51HLV4pvJpL


1: 世界@名無史さん 03/03/09 19:42
偉大な宰相チャーチルについて語りましょう。
戦争には  決断
敗北には  闘魂
勝利には  寛大
平和には  善意
「第二次世界大戦」冒頭より
関連記事
W.S.チャーチル 








3: 世界@名無史さん 03/03/09 20:33
アメリカで交通事故で死にかかったんだってね。 
イギリスと車の通行方向が反対だということに気づかなかったからだって(笑)

10: 世界@名無史さん 03/03/09 21:56
>>3 
下手すると交通事故が歴史を変えてたかもな。 
もう少し激しくはねられてれば今頃西欧州くらいはドイツのものだったかも‥‥

5: 世界@名無史さん 03/03/09 21:02
>敗北には  闘魂 

ダンケルクから何とか逃げ出した祖国存亡のとき、ヒトラーからの提案を一顧だにせず一蹴したのは全くもって凄い。

11: 世界@名無史さん 03/03/09 22:24
・・慎重と自制の助言が、如何に致命的な危険の主因となる可能性が有るか、 或いは、安全と平穏な生活の為に採用された中道が、逆に如何に災害の中心点に直接結びつくものであるかを、我々は知るであろう。 

第二次大戦回顧録

17: 世界@名無史さん 03/03/11 21:10
平和賞以外のノーベル賞を受賞した唯一の政治家ですな。

129: 世界@名無史さん 03/05/16 19:30
>>17 
エガス・モニス(1949年医学賞)がいるじゃないか。 
ノーベル財団は、無かった事にしたいかもしれないけどさ。

20: 世界@名無史さん 03/03/11 21:15
この人、もともと良家の生まれで、最初からジャーナリストとしてそこそこ成功してるから、サクセスストーリーとしてはあんまり面白くないんだよなぁ。

22: 世界@名無史さん 03/03/11 21:19
まぁでも捕虜になったり干されたりした不遇の時代もあるわけで結構面白いよ。 

真面目な話しが米国はローズベルトでなくても戦争に勝っていたと思うけど英国はチャーチルでないと駄目だったろうな。

24: 世界@名無史さん 03/03/11 21:21
良家というか何というか。 
チャーチルの生家です。僕のうちより、ちょこっとでかいですね 


1280px-Blenheim_Palace_IMG_3673


ブレナム宮殿

ブレナム宮殿は、イギリスのオックスフォード近郊のウッドストックにある宮殿。

マールバラ公ジョン・チャーチルが、スペイン継承戦争中のブレンハイム(ブレナム)の戦いで立てた戦功によって当時のアン女王から、ウッドストックに建設中だった宮殿が下賜された。
本館と柱廊でつながった2つの翼棟からなるイギリス・バロック様式の屋敷は部屋数200以上をもち、庭園の総面積は4600ヘクタールに及ぶ。建築家ジョン・ヴァンブラの設計により17年の年月をかけ、1722年に完成した。


26: 世界@名無史さん 03/03/11 21:29
生家といってもそこで育ったわけではなくて旦那の実家に遊びにいってて奥さんが急に産気づいて出産したって事ですな。 

ご先祖のマールバラ公はドイツのブレンハイムという所で大勝したのでそれを記念してブレニム宮殿(ブレンハイムの英語読)をぶったてました。 
なぜドイツで戦争したかというとハノーバー王家だったからですね。

185: 世界@名無史さん 03/10/09 14:27
福田和也はチャーチルにかなり辛い点をつけているね。
「ロイド・ジョージに比べりゃ小物。未来においては、両者の評価は逆転している」とバッサリ。

第二次大戦の歴史的意義からあえて目をそむけているのも気に入らないとか。
まあチャーチルは時代に乗り遅れた滅びつつある帝国のなかでさえ、滅ぼされつつあるタイプに属していたのは確かだ。だがあのキャラクターと波乱の人生と歴史に登場したタイミングから考えて、歴史学上の評価はともかく英国民衆の記憶に残る政治家になったのは覆せまい。

