61CU6Cp+MML



1: 世界@名無史さん 04/03/06 16:24
中世、そう大航海時代。その情熱。
新たなる世界への発見欲。世界は食欲。
クローブ=丁子。
関連記事
香辛料の歴史。。。 









2: 世界@名無史さん 04/03/06 16:35
どうして中世~近世ヨーロッパ人は、ああまでして胡椒を求めたんだろうね。
いや、食肉の保存が悪くて臭かった、というのは良く聞く話なんだが、他の地域に比べても異常なまでの情熱で捜し求めていたと思う。

4: 世界@名無史さん 04/03/06 20:17
>>2
ひとつには香辛料やアジアの特産物の輸入に伴って中継地点であるイスラーム世界(オスマントルコ)が台頭してきたから。
経済的・軍事的にヨーロッパの国々は弱体化し始めたため、東方貿易を直接経営するとともに、伝説上のキリスト教主プレスター・ジョンと同盟を結び、イスラームに対抗しようとした。

9: 例の170 ◆vBOFA0jTOg 04/03/06 22:30
>>2
>食肉の保存が悪くて臭かった

とりあえずこの理由は大嘘のようだ。そりゃそうだ、クソ高い香辛料使うぐらいなら市場で一匹新鮮なの捌いてもらえばいいだけだし。
中世初~中期の宮廷料理の香辛料についての記述が薄弱だったり、香辛料の需要が現れ急速に伸びるのは中世盛期からなどといったことから、ローマ末期~中世初期の間の動乱や文化推移などでローマ時代の香辛料への嗜好が失われたが、十字軍などからイスラム世界の香辛料をふんだんに使った料理に触れてふたたび香辛料への執着を取り戻した、ってところらしい。

124: ハリネズミ ◆qBLXpo7Q9Y 2005/04/28(木) 23:26:26 0
>>2
中世では胡椒は香辛料や保存料としての意味だけではなく、それ自体が貨幣としての
役割を果していた。小さく、質が均一で、希少で、貯蔵が容易という性質を持っていた。
中世の貨幣不足の結果として、必要な貨幣増発の一形態としたのはM・ブロック(『西欧中世の自然経済と貨幣経済』)でした。
したがって、こういった面も関係してくるのではないでしょうか。

126: アクィラ ◆0fUIPC892c 2005/04/29(金) 12:43:22 0
>>124 
良く分かりませんが、それだと流通したのは、かなり上流階層に限定されそうですね。


「商業革命」(=東回り航路の開発によるイスラム圏スルーの交易の確立)以前は、ヨーロッパからの銀流出という事態を引き起こしたのを考えると、ブロックの説は、本末転倒のような気もしますが、どうなんでしょうね。

ちなみに「価格革命」(=ポトシ銀山の発見・開発)以降は、貨幣不足は解消されたのでしょうけど。

132: ハリネズミ ◆qBLXpo7Q9Y 2005/04/29(金) 17:15:44 0
>>126
>かなり上流階層に限定

どのくらいを念頭に置かれているのかわかりかねますが。
胡椒の流通は、香料商が靴屋に支払うような原始的な支払いではなく。ジェノヴァでは、都市共同体によって、胡椒が賃借に広く用いられている。また、1180年頃のノルマンディーの子役人が毎年1ポンドの胡椒で貢租の支払いを受けることを約束している例(『西欧中世の自然経済と貨幣経済』)を載せていて、限定的閉鎖的な社会での使用ではなかったことを示している。
これに比べ布地(毛織物)の場合、その使用は、同時に生産地であることが多く、前者に比べて限定的閉鎖的社会での使用といえるのではないでしょうか(とはいえその使用の歴史は長い)。

胡椒の話がでてくるのは貨幣不足だったことの引き合いで登場するだけで、胡椒の貨幣使用としての論文でもないのでとってつけたような理由ですが、とはいえ、胡椒の貨幣使用についての研究書もあるんだかないんだかの状態なのでとりあえずということで。


