51z1iaVqYIL



1: 世界@名無史さん 2007/03/18(日) 00:30:02 0
そこそこ先進国なのに十九世紀に独立したこともあってか余り話題に上らない悲運のベネルクスことベルギーについて語ろう
ドイツの通り道?コンゴの圧制者?ワロニア独立?移民に乗っ取られる? 








3: 1 2007/03/18(日) 00:40:41 0
とりあえず自分はベルギーが緩衝地帯として独立させられた
墺領ネーデルラントだということと、世界第二の産業革命達成国
EUの中でもっとも個性の薄い国、ベルギーの歴史家はベルギー国家が
十四世紀に母体を持っているとしている、ぐらいのことしか知りません
ベルギーのフランス人はフランスに生まれた方が良かったと言うらしいですが、
そんなにまとまりがない国なんですか?

7: 世界@名無史さん 2007/03/18(日) 01:34:16 0
ベルギーはオランダ人とフランス人の国というのを理解しておけよ

12: 世界@名無史さん 2007/03/18(日) 15:13:43 0
>>1
>コンゴの圧制者?

あれはレオポルド2世という個人が勝手にやったことであって、ベルギー国は関係ありませんよ。

コンゴ自由国は、かつてアフリカのザイール川流域に存在した国である。国と称しているが、実態はベルギー国王レオポルド2世の私領地であった。

国王の私領となったコンゴ自由国では耕作地も全てが国王の所有となり、住民は象牙やゴムの採集を強制された。規定の量に到達できないと手足を切断するという残虐な刑罰が容赦なく科され、前代未聞の圧制と搾取が行われていた。当時は多かれ少なかれ抑圧的な植民地政策が行われていた欧米列強各国からも、人道主義の立場に基づく非難が殺到した。


13: 世界@名無史さん 2007/03/18(日) 19:08:19 O
ベルギー領になってからも十分酷かっただろ
ベルギー領コンゴは、かつて存在したベルギーの植民地。現在のコンゴ民主共和国を領域とする。ベルギー国王レオポルド2世が、その私領コンゴ自由国の支配権をベルギー政府に委譲した1908年11月15日からコンゴ民主共和国が独立する1960年6月30日まで存在した。

14: 世界@名無史さん 2007/03/18(日) 20:33:03 0
ベルギー領コンゴがイギリスやフランスの(黒色アフリカの)植民地と比べて酷かったというソースを。
文明を与えてやったのに「十分酷かった」とかいわれるのは心外だね。

16: 世界@名無史さん 2007/03/18(日) 22:12:37 O
ハァ?まさかベルギー領になってからコンゴ人に初等教育したり、エリート教育をしてたとでも思ってるの?
完全な奴隷扱いからインドネシアよりマシぐらいの待遇になっただけだぞ

22: 1 2007/03/19(月) 00:58:04 O
ベルギー史におけるベルギーの栄光の歴史っていつぐらいなんですか?
中世の自治都市の時代でしょうか?
なんかこの国悲惨というか、お金持ちだけどただそれだけという印象がいまいちぬぐえません

25: 世界@名無史さん 2007/03/19(月) 12:44:17 O
意外なベルギーの記録

・議院内閣制導入年→世界で一番早い(1831年)
 二番目の英は1832~1835年

・比例代表制導入→世界で一番早い(1900年)
 二番目のフィンランドは1907年

・男子普通選挙法導入→世界で三番目に早い
 一番目の仏は1848年
 二番目の独は1871年

政治学者のS.カリヴァスは強力な宗教運動下で民主化が存続できるケースをベルギーとアルジェリアを対比させている
1992年イスラム救済前線(FIS)が選挙で圧勝したにも関わらず政府は武力で覆し、血生臭い内戦に突入したアルジェリアに対しベルギーも1884年強力なカトリック宗教運動下でカトリック政党が勝利した
政府は武力により覆すことは可能であったが、選挙結果を遵守
政権を取ったカトリック政党も宗教的政策に偏重することなしに自由主義諸制度を尊重したとカリヴァスは評している

