41onxQTnD0L


1: 人間七七四年 2007/11/07(水) 20:15:04 ID:1SJ21eed
お前らの力を貸していただきたい
関連記事
【1】明石全登は名将なのに知名度が低い






明石 全登

明石 全登/景盛(あかし たけのり/かげもり、生没年不明)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。宇喜多氏の客将で、知行は3万3千石といわれる。宣教師を自分の屋敷に住まわせて保護するほどの熱烈なキリシタンであった。


宇喜多秀家の軍師的存在で、慶長4年(1599年)にお家騒動が起こって重臣の多くが出奔すると、執政として宇喜多家中を取り仕切った。
翌慶長5年(1600年)9月15日の関ヶ原の戦いで秀家が西軍に与すると、宇喜多勢8,000名を率いて先鋒を努め、福島正則を相手に善戦した。西軍敗走の際に田中吉政の家来・上坂万兵衛と接触したという記述がある。なお9月18日付けで、田中吉政は東近江の村々に石田三成、宇喜多秀家、島津惟新を捕らえるよう書状を配っている。

戦後、宇喜多氏が没落し浪人となると、キリシタン大名であり、母が明石一族である黒田孝高の下で庇護されたといわれている。孝高の死後、息子の長政がキリスト教を禁止したため、柳川藩の田中忠政を頼ったとされている。

慶長19年(1614年)、大坂の役が起こると豊臣方として参陣する。翌慶長20年(1615年)の夏の陣では水野勝成・神保相茂・伊達政宗勢と交戦し混乱に陥れ、政宗と相茂の同士討ち事件が起きている。天王寺・岡山の戦いで、天王寺口の友軍が壊滅したことを知ると、松平忠直の軍勢に突撃し姿を消す。その後の消息は不明で、戦死したとも南蛮に逃亡したとも言われており、死亡時期については諸説ある。




254: 人間七七四年 2010/12/16(木) 23:15:41 ID:v1W8g+r0
関ヶ原の前哨戦と言われる杭瀬川の戦いで島左近と組んで東軍をボコボコにしたのになぜか島が全部やったみたいに言われてるし
島なんて関ヶ原開始直後に消えてるのに名将扱いだし
明石の方が絶対上だろ

255: 人間七七四年 2010/12/18(土) 00:39:11 ID:j/L7rcug
関が原では兵力差の割りに福島にねばられすぎじゃね
さくっと蹴散らしてりゃ違う展望もあったかも知れんのに

259: 人間七七四年 2010/12/23(木) 00:46:52 ID:Wl5qmWAo
>>255
宇喜多は福島に全軍投入してる訳じゃないしね

仕方がない

256: 人間七七四年 2010/12/18(土) 08:56:00 ID:WJfcx6mT
そこは福島も強かったということで。

257: 人間七七四年 2010/12/18(土) 11:40:24 ID:3A7Yjeg1
宇喜多はお家騒動あったしなあ。

260: 人間七七四年 2010/12/23(木) 10:02:15 ID:FvtX9unA
当時の宇喜多は主力武将が揃って抜けてる状態
明石さん始め他にも複数人残ってはいたが、これじゃ勝てないよ

261: 人間七七四年 2010/12/23(木) 10:27:28 ID:dWMxeBf6
福島6000と対峙してたのは前線の明石8000じゃない?
秀家10000は本格的に戦闘はしてないのでは?

騒動で宇喜多家を抜けたのが戸川などの歴戦の猛者達だからな痛すぎるわ

265: 人間七七四年 2010/12/25(土) 03:57:01 ID:EbDd8AiB
大河ドラマの類いでは、関ヶ原での扱いが主従共々軽く描かれてるのが残念無念

274: 人間七七四年 2010/12/26(日) 11:57:11 ID:55bFqR9n
大阪の陣での真田毛利と組んでの最後の勝負も燃えるね
真田毛利が囮になって孤立した家康を明石が討つという作戦

やはり家康を討てるのは名将明石しかおらんわな

283: 人間七七四年 2011/03/10(木) 22:09:02.10 ID:0L3mVg6U
宇喜多軍団の6組の先手備6人の旗頭のうち宇喜多家を去らなかった者は長船定行と明石全登の2人だけでさらに長船組から組頭の3000石の長田右衛門允と6000石の浮田平吉が離脱
加えて1000石の寺尾久六と1000石の祇園忠兵衛も離脱
他の小身の者も含め長船方の離脱者の知行高の合計は1万1010石

全然脱落していないのは明石全登組だけで6組の先手備の総知行20万8848石のうち、11万1649石分が脱落したそうな
全体の53・5パーセントに当たり、過半数を超え先手備の多くの陣大将や組頭が欠け宇喜多騒動で宇喜多軍が弱体化したのは間違いなく
そんな宇喜多軍で奮戦したから明石全登の武名が高まったんだなぁ

284: 人間七七四年 2011/03/11(金) 14:35:07.10 ID:+u2Lt36H
脱落した分の知行ってどうなるんだろう
中堅以下に分配されるか主家の直轄になるってこと?

