね、製鉄。

53: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/09(日) 20:49:35 ID:gea4r3G+
鉄の開発に関しては仁多横田方面と繋がりが深い。
んで、横田には経久縁の真木氏があった。
経久躍進の鍵が製鉄にあるという推理も俺はまんざら悪くない気もする。

55: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/09(日) 23:25:52 ID:GzO7fQQo
当時の貿易も日本海中心だったって言うしね

57: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/10(月) 15:39:17 ID:z438m1Hw
いや出雲南部(奥出雲っていうのかな?)はたたらが盛んだった

もちろん伯耆や安芸もあるだろうけど

58: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/11(火) 00:52:12 ID:wLts5TaH
伯耆の方が盛ん。
今の弓浜半島はもともと島で、製鉄の為に砂鉄、木、を取りすぎて、日野川の土砂によって半島になった位。
日本一の鉄山師といわれる家も伯耆(名は、忘れた)
余談だがその家は、現在の日本化成の創業者の一人。

59: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/11(火) 15:56:55 ID:4dpuw5or
尼子からみれば、石見も伯耆も欲しかったんでしょ
鉄、銀、関銭と経済力がある

60: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/12(水) 00:07:25 ID:ZhLGYs2k
まあ、伯耆は安定的に支配していたわけだが

61: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/12(水) 05:37:38 ID:AcskoSXS
出雲の鉄は尼子が強力に支配していただろうが、伯耆の鉄はわからない。
強力な寺社勢力もあった訳だし、国人による間接支配じゃなかったかと思う。

62: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/12(水) 10:08:34 ID:EwuGBjy8
あそこはバラバラな印象があるな
戦国大名の両国としては不安定要素の地域

63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/12(水) 11:08:05 ID:AcskoSXS
尼子の伯耆支配には疑問点がある。
五月崩れの時、西伯耆、日野方面と大山寺周辺はスルーしている点
(伯耆の中ではかなりの穀倉地帯)
それとは反対に東伯耆は徹底的に国人を潰してる点(砂地でかなり貧しい地域)
これを考えると、米子周辺の行松氏が持っていたであろう港湾運上金は得たが、鉄と穀倉地帯は放棄してるんだよね。
と言う事は鉄山一族と大山寺は尼子方であったと思う。
じゃぁなぜ尼子方になったかと言うと、利権を保障したからではないかと。
伯耆の鉄利権は尼子は持っていなかった、又は武田氏の用に間接的に行なっていた。
のではないかと、大山寺には尼子も後の毛利も多額の献金してるし。
毛利の関係でいうと月山攻めの時、キッチリ日野方面にも兵送って城落としてる。

64: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/12(水) 11:46:40 ID:AcskoSXS
伯耆に所領を持っていた、又は貰った、尼子方武将
誰か教えて。

65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/12(水) 13:56:44 ID:a0oePZNo
所領かどうかはわからないけど、ちょっと調べたら出てきたこと

大永四年(1542)の五月崩れで落とした城のうち

羽衣石城には尼子国久
八橋城には吉田左京亮
尾高城には吉田光倫が配されたようだ

66: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/12(水) 14:08:01 ID:a0oePZNo
あと国人で尼子に従ったのが
江美城主 蜂塚氏とか日野郡の日野衆とか

って蜂塚は日野郡の国人だから、日野衆=蜂塚なのか?
それとも日野衆の一人なのか?

67: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/12(水) 14:19:17 ID:a0oePZNo
と三連投申し訳ない

ここに蜂塚は鉄の技術者集団だったとある
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/gi11927/siro/SANINNDOU/ebi.htm
※リンク切れ

74: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/17(月) 14:08:49 ID:uO4+HZai
尼子晴久と毛利隆元が同時期に死んだのはなぜ?

75: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/17(月) 20:26:05 ID:RUI8BxPi
出雲侵攻に難航した毛利元就がナントカ神社で晴久を呪い殺してって願って、その生贄として隆元を選んだから

みたいな事が雲陽軍実機に書いてあったけど実際は隆元→食中毒(?)、晴久→頓死

76: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/18(火) 11:33:28 ID:Pc8G1+Rm
尼子晴久-永禄3年死去
毛利隆元-永禄6年死去

三年も間が開いているので、同時期とは言い難い気もする
死因は>>75の通り

77: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/19(水) 10:06:43 ID:bSGrr7b7
暗殺合戦かと思った

78: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/20(木) 11:58:12 ID:9OYjOJEo
晴久ー永禄五年死去説もあるね
死去を隠したことと関連するのかな

80: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/20(木) 23:18:37 ID:XiZfEYVd
>晴久ー永禄五年死去説

軍記物程度にしか載ってない説なので、さして信憑性は無いかと
「永禄三年死去説」の方は、文書の発給元が 晴久→義久 に一気に移った時期が丁度永禄三年であることや、佐々木文書中に「永禄三年死去」と記載されていることからほぼ疑いないものと思われるが?

99: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/28(金) 14:13:53 ID:EB2FMAaw
地元ではどう語られてるか興味深い=経久とか晴久とか
出雲の方教えて

101: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/28(金) 22:00:14 ID:hOtBf5Yg
>>99
あんま歴史でもその話はせんな。
原子炉や公務員の給金の方が気になる。

強いて言えば晴久より経久と鉄が有名。

106: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/31(月) 12:33:08 ID:TZyyajmQ
>>99
地元だと尼子氏より山中鹿ノ助のほうが知名度があるかな?小学校の時に太鼓の壇に遠足とかいったりした時にでっかい銅像があったからね、ちょっと美化されてるイメージはあるけど

104: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/31(月) 11:37:23 ID:+dY/0oKZ
経久はかなり御人よしだったというが
謀略を使うときにその性格が災いしたりしなかったのだろうか

107: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/31(月) 15:22:26 ID:dLAkCeci
>>104
なんでもあげる(松の話とか)=物欲が薄いであって、お人好しではないと思うけど
それとも違う話でしょうか?

108: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/31(月) 22:29:59 ID:rLDvrRv+
私は松江在住ですが、正直経久はさっぱりです。
「尼子さん」自体は割と有名なんですけどね。
幸盛も例の「七難八苦~」のお話くらいだから全国レベルと大差ない気もします。
ちなみに松江は堀尾吉晴と名(迷)君不味公のほうが有名ですね。
何故か白鹿の矢文やモグラの話とかは知名度低いですね。

111: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/01(火) 15:42:36 ID:PepjP9zi
戦国大名より、江戸期の藩主が有名なのは、何処も同じですね

不昧公ですか、なるほど

引用元: ・【出雲国】 尼子氏総合スレ 【八箇国守護】



尼子氏関連武将事典
尼子氏関連武将事典
posted with amazlet at 19.03.10
妹尾 豊三郎 島根県広瀬町観光協会
ハーベスト出版 (2017-04-01)
売り上げランキング: 515,914