31dUfE8x6CL (1)



1: 人間七七四年 2018/03/20(火) 05:00:25.66 ID:1PM9tP4u
勝頼と助け合ってうまくいってたんじゃね?






仁科 盛信(にしな もりのぶ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。甲斐国の戦国大名・武田信玄の五男として生まれる。母は油川信守の娘で側室の油川夫人。異母兄に武田義信・勝頼、同母の弟妹に葛山信貞・松姫(織田信忠婚約者)・菊姫(上杉景勝正室)がいる。信濃国安曇郡の国人領主である仁科氏を継承し、武田親族衆に列する。

末期に織田信長の甲州征伐に際して一族・重臣の逃亡や寝返りが続く中、高遠城において最後まで抵抗し、討死した。




3: 人間七七四年 2018/03/20(火) 13:59:51.54 ID:oUWKuMR/
仁科が継ぐ場合、若すぎるのが問題だな。
1573年時点でも数えで17。継げないことはないが、誰が優秀な後見役がいないと。

武田信繁が生きていたら、こんな問題はすぐに解決できるんだがな。

5: 人間七七四年 2018/03/20(火) 19:18:36.57 ID:IkFAGXHu
勝頼派と盛信派で内乱になる。周りの大名家が喜ぶだけだな。
いくら本人同士が仲良くても無駄。家臣団が黙っているはずがない。
特に勝頼に付けられた家臣団が怒ると思うよ。
勝頼の母が著しく身分が低いならともかくそうじゃないんだから。

6: 人間七七四年 2018/03/20(火) 19:41:25.93 ID:jtM1m1KF
>>5
勝頼に付いてた家臣なんてカスばっかり。
跡部勝資。
長坂光堅。
阿倍勝宝。
秋山万可斎。
秋山昌成。

こいつらのうち、勝頼に最後まで従い殉じたのは跡部、阿倍だけ。あとの3人は逃亡。しかも秋山父子は小山田信茂と組んで勝頼を裏切った 

信玄以来の重臣が勝頼に従うとは思えないし史実見ても。

7: 人間七七四年 2018/03/20(火) 19:55:24.21 ID:ZGKpPCHE
>>6
そいつらが盛信に味方する理由がない。
すでに勝頼の家臣として配属されている以上、盛信についたところで盛信の家臣団のさらに下の扱いにされるだけだから。
勿論、盛信が彼らを高待遇する場合は、盛信の元の家臣団が反発して結束がゆるむ。

ついでに言えば、信玄以来の家臣団が盛信になら素直に従う根拠もない。
念のために言うが、信玄が直々に言い含めても無駄だからね。

8: 人間七七四年 2018/03/20(火) 22:37:11.40 ID:t8A4PW9q
>>7
盛信の母親は油川氏で、甲斐出身の上に武田庶流(信縄の弟、信恵)なんだけど。諏訪出身で敵将の娘である諏訪御寮人よりはマシだよ。

9: 人間七七四年 2018/03/20(火) 23:22:20.39 ID:iHEYpB/+
>>8
誰かと思えば宗家に反乱起こして信玄の親父にぶっ殺された奴じゃん。
そりゃ一門だけど、諏訪に対して偉そうなこと言える立場でもないだろこれ。

11: 人間七七四年 2018/03/21(水) 13:34:19.04 ID:/WenwKtx
>>9
反乱は65年も前のこと。
しかも油川はその後は献身的に活動しているから、まだ諏訪より武田重臣から好感は持たれるだろう。川中島では一族も戦死している。

12: 人間七七四年 2018/03/22(木) 17:24:51.74 ID:mwA4AfAM
というか信虎に反乱起こして殺されたら諏訪のこと偉そうに言えなくなるという>>9の言い分が意味わからんのだが…
そもそも油川の本拠地石和周辺は長いこと甲斐武田家の本拠地でもあってそういう場所にいることを許されていたこと自体信虎への反乱どうのなんてさした重要性ないだろ

14: 人間七七四年 2018/04/12(木) 07:44:48.37 ID:twdygNF/
仁科は最後まで従って死んだ家臣の数は勝頼よりは多いんだよなあ。
人望なら仁科が上じゃないの?

