41Uru4UTQYL



関連記事
え?この時代にまだ残ってたの?というもの







10: 世界@名無史さん 2017/06/11(日) 07:19:56.76 0
フィリピン海軍って、ながらく旗艦だった「ラジャ・フマボン」はじめ第二次世界大戦後中にアメリカが作ったフネがいまだに現役で動いているんだな。
動態保存の歴史博物館といえるレベル。

12: 世界@名無史さん 2017/06/13(火) 15:40:21.36 0
聖徳太子の時代に四天王寺を建てた会社が今もあること。

13: 世界@名無史さん 2017/06/13(火) 18:41:04.59 0
つぶれたよ

16: 世界@名無史さん 2017/06/13(火) 19:21:04.14 0
金剛組なら、2005年に体制を一新して存続してる。

18: 世界@名無史さん 2017/06/19(月) 08:44:56.14 0
大阪の商工界が「潰したら大阪の、日本の恥だ!」とばかりにこぞって再建に協力。

95: 世界@名無史さん 2017/07/21(金) 23:16:10.19 0
イロコイ連邦。

ニクソン大統領以降は新任大統領のあいさつ詣での風習は絶えてしまっているようだが。
イロコイ連邦は、北アメリカ・ニューヨーク州北部のオンタリオ湖南岸とカナダにまたがって保留地を領有する、6つのインディアン部族により構成される部族国家集団をいう。今日ではシックス・ネイションズの別名で呼ばれることもある。

「大いなる法」などの呼称で伝わる起源伝承によれば、17世紀に、ワイアンドット族のデガナウィダと、モホーク族のハイアワサの調停によって、互いに戦争状態にあった五大湖湖畔のカユーガ族、モホーク族、オナイダ族、オノンダーガ族、セネカ族の5つの部族が同盟し、「ホデノショニ)」という今日「イロコイ連邦」として知られる6部族連合の連邦国家が成立した。デガナウィダによって設計されたこの部族連合は、18世紀前半にタスカローラ族が加わって6部族連合となったのち、現在まで強固な結束を保っている。


98: 世界@名無史さん 2017/07/23(日) 11:26:16.87 0
そういえばイロコイ連邦のパスポートは近年まで使えたらしい。

100: 世界@名無史さん 2017/07/23(日) 12:29:03.88 0
アーミッシュ
https://ja.wikipedia.org/wiki/アーミッシュ
西洋人なのに近代化以前の生活様式を今日も保持してる
単なる伝統とかいう次元じゃなくガチンコなのがすごい

104: 世界@名無史さん 2017/08/10(木) 23:55:08.06 0
インドネシアのバタック人の伝統宗教
キリスト教徒かイスラム教徒に完全改宗されたと思ってた 

118: 世界@名無史さん 2017/08/16(水) 12:02:33.37 0
アメリカのニュースでやってたけど
KKK(クークラックスクラン)ってまだあったんだ。

121: 世界@名無史さん 2017/08/26(土) 23:57:36.37 0
保安官かな

【米国】「全米最強の保安官」をトランプ大統領が恩赦 移民を強引に検挙

122: 世界@名無史さん 2017/08/27(日) 06:27:10.30 0
保安官て法律上はどういう立場?
警察官とは違うみたいだけどいまいちわからん

123: 世界@名無史さん 2017/08/27(日) 11:03:36.20 0
アメリカの警察制度は複雑怪奇で理解は難しいけど、簡単にまとめてみる。
現在の日本は「市」がタイル状に集まって「県」を形成するのが普通だけど、アメリカの「市」は「州」の中に島状に浮いた都市をいう。「州」を地理的に分割したタイルは「郡」。
「郡」の治安を守るのは選挙で選ばれた保安官で、連邦保安官、州保安官、郡保安官がいる。西部劇みたいに一人でやってるわけじゃなくて、小さくても警察署長、大きければ県警本部長くらいの組織の長。
一方「市」は独自の警察組織を持ってる。ロス市警とか。管轄は市内だけ。組織の長は「コミッショナー」で、本部長とか警視総監と訳される。
以上、例外がとても多いので、基本はこんなもんくらいのつもりで。