161: 世界@名無史さん 2005/12/04(日) 22:46:59 0
新大陸原産の香辛料といったらトウガラシとバニラくらい?
百味胡椒ことオールスパイスは西インド諸島原産だったね。

162: 世界@名無史さん 2005/12/08(木) 08:30:56 0
>>161
胡椒はインドだが

164: 世界@名無史さん 2005/12/14(水) 14:41:09 0
>>162
オールスパイスは西インド諸島原産の樹木。
百味胡椒ってのは和名だが、旧世界のコショウノキとは無関係だよ。

165: 世界@名無史さん 2005/12/14(水) 14:56:28 0
フランス語では、piment jamaïqueと呼ばれているそうですから、ジャマイカ原産らしいですね。

166: 世界@名無史さん 2005/12/15(木) 11:29:36 0
大航海時代の航海者達は、香辛料と黄金と布教が目当てだったんですよね。

167: 世界@名無史さん 2005/12/16(金) 13:46:55 0
香料諸島なんて、その物ズバリの地名もありましたね。

168: 世界@名無史さん 2005/12/16(金) 21:54:33 0
今のモルッカ諸島がそうだっけね。
今でも時々カッコ書きで香料諸島と表記してある地図帳を見かけるよ。

189: 世界@名無史さん 2006/05/03(水) 22:29:31 0
インド商人は自ら海外へも繰り出していたんだろうか?
東南アジアへは古くから行っていたようだが、アラビア海~紅海方面へも足を伸ばしていたんだろうか?

194: ハリネズミ ◆qBLXpo7Q9Y 2006/06/12(月) 22:55:46 0
スパイスの歴史といえば、ヨーロッパ人がスパイスを求めて・・・という
話の本は沢山ある。それに対して、山田憲太朗『スパイスの歴史』法政大学出版局は、中国に重きを置いていて、中国やイスラムがスパイスを求めていたこと。
インドや東南アジアなど現地の消費も扱っている。そしてその後ヨーロッパ人が求めてやってくるという流れである。また、インドが外へスパイスを求めてという内容も付記として少し記載がある。

206: 名無し 2006/08/24(木) 16:37:24 0
香料群島の大虐殺事件
オランダは17世紀にインドネシアのバンダ諸島に到着し、貴重なナツメグを産する香料群島を占領した。そして抵抗する現地人一万五千名を皆殺しにし南米から奴隷を輸入し大農園を経営した。その後ナツメグはインドでも栽培されるようになりオランダの独占は終わった。今も香料群島にはオランダの農園主の建物が残り往時の大繁栄を伝えている。
現地博物館には、大虐殺の絵があるが、なぜか日本人が現地人を殺している絵になっている。それも色が白く相撲のようで不気味である。おそらく裏で反日華僑が絵を書かせているのだろう。日本人はノー天気だが危ない。
外務省はインドネシア政府に展示改善の申し入れをすべきである。

img_4

画像引用
My Fortnight's Dairy インドネシア・香料諸島(バンダ諸島)を訪れ、「胡椒 暴虐の世界史」を読で感じることは・・・


210: 世界@名無史さん 2006/08/29(火) 17:18:58 0
>>206
日本人が奴隷傭兵だった。
英国に負けたときアンボイナ島で処刑された。

アンボイナ事件とは、1623年にオランダ領東インド(現インドネシア)モルッカ諸島のアンボイナ島(アンボン島)にあるイングランド商館をオランダが襲い、商館員を全員殺害した事件である。これによりイングランドの香辛料貿易は頓挫し、オランダが同島の権益を独占した。