ベルギーは民主主義が発達した国ではあるが、それは植民地にはもたらされなかった

33: 世界@名無史さん 2007/03/24(土) 20:52:40 0
ベルギー領コンゴとかインドネシアとかでフラマン語を話す現地人が今ではほとんどいないというのはなんというか悲惨だよな
ポルトガル語みたいな国際言語になれる可能性もあったのに
南アフリカでもアフリカーンス語はもう消滅しそうだし

47: 世界@名無史さん 2007/03/26(月) 07:53:17 0
>>33
ベルギーがコンゴ持ってた頃はベルギー国内でフランス語(というかワロン地域)が圧倒的だったから仕方ない
王室もフランス語だし
フラマン地域がのし上がったのはほんとに最近だから

それに、オランダ語・フラマン語は難しいんだよ
特に発音が・・・

オランダは植民地での教育には不熱心だったしな

34: 世界@名無史さん 2007/03/24(土) 20:58:51 0
ベルギー?カエサルにボコボコにされた野蛮人の末裔だろ?

35: 世界@名無史さん 2007/03/24(土) 21:08:59 0
ベルガエ族だっけか?

36: 世界@名無史さん 2007/03/24(土) 23:32:32 0
ガリア時代のアウァリクムに対して、カエサルは、最も美しく、部族の守りであり・・・
と誉めている。

37: 世界@名無史さん 2007/03/25(日) 15:47:04 O
EUの本部
小便小僧
レオン・デグレル
イングランドのフーリガンが暴れて多数の死傷者を出したところ
チョコレート
ワッフル、ワッフル


他、何かある?

41: 世界@名無史さん 2007/03/25(日) 20:47:19 0
>>37
ビールを忘れてるぞ。チェリービールは美味かったなあ
コンゴつながりでダイアモンドの取引も盛ん

42: 世界@名無史さん 2007/03/25(日) 21:29:44 0
ベルギーは本当に通り道だな
WWⅡではダンケルク、アルデンヌ
wwⅠではシュリーフェンプラン
ナポレオン戦争のワーテルローもベルギーだ

50: 世界@名無史さん 2007/03/27(火) 20:39:10 0
作曲家もあまりぱっとせんな。
フランク、ジョンゲン、ルクー、アプシル、デヴリーゼ、ユイブレシュトぐらいしかしらん。

55: 世界@名無史さん 2007/03/28(水) 01:06:23 0
アンソール、マグリット、デルヴォー、スピリアールト、ペルメークとか。


58: 世界@名無史さん 2007/03/28(水) 21:59:15 0
メルカトル
ルーベンス
ブリューゲル
オードリー・ヘプバーン
ジョルジュ・シムノン
キム・クライシュテルス
ジュスティーヌ・エナン

60: 世界@名無史さん 2007/04/01(日) 21:05:08 0
アールヌーヴォー建築のヴィクトル・オルタ
タンタンの冒険のエルジェ

どっちもフランス人だと思ってる人多いらしい・・・

61: 世界@名無史さん 2007/04/01(日) 21:06:39 0
>>60
ポアロにもフランス人に間違えられると不機嫌になる設定があることからして、多分ヨーロッパでも一般的によく間違えられるものなんだろう。

59: 世界@名無史さん 2007/04/01(日) 15:39:53 O
第2次世界大戦時
対独協力したフラマン人のファシスト組織VNVは第1次世界大戦時のフラマン人によるアクティヴィスト同様、フラマン地域の分離独立を目指した

しかしワルーン人のファシスト組織であるレックス党党首であり最も勇敢な独軍 外国人義勇兵でもあり、戦後ファシストのカリスマになったレオン・デグレルはベルギーを核にオランダ、フランスのブルゴーニュ地方を統合した旧ブルゴーニュ公国領の再現を主張していた

