Yoshida_Toyo



1: 日本@名無史さん 2006/04/29(土) 14:59:00
吉田東洋は土佐藩改革に尽力し、容堂に信頼された優れた政治家。
そんな彼について語ろう。







Yoshida_Toyo


吉田 東洋(よしだ とうよう)は、江戸時代後期(幕末)の土佐藩士・参政。諱は正秋。東洋は号。後藤象二郎は義理の甥にあたる。

嘉永6年(1853年)7月、15代藩主・山内豊信(容堂)によって大目付に抜擢され、12月には参政として強力に藩政改革を主導した。安政3年(1855年)3月、参勤交代に伴って江戸へ出府して藤田東湖や塩谷宕陰、安井息軒らと親交を結ぶが、酒宴における旗本殴打事件を引き起こして罷免される。さらに家禄を150石に減らされたうえ、帰郷して隠居を余儀なくされた。帰郷後は高知郊外に私塾(少林塾)を開き、後藤象二郎や乾退助、福岡孝弟、岩崎弥太郎等の若手藩士に教授するが、やがて、彼らが「新おこぜ組」と称される一大勢力となり、幕末期の土佐藩の動向に大きな影響を与えた。

安政4年(1857年)12月に赦免された東洋は、新知150石役高300石を給され、翌年1月には参政として藩政に復帰する。法律書『海南政典』を定め、門閥打破・殖産興業・軍制改革・開国貿易等、富国強兵を目的とした改革を遂行する。然し、このような革新的な改革は、保守的な門閥勢力や尊皇攘夷を唱える土佐勤王党との政治的対立を生じさせる結果となり、文久2年4月8日(1862年5月6日)、帰邸途次の帯屋町にて武市半平太の指令を受けた土佐勤王党の那須信吾・大石団蔵・安岡嘉助によって暗殺された。享年47。




2: 日本@名無史さん 2006/04/29(土) 15:17:59
武市にやられたな。しかも場所が広末の家の近所w

3: 日本@名無史さん 2006/04/29(土) 15:47:54
なぜか誕生日がわからない。

4: 日本@名無史さん 2006/04/30(日) 04:53:20
吉田東洋は藩の船蔵奉行も兼任している。

9: 日本@名無史さん 2006/05/07(日) 14:15:34
酒乱に信頼された政治家キターー(゚∀゚)ーー!!!!

11: 日本@名無史さん 2006/05/08(月) 19:24:35
水戸藩の側用人の藤田東湖は尋ねてきた東洋を見て

「あやつは目に常に殺気を帯びている、あれでは将来不慮の事態に見舞われるやも知れぬ」と評した。

18: 日本@名無史さん 2006/05/27(土) 18:40:18
東洋について・・・
誕生日・・不明?
家族・・・馬廻格の父光四郎、母かなよ、長兄、次兄、三兄、
性格・・・剛毅、冷酷

19: 日本@名無史さん 2006/05/27(土) 19:01:06
司馬遼太郎の小説に書いてあったと思うけど
容堂が「俺を戦国武将に例えるなら誰よ?(信長と言って欲しい)」と聞いたら
東洋が「うーん、毛利元就ですね」と答えたのって元ネタあるんでしょうか
逸話

酒宴の際、山内容堂が家臣に「俺が武将であれば、誰に似ておるか」と尋ねた。家臣が「畏れながら毛利元就」と答えると、容堂は寂しそうに「東洋ならば、織田信長と答えただろう」と言ったとされる。


20: 日本@名無史さん 2006/05/27(土) 22:39:42
>>19
さぁ・・・聞いたことないなぁ・・・

22: 日本@名無史さん 2006/06/18(日) 14:30:52
東洋って門閥政治打破して身分に関わらず人を登用してたって聞いたけど実際は身分にこだわっていたと思う。

23: 日本@名無史さん 2006/06/18(日) 20:26:03
東湖は酒を一緒に飲んで面白ければ相手の身分などどうでも良いといった人物だったらしいが。

25: 日本@名無史さん 2006/06/30(金) 02:47:05
ふんどしで首くるまれた可愛そうな人。
ま、死んじゃってたからいっか。

26: 日本@名無史さん 2006/07/03(月) 17:11:22
東洋は優れた手腕を発揮したのに、なんで嫌われたんだ?

28: 日本@名無史さん 2006/07/25(火) 17:00:52
>>26
>(東洋は)なんで嫌われた

開国派だったからでしょう。
攘夷派は、開国派を徹底して嫌っていましたから

27: 日本@名無史さん 2006/07/25(火) 09:37:39
東洋が暗殺され、後に龍馬も暗殺され、土佐が長州や薩摩に遅れをとってしまった。

原因は色々考えられるが・・・

土佐藩の体制が、掛川衆の上士と長宗我部衆の郷士に分かれ、掛川衆は優越感、長宗我部衆は被害者意識にさいなまれ、幕末まで来てしまったこと。
つまり、長州や薩摩は上士・郷士の身分を越えて『お国(藩)のため』『天下(日本)のため』という意識を形成できたのに、土佐は身分の違いを乗り越えられなかった。

東洋の人材観も、限界があり掛川衆にまでしか至っていなかった。

長州の吉田松陰のような身分にとらわれない人材観を、東洋が持っていたとしたら・・・
東洋のもとから、幕末・維新を動かした人材群がでたかもしれない。

東洋は大きな人だっただけに、惜しいと思う。

29: 日本@名無史さん 2006/07/25(火) 19:11:46
>>27
土佐の郷士って長宗我部時代からの連中は株を売っちゃって金持ってる連中が武士の身分を買ったのが多いんじゃない?
坂本家は富商だし中岡家は庄屋だしさ
そんな連中登用しようと考える方がおかしいと思うが

30: 日本@名無史さん 2006/07/25(火) 22:25:47
>>29
幕臣の勝家も身分を金で買った家系だし
渋沢栄一も庄屋の三男、
優秀な人物は、身分制なんて打ち破ってのしてくるのでしょう。

31: 日本@名無史さん 2006/07/28(金) 23:49:51
誰かが吉田東洋は十年遅く世に出て十年早く世を去った人と言ってたな。

36: OPS 2006/10/22(日) 18:22:57
優れた手腕であった幕末初期の土佐藩参政吉田東洋。
しかし彼は幕末の激動期に土佐勤皇党によって暗殺される。

49: 日本@名無史さん 2007/03/06(火) 01:58:23
結局東洋は誰に暗殺されたの?イゾウは関係ないよね?

54: 日本@名無史さん 2007/04/06(金) 12:11:07
>>49
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%E7%B0%E6%9D%B1%E6%B4%8B
によると土佐勤王党の志士那須信吾・大石団蔵・安岡嘉助に暗殺されるとあった。

51: 日本@名無史さん 2007/03/10(土) 19:27:56
後藤象二郎も板垣退助も東洋の弟子だよね?

52: 日本@名無史さん 2007/03/16(金) 20:26:35
ああそうだな。みんな東洋の教育を受けた。

53: 日本@名無史さん 2007/03/21(水) 11:22:20
幕末の歴史に残った人物だな。日本の100人に出してもいいと思うのだが。

引用元: ・吉田東洋について語るスレ