41IqvgsD2rL



1: 人間七七四年 2015/08/03(月) 00:02:17.20 ID:0atYOQEP
一般的には無能、暗愚、愚鈍と言われている広島の大名








3: 人間七七四年 2015/08/03(月) 08:46:05.46 ID:SBZgeYO2
戦国時代に大大名として生きていたけど、いい意味での存在感が皆無

5: 人間七七四年 2015/08/04(火) 20:22:19.21 ID:onqPRF2r
関ヶ原の総大将がこいつなことは一般人の98%が知らなさそう

9: 人間七七四年 2015/08/05(水) 09:55:03.62 ID:z+PO3f9J
毛利輝元と武田勝頼は被る

10: 人間七七四年 2015/08/05(水) 14:44:57.44 ID:MvxYfVMn
それは勝頼に失礼すぎる

12: 人間七七四年 2015/08/05(水) 23:00:35.49 ID:EHicfGYn
先代の勢力維持出来なかったというだけで性格的にはむしろ真逆じゃないのか
勝頼が輝元だったら関ヶ原時迷わず自ら出陣しただろう
それ以前に三成と組む姿が想像出来ないが

13: 人間七七四年 2015/08/07(金) 03:33:13.20 ID:tnKxaV8X
何を言ってんだよ。
一方は家を潰して、一方は末代まで家勢を保った。(五大老、国持大名、公爵)

15: 人間七七四年 2015/08/07(金) 11:08:38.96 ID:2yqiXXav
120万石→38万石の輝元を擁護出来んわ

17: 人間七七四年 2015/08/09(日) 08:27:17.34 ID:OQ3K8DsQ
>>15
本来は改易だもんな
吉川のおじちゃんが頑張ったから、生き残れただけ

19: 人間七七四年 2015/08/09(日) 19:04:05.99 ID:74VWP+Mq
>>17
逆だろ
吉川が変な事しなかったら、関ヶ原で西軍が勝ってた。

22: 人間七七四年 2015/08/09(日) 22:12:01.91 ID:rF7mOSiY
>>19
吉川は元就の遺言を忠実に守っただけ
毛利家にとっては秀吉の遺言より元就の遺言の方が重要なのは当たり前
輝元が安国寺に騙されて遺言を破ろうとしたから止めただけで責められるいわれはない

30: 人間七七四年 2015/08/11(火) 19:13:06.78 ID:dqEtsFlj
>>22
元就の遺言ってさ、よく言われるけど「天下を狙わずに自領に専念せよ」ってのは自国を守る事を優先しろって話で外交に消極的になれって事じゃないよね?
輝元はそこ勘違いして、時代に対して臨機応変に対処出来てない
あんなに広大な国力あったのにね
結局ごっそり領土奪われて、大好きな元就公の努力台無し。毛利からしたら関ヶ原も勝てない戦いじゃなかったのに

31: 人間七七四年 2015/08/11(火) 19:41:26.39 ID:8wQ5baPO
>>30
ムリムリ。
畿内もまとめられない内に岐阜落とされてあの時点でもう詰んだ。

40: 人間七七四年 2015/08/12(水) 14:20:19.48 ID:qciSCfTx
>>31
結局リーダーシップの問題だな。家康はそれぞれの緒将の立場を鑑みて纏められた。輝元は出来ないしやろうともしなかった。前後、何も果たさず逃げて隠居
こいつは信長時代からそう。本願寺や謙信や勝頼が健在で播磨勢も義昭も上洛後押しするってのにヤル気がなくて、どれも無くなった時に惰性のうちに織田と開戦してしまい両川と秀吉のお蔭で命拾いした暗君
人材も国力も大義も運もあったのに何もせず負ける。この鈍さは朝倉義景に通じるわ

16: 人間七七四年 2015/08/07(金) 11:59:05.21 ID:/dq136Fz
実際、毛利は天下を握るチャンスを棒に振ったからな。

まさに天が与うるものを、与わざればかえってその罪を受ける
で大減封の上、輝元強制出家だからなw
大減封したから超重税になり一揆が頻繁し弾圧しまくったとか領民可哀想過ぎる。

25: 人間七七四年 2015/08/10(月) 21:41:31.25 ID:Rpdul7Qy
輝元は決戦後に減封されることを予期してなかったのか?
決戦に参加せず大阪城にも篭らずおめおめと減封されたのが情けないんだが

29: 人間七七四年 2015/08/11(火) 17:30:10.53 ID:8wQ5baPO
>>25
つか近衛前久が息子に当てた書状で、大阪城撤退の時既に「表向きは所領安堵ということになっているが、実際は減封で決着してる」ってはっきり書いてる

