51GqfsjPABL







6: 世界@名無史さん 2017/04/29(土) 01:15:20.25 0
張良の息子(張不疑)が親父さんほどうまく立ち回れていなかったこと。

7: 世界@名無史さん 2017/04/29(土) 01:38:39.91 0
名将の息子ってみんな大抵そうじゃない?

12: 世界@名無史さん 2017/04/29(土) 18:02:03.23 0
ブルネイがかつてボルネオ全域やフィリピン南部まで支配していたこと

17: 世界@名無史さん 2017/04/30(日) 04:24:36.16 0
>>12
漂海民として知られるバジャウのうち、ボルネオに住んでる一部のグループには、馬を巧みに乗りこなす伝統があるそうだけど、やっぱりブルネイ華やかなりし時に中東から少なくとも技術は伝わったのかな?
イスラム化の比較的遅れた民族だそうだけど、一部ではそうでもなく結構早くからイスラム化してたのか

13: 世界@名無史さん 2017/04/29(土) 22:20:34.25 0
それがなぜあんな小国になってしまったんだろうか
世界トップクラスの豊かさだから小国になってしまっても不満はさほど無いかもしれんが

14: 世界@名無史さん 2017/04/29(土) 23:14:32.24 0
>>13
ブルネイはイスラム教の国
それがボルネオ島の大半を占めていたのがスペイン・ポルトガルに切り取られてキリスト教化させられ今に至る
そもそもブルネイとボルネオは同じ単語
ブルネイと言うと豊かという印象だが実際は立憲君主制のフリをしたイスラム法によるスルタンの独裁国家で富は偏っていてサウジアラビアのミニチュアみたいな国だ

15: 世界@名無史さん 2017/04/29(土) 23:26:18.61 0
実際はもっと複雑だけどな
ポルトガルと組んでスペインに対抗してたらポルトガルがスペインに併合されちゃったりな
フェリペ2世の時代

16: 世界@名無史さん 2017/04/30(日) 00:09:30.12 0
アステカやマヤで名高い球戯の分布範囲は、中米を飛び出して北はアメリカ西部のコロラド高原、南はベネズエラ、西はジャマイカやキューバ、バハマなどカリブ海の島々まで広がっていたこと。

しかもゴールにシュートするのでない「ドリブルマラソン」の分布北限はさらに西海岸ワシントン州まで達すること。

33: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/05/04(木) 00:00:06.09 0
最近知ってびっくりしたこと

ドルを最初に発行したのは実はアフリカだった、、、

188: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/05/15(月) 23:29:17.78 0
>>33

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3_(%E9%80%9A%E8%B2%A8)
1791年から1805年まではシエラレオネ・ドルを通貨として使っていた。


ここに書いてあるシエラレオネ・ドルが最初に造られたたドルで現地会社によって発行されたらしい

37: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2017/05/04(木) 05:29:32.50 0
最近知ってびっくりしたこと。
ナポレオン3世の異父弟がタレイランの孫だったこと。

107: 世界@名無史さん 2017/05/08(月) 09:35:09.46 0
ラヴォアジエがフランス革命で処刑されていたこと
政治とは縁がなさそうなのに

109: 世界@名無史さん 2017/05/08(月) 09:56:30.88 0
>>107
金持ってたからじゃね

110: 世界@名無史さん 2017/05/08(月) 10:49:01.97 0
徴税請負人だからなそりゃ恨まれるって

111: 世界@名無史さん 2017/05/08(月) 11:26:55.14 0
共和国に学者は必要ない
ザシュッ

113: 世界@名無史さん 2017/05/08(月) 12:26:51.70 0
かわいそう

115: 世界@名無史さん 2017/05/08(月) 14:55:33.47 0
名前ネタ

北欧人の間で見かけるマグヌスという名がカール大帝にちなんだ物だった事
(カール大帝の大帝の部分のラテン語読み。この名を与えられたノルウェーのマグヌス1世[善王]にあやかってこぞって付けた?)


英語名ハロルドがアングロサクソンの伝統名ではなくヴァイキング風の名だった事
(クヌート大王の兄がデンマーク王ハーラル2世,息子がイングランド王ハロルド1世。ハロルドはハーラルの英語読みか)

116: 世界@名無史さん 2017/05/08(月) 15:32:25.39 0
マグナ自体がラテン語から偉大って意味を持ってるんだが
北欧人のマグヌスって名前はカール大帝に対する敬意からつけてるって確証あるの?

