1: 日本@名無史さん 2008/09/22(月) 23:56:00
子の生誕日から逆算する事で、その時ナニをしていたかが分かる・・。
歴史を紐解く手掛かりです。日本史人物の子作りについて幅広く語ってください。

※注意事項・・・製造から出産までは平均266日、9ヶ月です。(十ヶ月にあらず)







2: 日本@名無史さん 2008/09/23(火) 00:38:11
まずは基本的な所で豊臣秀吉。

60過ぎまで何十人の女と試してまったく出来なかった人が淀君のみ立て続けに孕ませるとかありえねeee。

で、誰の子?

34: 日本@名無史さん 2008/11/29(土) 11:51:31
>>2
実は秀吉は正しいSEXの仕方を知らなかったりして?
そして女性は秀吉を嫌っていたため前戯までしかさせてもらえなかったが秀吉はそれに満足していただけたりして?
で、淀君は秀吉に最後まで手ほどきしてあげたと

36: 日本@名無史さん 2008/11/29(土) 20:41:08
>>34
淀殿は秀吉が初婚の相手なのにどうやって手ほどきを?

淀殿より先に秀吉の側室になり、淀殿と一緒に小田原にまで呼ばれた京極竜子などは先夫との間に子供まであり、当たりまえだが子供の作り方は知っていただろうけどね。
それに、淀殿で子の作り方を覚えた秀吉は大勢いる側室たちに実践していっただろうし。

秀吉の出自は農民層に近い。
貧困層ほど子だくさんであることからもわかるとおり、農民層は幼いころから家族が同じ部屋で生活しているために当然寝ている子供の前で父母は弟妹を次々作っているわけで、子供のころからセッ〇スをみて育ったりしているんだよね。
出世の過程においては遊女などともたわむれただろうし、やり方を知らなかったというのはさすがにどうも。

38: 日本@名無史さん 2008/11/30(日) 09:44:58
>>36
マジレスされても・・・

実際は女性側に問題がある不妊症かなんかだったんだろうけどさ。

37: 日本@名無史さん 2008/11/30(日) 09:31:23
松の丸殿は、淀に負けず劣らずの寵愛を受けていたけど子供でキナカッタ!
淀の子には石田説と大野説があるけど、どっちがいい?

45: 日本@名無史さん 2008/12/01(月) 03:13:22
>>37
記憶が定かではないので間違ってたらスマソなんだが、
確か、淀殿が最初の子を孕んだとき、逆算すると秀吉・三成は朝鮮出兵の真っ最中で淀殿のそばにはいなかったんではなかったっけ?

47: 日本@名無史さん 2008/12/01(月) 20:01:16
>>45
淀殿が最初の子鶴松を孕んだのは朝鮮出兵の前。
秀吉は鶴松を亡くしたあと、朝鮮出兵を行っている。
朝鮮出兵の最中に孕んだのは弟の秀頼のほうだろう。
このときも秀吉は全く側室たちのいる伏見城にいなかったというわけではなくて、ただ出兵の指図で忙しかった、留守が多かった、という程度で懐妊させるのが全く不可能であったというわけでもない。
(淀殿密通が事実なら、だれの子かわからんけどね)

48: 日本@名無史さん 2008/12/01(月) 20:26:27
つか淀殿や松の丸殿を名護屋城まで呼び寄せてなかったっけ

49: 日本@名無史さん 2008/12/02(火) 06:38:49
佐賀の名護屋に淀をよんでいたってのみたことあるけど。
前田利家も側室にそこで後の3代目を孕ませたんだよな。
家康の側室は母子ともに死・産だったけど。
40: 日本@名無史さん 2008/11/30(日) 12:54:28
秀吉可哀想(;_;)

41: 日本@名無史さん 2008/11/30(日) 12:54:55
秀吉はエロのために側室をたくさん持ってたわけではない。 
老年の秀吉にエロのための体力などない。 
実際に側室として実用性があったのは淀君くらいで、あとは数回交接したていどの名目的な側室だろう。 

秀吉は没落した名家の姫を扶養するために、自分の側室としていたのだ。 
そうすれば、姫に天下人の側室という地位と十分な生活を保障できる。 

いわば戦国のあしながおじさんだったのだ。

46: 日本@名無史さん 2008/12/01(月) 19:58:09
>>41 
自分の甥や家臣に娶らせて扶養させればよかっただろ。 
名家の若い姫君なんぞ、秀吉でなくともいくらでも引き取り手はいる。 
ちなみに、秀吉の年齢以降も、家康などは子供を作りまくっている。 
たまたま秀吉には子供ができなかったからといって、秀吉は家康とは違う、と言ってもねえ。 
若い姫君を老いた自分の側室として囲い、自分以外の男とはセッ〇スするな、と言いながら、当の自分は側室たちとはやらなかった、と言っても説得力皆無。 

44: 日本@名無史さん 2008/12/01(月) 00:55:38
>>41 
秀吉をエロ猿と言わずに日本史上の誰をエロと言うのか

3: 日本@名無史さん 2008/09/23(火) 01:41:47
源義経の愛妾の静御前は鎌倉で義経の子を生み、男児だったため由比ヶ浜に捨てられた悲劇で有名ですが・・。