285: 人間七七四年 2011/03/11(金) 14:44:58.71 ID:tXpKUzM3
穴埋めに新規に名のある人を雇ったりしたみたい
大谷吉継の推挙で本多政重を登用したりとかしたそうな

287: 人間七七四年 2011/04/23(土) 18:55:17.80 ID:eemyMtws
忠臣っぽい扱いだけど浦上を裏切った父以来ずっと宇喜多家では客将扱いだったよ。

宇喜多騒動がなければ宇喜多家の政務に絡むことはなかったかも。

288: 人間七七四年 2011/04/23(土) 22:11:45.41 ID:Yww6Ka5k
宇喜多とは軍事で協力関係にあった同盟者って感じだったみたいね明石
宇喜多家の家政には明石は干渉しないし、宇喜多も明石家の領地の政事には干渉してなかったとか
宇喜多騒動で家老が多く去ったもんだから秀家から政務でも協力を頼まれたのかね

289: 人間七七四年 2011/04/27(水) 21:36:11.31 ID:foV+oeRW
なんと言っても浦上の家老中の家老の家だし直家も自治性を残して厚遇はしたけども信用は置いてなかっただろうな。

290: 人間七七四年 2011/05/10(火) 16:56:01.91 ID:bup/YSoq
元は僚友で、一方が独立・拡大するや片方は協調し、姻戚関係を結びつつつ重臣に・・・

素人目には秀吉と前田利家みたいな関係に映るな

295: 人間七七四年 2011/09/03(土) 15:02:45.04 ID:39iZMSNZ
手柄をうまいこと幸村に奪われたかんじの人ではある
でも明石は生きてる~って徳川将軍が捜査させたのは大物っぽくてすげーと思う

296: 人間七七四年 2011/09/04(日) 03:55:22.74 ID:+XEG1AuX
>>295
キリシタン一揆が起きるかもと予測してるなら明石指導の一揆は脅威になるな…
やっぱり関ヶ原の無双が評価されてるのかな?
大阪じゃ精彩を欠いた気がするけどw

297: 人間七七四年 2011/09/04(日) 05:02:54.29 ID:Pg3N7EMe
>>295
明石狩りは家康死後の2代目3代目が変な使命感に燃えておかしな事になってるな
大阪役とは全く無関係な血縁とその近親者まで根キリにされてるし
家康自身は大阪方にいた明石の末娘を放免にしてるのに

298: 人間七七四年 2011/09/08(木) 15:21:55.81 ID:tJHSZLtm
キリシタン問題がリアルに治安問題として存在したからな

299: 人間七七四年 2011/09/16(金) 02:30:20.34 ID:7wA9kunr
大坂の陣で家康を最後まで狙っていたのは真田毛利明石だろ?
そりゃ徳川としたら怖い存在だろ、関ヶ原の采配も見事だし

306: 人間七七四年 2011/11/01(火) 02:07:40.70 ID:KFrwxKM+
>>299
長宗我部もじゃないの?

303: 人間七七四年 2011/10/23(日) 19:47:45.29 ID:qh4Oaw/i
諸国の切支丹をまとめうるのは高山右近じゃなかったのか。この頃はもう国外追放されてたの?
そもそもこれって何?真田太平記?

