41o5FHmnBuL



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/06/19(月) 14:31:09 ID:L2VjuquY
ヌメロウノ戦国野郎。








233: 人間七七四年 2007/03/02(金) 14:24:22 ID:O9un9dfl
久秀はイメージ先行で、実際は結構まともなんじゃないだろうか?

247: 人間七七四年 2007/04/17(火) 13:35:08 ID:ncZYKrSo
ところで久秀の正室は三好長慶の娘って言うけど、詳しいこと知っている人いない?あと側室とかで有名なの誰?

248: 人間七七四年 2007/04/17(火) 13:39:35 ID:J8K7MZJm
>>247
ほい

松永氏の県別、地名と人名(4)
・松永久秀の妻達
ttp://homepage2.nifty.com/ihmm/sub08-3.html
※リンク切れ

250: 人間七七四年 2007/04/17(火) 13:51:28 ID:ncZYKrSo
>>248
どうも。娘が大坂城に入っていたとは知りませんでした。

251: 人間七七四年 2007/04/17(火) 14:22:29 ID:J8K7MZJm
>>250
娘の娘つまり孫でしょ、多分

252: 人間七七四年 2007/04/19(木) 00:04:48 ID:mc80QhXF
>>247
実の娘では年の差的に無理がある気が・・・・・・
養女なのかなあ?

236: 人間七七四年 2007/03/09(金) 08:53:36 ID:K6hAoSjd
義昭の妹の三好義継正室を側室にしたのは本当でつか?

238: 人間七七四年 2007/03/09(金) 11:25:34 ID:Z+7kjTsq
>>236
義昭の妹は義継と一緒に自害しているので不可能
小説とかじゃそういうことになってるものが多いけどね

239: 人間七七四年 2007/03/09(金) 15:22:16 ID:c2U9PmiT
帰蝶の本能寺奮闘説みたいなものかな
誰かが「だったら面白いな」と作ったネタが、そのままウケて広まったのか

258: 人間七七四年 2007/05/21(月) 23:24:35 ID:cVgnpitM
久通は優秀だったの?
松永 久通(まつなが ひさみち)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。松永久秀の嫡男。永禄7年(1564年)6月22日には主君・三好長慶の甥で養嗣子の三好義継に従い上洛、23日に室町幕府13代将軍・足利義輝と謁見したが[2]、永禄8年(1565年)、父に代わり三好三人衆や義継と共に二条御所にいた義輝を暗殺した(永禄の変)。

259: 人間七七四年 2007/05/22(火) 12:20:35 ID:T+jm45QI
>>258
将軍暗殺は久通が指揮を取ってる。
馬鹿ではないはずだ。父親は超えられないだろうが。

271: 人間七七四年 2007/08/03(金) 23:51:40 ID:CAjw00mO
おれは松永長頼の方が好きだ。
松永 長頼/内藤 宗勝(まつなが ながより/ないとう そうしょう)は、戦国時代の武将。三好氏の家臣。丹波国船井郡八木城主。松永久秀の弟。兄・久秀と共に三好氏の家臣となり、兄を補佐した。謀略を駆使して活躍した悪名高い兄に対して、誠実で武勇に優れ、主君の三好長慶から信頼された。三好家中での出世は兄より早く、久秀は弟の七光りで三好家中の地位を高めたともいわれる。

273: 人間七七四年 2007/08/07(火) 21:46:14 ID:BTA1e32k
>>271
久秀は長頼の七光りで三好に拾われたとか。

274: 人間七七四年 2007/08/08(水) 00:36:49 ID:cj4ZxI2z
>>273
んなこといったら、長慶も家康も、完璧親の七光りで家臣に大事にされただけ(ry

272: 人間七七四年 2007/08/07(火) 20:10:26 ID:Z3WgnmaS
東大寺の大仏を焼くってすげえよな
比叡山焼き討ちするのと同じくらい常人じゃできねえよw

274: 人間七七四年 2007/08/08(水) 00:36:49 ID:cj4ZxI2z
>>272
まあ、大仏はその前に一度焼けてるものだし、結果、2回建て直された幸運な大仏さんじゃん
三好三人衆の側が基本的に悪いんだし

275: 人間七七四年 2007/08/08(水) 16:38:15 ID:UC1LQTdI
信長上洛前は久秀って終始三好三人衆に押されてるよね

276: 人間七七四年 2007/08/12(日) 00:42:52 ID:EOw9Q1xC
もともと三好領で久秀の勢力圏って摂津滝山城と不完全制圧の大和だけ。
丹波は長頼敗死でガタガタ。

三人衆は伊丹以外の摂津国衆をまとめてるし、初動で義継を取り込んだから北河内も。
滝山城は安宅信康の淡路勢と東播の別所勢が攻略。

あと義賢系はみな三人衆を支援してる。
高屋の三好康長とか阿讃の三好長治(ていうか篠原長房)ね。
おまけに平島公方も三好が握ってる。

正直よく踏ん張ったかと。

286: 人間七七四年 2007/09/26(水) 04:21:17 ID:4MxDBs5h
子孫ってどうなってるの?

