51mGujXJ5KL







7: 世界@名無史さん 2016/12/25(日) 19:09:05.69 0
アラブ人の奴隷狩りで農業が荒廃したのが痛い

8: 世界@名無史さん 2016/12/29(木) 18:57:26.06 0
>>1
このスレを続ける前に、日本の食料自給率とアフリカの食料自給率を比べて考えてみたか?

10: 世界@名無史さん 2017/01/04(水) 20:05:21.29 0
自給的農業は後進国のやることで、しばしば見込み違いで飢餓が発生するのはこっち。
域外に産品を売るような産業的農業は、資本集約型産業で、先進国のやること。
アフリカは前者。アメリカ、カナダ、EU、オーストラリア等々は後者。
プランテーションは先進国の資本を更新地帯に投入する形態

11: 世界@名無史さん 2017/01/08(日) 18:50:22.68 0
耕作できる土地が十分ないので、換金作物や花卉栽培で外貨を稼いで穀物を輸入する。

22: 世界@名無史さん 2017/08/02(水) 17:03:58.66 0
それなりの特産品

イランイラン コモロ
バニラ マダガスカル・コモロ

44: 世界@名無史さん 2018/03/22(木) 19:10:39.49 0
アフリカは広大なわりに砂漠・サバンナ・ジャングルが多くて耕作地の割合が少ないんじゃない?その耕作地も部族間の争いと野獣の襲来で落ち着いて耕せない、最近じゃボコハラムみたいなのも襲撃するし

47: 世界@名無史さん 2018/03/31(土) 18:29:49.65 0
>>44
ツェツェバエさえいなければ農業の適地が拡がっているのだが
アフリカ睡眠病は、ツェツェバエが媒介する寄生性原虫トリパノソーマによって引き起こされる人獣共通感染症である。病状が進行すると睡眠周期が乱れ朦朧とした状態になり、さらには昏睡して死に至る疾患であり、これが名前の由来となっている。


45: 世界@名無史さん 2018/03/31(土) 14:56:31.41 0
ジンバブエから追い出された白人農民がザンビアに移住して、農業で業績を上げているらしい。

ジンバブエから移住した白人農家の多くはたばこ、小麦を生産している。
彼らは大規模農家で、「農業=ビジネス」という考え方をザンビアの農村に広めた。
小麦の生産は06年ごろの9万トンから12年には25万トンに伸びている。

48: 世界@名無史さん 2018/03/31(土) 18:41:37.89 0
>>45
政府の気が変わって白人農家を追い出したりしなきゃいいな

52: 世界@名無史さん 2018/04/04(水) 23:39:38.28 0
白人農家を招へいしてるアフリカの国というとナイジェリアとかモザンビークもそうだったような。

53: 世界@名無史さん 2018/04/23(月) 22:54:00.49 0
日本農業新聞にこんな記事が出てました
「アフリカで米生産倍増 日本が公約達成」
http://news.livedoor.com/article/detail/13495594/


55: 世界@名無史さん 2018/04/24(火) 20:36:49.39 0
日本の久々の快挙だというのに何で全国紙は報じないのだろう。

59: 世界@名無史さん 2018/04/28(土) 17:42:09.77 0
第4回アフリカ開発会議(2008年、横浜市)で宣言されたアフリカの米生産1400万トンを倍増させ2800万トンにするというプロジェクトだね。
日本の米生産は年間700~800万トンだから、日本の3倍のお米をつくっているんだね、今のアフリカは。

60: 世界@名無史さん 2018/04/28(土) 20:17:09.57 0
>>59
アフリカってどこのことかと思って調べてみたらエジプトは除いてマダガスカルは含むということらしい。
単位面積あたりの収量を伸ばすことを狙ったけど結局は作付面積の増加が主な要因だったそうで、ソ連みたいなことにならなければいいんだけど。

62: 世界@名無史さん 2018/04/28(土) 21:34:51.26 0
>>60
米なんて水を大量に使うからね。
環境に合わせて、負担の少ない作物を選ぶならともかく、単に数字合わせで無理して増産すれば、取り返しの付かない環境破壊を招くことは明らか

64: 世界@名無史さん 2018/04/28(土) 22:56:36.92 0
>>62
そんな事は皆承知の上で計画を進めているんだろう。
日本人が考える米は水稲だが、アフリカでは陸稲の普及が先行する。
収量が少なくとも使う水が少ないのがアフリカ向き。

85: 世界@名無史さん 2018/05/06(日) 22:57:51.04 0
>>59
稲の起源は東南アジアのような高気温の場所で、日本は元来寒すぎて稲作に不向きな土地。アフリカの方がまだ向いているかもしれない。