20: 人間七七四年 2018/04/13(金) 13:13:45.22 ID:7vQF7cMc
仁科盛信(信盛)と共に死んだ将 
小山田備中守昌成、小山田大学助昌貞、諏方勝左衛門頼辰とその妻・はな
波多野(畑野)源左衛門、春日河内守昌吉、今福筑前守昌和
渡辺金太夫照、今福又左衛門、飯島民部丞、飯島小太郎、保科善兵衛
非持越後守・神林十兵衛、小幡因幡守・小幡五郎兵衛・小幡清左衛門
は確実に

遠山景俊、遠山刑部、遠山弥蔵が共に戦死した説もある(箕輪記、遠山史蹟など)

特徴として高遠衆、上伊奈衆、諏方衆が加わっていたのが特徴

52: 人間七七四年 2018/04/22(日) 18:28:39.08 ID:IMN7WxOT
>>20
高遠、諏訪は勝頼縁のところ
盛信に対しての忠誠と言うより勝頼に対しての忠誠といった方がいいだろう

22: 人間七七四年 2018/04/14(土) 01:43:27.66 ID:OywmQtSF
高遠以外に武勲ないの?
死んだ時でも25くらいだしひとかどの武将なそれまでに大きい手柄あるでしょ

23: 人間七七四年 2018/04/14(土) 03:29:40.53 ID:HKEQbVzO
>>22
既に武田は長篠で半病人状態だからどうしようもない。高遠以外は武勲も聞かないね。

24: 人間七七四年 2018/04/14(土) 11:44:19.92 ID:lB8kWacf
信玄死亡時で16かそこらで、そっから実質武田がイケイケだったのは長篠までじゃ武功の立てようもなかっただろうしなあ

30: 人間七七四年 2018/04/18(水) 06:12:57.87 ID:aSF0n7VU
高遠城が1日で落ちたって本当なん?

やる気無すぎだろ
勝頼時代と最期

天正10年(1582年)2月、織田信長の命により織田軍による甲州征伐が始まると、兵3,000(500とする説)が籠もる高遠城は信長の嫡男・信忠率いる5万の大軍に包囲された。このとき、信忠は盛信に降伏を勧告したが、盛信は拒否。使いに来た僧侶の耳を削ぎ落として追い払ったとされる。

高遠城は3月2日早暁から織田軍の猛攻に晒され、盛信は奮闘した後、自刃した。享年26。約500名余りの家臣も共に討ち死にして高遠城は陥落した。織田軍も300人の死者を出したという。


31: 人間七七四年 2018/04/18(水) 15:24:12.41 ID:NrJfYhoK
逆に戦国終盤で勢いある大軍率いてすぐに落城させられない家の軍は弱い

32: 人間七七四年 2018/04/18(水) 17:26:33.97 ID:4DKJJiPK
まともな城にまともな将兵がちゃんと籠れば瞬殺はなかなか無いだろ
高遠城は武田の重要拠点として整備はされてただろうし

33: 人間七七四年 2018/04/18(水) 23:09:49.80 ID:6z1RdwZr
戦力差はどうにもならんから、落城はまあ仕方ない。問題は足止めすら出来ていない事。
敵の侵攻が遅れれば遅れるほど、打てる手は増えるのは当然な訳で。
勿論、粘れば武田の命運は尽きなかったなどと能天気な事を言うつもりはないよ。
しかしせめて四、五日は頑張ってほしかった。たとえ、無駄なあがきだったとしても。

34: 人間七七四年 2018/04/19(木) 11:43:17.47 ID:y5eyhr6e
誤解している人が多いけど確かに高遠城での本丸決戦自体は一日と持たずして終わった。
けどその前に数週間信忠軍を足止めしている
(信忠からの降伏勧告をめぐるやりとりなんかで)
信盛はやるだけのことはやったんだよ、実際はね

35: 人間七七四年 2018/04/19(木) 19:19:48.10 ID:UktdiFE8
>>34
数週間って・・・ 数日間の間違いだろ
織田軍が鳥居峠で勝ったのが高遠落城の約2週間前

どのみち攻城始まって即落城では時間稼ぎの役目は果たせてない

38: 人間七七四年 2018/04/20(金) 17:39:52.50 ID:Vjwqh9i5
それじゃ言い換えるけどあそこで盛信がもっと足止めをできていたら何がどう変わったの?