ベルギーのワルーン人にとってはブルゴーニュ公国時代が黄金期という想いがあるのだろうか

73: 世界@名無史さん 2007/05/02(水) 23:47:02 0
ベルギー人はコンゴのことについて全く反省してないよ。
コンゴ植民地史博物館みたいのがブリュッセルにあるし。
ベルギーのブリュッセル郊外にある王立中央アフリカ博物館(RMCA)の改修工事が完了し、12月に再開する見通しとなった。支配していたアフリカ中部コンゴ(旧ザイール)から略奪した歴史的遺物や野生動物の剥製が多く展示されているとして、長年批判を浴びていた。

(略)

RMCAにはアフリカの子供らを腕に抱いた金の銅像があり、「ベルギーはコンゴに文明をもたらした」との額が付けられている。この像は引き続き展示される予定。

ベルギーの中央アフリカ博物館が再開へ、コンゴから略奪と批判

76: 世界@名無史さん 2007/05/04(金) 21:33:18 0
ベルギーはコンゴに対して暴虐的な統治を行ったため(独立時点で大卒のコンゴ人は20人?)、近代化に必要な人材も育たなかった。
そのせいで今でも道路事情はアフリカ諸国の中でも最低。
キンシャサと第二の都市キサンガニを結ぶ舗装された道路がない。
道路用のコンクリート技術を知る人が少ない。


81: 世界@名無史さん 2007/05/05(土) 21:48:05 0
これほど宗主国が遺産を何も残さなかった植民地支配も珍しいな
他のアフリカ・アジア諸国では多かれ少なかれ、鉄道など残っているんだけどね
ベルギーは宗主国の器じゃなかったんだろうね

83: 世界@名無史さん 2007/05/06(日) 07:00:48 0
高等教育を全く与えていなければ独立意識などに目覚めることはなかっただろう。
ちなみに、手首を切り落としていたのは主に現地人
切り落とせば切り落とすほどベルギー人の覚えが良くなるということでひたすら切りまくった

んで、独立直後に暴動起こして白人襲撃始めたのがこいつら。モブツもその中の1人

85: 世界@名無史さん 2007/05/06(日) 08:55:22 0
ところで植民地支配で人口が1000万人死んだってマジかね?
少なく見積もっても相当な数(総人口の30%以上)死んだらしい

よくこんな野蛮な過去を持つ国にEU本部置いてるよな。
白人様は地理的文化的に遠いアフリカには関心ないってことか?

コンゴ人も浮かばれないよなぁ

86: 世界@名無史さん 2007/05/06(日) 09:24:52 0
犠牲者数百万人は確実
しかしこれはレオポルド二世の個人的悪行ともいえる
結局ヨーロッパ中から非難され、国王は幽閉状態に。

基本的にヨーロッパ人は旧植民地だったアフリカには関心が強い。
アフリカについての報道は日本の比ではない(というか日本の海外報道は問題外)

米国やベルギーと一緒になってせっせとモブツに貢いでいた日本にはあまり非難する資格があるわけではない。

88: 世界@名無史さん 2007/05/06(日) 09:37:59 0
ベルギーが来る前のコンゴ内陸ではアラブの武装商人が奴隷狩りをしていたというし、たぶん呪われているのだろう。
魔界に通じる穴とかあってもいいんじゃないか

90: 世界@名無史さん 2007/05/06(日) 11:42:10 0
知らない間にコンゴスレになっているという事実。

91: 世界@名無史さん 2007/05/06(日) 13:59:45 0
で、ベルギーになぜフランス・オランダ人がいるの?
すなおに仏蘭で分割すればいいように思うが。

92: 世界@名無史さん 2007/05/06(日) 15:28:24 0
オランダとは宗教が違ったし、分断の歴史が長かったので文化も違った。
一度はオランダと統合されていたが、結局うまくいかなかった。

フランスがこの地方まで進出してくるのは、イギリスやハプスブルク家、後にはプロイセンが歓迎しなかった。特にイギリスは、低地地方からいかにフランスの影響を排除するかに、常に腐心していた。