186: 世界@名無史さん 03/10/09 17:03
ヒトラーと同じでソ連の力を甘く見すぎた。肩入れしても、ドイツと共倒れか、買っても疲弊したソ連なら押さえ込めると思ってた。

184: 世界@名無史さん 03/09/25 16:08
ダンケルクの撤退後に講和しなかったということただ一点だけでも神だろ。

196: 世界@名無史さん 03/10/21 18:20
あの恐ろしい第二次世界大戦の間のウィンストン・チャーチル卿くらい勇気があって人を鼓舞した指導者は、この20世紀いに何人もいないだろう。ヒットラーが西ヨーロッパを残すところなく席巻してしまった。
フランスは敗れ、チェコスロバキア、ポーランド、ノルウェー、デンマーク、オランダ、ベルギーを含むヨーロッパの大半がヒトラーに軍靴に蹂躙されていた。アメリカはまだ態度を明らかにしていなかった。世界はヒトラーの次の狂気じみた動きを待っていた。
そのとき世界中のラジオは、1940年5月13日の下院におけるチャーチルの歴史的な演説を聞いたのである。

「『われわれの目標はなにか?』と諸君は問うだろう。私は一言で答えることができる。『勝利だ』と。どんな犠牲を払っても勝つこと、どんな面倒なことがあっても勝つこと、その道がどんなに遠く、どんなに険しかろうとも勝つことである。何故ならば、勝利なくしては生き残ることはありえないからである。私は、血、労苦、汗、そして涙以外のなにものも諸君に提供すべきものを持っていない。」

197: 世界@名無史さん 03/10/21 18:21
それから二週間後にチャーチル氏は、国民を鉄の柱に鍛え上げた、次のような感動的な言葉を述べている。

「たとえヨーロッパの大きな区域と古い有名な諸国家が陥落し、あるいはゲシュタポ(ナチドイツの秘密国家警察)の手に落ちようとも、我々は決して落胆も挫けもしないだろう。我々は最後までやるつもりだ。我々がフランスで戦うだろう。我々は海で戦うだろう。我々は益々大きくなっていく自信と力でもって、空中でも戦うだろう。たとえどんなに犠牲を払おうとも、我々はこの島を守るだろう。我々はなぎさで戦うだろう。我々は上陸地点で戦うだろう。我々は野で町で広間で戦うだろう。我々は決して降参はしないだろう。」

198: 世界@名無史さん 03/10/21 18:21
・・・その後イギリスの島が無慈悲にドイツ空軍の爆弾によって昼夜を問わず叩かれ続け、ヒトラーの兵隊の大軍は、英空軍が壊滅するや否やその島に侵略すべく、海岸に待機していた。(ヒトラーは、17歳から45歳までの全てのイギリス男性を追放し、そうすることによってその国民を永久に変えてしまうために、ドイツ人でその島を再殖民するという周到な計画をもっていた!)
若干の指導者達が爆撃に怯え、ブリテン島からの撤退を画策したとき、彼はこう答えている。
「戦争というものは撤退によって勝てるものではない。」

つぎの言葉は、チャーチルの面目をもっともよく伝えるものであろう。
「決して屈服してはいけない!けっして屈服するものではない!名誉と良識に確信があるのでないかぎり、この大小を問わず、けっして、けっして、屈服すべきではない!」
…そして9月15日、英戦闘機を殲滅すべく目的を達成できなかったドイツ空軍は大陸へ引き返し、ヒトラーとゲーリングの野蛮な野望は、一枚岩となったチャーチルと英国民の前に砕け散ったのである。・・・
(ウィリアム・K・キャラガン著「Against The Odds/強敵に屈せず」)

200: 世界@名無史さん 03/10/22 20:26
ヒットラーは最初から、イギリスとことを構える気などなかった。
英国が宣戦してきたときにもすぐには動かず、和平の機会を待っていたようである。

