41969Z2847L



1: 日本@名無史さん 2018/02/10(土) 16:35:26.44
承久の乱で朝敵になることを恐れた鎌倉武士団を団結させた名演説は見事








5: 日本@名無史さん 2018/02/10(土) 16:43:38.66
頼朝のカリスマ性があってのこと

10: 日本@名無史さん 2018/02/15(木) 22:46:40.16
息子の頼家を見殺しにしたこと
理解に苦しむ

13: 日本@名無史さん 2018/02/17(土) 17:14:14.50
>>10
実朝将軍で行くと決めたからだろ
その兄が中途半端に生き残っていると内乱の元になる

実朝が種なしで公暁に暗殺されたから頼朝の種は絶えたが
(娘2人はそれより前に未婚のまま死亡)

11: 日本@名無史さん 2018/02/17(土) 08:31:55.58
頼家は幕府の政治を行うには精神的に未熟だった
叔父の全成が補佐するような組織にすれば源氏幕府は強化できたと思う
頼家が全成を謀反の疑いで殺し妻の阿波局(政子の妹)の引き渡しを要求した時点で北条と完全に対立した

12: 日本@名無史さん 2018/02/17(土) 15:31:34.61
源頼家は外戚の比企氏や側近の若い御家人たちに偏重し過ぎて、北条氏だけでなくほとんどの宿老を軽んじてしまった。そのことが北条氏をはじめとする御家人たちのクーデターを誘発し、頼家は失脚してしまった。

24: 日本@名無史さん 2018/02/28(水) 17:39:45.20
日本史上最高の名演説じゃないか?

北条政子

「故右大将(頼朝)の恩は山よりも高く、海よりも深い、逆臣の讒言により不義の綸旨が下された。秀康、胤義(上皇の近臣)を討って、三代将軍(実朝)の遺跡を全うせよ。ただし、院に参じたい者は直ちに申し出て参じるがよい」との声明を発表。これで御家人の動揺は収まった。


25: 日本@名無史さん 2018/02/28(水) 18:07:22.23
>>24
あの演説なら世界にも出せるわ
短くわかりやすいからな
そしてなにより女性の演説ってのが価値が高い

34: 日本@名無史さん 2018/03/16(金) 15:46:21.92
>>25
演説があったのは事実だが伝本によって微妙に内容が違う
北条政子が仁王立ちして武者どもを前に大音量を響かせ奮起させるイメージだが「吾妻鏡」では安達の代読

御家人たちは夫頼朝の偉業をたたえる未亡人・政子の熱い演説を聞き涙を流し政子の言葉で頼朝の御恩に気づき鎌倉のために働いたことになっているが北条義時軍に従って出陣した武田信光(武田信玄の先祖)などは
「鎌倉が勝てそうなら鎌倉につく、上皇が勝てそうなら上皇につく」
といいこれが武家の習わしだったらしい

35: 日本@名無史さん 2018/03/17(土) 03:07:15.45
>>34
代読なんてのは誰でも知ってること
だからといってなにかがかわる話ではない
そして勝てそうな方につくなんてのは武家に限らず世の習いだよ
その勝てそうな方と思われる最大のきっかけが政子の演説であることは紛れもないお話

41: 日本@名無史さん 2018/03/18(日) 15:24:06.58
>>35
政子の演説がなかったら鎌倉は負けていたというのは妄想

政子は死後も頼朝を思い続ける「貞女」で「日本女性の鑑」
だというのも男の妄想

26: 日本@名無史さん 2018/03/03(土) 18:16:36.89
頼朝のカリスマ性があってのこと

27: 日本@名無史さん 2018/03/03(土) 19:14:49.05
>>26
カリスマの息子でも役に立たないと平然と排除されてしまうのが鎌倉
カリスマの妻がカリスマ性を持てたのは本人の能力ありきでないと説明つかん

29: 日本@名無史さん 2018/03/09(金) 18:44:01.42
新井白石からは嫌われている

後世の評価

江戸時代になると儒学の影響で人倫道徳観に重きを置かれるようになり、『大日本史』や新井白石、頼山陽などが政子を評しているが、頼朝亡き後に鎌倉幕府を主導したことは評価しつつも、子(頼家、実朝)が変死して婚家(源氏)が滅びて、実家(北条氏)がこれにとって代ったことが婦人としての人倫に欠くと批判を加えている。またこの頃から政子の嫉妬深さも批判の対象となる。政子を日野富子や淀殿と並ぶ悪女とする評価も出るようになった。


38: 日本@名無史さん 2018/03/17(土) 16:21:45.06
全然関係ねえおれらでもあの演説聞いたらグッと来る
頼朝と縁のある御家人があれ聞いたら絶対泣くやつ出てくるわ
特にあの頃の日本人って凄く激情的だったらしいから余計にな
これぞカリスマの言葉

48: 日本@名無史さん 2018/05/04(金) 09:26:45.54
義時が死んだとき後妻の伊賀の方が実子の政村を執権にして権力を持とうとした
その陰謀を砕き泰時を執権にした手腕は尼将軍の名にふさわしい

伊賀氏の変

義時葬儀の際の兄弟の序列では、政村と同母弟実泰はすぐ上の兄で側室所生の有時の上位に位置し、異母兄朝時・重時の後に記されている。現正室の子として扱われると同時に、嫡男ではなくあくまでも庶子の一人として扱われている。