この頃、東南アジアには日本人が多く進出し、アユタヤやプノンペンには日本人町が形成されるほどであった。アンボイナ島にも日本人が居住し、傭兵として勤務する者もいた。
1623年2月23日の夜、イングランド側の日本人傭兵・七蔵がオランダの衛兵らに対し、城壁の構造や兵の数についてしきりに尋ねていた。これを不審に思ったオランダ当局が、七蔵を拘束して拷問にかけたところ、イングランドが砦の占領を計画していると自白。直ちにイングランド商館長ガブリエル・タワーソンら30余名を捕らえた当局は、彼らに火責め、水責め、四肢の切断などの凄惨な拷問を加え、これを認めさせた。
3月9日、当局はタワーソンをはじめイギリス人10名、日本人9名、ポルトガル人1名を斬首して、同島におけるイングランド勢力を排除した。


216: 世界@名無史さん 2006/10/31(火) 00:10:14 0
ワサビは日本のみ?シナ?

217: 世界@名無史さん 2006/10/31(火) 15:38:53 0
ワサビアジャポニカとか言うぐらいだから日本原産だろ、多分。

221: 世界@名無史さん 2006/11/03(金) 12:06:54 0
>>217
そういや韓国人もワサビの辛さにはてんで苦手と聞いた。
鮨屋でうっかりサビ入りを食べると悶絶するらしいが、唐辛子とは辛さが別物なんだろうか。

224: 世界@名無史さん 2006/11/03(金) 14:43:45 0
中国や台湾でも、刺身にバカみたいに山葵どっぷりつけて食うとか。

やはり生魚に多少抵抗があるので、消毒としての意味をこめてそうするのだとか。

227: 世界@名無史さん 2006/11/04(土) 04:29:42 0
ちょっと前のタイ料理ブームのときに日本で食べたらこれでもかといわんばかりにパクチーをブチ込んで味も何も判ったものではないものを出していたな。
その後のイタリア料理の流行ったときには、これには入れねぇよってものにまでバジリコとオリーブ油。
本物はともかく、あまりなじみの無いパクチーだのバジリコだの過剰に入れておけば、それ風だと勝手に思い込んでくれてウケが良かったんだそうな。
刺身に山葵山盛というのも、無知に付け入ったそれ風だったり、無知ゆえの粋がりだったりするんではないの?

228: 世界@名無史さん 2006/11/04(土) 16:23:58 0
>>227
ちょっと、興味深い文だな。
香辛料がオサレアイテムとして過去にも使われたことが想像出来る

229: 世界@名無史さん 2006/11/04(土) 19:16:10 0
古代ローマでは、胡椒を味覚とは無関係に、見栄のためにデザートにまでかけたというからね。

230: 世界@名無史さん 2006/11/04(土) 23:46:46 0
中世でも臭み消しと見栄のために盛大に使用したらしいね。

232: 世界@名無史さん 2006/11/07(火) 00:44:39 0
日本人は胡椒を胃薬に使っていたけれどな。
正倉院の献物目録にも載っていれば、元禄時代の処方箋にもある。

233: 世界@名無史さん 2006/11/07(火) 03:42:39 0
日本人だけじゃないけどね。
漢字文化圏だと、たいていの香辛料は薬石に分類されてる。

237: 世界@名無史さん 2006/12/23(土) 13:05:13 O
俺は胡椒や唐辛子等の辛味が大好きで 沢山使うけど 多分体験的に 風邪や夏バテには絶対効果があると思う 西欧中世で胡椒がペストの予防になると思われたのも 少しは症状が緩和されたりしたからなんじゃないかな 素人の推測ですが

238: 世界@名無史さん 2006/12/24(日) 13:04:59 O
風邪は万病の元 と言われますが たしかに胡椒や唐辛子 生姜等を大量接種してると 風邪をひきにくい気がする 多分風邪のような初期症状にはある程度は効果があったのでは?

