1: みつを ★ 2019/05/31(金) 00:06:24.23 ID:PCp/tiOJ9

京都市上京区の住宅解体工事の現場に、大久保利通の茶室「有待庵(ゆうたいあん)」が残っていたことが確認された。市が30日発表した。幕末に大久保が住んでいた旧邸跡にあり、工事中に歴史研究者が発見し、市に連絡。市は所有者から部材などの寄付を受け、移築した上で保存・活用する方針だ。

(略)

有待庵は薩長同盟以降の政治的な密議の場となり、岩倉具視とも会談していたとされる。

(略)

今後、移築先を探し、保存や活用のための費用は寄付を募る。
 京都市の歴史研究者、原田良子さん(52)が5月上旬、解体工事現場を通りかかった際に茶室が残っているのをみつけた。報告を受けた市が5月20日に現地を訪れて実在を確認した。

(以下略)

全文は
https://www.asahi.com/articles/ASM5Z4SJ9M5ZPLZB00H.html
(リンク先に写真あり) 










3: 名無しさん@1周年 2019/05/31(金) 00:09:01.81 ID:NesU7Lq/0
しかしよく通りかったねえ。普段から気を付けてるんだろうけど。お手柄だなあw

7: 名無しさん@1周年 2019/05/31(金) 00:15:45.09 ID:jBzz7ibb0
凄い観察眼だ

9: 名無しさん@1周年 2019/05/31(金) 00:20:20.60 ID:Fpwoh+H+0
そもそもその住宅も価値があったんだろう
京都市が無能なせいで古い建物がどんどん壊されてく

15: 名無しさん@1周年 2019/05/31(金) 00:26:24.96 ID:1elYOo/T0
>>9
こういうのは税金使っても大して文句は言われないだろうに

10: 名無しさん@1周年 2019/05/31(金) 00:20:32.83 ID:Nr0GOew60
スゲーな 研究者

13: 名無しさん@1周年 2019/05/31(金) 00:22:38.40 ID:NesU7Lq/0
>>10
磯田さんとか見てても分かるが、歴史研究なんて儲からないからやってるのは
好きしかないからな。とにかくスーパーオタクな人たちばかりだよなw

21: 名無しさん@1周年 2019/05/31(金) 00:36:55.02 ID:uoQgFaR50
これは解体前に市に相談した時は解体可となっていたが、研究者が再度市に言って、今度は保存となったはず。
最初の相談の時に京都市がぶれなければよかっただけだと思う。

22: 名無しさん@1周年 2019/05/31(金) 00:40:35.95 ID:Ov8OVs4Y0
通りかかって偶然見つけたって、まあ、良かったねえ

23: 名無しさん@1周年 2019/05/31(金) 00:43:17.71 ID:pVNF/He60
>>22
京都で古い屋敷が解体される度に通りかかってるんだと思うよ

27: 名無しさん@1周年 2019/05/31(金) 00:54:56.22 ID:l96l4XGr0
3畳の平屋だから移築も楽そう。

29: 名無しさん@1周年 2019/05/31(金) 01:01:43.27 ID:DmNEb+Pb0
>>1

これは凄いw

32: 名無しさん@1周年 2019/05/31(金) 01:30:51.69 ID:Mbb2EQRu0
実は現オーナーさんは歴史的建造物に理解があり
工事にあたって役所に相談に行ってたりする
役所の返答は解体に問題無し
仕方なく工事を始めた初日に偶々研究者が
通りかかって、慌てて役所へ陳情
保存が確定
そんな流れだよコレ

引用元: ・【京都】密議の場? 大久保利通の茶室、住宅解体現場で見つかる