39: 人間七七四年 2018/04/20(金) 17:56:08.59 ID:wmpEKamp
>>38
変わらないよ。だって穴山の謀反は高遠攻めより前に発生している。あれでもう武田軍に継戦能力は無くなった。

ただ、仁科が高橋紹運みたいに信じられないくらいの抵抗と大被害を織田軍に与えたなら、その間に勝頼が何処かに逃げれた可能性は高まる。

40: 人間七七四年 2018/04/20(金) 17:59:26.40 ID:VHWqWedD
ゲームじゃないのだから重要拠点が即落城では将兵の心が折れる
ゲームじゃないから高遠落城だけでは済まないのだよ
そもそも数日って最短レベルだよ
そこらの小城じゃあるまいし開城交渉や攻城準備だけでそれくらいかかる
素通りされるよりマシって程度
織田軍は攻城のための陣城を築いてたらしいし即落城は織田・武田双方にとって予想外の事態

42: 人間七七四年 2018/04/20(金) 18:07:10.34 ID:wmpEKamp
>>40
穴山の裏切りが高遠にも伝わって、勝頼が甲府に引き返して後詰が全く無くなったんだから高遠軍の士気はどん底になったのではないかな?

44: 人間七七四年 2018/04/21(土) 10:56:13.86 ID:lM7XIw7S
仁科信盛は松姫の実兄だから信忠もできることなら死なせたくなかったんだろうな

54: 人間七七四年 2018/06/19(火) 04:48:23.65 ID:QzBNQwyE
>>44
まあ、普通に降伏して欲しかったんだろね、本気で。

45: 人間七七四年 2018/04/21(土) 11:09:40.04 ID:QexcUW6H
数日時間を稼いだってのも松姫絡みかもしれんなw
さすがに盛信助命は無いけど

46: 人間七七四年 2018/04/21(土) 14:24:17.37 ID:zaz+YIw6
>>45
そもそも信忠が送った降伏勧告を務める僧侶の耳と鼻を削ぐとか、やることが当時でも酷すぎる。高橋紹運は島津が送った降伏勧告の僧侶を丁寧に返したのに、この差はなあ。

47: 人間七七四年 2018/04/21(土) 14:50:34.94 ID:lM7XIw7S
僧侶の件は味方を心理的に追い込むのが狙いじゃないかな?
敵に降伏しづらい状況に持っていき徹底抗戦するために

48: 人間七七四年 2018/04/21(土) 15:09:52.11 ID:K38Sy2hX
僧侶の件は信忠との関係は一切無いと敵味方に示す意図もあったかと

60: 人間七七四年 2018/06/20(水) 15:28:18.52 ID:C1J2r3+y
正統性は仁科に養子に出されてる時点で勝頼と似たり寄ったりだわな
勝頼はまだ10年ほど前から上野攻略戦以降の主要な戦いを経験してる分はまだマシ

65: 人間七七四年 2018/11/16(金) 10:37:04.66 ID:bMRRUXuK
そもそも盛信が勝頼に忠義立てしていたというところから疑ってみてもいいんじゃないか
盛信が政治的に重用されてたか?
むしろ武田軍本体が上野でボーナスステージやってた時期に辺境に封じ込められてたんじゃないか?
いくら実兄とはいえ遠方の他家の名籍に入った盛信に松姫が付いて行ったのにも違和感がある

68: 人間七七四年 2019/03/18(月) 18:52:05.11 ID:AcCFbgTF
>>65
ついていったんじゃなくて盛信が高遠入りした時に松姫を高遠によんだんだよ
それまでの松姫の居所は実質不明に近い

69: 人間七七四年 2019/03/18(月) 18:57:06.72 ID:TJGrgzm4
松姫って当時としては既に行き遅れだけど織田との講和を模索してる中で他家に嫁がせるわけにもいかんしな
同母兄の盛信が引き取るのは無難かと

70: 人間七七四年 2019/03/19(火) 12:07:45.09 ID:MAHhlXEb
盛信は織田と武田が完全に決裂後松姫に何回か縁談を勧めたが全て断固拒否姿勢で断ったという話もある (松姫は髪を下ろして半俗半仏生活に入っていたとも言われるから縁談話と何かしら関係しているのかもしれんが)
盛信としては再び他国との政略の駒に使われるぐらいなら一門や家臣に嫁がせて平穏な暮らしとか落ち込む妹を励ます意味合いでという妹を想ってのことなのか、勝頼はどうあれ個人的に織田との講和には断固拒否姿勢だったのか、逆に勝頼に松姫の意思はこれだけ強いというのを示すためにこのようなことをしたのか探ってみるとおもしろそうだな

探って

71: 人間七七四年 2019/03/20(水) 20:04:11.39 ID:NhaunjKN
それらが勝頼の意向も含んでなのか含んでいないのかが気になる

引用元: ・もし仁科盛信が武田家の家督を継いでいたら



武田氏滅亡 (角川選書)
平山 優
KADOKAWA (2017-02-24)
売り上げランキング: 99,575