107: 世界@名無史さん 2019/01/28(月) 16:47:36.77 0
>>85
ジャポニカ種は気温が高すぎるとかえって生長が阻害される品種だったりする
なので実は熱帯での栽培は不向き

109: 世界@名無史さん 2019/01/29(火) 13:27:31.49 0
>>107
熱帯の気温が高過ぎるというのは勘違い
冬が来ないから年平均が高いだけ、気温自体は日本の夏の方が高い

61: 世界@名無史さん 2018/04/28(土) 21:29:30.73 0
ソ連人「アラル海は美しく死ぬべき」
アフリカ人「チャド湖は美しく死ぬべき」

63: 世界@名無史さん 2018/04/28(土) 22:41:46.45 0
>>61
アラル海は水が使われて干上がってるんじゃなくて灌漑用の運河からあらぬ方向に水が漏れて砂漠の真ん中に別の湖を作って無駄に干上がってるのが勿体無いんだよなあ

65: 世界@名無史さん 2018/04/28(土) 23:23:25.70 0
陸稲だって、穀物の中では水を使うほうだからな。
アフリカなら原産のモロコシとかのほうが乾燥にもつよい。
最近はタンニンを含まないホワイトソルガムとか出てきてるし


90: 世界@名無史さん 2018/06/05(火) 01:06:10.00 0
エチオピアのテフって、別に麦類やモロコシを知らなかったわけでもないと思うのに、なぜあんな埃みたいな穀物を栽培してたんだろう
エチオピア高原って実は外来の穀物には過酷な環境なのか?
テフは、イネ科スズメガヤ属の植物である。主にエチオピアで栽培され、種子が穀物として主食に供される。エチオピア料理の伝統的な食材であるだけでなく、栄養価が高くグルテンフリーであることから、欧米や日本でも所謂「スーパーフード」の一つとして消費が増えつつある。

91: 世界@名無史さん 2018/06/05(火) 02:32:52.70 0
テフが有名なだけで、テフばっかりつくっているわけじゃない。

2009年
根菜類 588万トン
メイズ 390万トン
穀物 318万トン
小麦 308万トン
ソルガム 297万トン
さとうきび 230万トン
大麦 175万トン

https://www.slideshare.net/essp2/crop-production-in-ethiopia-a-spatialstructural-analysis

9p エリア
11p 2004/05-07/08 生産重量
テフ 13.6%
大麦 7.5%
小麦 13%
メイズ 18.8%
ソルガム12.5%

92: 世界@名無史さん 2018/06/05(火) 18:00:26.00 0
テフは国際市場ではかなり高価だから、むしろテフばかり作って輸出して、他の食糧を輸入した方が儲かりそうだが。

93: 世界@名無史さん 2018/06/14(木) 19:51:30.22 0
テフの国際価格が下がる。今は、健康食品とかプレミアム価格。
仮にテフ市場が広がり一般化すると他国がテフを生産するので限界がある。

内陸国で食料品の輸入課税・コストが非常に高いので微妙。

中国様が作った鉄道流通網をつかっても追いつかないだろう。

99: 世界@名無史さん 2018/07/23(月) 09:19:41.97 0
アフリカで農業するゲームアプリがあるらしい。
なんとJICAが監修しているらしい。
http://afri-quest.com/archives/7463

100: 世界@名無史さん 2018/10/31(水) 11:37:43.01 0
学生向けの社会学習ゲーム、貿易ゲームとかの一種か?

101: 世界@名無史さん 2018/12/14(金) 15:45:28.09 0
「魔女の雑草」退治へ アフリカ食糧問題解決に新手法
https://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/181214/lif18121412130019-n1.html

アフリカでトウモロコシなどの農作物を枯らす大きな被害が出ている寄生植物「ストライガ」の駆除方法を、名古屋大などの研究チームが開発した。
種子は土壌中で数十年にわたって休眠状態となり、イネ科植物の根から出る植物ホルモンに触れると目を覚まし、発芽して寄生。ただ、発芽から4日程度までに寄生できないと枯れてしまう。この性質に着目した研究チームは、ストライガだけが反応する人工のホルモンを開発し、寄生する植物がない状態で強制的に発芽させ、枯死させる「自殺発芽」に成功した。

103: 世界@名無史さん 2018/12/18(火) 07:55:55.87 0
>>101
一気に完全に絶滅させる気構えでやらないと、そのホルモンに反応が薄い連中がまた繁殖しやがりました、って結果になりそう。

105: 世界@名無史さん 2019/01/08(火) 17:26:37.23 0
ストライガって、きれいな花だな
枯死させるなんて、とんでもない
375px-Striga_bilabiata_MS4167