304: 人間七七四年 2011/10/23(日) 22:11:59.26 ID:xv4efLj6
えっと、ちょっと調べてみたらちょうど大坂の陣の直前ぐらいに国外追放になってるかな
そういえば高山右近のキリシタンの弟子でもある加賀藩2代目藩主前田利長も
この時期に亡くなってる・・・・ 暗殺説が出るのもしかたないタイミングだ・・・

325: 人間七七四年 2012/02/28(火) 13:31:26.80 ID:4NhKc9Zj
明石はそんなに宇喜多家中で高名だったの?
ちょっと強いくらいでしかないように思う。
そうだとすれば,家中が揉めなかったらどれだけ宇喜多が強かったのだろうと思う
とはいえ,宇喜多ってそんなに強かったか?とも思う

326: 人間七七四年 2012/02/29(水) 11:43:18.54 ID:vdSi+hnY
明石は宇喜多家中で知名度も認知度も低かった。
内政官として雇われたんだからな。
実は戦も上手かったってのは、関が原で初めてわかった。

宇喜多家は強いぞ?秀吉に従って、ずっと合戦に明け暮れてたからな。
あれだけ戦慣れしてる大名家も少ない。


329: 人間七七四年 2012/02/29(水) 18:34:04.91 ID:8die3rnF
高松城の水攻め以降、宇喜多家中が秀吉の下で得た経験値はトップクラスかもな

330: 人間七七四年 2012/02/29(水) 19:25:56.38 ID:irE7aBNJ
確かに掃部は父に従って従軍経験は有りそうだけど、自らの指揮は関ヶ原が初めてだと思う。

331: 人間七七四年 2012/03/01(木) 12:02:38.50 ID:xGKReW58
多分、秀家は全明石に先鋒任せるのは相当不安だったはず
やらせてみたら、抜けた連中よりずっと使えたって拾い物

334: 人間七七四年 2012/03/02(金) 00:13:10.21 ID:8BiASlKd
>>331
明石くらいしか任せられそうな家臣がいない状態だしな。
浪人を積極的に採用しているとはいえ、宇喜多勢は指揮官クラスの重臣が軒並みいなくなっている状態。

ちなみに、関ヶ原直前に戸川から明石へ降伏勧告のような書状が届くんだけど、それに対する明石の返答はなかなかに格好いい

332: 人間七七四年 2012/03/01(木) 14:21:22.88 ID:VfoxdbLF
スレを読んで改めて知名度低くて当然だと再確認
誰それの首とったとか分かりやすい活躍や戦績あるわけでもないし
活躍したのが負け戦じゃそりゃ有名にならんは
真田幸村みたく創作で知名度を上げるのを狙うのが一番かね
こういう武将は

336: 人間七七四年 2012/03/02(金) 01:01:33.44 ID:A/OOFHKh
もう少し事績がわかれば歴史物のドラマに出来るんだろうけどねぇ

337: 人間七七四年 2012/04/25(水) 21:21:12.27 ID:3wUECPPr
親父の明石景親は浦上裏切った後もあんまり直家から信用はされてなかった気がする。
浦上時代のでっかい所領はそのままで迎え入れられたけど客分扱いで宇喜多家政とは無縁だったし。

340: 人間七七四年 2012/05/06(日) 00:22:40.08 ID:+wzrIfB2
明石ジョアン・ジュスト全登もかなりのもんだったみたいだけど、先代直家公の家臣団の武闘派ぶりは相当なもんだったらしいから、彼らが出ていったのは痛い

345: 人間七七四年 2012/05/30(水) 14:32:31.37 ID:YUf7sR+l
秋田県比内町に明石全登の子孫と伝えられる一族がある。家伝によれば大阪落城後に仙台で伊達政宗に保護される。しかし、幕府の詮議が厳しくなったので津軽に移動し、津軽信枚の保護を受けて弘前城内に匿われた。

346: 人間七七四年 2012/06/03(日) 20:48:36.15 ID:uYmm2M3u
>>345
ほんとだとしたら、津軽さんはいろんなのを匿っているなあw

350: 人間七七四年 2012/06/07(木) 22:27:30.24 ID:OO1uiFtl
名前の読み方を知らない人が多いのも知名度が低い一因

351: 人間七七四年 2012/06/08(金) 07:51:05.19 ID:1CWDGc8+
タケノリでいいの?
何かの本にゼントウってふってあったけど

354: 人間七七四年 2012/06/09(土) 21:34:11.71 ID:MdA7D1hp
俺はてるずみって読むって聞いた

356: 人間七七四年 2012/06/09(土) 22:05:10.40 ID:7P/jH5JH
>>354
信長の野望とかだとてるずみって書いてあるね
本によって振り仮名が違うw

357: 人間七七四年 2012/06/09(土) 22:17:45.91 ID:+g0L8s+z
ぜんとう、てるずみ、たけのり…

362: 人間七七四年 2012/06/13(水) 01:42:19.20 ID:vQpNanRp
諱(全登)の読みは、「たけのり」の他に「てるずみ」「ぜんとう」「なりとよ」などが伝わる