カールに限らず、アレキサンダー大王とかポンペイウス(笑)もマグナスと呼ばれることもあるが

117: 世界@名無史さん 2017/05/08(月) 16:14:34.46 0
>>116
"CHARLEMAGNE  MAGNUS NAMED AFTER″でググるとマグヌス1世自身はカール大帝にちなんで付けられたみたいですね。
8世紀のドイツにもマグヌスって名の聖人がいましたが北欧でマグヌスという名が広まったのはマグヌス1世にちなんで,と下記サイトにありました。
ttps://www.behindthename.com/name/magnus

118: 116 2017/05/08(月) 16:38:31.84 0
北欧人の間で見かけるマグヌスという名はノルウェーのマグヌス1世[善王]にあやかった物だが,彼はカール大帝にちなんでこの名が付けられてた事
(マグヌスはカール大帝の大帝の部分のラテン語読み)

にしたほうが良かったかも

121: 世界@名無史さん 2017/05/08(月) 19:16:02.16 0
>北欧人の間で見かけるマグヌスという名はノルウェーのマグヌス1世[善王]にあやかった物だが,彼はカール大帝にちなんでこの名が付けられてた事

こう言われれば納得
そんでマグヌス一世がカール大帝にちなんでいるから、今いる一般人マグヌスは結果的にカール大帝を継承しているって理論も納得する

147: 世界@名無史さん 2017/05/10(水) 20:25:29.78 O
朝鮮半島では,14世紀末には科挙による官僚登用が行われ中央集権体制が,その当時,既に存在した事

155: 世界@名無史さん 2017/05/11(木) 10:43:10.04 0
アンリ(フランス語読み)やヘンリー(英語読み)のイタリア語読みがエンリコ以外にも存在した事。
スタンダールの墓はイタリア語でその墓碑銘が刻まれてるけどアンリの部分はアッリゴとなってた。

no title

168: 世界@名無史さん 2017/05/12(金) 22:22:27.82 0
アメリカにモスクワがあったこと。
ナポリやアテネまである国だからねぇ

171: 世界@名無史さん 2017/05/12(金) 23:09:29.89 0
>>168
テーベやカイロやアレキサンドリアまであるw
命名の由来を聞いてみたい。

176: 世界@名無史さん 2017/05/13(土) 08:08:57.83 0
>>171
日本にだってソビエトがある。和歌山あたりらしいが。

185: 世界@名無史さん 2017/05/15(月) 21:04:31.94 0
>>176
そろそろ鳥取のハワイの話していい?

180: 世界@名無史さん 2017/05/15(月) 15:35:14.94 0
1574年、スペイン人がフィリピン支配の中心として建設したマニラは海賊・林鳳率いる艦隊からいきなりな攻撃を受け、あやうく一掃されるところだった。
多国籍クルーで構成されるのが当時の海賊の常ではあるが、このときの林鳳の副官は日本人であったという記録がある。

https://kahimyang.com/kauswagan/articles/1319/the-story-of-limahong-and-his-failed-attempt-to-conquer-manila-in-1574

・・・Siocoってどういう字で書くんだ

186: 世界@名無史さん 2017/05/15(月) 21:38:47.47 0
>>180  
日本にいたときの名前じゃなく、海賊仲間がつけたビン語系の名前(ニックネーム?)かもな
Sioは小?
https://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%B0%8F#.E4.B8.AD.E5.9B.BD.E8.AA.9E

187: 世界@名無史さん 2017/05/15(月) 22:24:12.41 0
関係ないかもしれないが、フィリピンの国産アニメでも、中国人の海賊首領と日本人のサムライのコンビが出てくるのがあった由。
https://en.wikipedia.org/wiki/Urduja_(film)

189: 世界@名無史さん 2017/05/17(水) 22:52:16.09 0
元が送った使者を日本が殺したことは中学高校の歴史で教わったが、明が送った使者も日本が殺していたことは知らなかった。
朱元璋

1369年、東シナ海沿岸で略奪行為を行う倭寇の鎮圧を「日本国王」に命じる、明の太祖からの国書が使者楊載らにより懐良親王のもとにもたらされた。国書の内容は無礼かつ高圧的であり、海賊を放置するなら明軍を遣わして海賊を滅ぼし「国王」を捕えるという書面であった。
これに対して懐良は、「願るに蒙古は戎狄にして華に莅み小国をもって我を視る。乃ち趙良弼を使わし我を「言朮」うに好語もてす。初めその我が国を覘うを知らざるなり。既に而して船数千を発し我を襲う。」と返答し、もし明軍が日本に侵攻すれば対抗する旨の返書を送って朱元璋の要求を受け付けなかった。さらに国書を届けた使節団17名のうち5名を殺害し、楊載ら2名を3か月勾留する挙におよんだ。この返書に激怒した朱元璋であったが、クビライの日本侵攻の敗北を鑑みて日本征討を思い止まったという

204: 世界@名無史さん 2017/05/18(木) 22:44:51.69 0
古代アテナイの市民は財布がなかったので貨幣を持ち歩くために




口の中に入れてた

205: 世界@名無史さん 2017/05/19(金) 00:13:57.82 0
ローマ人が死者に三途の渡し賃として銀貨を口に含ませたという話を思い出した

206: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2017/05/19(金) 00:19:10.60 0
中華民族だと穴という穴に突っ込んでた気がします、、、

207: 世界@名無史さん 2017/05/19(金) 00:22:19.46 0
>>206
今は紙幣や貨幣を模した紙燃やしてるらしいね

265: 世界@名無史さん 2017/05/21(日) 22:48:27.92 0
かの有名なイェニチェリ 末期東ローマ帝国でもオスマン帝国に影響を受けてトルコ人傭兵部隊として創立された

