51xTo2qB0tL (3)



1: 世界@名無史さん 2014/07/28(月) 18:52:34.52 0
フン帝国、モンゴル帝国、匈奴これらの遊牧民族の築いた帝国は星のように輝きそして、分裂して消えていきました。なぜこれほど遊牧民族の築いた帝国は一発屋なのでしょう。








3: 世界@名無史さん 2014/07/28(月) 19:50:51.24 0
キプチャクハン国のようにしつこく生き残った国もあった。

4: 世界@名無史さん 2014/07/28(月) 20:39:00.41 0
モンゴル帝国はなんだかんだで20世紀まで存続したぞ

5: 世界@名無史さん 2014/07/29(火) 01:33:51.69 0
>>4
まあ、数え方にもよるけど少なくとも元は100年続いて、しかも北のほうに逃げ帰るときは、漢人でも一緒に逃げたのが多数いたからな

6: 世界@名無史さん 2014/07/29(火) 01:41:37.37 0
ティムールやらムガルやら清やらで
モンゴル帝国は長く続いた

45: 世界@名無史さん 2015/12/04(金) 21:19:32.20 0
>>6
清は蒙古じゃなく女真(満洲)じゃね?

46: 世界@名無史さん 2015/12/04(金) 22:05:54.41 0
>>45
清の皇帝がモンゴル人を下した時に、モンゴルのハーンから玉璽を奪ったことを指してるんじゃない?

47: 世界@名無史さん 2015/12/04(金) 22:11:20.10 0
>>45
清朝は蒙古の大ハーン位を持ってます

52: 世界@名無史さん 2015/12/09(水) 06:57:46.51 0
>>47
同時代にインドに並立してたムガル朝も蒙古の大ハーン位を持ってることになってなかったか?

54: 世界@名無史さん 2015/12/11(金) 20:04:14.13 0
>>52
ムガル帝国はティムール帝国の後継国家として自国を位置づけてた。
そして、ティムールは大ハーン位を持ったことは一度もない。
あくまでもティムールはハーンの婿殿としての地位に留まっただけ。
だから、ムガル帝国は大ハーン位は持ってないよ

56: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 02:21:39.22 0
>>54
ティムール研究が深まって、今だとティムール最晩年にはチンギスハンの家と同等のハーンであると言い出してた事が言われてる

57: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 09:22:54.65 0
>>56
へー、そうなのか。
それはティムールが言い出しただけなのか、それともティムール死後の後継者もその後ハーン位を主張し続けてたのかどっちなんだろう?

8: 世界@名無史さん 2014/07/29(火) 16:26:03.81 0
南北朝時代の北朝って遊牧民王朝多いんだが
数代はもつよな

15: 世界@名無史さん 2014/07/29(火) 18:31:45.83 0
>>8
てか唐は?遊牧民が立てた王朝って言わないの?

16: 世界@名無史さん 2014/07/29(火) 18:39:38.70 0
言わない

17: 世界@名無史さん 2014/07/29(火) 18:43:01.23 0
鮮卑系の軍閥でももう土着化してるから遊牧民でないという括りなのかな
11: 世界@名無史さん 2014/07/29(火) 18:16:16.65 0
サファヴィー朝イランも遊牧民の立てた王朝だな

9: 世界@名無史さん 2014/07/29(火) 18:01:45.65 0
最後まで残ったモンゴル帝国の系譜ってヒヴァハン国だっけ?

13: 世界@名無史さん 2014/07/29(火) 18:22:21.01 0
末期のモンゴル帝国

ヒヴァ・ハン国1920年滅亡
ブハラ・ハン国1920年滅亡
ロシア帝国1917年滅亡
清1912年滅亡

19: 世界@名無史さん 2014/07/29(火) 21:05:55.97 0
遊牧民族から有能な傑出した有能者はしばしば出る。
ただしそのリーダーが上げた成果を維持するのは苦手。

21: 世界@名無史さん 2014/07/29(火) 22:19:57.93 0
チンギス・カンが出て、そのリーダーの成果が数世紀維持されたってのは無視っすか?