106: 世界@名無史さん 2019/01/09(水) 20:50:02.43 0
>>105
ストライガは東南アジアにも分布が広がっており、地球温暖化にしたがってその分布は北上してくる。日本も安心できる状態ではない。
どうせ他人事と思って油断していると、10数年後にはストライガが咲き誇るあぜ道にしゃれこうべとなって転がっているかもしれない。

113: 世界@名無史さん 2019/02/03(日) 13:54:46.22 0
農産物の輸出入(2002-04年平均、金額、百万ドル)
ガーナ 輸出984、輸入686
ケニア 輸出1050 輸入438
タンザニア 輸出394 輸入318
ザンビア 輸出211 輸入159


モロッコ 輸出919 輸入1823
エジプト 輸出1008 輸入3064

貿易収支で見るとサブサハラ以北が大問題

115: 世界@名無史さん 2019/02/03(日) 14:55:19.71 0
エジプトみたいなとこは人口増えすぎなんだよ
近代以前の10倍以上になってるし、農業革命とかあってもさすがに食料自給できんわ
さっさとマルサスの罠から逃れる術を考えろとしか・・・
マルサスの罠または人口の落とし穴は、飢餓に導くような食料供給の不足に従い、過剰な人口が増加を停止するであろうとの予想が適切かどうかとの問題である。

119: 世界@名無史さん 2019/02/03(日) 20:57:00.93 0
>>115
人口が増えれば労働力も増え、労働力が増えれば食糧も増産されるはず・・
エジプトは経済の中心地であってもおかしくない所だが、ナイルの賜物と言われた土地はどうなったのか

120: 世界@名無史さん 2019/02/03(日) 21:17:08.14 0
あいにく、土地は増えないんだなぁ
もちろん技術の発展により耕地化できる面積は増えるが、最大で2倍といったところだろう
肥料の進化で面積あたりの収穫も増えるが、そちらも3倍程度までとくれば、人口10倍増には対応できない

122: 世界@名無史さん 2019/02/03(日) 21:37:56.86 0
日本でも江戸期は米の増産が図られていたが、昭和戦後期には減反政策が採られるようになった
先進国では時々供給過剰でキャベツとかが廃棄されたりするし、途上国は独立後も先進国の流通商業政策の影響は受ける
単純に食べ物がない事が問題な訳ではないな

123: 世界@名無史さん 2019/02/03(日) 21:54:30.57 0
貿易における比較優位の原理からいえば、別に食糧自給を達成してなくていいんだけどさ
アフリカには,、一部の資源国を除き食糧の対価としての財やサービスが十分でないというのがね

124: 世界@名無史さん 2019/02/04(月) 18:19:56.66 0
エジプト

アスワン・ハイ・ダムにより、一部では通年栽培可能地域が登場した。しかしナイル川の氾濫が抑制されたのでその分肥料を投入する必要がある。

河川の取水を増やしすぎると流水が減って河川汚染が強まる。
耕作可能地の限界より取水限界が先に来ている。

淡水化して農業用水はコストが高いので一部の野菜以外採用できない。

125: 世界@名無史さん 2019/02/04(月) 22:46:23.08 0
アスワンハイダムの問題は、それよりも大規模な塩害が生じ始めていることだわ
洪水による土壌塩分洗い流しがないと、あの降雨量ならいずれメソポタミアと同じ道をたどる
最後は黒人奴隷ザンジュに土の入れ替えをさせないと耕作できないような有様だった

129: 世界@名無史さん 2019/02/06(水) 15:41:39.90 0
アフリカで狩猟採集経済のところって、
南部アフリカのサン人(いわゆるブッシュマン)
西アフリカ熱帯雨林のムブディ人やバカ人(いわゆるピグミー諸族)
東アフリカのハッザ人
くらいで、圧倒的に少数派。
ほとんどの地域は農業経済か農業・牧畜混合経済だぞ。
アフリカ起源の作物も、ヒョウタンなんか旧石器時代から世界中に広まってるし、サヘル地帯起源のサバンナ農耕作物も ササゲやモロコシ、シコクビエが中世にはユーラシアに広く拡散している。あと、アブラヤシに至っては世界で最有力の油糧作物に発展している。

結局、アフリカの農業で多くの地域で欠落しているのは、世界市場で戦える大規模機械化した小麦、稲、トウモロコシの三大主穀生産なんだよ。

アフリカのほとんどの地域で行われている穀物生産は、モロコシ、シコクビエ、トウジンビエ、グラベリマ稲といった地産地消のローカル市場しか期待できない伝統穀物生産を外来のトウモロコシ生産が補完して基幹となる主食生産を担っているわけで、そのどれもが広域市場と結びつかないので生産性の低い状態に留まっているんだな。

