51LIfBwWrWL







2: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:32:19 ID:LrL
天は人の上に人を造らず

天才とは99%の努力と1%のひらめき
4: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:34:30 ID:UjY
パンがなければ~のくだりもほんまは言うてないてマ?

14: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:39:09 ID:48P
>>4
そもそもあの頃に庶民に対する投げ銭政策と炊き出しやってたのがマリーさんやからな…
フランスのプロ市民がゲェジなのは昔からや

23: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:42:25 ID:21T
>>14
誰か貴族が言ったらしいでっていう噂だったがいつの間にかマリー・アントワネットが言ったことにされた
ちなみに原文は「パンが無いならブリオッシュを食べなさい」でこのブリオッシュは白飯に対する麦飯みたいなもんや

ケーキを食べればいいじゃない

ブリオッシュは一般的なパンと異なり、バターと卵を使ったぜいたくな食べ物であり、身分の高い女性が庶民の暮らしに疎いことを示す台詞として引用される。ただし異論として、ブリオッシュの単価が安い事から代用パンとして表現したと言う解釈(質の悪く安い小麦を、混ぜ物で食べられるようにした-「貧乏人は麦を食え」の意になる)もあるが、安物というよりむしろ副材料の割合が非常に多い高級な嗜好品と考えてよいことや、何より以下の記述の通り、マリーにとって濡れ衣ではあっても当時彼女の無知を嘲る悪口として理解されていた。


30: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:44:30 ID:48P
>>23
市民の前に顔出す王族様がマリーさんだけだったから、そもそも市民もマリーさん以外よく知らへんかったってのも有名な説やな

40: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:45:58 ID:AvA
>>14
西晋の恵帝・司馬衷が同様のことを言ってるで
「穀物がないなら肉粥を食え」
44: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:47:20 ID:C1j
日本のマリーアントワネット像は
ベルバラで広まったもんやろねえ

45: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:47:38 ID:aoA
>>44
数日間で白髪になるんやで

48: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:48:13 ID:PpY
>>45
これ嘘なんか…
テレビでやってたやん

59: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:51:32 ID:C1j
>>48
しらがになることはあっても、もう生えている髪の毛の部分まで白髪になるか?という話
ウドンコ病じゃあるまいし

68: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:54:01 ID:PpY
>>59
極限のストレス状態やとそんなこともあるんかって思ってたわ

7: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:35:50 ID:21T
余の辞書に不可能の文字はない

不可能という言葉はフランス人らしくない

25: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:42:50 ID:aoA
池田勇人「貧乏人は麦を食え」

こんなことは言ってへん

26: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:43:10 ID:C1j
性善説と性悪説

28: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:44:06 ID:C1j
名言ではないか

41: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:46:14 ID:okP
話せばわかる

42: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:46:46 ID:aoA
>>41
これは言うたんやで
犬養毅「そんなところに立ってないでお茶でも飲めや」って

50: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:48:29 ID:21T
>>42
死ぬ前も「撃った若者らを連れて来てくれ、私が話して聞かせるから」みたいなこと言ってたんやっけか

57: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:50:27 ID:aoA
>>50
そうやで
最近犬養木堂記念館行ってきたときそんなこと書いてあった


46: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:47:59 ID:eWG
天上天下唯我為尊←お釈迦さんは言ってない
三界皆苦吾当安之←ここまであって本意

51: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:48:50 ID:aoA
>>46
だいたい生まれたての赤ちゃんが
天と地を指差して
「天井点が唯我独尊」と言うて7歩歩くって
常識的にありえないから


53: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:49:20 ID:AvA
×健全な精神は健全な肉体に宿る
○健全な精神は健全な肉体に宿れかし

元はローマ軍人が汚職しまくってたのを嘆いた言葉


デキムス・ユニウス・ユウェナリス(60年 - 128年)は、古代ローマ時代の風刺詩人、代表作は、16篇からなる『風刺詩集』。その中で「健全なる精神は健全なる身体(しんたい)に宿る」(後述)や「パンとサーカス」などの言葉が用いられている。

orandum est, ut sit mens sana in corpore sano

一般には「健全なる精神は健全なる身体に宿る」と訳され、「身体が健全ならば精神も自ずと健全になる」という意味の慣用句として定着している。しかし、これは本来誤用であり、ユウェナリスの主張とは全く違うものである。そもそも『風刺詩集』第10編は、幸福を得るため多くの人が神に祈るであろう事柄(富・地位・才能・栄光・長寿・美貌)を一つ一つ挙げ、いずれも身の破滅に繋がるので願い事はするべきではないと戒めている詩である。

ユウェナリスはこの詩の中で、もし祈るとすれば「健やかな身体に健やかな魂が願われるべきである」と語っており、これが大本の出典である。以上の背景から、単に「健やかな身体と健やかな魂を願うべき」、つまり願い事には慎ましく心身の健康だけを祈るべきだという意味で紹介されることがあるが、それも厳密には誤りである。健全な精神については数行に渡って詳細に記述されており、ユウェナリスがローマ市民に対し誘惑に打ち克つ勇敢な精神を強く求めていたことが窺える。


15: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:39:27 ID:kx6
月が綺麗ですね

56: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:50:19 ID:C1j
月が綺麗ですね、と夏目漱石が翻訳したと言う「事実」はないんよな
門下生が云った、意訳された、創作であるとか説が定まってないとかなんとか

72: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)10:58:18 ID:C1j
少年よ大志を抱けもやっけ?

76: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)11:01:07 ID:O8V
>>72
「ワシぐらい元気に精一杯やんなさいよ」くらいのかるーい別れの言葉やったんやっけ?

引用元: ・名言・迷言で間違って広まってるもの



偉人はそこまで言ってない。 歴史的名言の意外なウラ側 (PHP文庫)
堀江 宏樹
PHP研究所
売り上げランキング: 147,809