126: 世界@名無史さん 2017/08/27(日) 23:27:51.65 0
>>123
さらに複雑怪奇なことに、一つの市が複数の郡に属したり、さらにその郡がその市の境界を越えてたりすることもあるんだっけ

128: 世界@名無史さん 2017/09/23(土) 15:15:30.66 0
>>126
州が州内を分割して置く郡とは別次元に住民が集まって作る法人がアメリカの「市」だからな

たまたま郡の境目に街ができれば>>126みたいなことも起こるし
街が発展しまくって街の中に1つの郡が丸々入ってたりもする

124: 世界@名無史さん 2017/08/27(日) 12:51:33.39 0
西部劇の保安官のイメージだと、助手がひとりふたりで、どうかすると保安官一人しか法の番人がでてこない。全然組織を率いているイメージがないもんな。
現在の保安官とは別物と思った方がよいか。

125: 世界@名無史さん 2017/08/27(日) 12:59:13.52 0
マニ教
まだ中国じゃあるらしい

138: 世界@名無史さん 2017/10/01(日) 14:28:46.66 0
794 名前:世界@名無史さん[] 投稿日:2017/09/29(金) 15:51:50.91 0
ママレモン
懐かしいと思ってググってみたらなんとまだ売ってるんだな
店頭で見かけなくなってからすでに30年くらい経ってるのに

141: 世界@名無史さん 2017/10/04(水) 10:21:27.60 0
>>138
ヒロポンも、実はまだ販売されてる
限定的な医療・研究用途での使用に厳しく制限されているが

143: 世界@名無史さん 2017/10/05(木) 18:07:28.78 0
モルヒネは今でもよく処方されるが、ヒロポンの処方箋は見たことないな。
薬剤部長室の金庫に入ってるのは知ってるけど。

149: 世界@名無史さん 2017/12/20(水) 09:42:17.38 0
スイスにラテン語が残ってるって話を読んだ時は、おっとなったな、実際にはそこまで同じではないみたいだが

154: 世界@名無史さん 2018/01/01(月) 12:05:11.41 0
>>149
フランス語が腐りすぎてるからレトロマン語がラテン語に見えるってだけのようなw

151: 世界@名無史さん 2017/12/20(水) 21:23:55.84 0
アレキサンダー大王が亡き愛馬を悼んで、いまのパキスタンの地に建てたという都市「アレキサンドリア・ブーケパロス」
そんななんちゃって都市、大王の死でたちまち烏有に帰したろうと思いきや、4世紀ローマ時代の地図にもまだ載っていました。
少なくとも600年以上そのままの名前で存続した模様。
https://en.wikipedia.org/wiki/Alexandria_Bucephalous

152: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2017/12/30(土) 21:13:50.99 0
紀元前11世紀、殷滅亡。
殷の上層の遺民たちは武王の子である成王の命で成周(後の洛陽)に移住させられ、警戒されてしばしば監察が加えられたことが、西周の金石文に見えている。
その後、洛陽に遷都して東周が成立するが、遺民たちはそのまま生活を続けた。
北魏の洛陽に存在した「殷の頑民」は、殷の末裔だという自意識を保持したまま、閉鎖的な定住を続けていた子孫であったらしい。殷の滅亡から、実に1500年が経過していた。

173: 世界@名無史さん 2018/01/10(水) 22:54:43.72 0
>>152
上古漢語がその村ではまだその頃も話され続けてたんだろうか

158: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/01/02(火) 21:02:56.79 0
ファラオ
クレオパトラ7世+プトレマイオス15世が最後とよく言われるが、エジプト人から最後にそう呼ばれていたのはディオクレティアヌス。

159: 世界@名無史さん 2018/01/02(火) 21:31:42.77 0
つまり、出遅れティアヌスということかw

160: 世界@名無史さん 2018/01/09(火) 16:56:29.47 0
インターネットが発達したこの21世紀にもなって、未だに電報が使われることがある。

162: 世界@名無史さん 2018/01/09(火) 20:22:57.46 0
>>160
弔電ってなんなん?
今時Eメールでええやろ?