しかし、それはチャーチルの出現で粉みじんとなった。結果的には大英帝国の没落を早め、ヨーロッパをめちゃめちゃにしたあげく、スターリンの共産主義者にそのヨーロッパの半分をプレゼントすることとなった。

先見の明のない、政治家というよりゴロツキである。

   

201: 世界@名無史さん 03/10/23 23:03
たしかに、殺し屋チャーチルは戦争に奔走し、最初に無差別爆撃(フライブルグの爆撃、300人以上が死んだ)を敢行した極悪人であり、それ以降もベルリンの無差別爆撃を行った。ヒットラーが無差別爆撃をやめるべきと何度も抗議したにもかかわらず、やめなかった。 その結果が、ロンドン爆撃である。
戦後の歴史家は、これをドイツの罪業としているが、チャーチルは広島にも劣らぬ、大犯罪をドイツ敗北間近い、45年2月ドレスデンで犯した。
正式には、3万5千と発表さているが、当時、東部からソ連軍の暴虐を恐れて、ドイツ東部各都市にひしめいており、正確な数字はわからない。
当時のドイツ政府が発表した20~30万という数字も決してでたらめとは言えず、イギリスの歴史家アービングはその被害者数を13万人と算出している。
いずれにしても、チャーチルは日本にとっても戦争にひlきずりこむ要因をなした最大の戦争犯罪人である。

215: 世界@名無史さん 03/12/30 16:42
>>201
漏れもチャーチルは悪人だと思う。バトルオブブリテンの最中、ドイツ軍がコベントリーを爆撃することを事前に知っておきながら、ドイツ軍に暗号が解読されていることを知られたくないためにあえて言わなかったそうだ。
おかげでコベントリーは滅茶苦茶に破壊され、「コべントリー化する」なんて言葉が生まれた程だった。

211: 世界@名無史さん 03/12/12 19:15
私の業績の中で最も輝かしいことは、妻を説得して私との結婚に同意させたことである。
byウィンストン・チャーチル

チャーチルの趣味はレンガ積み。
あるとき、公邸のレンガ塀が崩れたので早速自ら修理しようとしたら、レンガ工組合(ギルド)から警告がきた。

「レンガ工事を施工できるのはレンガ工組合員に限られています。たとえ貴方が英連邦の首相であってもこの規定には従ってもらわなくてはいけません」

チャーチルはその日のうちにレンガ工組合に加入届けを持っていったそうだ。


最後の日に近い誕生日に「私は随分沢山のことをやって来たが、結局何も達成できなかった」と娘に語った。最後の言葉は「何もかもウンザリしちゃったよ」

491: ◆ALSPlGAxzM 2005/06/28(火) 08:22:08 0
>>211
彼が積んだレンガの壁が Chartwell の庭に残ってましたよ

230: 世界@名無史さん 03/12/31 17:31
チャーチルによればハプスブルク家のオーストリアハンガリーを潰したのがアメリカ最大の失敗。
日本の天皇についてはどう考えていたんだろ。

231: 世界@名無史さん 03/12/31 18:23
君主制の存在がアカの抑止につながると考えていたからね

233: 世界@名無史さん 04/01/07 11:53
戦時中におけるジョージ6世とチャーチル首相の関係も興味深いものがある。
彼は東条首相のような陛下に対する忠臣ぶりは発揮しなかっただろうけど。
週一のミーティングで政務報告してついでに助言を少し頂く程度なのかな。

235: 世界@名無史さん 04/01/18 09:35
現在の英国の史料の多くは意識的に削除しているが、チャーチルは満州における日本の立場を、もともとは支持していたそうです。