239: 世界@名無史さん 2006/12/24(日) 13:24:23 0
中国や韓国で、玄関に唐辛子の束を沢山吊るすのも、家内に疫病が入らないようにとの意味合いなのかもね。

240: 世界@名無史さん 2006/12/24(日) 18:54:24 0
>>237-238
それ、新陳代謝が活発になっただけだろ。
唐辛子にはビタミンCを多量含み、生姜は風邪への生薬なのは確かだが。

241: 世界@名無史さん 2006/12/26(火) 03:55:32 O
>>240
だから昔の医学の知識がまだ十分じゃなかった頃 香辛料を摂取したときに元気になったり 軽い風邪なら直ったりするのを感じて ぺストにも効くように勘違いしたのも 風邪→体力落ちる→ペストにかかりやすくなる これを一つの病気だと思っていたからじゃないか?

243: 世界@名無史さん 2007/01/21(日) 21:09:40 0
そういやアフリカ原産の香辛料ってあまり聞かないな。
コーラナッツくらいかな。
ギニア湾岸あたりで香辛料が豊富に産出していたら、ヨーロッパ人も新大陸航路開拓に乗り出さなかったかもしれないね。

246: 世界@名無史さん 2007/01/21(日) 23:11:08 0
>>243
ショウガ科のギニアペッパー(メレゲッタ・コショウ)というものがある。
リベリアの「胡椒海岸」はこれが語源。ただ産出量はさほど多くなく、インド航路が確立されると黒胡椒に取って代わられてしまった。
現在は独特の風味を生かしてソースなどに使われる。

そのほか、16世紀初頭にマダガスカル島で生姜がムスリム商人との交易用に少量栽培されていたという記録がある。

244: 世界@名無史さん 2007/01/21(日) 21:35:50 0
そうだね。喩えなくても、栽培してプランテーションを築けばよかった。

246: 世界@名無史さん 2007/01/21(日) 23:11:08 0
>>244
意外なことだけど、アフリカの植民地化は19~20世紀のこと。
奴隷の獲得なら現地の政府にやらせてしまえばよかった。

247: 世界@名無史さん 2007/01/21(日) 23:32:36 0
付け加えると、15~16世紀のポルトガルには海外の領土を征服することは不可能だった。
何故かといえば、絶対的に兵士と人口が不足していた。
たまに大海戦を行ったり現地政権の首をすげかえたり派手なことをしたけど、実際には各地の商館・砦や航路を維持するだけで手一杯。

で、17世紀に入ると香辛料はすっかり値崩れしていた。

248: 世界@名無史さん 2007/02/02(金) 00:32:56 0
キプロス島でサトウキビ栽培していたけど、香辛料は栽培しなかったのだろうか?

250: 世界@名無史さん 2007/02/24(土) 12:36:51 0
どうせ砂糖の方が利潤は良かっただろうし。あそこら辺ではサフランなら栽培できたはずだけど。

251: 世界@名無史さん 2007/03/03(土) 12:52:31 0
ヨーロッパ在来のハーブ類では香辛料として物足りなかったんだろうか。
もっとパンチの効いた刺激味が欲しかったから海外へ求めたのだろうか。

258: 世界@名無史さん 2007/04/15(日) 23:20:36 0
>>251
舶来品・高級感・楽園のイメージ
媚薬・刺激を求めて

14世紀にはサフランが各地で栽培
大航海時代で価格が下落
17世紀末頃では、ハーブ類の方が人気となる

252: 世界@名無史さん 2007/03/03(土) 13:24:39 0
ルネッサンスと経済発展で古代ローマ料理への関心がたかまったから。

253: 世界@名無史さん 2007/03/03(土) 16:28:21 0
>>252
正しくは12世紀ルネッサンスな。あと十字軍
料理も、ローマというよりアラブだろう。当時の料理法にはしばしば脈絡無く「サラセン風」と名づけられている。