99: 世界@名無史さん 2007/05/13(日) 10:34:26 0
ベルギー文化ってのはフランスとオランダの中間みたいなもんか?
なんとかなく地味なイメージあるが

100: 世界@名無史さん 2007/05/13(日) 14:21:48 0
通り道国家にしては古い都市の町並みが残ってるよな
ブルージュとか、上手い具合に?衰退したり運が良いのやら悪いのやら

102: 世界@名無史さん 2007/05/16(水) 11:39:33 0
ベルギーって人種的にゲルマン+ちょっとラテンはいってるのか?

103: 世界@名無史さん 2007/05/16(水) 12:03:00 O
ベルギー人なる民族は『ガリア戦記』にも登場していてカエサルによれば最初期にライン以西に定着した古いゲルマン系の一派だったらしい
彼らはガロ・ローマ文化圏に組み込まれてしまったから、今のベルギー国民がゲルマン系と主張するには厳しいものがあるけど

104: 世界@名無史さん 2007/05/16(水) 13:17:51 O
ベルガエ人ってケルトだと思ったが

105: 世界@名無史さん 2007/05/16(水) 13:27:31 0
ガリア戦記第2巻より引用。

「ベルガエ人の大部分の部族は、ゲルマニア起源であり、とっくの昔に、レヌス川を渡ってきた者だ。この土地が肥沃であったため、住み着くようになり、それまでこのあたりに住んでいたケルタエ人を追放した」

この情報はベルガエ人自身から聞き出したものらしい。

108: 世界@名無史さん 2007/05/16(水) 16:01:44 O
オランダから独立した意味がわからない
19世紀の世の中でもカトリックだのプロテスタントだのってのがそんなに大事なのか?

109: 世界@名無史さん 2007/05/16(水) 17:21:03 0
数世紀も別にやってりゃ既に別の地域さ。特にごく最近までベルギーで圧倒的に優位だったワロン地域の人間にとってはね。
後、オランダが殆ど占領国みたいにベルギーを扱ったのも大きい。ベルギーは政治的に無視され経済的にも不利な扱いを受けてた

110: 世界@名無史さん 2007/05/17(木) 06:55:38 0
19世紀はもちろん20世紀前半までは欧州でカトリックとプロテスタントの違いはかなり重要だったよ

220: 世界@名無史さん 2007/11/21(水) 20:26:57 0
159 :七つの海の名無しさん:2007/11/21(水) 20:12:13 ID:f3wQ7OX4

600px-MutilatedChildrenFromCongo


これがベルギーの植民地統治の実態
低地人はヨーロッパの中でも最悪の人種


160 :七つの海の名無しさん:2007/11/21(水) 20:15:16 ID:qI04/l7C
>>159
それは「ベルギー」の植民地ではなく、ベルギー王室の会社の私物だった。
ベルギー政府は植民地経営に一切かかわれなかった。

227: 世界@名無史さん 2007/11/22(木) 21:40:28 0
>>220
コンゴはベルギー王家の荘園だと思えばいいんだよな

何でもかんでも近代政治の枠組みで捉えるから間違う
どんな非道をやろうとも個人の所有地内なら他人は容喙すべきでないというのが当時の考え方のはずだ

189: 世界@名無史さん 2007/10/01(月) 18:05:57 0
フランスの尻馬に乗ってWW1後のドイツ領土を乗っ取り、ナチスが強気に出るや弱腰になって中立を宣言するも、通り道の邪魔なんであっさり踏み潰された。
そんな事しか印象に無い。

あ、あともう一つ。モンティパイソンの「ベルギー人いじめコンテスト」

引用元: ・【意外と】ベルギーの歴史【盲点】



物語 ベルギーの歴史 - ヨーロッパの十字路 (中公新書)
松尾 秀哉
中央公論新社
売り上げランキング: 152,599