あと、国際広域市場と結びついた原料作物の場合、国際資本に買いたたかれて低価格におしとどめられているという問題もあるよね。

130: 世界@名無史さん 2019/02/06(水) 15:50:17.95 0
古代でも農耕技術を持ってたバンツー系種族が大陸を席巻したのは周知だよね
ブラックアフリカが農業をやらんかったなんて事はない

131: 世界@名無史さん 2019/02/06(水) 16:24:09.30 0
結局、小麦と稲の栽培に重依存したユーラシア人の目には、アフリカの環境に適合したローカル穀物の農業は視野に入っても見えない、って問題じゃないかって気がしてきた。

132: 世界@名無史さん 2019/02/06(水) 17:53:13.76 0
アフリカの食糧自給率を考える時には、アフリカの穀物自給率で議論するが、芋やバナナがスルーされる

133: 世界@名無史さん 2019/02/06(水) 17:58:01.33 0
穀物栽培重視なのがサバンナ農業などの乾燥アフリカで、芋やバナナ重視なのが熱帯雨林農業などの湿潤アフリカだよね。

でも、穀物でも芋でも、蕎麦掻やマッシュみたいに加工して、とろみのついたスープや煮込みを絡ませながら食べる食文化が共通しているのが興味深い。

136: 世界@名無史さん 2019/02/09(土) 12:41:45.15 0
西アフリカの豚の伝播ルートが気になる

no title

この写真はそのものではないけどアフリカ由来の品種らしい
フラニ族の男系祖先はユーラシアから古代に来たそうだけど、その時に豚を連れてきたのかな
でもほかの家畜はともかく、豚を連れて広大な乾燥地帯を移動できたかな
ちなみにガーナ在来種Ashanti Dwarf Pig(ADP)の系統樹
no title

大航海時代に入ってきたと思しきヨーロッパ系豚・猪のクラスターに入るものと、アジア系に入るもの(海岸から遠い北部に多い)とある
元々アジア系の豚が先にいた?
no title

Ashanti Dwarf Pig

137: 世界@名無史さん 2019/02/09(土) 14:14:46.33 0
>>136
アフリカの豚のアジア系統の多くが、台湾在来系統と同じクラスタに入っているのが興味深いね。
台湾というのは、そもそもがオーストロネシア語族の源郷の地で、彼らは台湾を出発点に船でフィリピン>インドネシア>ポリネシアと拡散していった。そして、少なくともインド洋側ではマダガスカルにまで広がっている。
彼らが船に伴って運んでいったのはタロイモ、ヤムイモ、バナナ、ニワトリ、イヌ、そしてブタだ。
マダガスカルに及んだオーストロネシア語族の波は、実はアフリカ大陸にまで到達していて、人間集団としてはアフリカ在来集団の海に溶けて消え去ったが、家畜の遺伝子には彼らの到来の痕跡が刻印されているという事なんじゃなかろうか。

139: 世界@名無史さん 2019/02/09(土) 15:29:11.20 0
>>137
バナナは紀元前2000年頃にアフリカに入っていて
マダガスカルへのアウストロネシア人移住よりも以前らしい

140: 世界@名無史さん 2019/02/09(土) 15:36:00.06 0
>>139
むしろ、バナナの早期伝播ってのは、マダガスカルへのオーストロネシア人の定着成功以前に、アフリカ方面へ何度もオーストロネシア人の波状渡来があって、作物にその痕跡が残っている、って傍証なんじゃなかろうか。

141: 世界@名無史さん 2019/02/09(土) 16:11:36.94 0
どーなんだろー?
中間地点のインドとかアラビア半島でのバナナの品種の遺伝子がどうなってんのか調べん限りはようわからんね

142: 世界@名無史さん 2019/02/09(土) 18:38:34.02 0
上にある紀元前2000年ってのが正しければ、ちょっと年代あわんな
オーストロネシア語族はまだ台湾→フィリピン→ いってきます という時期だから
ボルネオやスマトラすっとばしてアフリカに到達するほど航海技術も向上しとらん

138: 世界@名無史さん 2019/02/09(土) 14:54:43.72 0
図表だけじゃなくて原著論文タイトルリンクも欲しかった。

143: 世界@名無史さん 2019/02/10(日) 01:35:45.43 0

引用元: ・アフリカって何で農業しないの? 2



食と農のアフリカ史: 現代の基層に迫る

昭和堂
売り上げランキング: 164,739