妊娠発覚から出産まで吾妻鏡に詳細に記録されており、出産日は月が重なる閏7月29日、つまり8月29日。
いたって問題のなかった通常分娩。逆算すると仕込まれたのは12月中旬頃。
吉野山で静御前が義経と別れて捕らわれたのは11月17日。

・・・どう考えても義経の子になりえず、状況的に静御前を捕えて預かっていた吉野山の坊主の子と思われます。

しかし己が義経の愛人であると公衆の面前で唄いあげる事で、八百年後の後世まで記録上は義経の子という事にしてしまった。

恐るべき女の執念です。

4: 日本@名無史さん 2008/09/24(水) 03:02:45
最近は早産が多くて遅れるのは珍しいけど、この頃はどうだったんだろ?

7: 日本@名無史さん 2008/09/24(水) 15:58:20
枕草子で有名な中宮定子も最初のお産はなかなか生まれなかった。

5: 日本@名無史さん 2008/09/24(水) 10:37:36
文治元年11月上旬の仕込みで文治2年閏7月29日の出産は十分あり得るぞ。

6: 日本@名無史さん 2008/09/24(水) 11:11:35
どういう計算で?

8: 日本@名無史さん 2008/09/24(水) 19:54:11
仕込まれてから十月十日ではないので念のため。
現代なら遅れたら2週間目に突入すると引っ張り出すか検討。
それ以上だと出産で妊産婦死にまくりの時代には母子ともアボンだろう。

9: 日本@名無史さん 2008/09/25(木) 02:30:27
文治元年11月10日に仕込んだとすれば、予定日は文治2年閏7月10日。
よって、あり得ないことではない。

10: 日本@名無史さん 2008/09/25(木) 15:35:46
それにしてもかなり苦しいね。現代ならともかく出産で死にまくってた時代だし。遅れて難産だった訳でもなさそうだしな。

11: 日本@名無史さん 2008/09/26(金) 03:11:03
「どう考えても義経の子になりえず」なんて書き込みがあったから、「いやいや、なりえるだろ」って話。
例えば仕込みが11月16日だったとしたら、翌年閏7月29日は41週6日で、ギリギリだが正期産の範囲内ですぜ。
静が17日夜の時点でまだ吉野の山中にいたことを考えると、前夜まで義経と一緒だった可能性はあるわけで。
それに、昔の妊婦は過期産になれば必ず死ぬ運命にあったというわけでもあるまいし。性周期だって個人差があろうし。
むしろ、一種の預かり人である静を、吉野執行が後先のことも考えずに、勝手にナニして孕ませちゃったなんて話の方が、よっぽど苦しいと思うのだがね。

12: 日本@名無史さん 2008/09/26(金) 13:41:40
吉野大衆に踏み込まれて捕まるという一刻を争う時に仕込んだと計算して、予定日より半月遅れたけど普通に生まれたという事ですね。それをあり得ないとするか、十分ありえるとするかは微妙なとこだな。
吉野の坊主の他に、金品奪った雑色、時政の屋敷に移ってからの可能性もあるけど。

出産の遅れに関しては、定子の遅れってどんなもんだったのかね?
こっちは仕込んだ日を特定できなそうだけど。

15: 日本@名無史さん 2008/09/28(日) 01:24:09
>>12
定子が宮中退出したのは長徳2年3月4日、
修子内親王の生誕は長徳2年12月16日。
ちなみに長徳2年は7月が閏月。
一次史料である「小右記」に中宮(定子)が産み月になっても産をしないと記述があって、当時の貴族たちも定子の出産の遅れを認識していたことが分かる。

30: 日本@名無史さん 2008/10/16(木) 22:05:06
>>12
定子の出産に関しては「小右記」に懐妊十二箇月とある。
ちなみに定子は長徳2年3月4日以降、兄弟失脚のために里にこもって修子内親王出産まで一度も一条天皇に会っていない。
修子内親王は2か月遅れで生まれている。

13: 日本@名無史さん 2008/09/26(金) 15:59:36
公衆衛生の知識もない時代にそうそう妊婦の経過が予定通りに行くとも思えないが。

18: 日本@名無史さん 2008/09/30(火) 23:30:06
徳川家光の側室のお振の方
家光の正室孝子が嫁いだ翌年に大奥に入り11年後に家光の第一子千代姫を産んだ

春日局の縁者で、男色家の家光に侍っているうちにようやく家光もその気になったというようにされてることが多いけど、お振が祖心尼の外孫で祖父は祖心尼の再婚相手ということは、妊娠出産時まだ10代なのは確実、10代前半だった可能性も低くはないよなぁ。

なんでお振だったんだろうか。

26: 日本@名無史さん 2008/10/13(月) 19:28:31
>18
家光の正室&側室は子供が一人もいないか、産んでもせいぜい一人の女性につき一人だけ。
一人の女性長く寵愛するということがなく 次々と女の体を取り換えている感じ。
女の体に反応はしても女を愛せなかったのかも。


引用元: ・【ご懐妊】子作りについて考察する【ご落胤】