あと、日本の皇室にかんしては、チャーチルはよく知らないが英国王室はじめ、ヨーロッパの王室はほとんどすべて、保全を擁護する側だったとか(ソースは忘れましたが)
ここいらへんは、国境を越えた「同業者のよしみ」なんでしょうね。もし日本の皇室を潰すのに加担したら、結局それは、自国内の左派や共和勢力の急進派を勢いづかせることにつながる。「明日はわが身」という、老獪というも「大人の知恵」が働いたらしい

249: 世界@名無史さん 04/01/28 00:25
>>235
というか英国そのものが各条約を結び、満州国を事実上承認していたりする。
日英の仲が悪くなったのは、華南地区で本格的に戦争が始まってから、それまでは、一緒に中国に利権をもつ同業者で、日本の行動にも同情論が強かった。

257: 世界@名無史さん 04/03/04 01:01
ケンブリッジの学生大会で、満州事変についてどう思うか問われて、
「日本人は我々がインドでしたことと同じことをしている、満州事変は良いことである」
って答えたんだよね・・・

260: 世界@名無史さん 04/03/16 14:18
>>257
しかも、彼はWWⅠの時、日本を参戦させる事を主張し、「では、参戦の見返りに日本に何を与えるのか?」と質問された時
「中国をやればいい」と言ったんだよな・・・。

259: 世界@名無史さん 04/03/16 14:07
悔いることのない帝国主義者だな
そこが魅力的なんだが

261: 世界@名無史さん 04/03/16 14:23
インドは大英帝国の生命線、
満州は日本の生命線だからな。

262: 世界@名無史さん 04/03/16 14:41
>>261
英国王の王冠のダイヤ、とも喩えられていますね。
インドの形そのものがダイヤに似てるし。
250: 世界@名無史さん 04/01/28 00:48
オヤジがアイルランド総督してる時を振り返って自伝で 

「親父が何度も金かけて食事招待したけど、連中、結局一度も感謝しなかったな・・・・ 
それどころか恩を敵で返すんだから、やっぱああ言うのは極限まで飢えさせてありがたみを教えてやらないとダメだよな・・・・」 


とか言ってた。こんな光景どこも一緒なんだな・・・・

251: 世界@名無史さん 04/01/28 01:21
>>263 
ワラタ

254: 世界@名無史さん 04/02/12 02:51
「第一次世界大戦回顧録」読みたいんだけど、翻訳されてる? 
二次大戦は売ってるのに一次大戦は検索しても見つからない・・・。 

「世界の危機」だけでも売ってないもんかな? 
「戦争から、きらめきと魔術的な美が(r」の文句がどういう文脈で書かれてるのか見てみたいし。

255: 世界@名無史さん 04/02/29 10:41
>>254 
世界大戦 全9巻 
チャーチル、非凡閣、S.12、9冊 

だね 
今日本の古本屋で見たけど揃いで18000円くらいかなあ

263: 世界@名無史さん 04/03/16 14:47
チャーチルの著作に「英語国民の歴史」というのがあるようだけど、検索
しても見つかりませぬ。

267: 世界@名無史さん 04/03/18 00:09

278: 世界@名無史さん 04/04/08 20:54
チャーチルの回顧録やっと全部読み終わったけど、彼は特一級の知識人ですな。こんな指導者が日本にいたら戦争は避けられたのに・・・

285: 世界@名無史さん 04/04/09 00:59
>>278
その本ゴーストライターが書いたっていう噂本当?

286: 世界@名無史さん 04/04/09 01:05
それはないだろ。チャーチルはそれ以前にも「マラカンド野戦軍」「マールバラ公」等いろんな本を出してる。当時から文才には定評あるよ。

312: 世界@名無史さん 04/05/13 16:46
チャーチルは威勢はいいがアホだ。言ってることもコロコロ変わる。
イギリス国民はそれが分かってたから、戦争終結の目処がついたらすぐに解雇したでしょ。