164: 世界@名無史さん 2018/01/09(火) 22:50:27.51 0
>>162
携帯やパソコンを持ってなかったり、受信をチェックしてる時間が無かったら?
俺はアドレスを知らせてるのは10人もいないがね

170: 世界@名無史さん 2018/01/10(水) 17:00:47.09 0
>>160
あれは様式美?だから仕方が無いだろ。
結婚式で「祝電披露」はあるけど「メール読み上げ」は無い。
葬式でも「弔電」は誰から来たか読むけど、メールで済ますとか聞いたことが無い。

171: 世界@名無史さん 2018/01/10(水) 21:45:23.20 0
せいぜい明治以降の電話線が張り巡らされて以降の風習なのにな
これからはEメールの弔電になってくんだろか

220: 世界@名無史さん 2018/06/16(土) 23:45:53.98 0
>>171
手紙の代用なんで情報を伝えるという意味以外の意味があるのでなかなか代用は難しい
金をかけること自体に意味がある
残るしね

178: 世界@名無史さん 2018/01/14(日) 20:31:35.65 0
ゴート族といえば、ゲルマン民族の大移動で有名であるが、実は18世紀後期まで「ゴート族」として存在していたんだな。
彼らは「神聖ローマ帝国」だとブイブイ言わしている共通の先祖から分岐したドイツ人のことをどう思っていたのだろうか?

クリミアゴート族
https://ja.wikipedia.org/wiki/クリミアゴート族

179: 世界@名無史さん 2018/01/14(日) 21:41:52.65 0
>>178
こいつらを最終的に滅ぼしたのもよりによってドイツ人だからなあ

182: 世界@名無史さん 2018/01/20(土) 05:10:31.28 0
熱気球を発明したモンゴルフィエ兄弟の家業の紙屋がまだ健在なこと。

186: 世界@名無史さん 2018/01/20(土) 12:17:59.33 0
>>182
情報ありがとう
ただ日本語のHPもあるぞ
コットン紙なんだな。

183: 世界@名無史さん 2018/01/20(土) 08:37:46.10 0
鳥名木氏館/鳥名木城
http://www.geocities.jp/y_ujoh/kojousi.tonagi.htm

なんの変哲も工夫もない中世城郭。この何が珍しいかというと、なんとこの城には未だに鳥名木さんが住んでいる、ということ。
この家に伝わる古文書で最古のものは永仁五年(1297)の「ちゃうあ譲状」なので、少なくとも鎌倉後期頃から800年間も同じ一族が同じ場所にいたことになる。
王侯レベルの大諸侯ならまだしも、こんな一村の領主レベルがこれだけ続いてる、と云うのは非常にまれと言っていいだろうな。

184: 世界@名無史さん 2018/01/20(土) 11:09:41.32 0
>>183
へえ、これはおもしろい。

185: 世界@名無史さん 2018/01/20(土) 12:09:26.59 0
犬山城の成瀬家みたいな奴だな

188: 世界@名無史さん 2018/02/08(木) 21:44:01.41 0
1964年まで西宮市の実業家が使っていたとある木造貨物船。
その前身は清国北洋艦隊の砲艦「操江」であり、進水の1866年から数えて100歳に近い生涯だったという。

191: 世界@名無史さん 2018/03/08(木) 18:32:15.34 0
>>188
トン数みたら凄い小さいね
小さいからこそ整備が簡単で残ったんだろうな

189: 世界@名無史さん 2018/02/10(土) 13:58:45.84 0
ttp://karapaia.com/archives/52253389.html

そういやぁ
カラパイアでベルリンの壁が発見されたと話題になっていたな。

192: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/04/04(水) 20:01:49.85 0
シティ・オブ・ロンドンは、ジョン欠地王時代の1211年から君主へ二箇所の土地の賃料を払い続けている由。
物納で「2本のナイフと斧」、「6つの大きな馬の蹄鉄と61本の釘」。
今では儀礼化して基本使い回しながら、過去に作られた斧は8百本、蹄鉄は5千枚、釘は5万本に及んだとか(ナイフは不明)。
なお、今ではどこの土地を借りているのか分からないそうです。