しかし母伊賀の方が政村を執権にする陰謀を企てたという伊賀氏の変が起こり、伊賀の方は伯母政子の命によって伊豆国へ流罪となるが、政村は兄泰時の計らいで累は及ばなかった。なお、伊賀氏謀反の風聞については泰時が否定しており、『吾妻鏡』でも伊賀氏が謀反を企てたとは一度も明言しておらず、政子に伊賀氏が処分された事のみが記されている。

そのため伊賀氏の変は、鎌倉殿や北条氏の代替わりによる自らの影響力の低下を恐れた政子が、義時の後妻の実家である伊賀氏を強引に潰すためにでっち上げた事件とする説もある。


57: 日本@名無史さん 2018/05/24(木) 08:35:05.52
>>48
泰時は庶子だったからもともと正統な後継者とはいえないんじゃなかったか
たまたま泰時の時に幕府が持ち直したから政子の判断は正しいとなってるが

58: 日本@名無史さん 2018/05/24(木) 18:12:38.63
>>57
泰時は庶子だったけど、別家を立ててはいないし、承久の乱の幕軍総大将だし、六波羅探題で政権のNo2だった
ただ、正妻の子もいたわけだから盤石な立場でもない
まさに政子が裁定すべき場面だったんだよ

59: 日本@名無史さん 2018/05/24(木) 18:22:06.53
>>58
嫡子の朝時は比企氏の乱で外戚が滅ぼされ実母が離縁されたことで廃嫡されたのだろ
姫の前が離縁されずに義時の正室のままであれば当時の正室の発言力の強さから言っても朝時が嫡男だったと思うが

60: 日本@名無史さん 2018/05/24(木) 19:23:07.44
比企氏の乱が無ければ、泰時は普通に分家の江間北条氏になってたんじゃないかな。
で、比企氏が北条氏とうまく良好に結びつけば、のちの安達氏みたいな存在になってたんだろう。

62: 日本@名無史さん 2018/05/24(木) 21:15:05.46
>>60
比企氏の乱がなければ頼家の嫡男・一幡が将軍だから比企氏は将軍の外戚になる
つまり比企氏が北条氏の立場になる
北条得宗の外戚になって満足していた安達とは違う

61: 日本@名無史さん 2018/05/24(木) 21:03:58.68
比企の乱の時点ではそもそも義時の家自体が江間家なんだよな
そしてその江間家の嫡男は正妻の長男の朝時
その後宗家の時政が失脚するからややこしくなる

63: 日本@名無史さん 2018/05/24(木) 23:18:23.06
スルーされてっけど、安達って比企一族だよなw
時勢を見る目があったってことか

65: 日本@名無史さん 2018/05/26(土) 10:21:15.85
>>63
安達自体は藤原氏魚名流を称しているし安達景長以前の系譜ははっきりしない

安達景盛の母が頼朝乳母の比企尼長女なので女系では比企の血が入ってるが
でも女系で比企の血が入ってるってだけなら北条だって名越流には入ってるからな

64: 日本@名無史さん 2018/05/26(土) 01:17:29.80
そんな安達も霜月騒動で滅ぼされるが…
後に一族が高時の舅としてプチ復活はするが所詮小御家人

73: 日本@名無史さん 2018/08/12(日) 19:30:10.51
そろそろ大河で北条政子の単独主役きそうやな

74: 日本@名無史さん 2018/08/12(日) 23:45:20.99
他のわけわからん女主人公をやるより
北条政子こそ大河の女主人公にふさわしすぎるんだがな

75: 日本@名無史さん 2018/08/13(月) 01:35:05.78
結婚したことの頼朝の後悔が目に浮かぶwww

80: 日本@名無史さん 2018/08/25(土) 06:32:07.37
>>75
でも頼朝さんは非常に義理堅く自分が苦しい時代に本当に頼りになった人々を大切にする人だったんだよね
怖がりつつも政子と北条家をとっても大事にしたんだよ
まあ浮気は子供の頃からの性癖だから今更やめようがなかったろうけどさw

76: 日本@名無史さん 2018/08/13(月) 02:07:15.46
政子なくして頼朝なし

79: 日本@名無史さん 2018/08/25(土) 06:29:39.74
日本史上最強の女性
日本の武家の時代が乙女が嵐の中を裸足で駆け落ちしたところから始まるってのがロマンティックでいいよね
なにその少女漫画は?と言いたくなるけどこれが実話なんだから愉しいww

86: 日本@名無史さん 2018/09/04(火) 09:31:22.41
>>79
吾妻鏡で政子が語っている内容だがさすがに嵐の中は創作かとw

95: 日本@名無史さん 2018/10/10(水) 13:25:19.39
現在の天皇家は北条の子孫なの?

101: 日本@名無史さん 2018/10/17(水) 22:20:02.83
>>95
義時の血は入っとるけど政子の血は入ってない

引用元: ・ゴッドマーザー 北条政子



北条政子―母が嘆きは浅からぬことに候 (ミネルヴァ日本評伝選)
関 幸彦
ミネルヴァ書房
売り上げランキング: 652,034