314: 世界@名無史さん 04/05/13 18:43
戦争に負ければ全てを失うだろう。
戦争に勝つために過去の発言を翻す程度のことは間違いではない。

316: 世界@名無史さん 04/05/13 19:30
「我々がもし、彼に立ち向かうことができれば、全ヨーロッパは解放され、全世界の営みは、広々と光に照らされた高台へと前進するであろう。しかし我々がもし倒れれば、アメリカ合衆国を含む全世界、そして我々が知り、大切にしてきた全てが、ねじ曲がった科学の光により長引かせられた新たな暗黒時代の深淵へと沈んでゆくだろう。

したがって、我々は使命を遂行する決意を固め、立派にふるまおう、そうすれば、たとえ大英帝国とその連邦が以後一千年にわたり続いたとしても、人々はなおも言うだろう、『これが彼等の最良の時だった』と。」


泣けた・・・
暗黒時代云々なんて日本の馬鹿政治家には言えないな。

317: 世界@名無史さん 04/05/13 20:00
ガンジーの格好に吐き気を催したってのに笑った

532: 世界@名無史さん 2006/02/14(火) 00:47:44 0
>>317
超遅レスだが「ガンジーの格好」ではなく「半裸に近い格好でイギリス国王の代理者である
インド総督と対等の立場で談判するのに吐き気を催す」と言ったはず。

345: 世界@名無史さん 04/06/30 21:43
チャーチルは真珠湾攻撃のニュースに、「これでアメリカを戦争に引きずり込める」と小躍りしたらしいね。
そのために日本の暗号を解読していながらアメリカに渡さなかったくらいなんだがそのわりには、プリンス・オブ・ウェールズを撃沈されたりシンガポールが陥落したときはショックを受けているから、自分のやったことがどういう結果をもたらすか理解できないくらいのバカだったんだね。

極め付きはインド統治で、このバカは無謀な戦争でボロ切れのようになったイギリスに植民地インドを維持できると思ってたようだ。哀しいほどの低能だね。
「世界一危険なバカ」と言われる超大国の大統領と良い勝負だ。

358: 世界@名無史さん 04/09/21 12:57:51
チャーチル以外の誰が政権を担当しても、英国の斜陽は免れなかったろうがな。
アメリカとの関係を特別視しすぎていながらアメリカに冷たく袖にされるあたり、イギリス人自身が自虐的に口にする行動パターンの元祖。
とはいえ覇権国と歩調をそろえるのは、国家の死活問題としては正解なので、チャーチルの戦略そのものは間違っていない。

363: 世界@名無史さん 04/09/22 12:49:03
イギリスはヨーロッパが暗黒時代に入るのを阻止して華々しく討ち死にしたんだからいいじゃん。

368: 世界@名無史さん 04/09/22 18:53:18
大英帝国の全てをかけてドイツに対抗したせいで、少なくとも欧州の東半分を破滅に追いやり、西半分もかつての勢力を失わせたという皮肉な結果になったわけだしな…。

369: 世界@名無史さん 04/09/23 01:03:07
ドイツに対抗しなければ東西欧州共に破滅したと思うが。
まぁナチスとソ連の膨張を阻止する力は既に無かったんだよ欧州には。

416: 世界@名無史さん 05/03/06 01:20:56 0
チャーチルがイギリスを没落させたんじゃなくて、没落していったからチャーチルが頭角を現したんだが・・・
そういうの分かってない人が多いと思うんだ。
ヒトラーに対して気を抜いていたとか。
チャーチルは実際に第二次大戦前にドイツでヒトラーの親衛隊を見て、直感でヤバイと感じてヒトラーの危険性を訴えたが賛同者はおらず、平和ボケした英国は寝首を掻かれたわけだ。

388: 世界@名無史さん 05/01/07 23:50:37
チャーチルは爵位をもらったのでしょうか?
本家は公爵ですよね。

陸軍のモンゴメリーですら伯爵をもらったと聞いたので、気になりました。

392: 世界@名無史さん 05/01/10 20:45:33
チャーチルはナイト称号だっけ?