288: 人間七七四年 2007/09/26(水) 16:53:09 ID:nfZUgn28
歌人・松永貞徳

290: 人間七七四年 2007/09/26(水) 20:27:52 ID:TzqV0ahw
>>288
貞徳の父は出家してた一族だっけ?

289: 人間七七四年 2007/09/26(水) 19:15:07 ID:qdaw+AUk
久秀は結局どう成りたかったんだろう?
混乱に乗じて暴れただけじゃないんでしょ

291: 人間七七四年 2007/09/26(水) 20:31:31 ID:qowvWyRg
>>289
傀儡将軍を立ててるから、幕府の権威を利用して天下を統一して
管領として実権を握ろうとでも考えていたんじゃない?

302: 人間七七四年 2007/10/22(月) 14:58:47 ID:8LtQVhcA
>>291
管領になれる(もしくはなりたい)と思っていたかな?

303: 人間七七四年 2007/10/31(水) 00:30:48 ID:0As4bWtU
謀反のタイミングが謎だ
マジで謙信来ると思ったんかね

304: 人間七七四年 2007/10/31(水) 01:44:59 ID:5lcEjg/u
別に謙信が京まで来れなくても、信長の主力を多少引きつけてくれれば、それはそれで良かったんじゃない?

305: 人間七七四年 2007/10/31(水) 01:58:58 ID:0As4bWtU
金ヶ崎でも信長を見捨てなかったのにあそこで?ってのはある

306: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/11/01(木) 16:53:11 ID:M/lSAxJK
信長の下ではジリ貧が目に見えていた、と言うのもあるだろうな。謀反の理由の一つには。
あとやっぱり信長の性格的なものへの不安があったんだろ。このままではいずれ殺される、と。

312: 人間七七四年 2007/11/08(木) 18:41:25 ID:1eVlS7xH
どんな感じにかっこいいん? kwsk教えてくれ。

318: 人間七七四年 2007/11/23(金) 23:09:41 ID:TZQSzGpI
>>312
1.日本ではじめて天守閣を建てた
2.戦国三大悪。主君殺し、将軍殺し、大仏殿焼失を成しとげた
3.部下や領主からの信頼は扱ったらしい
4.最後は火薬をつめた釜?を被って爆死
5.1日の大半を女性とのセッ〇スで費やし、それの方法?を本で残している
補足頼んだ

315: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/11/23(金) 20:00:20 ID:VG8lX5Dd
将軍の家臣である細川の家臣である三好の家臣である松永が、一時期にせよ幕府牛耳っていたんだから
下克上もここに極まれり、って感じだったんだろうな、当時は。

317: 人間七七四年 2007/11/23(金) 22:12:52 ID:d91fhrAN
松永って長慶が心身に異常をきたすまでかなり忠実に働いてるよね。
心から忠誠を誓っていたのかな?それか裏切る隙がなかったのかな?

321: 人間七七四年 2007/11/24(土) 06:35:47 ID:FV3hs7Iu
たぶん長慶がおかしくなってきた→よしこれはいける!的なノリでは?

339: 人間七七四年 2008/01/13(日) 06:41:19 ID:W6ykXf3G
主君が長慶と信長ってあたりも、見る目あるな

342: 人間七七四年 2008/01/15(火) 23:48:51 ID:jv+h/FEZ
しかも教養人

343: 人間七七四年 2008/01/21(月) 02:37:34 ID:XVis/kFc
しかも、氏素性はほとんど不明。
右筆から成り上がったんだっけ?

347: 人間七七四年 2008/02/27(水) 23:56:22 ID:mDVP2Dk/
これだけの悪行を成し遂げて、信長に対しても謀反を数回起こし、ゆるされてる。
(最後は自爆したけど)きっと、人間的魅力のある人物だったに違いない。
じゃなけりゃ、部下も主ももっと早い段階で斬っていただろうから。

348: 人間七七四年 2008/02/28(木) 15:42:13 ID:o2lVYb7z
>>347
大和の支配権を確立するためにも必要な存在なんでしょうね。

355: 人間七七四年 2008/03/27(木) 06:33:38 ID:zOXcPYCq
信長は久秀を気に入ってたんだろうな

362: 人間七七四年 2008/04/03(木) 22:49:38 ID:Z/Js3vq6
最も戦国武将らしい男!松永久秀
最も下克上という言葉が似合う男!松永久秀

なぜ大河にならない?

364: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/04/04(金) 08:08:04 ID:Ah4wPnu6
つーか、久秀の人生には「生産性」って言葉が存在しないからな。
ただひたすらの陰謀と暗殺と権力闘争で、みている方が疲れちゃう。

365: 人間七七四年 2008/04/05(土) 12:25:55 ID:okTo3zMH
久秀さんがキリスト教宣教師を迫害、弾圧したと聞くのですが、具体的な資料などありましたらご教授ください

多聞山城をルイス・フロイスに見せていますし甥はキリシタンの内藤如安です。
敵対しているとは思えないんですが・・・


367: 人間七七四年 2008/04/13(日) 12:26:23 ID:Yq/quIqt
>>365
久秀自身は日蓮宗ではないか?