278: 世界@名無史さん 2008/02/21(木) 00:50:18 0
香辛料の輸出川からとらえた視点ってないよね
すべては輸入側

279: 世界@名無史さん 2008/03/11(火) 21:07:44 0
輸出する方にとってはなんでこんなもんでおおさわぎ?というかんじだろうね。

280: 世界@名無史さん 2008/03/12(水) 22:31:46 0
ブームとはそういうものさ

283: 世界@名無史さん 2008/05/10(土) 21:09:35 0
南海1号って、胡椒を持って帰ったんだよね。
中国も胡椒は貴重だったんだね。

285: 世界@名無史さん 2008/05/22(木) 15:17:11 0
>>283
そりゃあ正倉院宝物にもあるくらいだし。

284: 世界@名無史さん 2008/05/19(月) 21:55:39 0
ヨーロッパよりも輸入量が多かったという説もある

288: 世界@名無史さん 2008/07/09(水) 11:57:24 0
東南アジアの胡椒は8割が中国向けに輸出されたそうな

289: 世界@名無史さん 2008/07/09(水) 21:54:36 0
蓄財の空しさをあらわす「胡椒八百石」という故事成語もある

290: 世界@名無史さん 2008/07/19(土) 20:53:58 0
和蘭東印度会社とかも香料貿易してたけど赤字気味だったらしいね。
和蘭海洋帝国の富の大半は地中海と北海の貿易で賄われてたらしい。

291: 世界@名無史さん 2008/07/24(木) 06:43:22 0
なぜ採算性の悪い商売を続けたのだろう

292: 世界@名無史さん 2008/09/21(日) 17:50:05 0
利益が出なかったってことはないと思うけど、オランダ東インド会社の香辛料貿易。
会社員が勝手に自分で仕入れた商品を会社の船に載せて売買するので、東インド会社としての採算性が下がったって話はなんかで読んだ。

298: 世界@名無史さん 2009/01/17(土) 17:26:40 0
そういえばザビエルは日本に来たとき、布教そっちのけで香料の売り込みやってるな。

300: 世界@名無史さん 2009/01/18(日) 01:51:35 0
>>298
そんなことないだろう。
ソースは?

301: 世界@名無史さん 2009/01/18(日) 03:34:57 0
>>300
ザビエルが本国に出した書簡。

305: 世界@名無史さん 2009/04/04(土) 14:48:03 0
>>298
「布教そっちのけで」ってところがウソだな。
ザビエルの書簡集を見れば、交易品の話題は布教の話題の100分の1以下だ。

306: 世界@名無史さん 2009/04/08(水) 18:53:56 0
>>298
パトロンはまったくの好意で金出してくれたわけじゃないんだから、仕方ないだろうが。

307: 世界@名無史さん 2009/04/18(土) 23:54:51 0
F1カーに広告がべたべたはっつけてあるのと同じようなものか

308: 世界@名無史さん 2009/04/19(日) 04:22:08 0
むしろキリスト教側が宗教とヨーロッパの産物を抱合せ販売してたんじゃないか。
宗教抜き鉄砲だくでって注文したくてもスペインは受け付けてくれなくて、オランダは受け付けてくれたからその内オランダにしか注文しなくなった。

311: 世界@名無史さん 2009/10/22(木) 19:57:08 0
室町から江戸時代中期のそうめんや、うどんには、胡椒と梅干を薬味にしてたそうな

312: 世界@名無史さん 2009/10/23(金) 02:13:47 O
七味唐辛子の発明によって胡椒から唐辛子に変わったと読んだな。

うどんに胡椒はやってみたことあるがなかなかうまいよ。
梅干しはないなぁ。

317: 世界@名無史さん 2009/11/19(木) 21:06:33 0
江戸時代のレシピ見ると意外と薬味で胡椒が登場するよね
中には胡椒が主役の胡椒飯なんてものも

318: 世界@名無史さん 2009/11/22(日) 19:13:39 0
その胡椒と呼ばれていたものが、黒胡椒なのか唐辛子なのかイマイチ判別不可能w

引用元: ・香辛料の歴史。。。



胡椒 暴虐の世界史
胡椒 暴虐の世界史
posted with amazlet at 19.05.28
マージョリー シェファー
白水社
売り上げランキング: 369,925