394: 世界@名無史さん 05/02/06 22:18:45 0
>>388>>392
ロンドン公爵の称号を辞退して、一介のサー・ウィンストンにとどまった。

398: 世界@名無史さん 05/02/14 00:27:00 0
>>394
公式の称号が何であれ
チャーチルがブレナム宮殿で産まれたことは誰でも知ってるからね
小話にある「某公爵を訪ねるとボロボロの格好で現れた『いいんだよここでは誰もが私が何者か知ってるんだから』」状態

396: 世界@名無史さん 05/02/08 22:20:00 0
モンティですらエルアラメイン伯爵なのに

495: 世界@名無史さん 2005/07/10(日) 09:20:44 0
チャーチルはよく軍服を着用していますが、軍人としてはどの階級まで昇任しているのでしょうか?
佐官クラスまでにはなっているのですかね。

496: 世界@名無史さん 2005/07/10(日) 10:40:45 0
イギリスの最高階級は佐官じゃないの?ちなみにチャーチル氏のは大佐。

499: 世界@名無史さん 2005/07/20(水) 22:22:30 0
イギリスでも大将やら元帥はいますが・・・
チャーチルの正式な階級は低いはず。ボーア戦争のときのままでしょ?
それから軍役についてないし。

海軍大臣とかは別格だしね。

500: 世界@名無史さん 2005/07/21(木) 02:53:17 0
第一次大戦のときに海軍大臣辞して前線に出てたでしょ?

526: 世界@名無史さん 2005/11/30(水) 23:35:49 0
チャーチル首相がロンドン・クラリッジスホテルの212号室をユーゴスラビアへ領土として割譲(わけわかんねぇ・・・)
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/zatsu/hitano.html

554: 世界@名無史さん 2006/06/30(金) 21:27:08 O
すいません、ガリポリの肉屋ってどういう?

555: 世界@名無史さん 2006/07/01(土) 01:22:49 0
WWⅠでチャーチルが強行したガリポリ上陸は大損害をだして連合軍の敗北で終ったでしょ。そのことを皮肉ったわけ。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

556: 世界@名無史さん 2006/07/01(土) 12:05:32 0
政治は結果で判断すべきもの。
後付け、後知恵による批判は当然のこと。

558: 世界@名無史さん 2006/07/01(土) 13:34:24 0
「政治家は結果で判断すべき」
それは当然なんだよね。しかしそれならばチャーチルが海軍大臣に返り咲くことは無かったはずなんだが。
しかし、チャーチルだけは何度も失敗が許された、というのが不思議。
チェンバレン政権で海軍大臣になったらノルウェー作戦でまたもや大失敗。
首相になったのは戦争指揮では使いもんにならないのがわかったからかもしれんがw
イギリスにとっては完全に裏目に出たな。

593: 世界@名無史さん 2006/10/08(日) 10:02:08 O
なんでカイロ会談で蒋介石に「ピラミッドでも見物してろ?」とのたまったんでつか

594: 世界@名無史さん 2006/10/09(月) 00:01:59 0
「お飾りのおまえの意見なんてだれも聞いてないんだよ。黙ってろ黄色人種が」
ということでつよ

597: 世界@名無史さん 2006/10/11(水) 02:38:02 0
「なあ、ピラミッドすごくね? な、すごくね? 
えっ、お前みたことないの?Σ(;´Д`)
明日会議休んでいいからマジ見とけって(´∀`)コーラも売ってるシナー」

こんな無邪気なキャラだった……わけないよな

598: 世界@名無史さん 2006/10/13(金) 01:47:26 O
そんなチャーチルだったら是非いっしょに紅茶やブランデー飲みたいところだよ
ブラックなイングリッシュジョークも交えて

引用元: ・W.S.チャーチル



第二次世界大戦〈1〉 (河出文庫)
ウィンストン・S. チャーチル
河出書房新社
売り上げランキング: 87,751