358: 人間七七四年 2012/06/11(月) 03:50:40.51 ID:fvxs281x
明石、精鋭を率いて迂回し家康本陣を急襲

これが実現していれば・・・。

361: 人間七七四年 2012/06/11(月) 23:36:51.11 ID:g1cbuxD4
それでも、天王寺で300で4000の水野勢に挑んで鎧袖一触だった気が…。

363: 人間七七四年 2012/06/13(水) 22:13:35.68 ID:vQpNanRp
明石は、なぜ僅か300騎だったのか

364: 人間七七四年 2012/06/14(木) 02:41:07.74 ID:CL3ZYrMX
士官の数が足りないからじゃねかね

366: 人間七七四年 2012/06/21(木) 21:10:03.21 ID:yxfru/t2
前日の道明寺の戦いで被弾負傷していたとか

396: 人間七七四年 2014/02/12(水) 00:12:27.50 ID:0hEsdy1E
関ヶ原の合戦の際明石掃部は田中吉正(近江源氏)の配下と接触、親族の黒田(近江源氏)に引渡された。
福岡の明石一族は3家系が黒田藩の上級武士として江戸末期まで大名町に住んでいた。その末裔の一人は明石元二郎将軍である。
明石掃部だけは秋月の黒田藩にかくまわれていたが、執拗な明石狩りの結果、久留米・柳川藩の田中忠政を頼った。
大阪の陣で明石掃部は千葉(近江源氏)の一族に殺害されたという記述があるが、実のところ彼らにもかくまわれたと思われる。
なお明石掃部の一族は薬師(くすし)であり、明石掃部も医師であった可能性がある。

397: 人間七七四年 2014/02/12(水) 05:25:56.91 ID:GMPVj1Uv
宇喜多勢8,000名を率いて先鋒を努め、福島正則を相手に善戦した。西軍敗走の際に田中吉政の家来・上坂万兵衛と接触したという記述がある。
注 明石掃部の正室は田中吉政の娘とする説がある。

403: 人間七七四年 2014/02/15(土) 10:24:59.38 ID:bjWGMcHV
>>397
関ヶ原の合戦では宇喜多隊は総勢17000ではなかったかね
57万石の太守なのに8000しかない?

405: 人間七七四年 2014/02/15(土) 11:46:27.88 ID:k178XCfj
>>403
宇喜多秀家の部隊構成
総勢17,000
宇喜多家家臣団9,000・・・宇喜多家の家臣の多くは日蓮宗を信仰していた。
明石隊8,000・・・大部分がキリスト教徒。
宮本武蔵(明石全登と直接親交があったらしく江戸期以降の明石市街地の都市設計を彼に託した)もこの隊だったので、全員ではないだろう。
旗印として十字を掲げていたらしい。
記述によればあたかも十字軍の様相を呈していたらしい。
島津の部隊1,588 も丸に十だったから、1万近くの十字が犇めいてたのだろう。
また勇猛果敢な兵たちで、命令なくして逃げることは無かった。
すなわち敵に背を見せて死んだ兵は一人もいなかったという記述がある。
以後キリスト教徒恐るべしとなったらしい。
キリスト教禁止令につながる重大な出来事であったとされる。
なお西軍の残党狩りの直接の担当は田中吉政であったが、
明石(島津)を救出する指示が出されていたらしい。
多分島津は家紋が十字だったのでついでだろう。

408: 人間七七四年 2014/02/19(水) 16:38:58.65 ID:0/5yaCbC
>>405
宇喜多のお家騒動は家中の宗派対立が原因の一つに挙げられるから、残留組も結構混沌としてたんですな。

409: 人間七七四年 2014/02/22(土) 02:08:29.87 ID:BD57LWDE
>>408
宗教対立というのも、宇喜多左京亮が戸川らの側についている一方で中村(前田家から豪姫についてきたというが、実際は先代から宇喜多家臣だったとも)もキリシタンではなかったようだし、宗教対立は主原因とはいえないようだ。

449: 人間七七四年 2015/08/20(木) 10:39:47.89 ID:O8WmcY0V
いまだに名前の読み方が頭に入らん

引用元: ・明石全登は名将なのに知名度が低い



史伝 明石掃部 ー最後のキリシタン武将ー
小川 博毅
橙書房
売り上げランキング: 704,764