193: 世界@名無史さん 2018/04/04(水) 21:02:25.56 0
最後で吹き出したw

194: 世界@名無史さん 2018/04/04(水) 22:32:34.38 0
田舎の日本でも土地の境界がスゲー適当なのはあるけどな
場所そのものが不明か

195: 世界@名無史さん 2018/04/07(土) 08:33:20.76 0
田舎では「耕地整理でうちは土地を減らされた」とどの家も言っている。

198: 世界@名無史さん 2018/05/03(木) 21:22:28.78 0
ベトナム阮王朝における中国風官制
例:六部(吏部、戸部、礼部、兵部、刑部、工部)、都察院、巡撫など

仏領インドシナになっても、そのまま温存されている。
ゴ・ディン・ジエムは一時期、阮王朝に仕えていたのだが、その時の官職が「吏部尚書」。
吏部尚書に任命されたのが1933年だから、日本で言えば昭和8年にあたる。

199: 世界@名無史さん 2018/05/04(金) 11:48:31.19 0
名前だけでなく職権など実態も古めかしいものだったのかなぁ

200: 世界@名無史さん 2018/05/04(金) 11:51:31.32 0
イギリスにはまだ玉璽尚書とか星室庁長官がいるんだっけ

202: 世界@名無史さん 2018/05/04(金) 12:53:45.87 0
日本の役所で古名を保っているのは
「内閣」「大臣」「文部省」「(大蔵省)」「宮内庁」「主計局」「主税局」「知事」
などがあるかな。

あと、銀行の「頭取」もなぜこんな古めかしい職名が?
「番頭」「手代」「丁稚」「小僧」などは廃れたのになぜ頭取だけ残ってるんか。

209: 世界@名無史さん 2018/05/14(月) 11:37:34.20 0
>>202
大将・中将・少将は国内では使われなくなったけど、外国の軍人には今も使うね

203: 世界@名無史さん 2018/05/04(金) 13:01:43.05 0
古い名前はそれだけで格式をあらわすものだからでしょう

204: 世界@名無史さん 2018/05/04(金) 13:23:09.40 0
んじゃ今からでも社長をやめて「頭取」、専務・常務をやめて「大番頭」「番頭」、部長・課長をやめて「手代頭」「手代」、
係長は「丁稚」、平社員は「小僧」に・・・

さもなくば、
社長→かみ、専務・常務→すけ、部長・課長→じょう、係長→さかん、かなw

205: 世界@名無史さん 2018/05/04(金) 20:29:39.82 0
いやその手の話は昔ながらの役職に誇りをもてる職でないと
番頭あたりまではいいかもしれんがそれ以下は低い身分をあらわすのでそんな呼称は好まない

ちなみに20年まえあたりぐらいまで手代は法律用語としてあったW
旧商法ね

210: 世界@名無史さん 2018/05/24(木) 20:13:14.70 0
>>205
番頭と手代はあったねw

218: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/06/12(火) 19:55:32.47 0
十万石以上:夫が殿様、妻が御前様
200石以上の大名・旗本:夫が殿様、妻が奥様・奥方様
200石未満の御家人:夫が旦那様、妻が御新造様
あんみつ姫の実家は、多分十万石未満だったのでしょう。
天守付きの城持ちですが、最後の赤穂城主だった森家の2万石が下限でしょうか。

219: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/06/12(火) 19:57:27.62 0
>200石以上の大名・旗本
200石以上の旗本・大名ですね。
大名は一万石以上。

207: 世界@名無史さん 2018/05/10(木) 02:38:56.96 0
音楽家の東儀秀樹が宮内庁式部職楽部所属
東儀家の家系は聖徳太子の時代まで遡るんだとか

長良川の鵜飼いの鵜匠は宮内庁所属式部職御料鵜匠だが
日本の鵜飼いの歴史はめっちゃ古い
隋書倭国伝
倭国以小環挂??項 令入水捕魚 日得百余頭 (??-ろじ 鵜のこと).

208: 世界@名無史さん 2018/05/11(金) 06:25:12.73 0
網を作る手間より鵜を捕まえ、維持するほうが楽だったんだな

引用元: ・え?この時代にまだ残ってたの?というもの



あかりの古道具
あかりの古道具
posted with amazlet at 19.04.19
坪内 富士夫
光芸出版
売り上げランキング: 1,258,449