315: 世界@名無史さん 2017/05/24(水) 18:30:39.22 0
ラストエンペラー・溥儀の父親が新中国建国後まで生きてたこと。
ダグラス=マッカーサーがこの人より年上だったこと。

318: 世界@名無史さん 2017/05/24(水) 19:09:15.54 0
>>315
ほお、これは以外。
しかし、清朝末期の系図は複雑すぎてまったくわからんな。

316: 世界@名無史さん 2017/05/24(水) 18:51:50.72 0
フランクリン=ルーズベルトがダグラス=マッカーサーより年下だったこと。
FDRのほうが年上かと思ってた。

317: 世界@名無史さん 2017/05/24(水) 19:02:53.19 0
マッカーサーが爺だっただけやろ
日本に進駐した時点で65歳やで
当時としてはいつ死んでもおかしない爺やで

319: 世界@名無史さん 2017/05/24(水) 19:58:10.37 0
F=ルーズベルトっていつ死んでもおかしくないボケ老人ってイメージで、その通り戦争中に死んだけど
マッカーサーはそんなに年寄りなイメージなかったなー

323: 世界@名無史さん 2017/05/24(水) 20:41:35.11 0
>>316 >>319
ヤルタ会談でF=ルーズベルトはスターリンにやりたいようにやられ、チャーチルは8歳年下のルーズベルトを「この、老いぼれめが!」とののしった。

327: 世界@名無史さん 2017/05/24(水) 22:33:47.74 0
溥儀ネタがあがったんで・・・
溥儀の弟が溥傑以外にもいたこと。
でもってその人はつい数年前まで生きてたこと。
清朝崩壊後,それも袁世凱の死後に生まれた人なんですね。

あと溥儀ネタじゃないけど獄中のアル・カポネが意外とおとなしかったことも。

328: 世界@名無史さん 2017/05/24(水) 22:56:36.45 O
末弟の溥任さんだね。
書の達人で紫禁城の一番奥の建物で書いているのをお見掛けしたよ。

329: 世界@名無史さん 2017/05/25(木) 00:02:04.06 0
確か戦後は罪に問われなかったんだっけ。

331: 世界@名無史さん 2017/05/25(木) 00:27:26.02 0
溥儀には子供いなくて溥傑は女の子しかいなかったから溥任はどうだったかなと思ったのだけど、溥儀のwikiみたら<溥儀に子供ができなかったことについて義妹の嵯峨浩は「同性愛であったため」と推測し、2人目の正妻である李淑賢は同性愛を否定し、「インポテンツだったため正常な夫婦関係が築けなかった」と主張している。>とあった。
なんかかわいそうだなw

332: 世界@名無史さん 2017/05/25(木) 08:00:10.79 0
息子を作らないことで後世の混乱を未然に防いだ人格者なのに酷い言われようだな

334: 世界@名無史さん 2017/05/25(木) 22:40:43.87 0
平安時代以降歴史の闇に消えたイメージがある本州アイヌ
実際には東北で江戸時代中期まで細々と存続していた

335: 世界@名無史さん 2017/05/25(木) 23:26:19.41 0
下北に凄腕の猟師が住む村があってのう・・・
手に負えない暴れ熊の退治をよく頼みに訪ねたもんだべ・・・

ひょっとしてマタギの祖形か?

369: 世界@名無史さん 2017/05/26(金) 21:51:25.81 0
エチオピアにムスリムの皇帝がいたこと
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%82%B9

407: 世界@名無史さん 2017/05/27(土) 22:24:12.35 0
インカのキープがチンプと名を変えて今も使われていること。
複雑さはとても往古にかなわないが。

426: 世界@名無史さん 2017/05/30(火) 00:28:29.14 0
貧しい家に生まれた張作霖だが,彼の父親の名は張"有財"だったこと。

張作霖のおじいちゃん,息子にすごい期待をこめてたのかな・・・

427: 世界@名無史さん 2017/05/30(火) 01:02:04.12 0
アレクサンドロスがやってくるはるか前からインド~バクトリアにギリシア人の集落があったこと
どうやらペルシア戦争時にペルシアに協力した人々の末裔が暮らしてたみたい

434: 世界@名無史さん 2017/05/30(火) 17:51:41.62 0
>>427
ギリシャにはフェニキア内通者がたくさんいて頻繁に追放されてた
そういう人らの行き先がペルシャ

435: 世界@名無史さん 2017/05/30(火) 18:02:08.64 0
つまり、いまのイラン人にはギリシャ人の血も流れているのか?

484: 世界@名無史さん 2017/06/01(木) 23:07:51.87 0
ノルマンコンクェストに馳せ参じたノルマン人の中にはイベリア半島のレコンキスタに参加した経験を持つ人もいたこと。
ttp://listman2015.nobody.jp/Person/LordofLonguevilleWalterGiffard.html

485: 世界@名無史さん 2017/06/01(木) 23:38:48.37 0
米国ニューメキシコ州の日干し煉瓦集合住居、メサ・ヴェルデ遺跡はニューヨークに高層ビルが建ち始めるまで北米大陸で最も高い建築物だったこと。

引用元: ・最近知ってびっくりしたこと@世界史板 その19