28: 世界@名無史さん 2014/08/03(日) 14:03:33.75 0
遊牧民は戦国の概念が無いほど通年戦時中。

遊牧民に比べれば文明国は全員反戦国みたいなもん。
元々雲泥の差がありすぎて、大陸では武断主義は生まれなかった。
もはや天災レベル。

31: 世界@名無史さん 2014/08/03(日) 17:42:41.61 0
遊牧民というのは数万から数十万レベル。
一方、文明帝国は中華など一億にも達する。
これを全て制して来たのが遊牧民戦力。

どうやっても守りきれないので、陸上の町は城壁で囲むのが一般的だった。

日本のように「勝てば官軍」という発想は思い付かない。
なぜなら、強盗に殺された一般人、ヤクザに拉致られた民間人、と同意であり、野犬や交通事故で被害を負って、自身の体力に責任を感じる者はいない。

馬速で一週間以上離れた土地から突如襲ってくる騎射の略奪者には、最初から防御技術が存在しなかった。
そんな犯罪者より、人としては叡智を持って豊かな暮らしを維持する方が、遥かに有能である。これが文明人。

33: 世界@名無史さん 2014/11/03(月) 20:26:12.41 0
サマルカンドとバラサグンなぜ差がついた 慢心、環境の違い

40: 世界@名無史さん 2015/11/04(水) 23:34:21.84 0
>>33
立地の違い(まじれす)

34: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/13(土) 14:01:47.78 0
定住系の民から鉄を手に入れたのが大きいんだろうな

35: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2014/12/14(日) 17:58:35.40 0
鉄勒や突厥はその後大躍進したな

36: 世界@名無史さん 2015/01/03(土) 20:48:40.07 0
個々人では定住せずとも生きていけるせいで大敗したらすぐ散っちゃうから消えやすいんじゃね
それにユーラシアの草原地帯だと少し気候が厳しくなるだけで食い扶持を得るのは難しそう

37: 世界@名無史さん 2015/08/18(火) 18:12:21.73 0
満州族は......よく考えたら遊牧騎馬文化を時間を欠けて放棄したんだよな
昔から自己文化放棄傾向だった

39: 世界@名無史さん 2015/10/21(水) 19:08:09.18 0
>>1
人的結合国家でしかないから

41: 世界@名無史さん 2015/11/29(日) 15:29:33.78 0
>>39
遊牧民族はその傾向が強いね

42: 世界@名無史さん 2015/12/01(火) 15:24:52.84 0
遊牧民的相続制度が帝国のような国家には向かないんじゃないか?

44: 世界@名無史さん 2015/12/02(水) 13:59:40.75 0
遊牧民が農耕民を支配すると遊牧民の王族がそのまま農耕民の王族になるんだよ
それで遊牧民の庶民が取り残される

48: 世界@名無史さん 2015/12/04(金) 23:02:06.25 0
>>44
セルジューク朝とかではトルクメンがイラン人の農地を牧草地にしようと狙うからスルタンはマムルークを使って農地をトルクメンから守っていたね
外国と戦争がない時トルクメンは遊牧で生計を立てていたから牧草地が必要だけどマムルークはトルコ系だけど遊牧民ではなくスルタンからの給料で暮らしていた
遊牧民とマムルークは敵対していたからホラズム・シャーはモンゴル軍に対して全軍を集結させて戦う事を避けざるえなかった

55: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 01:48:23.97 0
スキタイは何だかんだで200年以上は続いたし、硬貨まで発行している

58: 世界@名無史さん 2015/12/12(土) 22:19:52.63 0
文明の豪華絢爛な文化に染まって堕落してしまうらしい

60: 世界@名無史さん 2016/01/01(金) 12:00:55.28 0
>>58
南匈奴単于もそうだな・・嘗ての冒頓時代の威力が全く感じられないw

59: 世界@名無史さん 2015/12/23(水) 07:27:35.58 0
豊かさに負けた

引用元: ・遊牧民族が築いた帝国は一発屋www



遊牧民から見た世界史 増補版 (日経ビジネス人文庫)
杉山 正明
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 9,257