370: 人間七七四年 2008/04/28(月) 19:44:06 ID:V2RVziaI
>>365
久秀は長慶の意向もあって、キリスト教保護に積極的だった。
ただし、自身は改宗したりはしてない。(同僚の結城忠正は改宗したけど)

畿内の微妙な宗教バランスを睨んで、全ての勢力に均等な距離を置くのが長慶時代の三好政権の基本スタンスだったらしい。

374: 人間七七四年 2008/05/12(月) 11:00:37 ID:oL+z4RT2
この人の野心とはなんだったんでしょうかね
天下取りとはまた違ったような気もするし・・・

エンジョイ&エキサイティングだったんかな

375: 人間七七四年 2008/05/12(月) 12:05:10 ID:z/Y2Plbf
天下を取る、というよりは、日本の中心(京・畿内)の政局を震わすのが好きだった気はする
政局に携わること、それ自体が目的で

目的や天下国家論より、手段が優先だった面は強いと思う

377: 人間七七四年 2008/05/12(月) 14:53:30 ID:TizZM4Dt
松永となんか腹黒いイメージあるけど普通に三好時代は忠実だよな。義興毒殺とかも後世の創作っぽいし

380: 人間七七四年 2008/05/15(木) 22:42:34 ID:j5r7HVP1
久秀の生きざまは、物語として魅力的だと思う
謀略あり、下克上あり、茶の湯あり、覇権あり、そして最後は爆死!
戦国時代の魅力をこれだけ体現している武将はほかにはいないだろ
ただ、残念なのがこれだけ魅力的な「松永久秀」という素材を活かした決定版的小説がないことだな

381: 人間七七四年 2008/05/17(土) 11:50:52 ID:Qd42CN7N
結局出自は分かんないのかな
教養人とか優雅な振る舞いをしていた、とかあるから卑賤の出じゃない気もするが・・・はてさて

384: 人間七七四年 2008/05/19(月) 23:48:30 ID:yxd3JOW9
久秀の出自については諸説あるけど、長慶の右筆として歴史に登場していることから、それなりの身分または家格
はあったと思うな
文化人としても認められる教養を持ち合わせていたんだから
卑賤の出じゃないだろうとおれも思う

387: 人間七七四年 2008/05/20(火) 12:14:06 ID:3bAaZYVu
なんでいきなり源氏を名乗ったんかな
室町幕府に対するスリ寄せかいな
藤原のままで良い気もするんだけど

389: 人間七七四年 2008/06/10(火) 16:02:36 ID:oW+kO0/G
藤氏というのも本当なの?

390: 人間七七四年 2008/06/30(月) 15:45:43 ID://ru9Y10
可能性はないわけじゃないだろうけどね

393: 人間七七四年 2008/07/15(火) 00:07:48 ID:o5qd/hpC
内藤如庵とは血縁だけど親交はあったのかな?

394: 人間七七四年 2008/07/16(水) 05:32:56 ID:r+0uWFip
接点無さそうですね。

395: 人間七七四年 2008/07/16(水) 08:50:35 ID:i3ooLXJx
戦国屈指の怪人の叔父と戦国屈指の敬虔な切支丹の甥・・・
伝奇小説の題材にはしやすそうだな

396: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/07/16(水) 10:00:20 ID:jrnwjRYY
最近の研究の、義輝を殺した久秀と三好三人衆は、新将軍を擁立するのではなく、足利氏を排除し自分たちが直接朝廷と結びついた新しい形の政権を模索していた。ってのは面白いな。

信長が義昭を擁して旧体制の復活を図ったのは、時計を巻き戻す行為だった。って事にもなる。

404: 人間七七四年 2008/07/19(土) 03:08:42 ID:5M8Oqz6W
>>396
天野忠幸氏の説だな。三好氏と将軍の和ぼくなどについても積極的に評価している研究者です



『言継卿記』では義輝が殺された直後に「阿州武家上洛云々」とあったはずだし、フロイスも阿波の将軍一族を擁立しようとしたと記しているので、三好三人衆や松永の真意はともかくとしても、当初から義栄を擁立するのでは?という見方はあったようだね。

397: 人間七七四年 2008/07/16(水) 11:24:42 ID:+8KK4lr2
義栄を立てて権力争い始めちゃったからなあ・・・
唱えてる人にはそこんとこ覆す「新発見」もあるんだろうけど、
流石に、そこまでの針回せる実力を久秀と三人衆に認める気にはなれないし

398: 人間七七四年 2008/07/18(金) 04:19:19 ID:EZzF3lrV
まあ長慶の下で義輝を排除して三好家のみで天下を支配した5年間を経験してる連中だからな。
あながちない事もない

引用元: ・【茶器バカ】松永久秀【爆死】



松永久秀と下剋上:室町の身分秩序を覆す (中世から近世へ)
天野 忠幸
平凡社
売り上げランキング: 208,242