42: 人間七七四年 2015/08/12(水) 17:47:44.72 ID:dP6aK6Ho
毛利輝元は大坂城を毛利元康なり小早川秀包なりに任せて、家康と同じように自ら前線指揮をするべきだった。

現代の会社でも勝負所で前線に出られないトップは、最後には会社を潰す。

43: 人間七七四年 2015/08/12(水) 19:08:32.39 ID:8lbm1Qo/
>>42
西軍が家康はもちろん東軍の動向すら全く把握できてない以上
総大将の輝元が大阪城を動くのは悪手以外の何物でもない

56: 人間七七四年 2015/08/15(土) 18:11:52.73 ID:tyfYJAZE
戦略や戦術以前に、西軍は京極が裏切ったり小早川が厭戦したりとボロボロすぎたな。
将が揃わなければ戦闘なんて無理だわ。
織田家も毛利家も敗れるべくして敗れたって事だな。

57: 人間七七四年 2015/08/15(土) 21:20:25.58 ID:iA9VfPRp
輝元に戦略眼もなければ人望もないから、みんなバラバラに動いて空中分解したのが実態

器じゃなかったって事だな

江戸史観で石田三成に担がれたとか、石高も地位も圧倒的に低い三成に使われたってそれはそれで擁護にもならない情けない話

106: 人間七七四年 2015/09/11(金) 02:56:30.69 ID:uX36Bq91
輝元って本能寺の変で信長死んだこと知ってたらしいな 秀吉追っかけて倒してれば天下取れたのに

107: 人間七七四年 2015/09/11(金) 03:05:15.73 ID:JrSCIAcm
無理でしょ
秀吉を倒す=天下でもないし
混乱に乗じて畿内は制圧出来た可能性あるけど、まとめ上げられるかは不明
尾張と北陸の織田家残党はまだ力を残してるし何より徳川が健在
毛利は後ろに潜在的な島津の脅威を抱えてる

110: 人間七七四年 2015/09/11(金) 17:32:22.67 ID:dcM2ITDk
輝元としては信長死後の先行き不透明な混乱を取り敢えず秀吉に恩を売る事で守ってもらおうとしたんでしょ
吉川元春の進言を聞いてたら、毛利が矢面に出て戦わなきゃならなくなる。輝元はそれが恐かった
で、元就の遺言を言い訳に日より見
いかにも輝元らしい、他力本願な考え方

111: 人間七七四年 2015/09/11(金) 21:44:53.24 ID:EW8TLOm4
輝元って迷った時に動くのを止めて「見」に徹するタイプだよね

113: 人間七七四年 2015/09/11(金) 23:38:04.80 ID:EW8TLOm4
結果的に秀吉軍を見送ったのは好判断だと思う
あそこで器量もないのに戦乱を拡大させる方向に動くのは賢明とは言えないだろうし
関ヶ原で祭り上げられた上に動けなかったのは完全な悪手だな
悪手といってもどっちも何もしてないわけだが

117: 人間七七四年 2015/09/12(土) 19:18:32.56 ID:7bpeWIy9
織田政権内で主導権を握ればいい秀吉と、織田政権そのものを相手しなければいけない毛利とで、どちらが容易かというのは難しいと思う

118: 人間七七四年 2015/09/12(土) 20:37:47.15 ID:eGHPlT04
秀吉だけでも討ち取れば、天下を取らなくても、姫路城までは手に入る。
信雄か信孝が相手なら当分安泰。

263: 人間七七四年 2018/04/16(月) 20:01:38.26 ID:REExJ/6l
>>118
織田家内紛で出来るだけ揉めろって考え方もあるんじゃない?
見逃すことで敵が内輪もめするの確定してるんだし

120: 人間七七四年 2015/09/12(土) 22:08:43.76 ID:Yg72iKla
追撃をかけた結果、秀吉を破り秀吉を仕留めると歴史の流れが変わりすぎて今後どうシフトするのかさっぱり分からなくなるな
まあ信孝か信雄、支援する柴田徳川いずれかの勢力が明智を倒して旧織田方をまとめ上げるんだろうけど
毛利がこれに代わることができるとはとても思えない

124: 人間七七四年 2015/09/14(月) 17:47:17.82 ID:TNmwIVTX
>>120
山崎の秀吉軍は2万から4万ほど 高松城に駆けつけた輝元の軍勢4万 秀吉軍はある程度山崎の戦いで兵が疲労してるわけだし十分輝元が秀吉を倒す可能性はあるけど徳川や柴田とかがいる限り毛利が天下を取るのは厳しそうだな

126: 人間七七四年 2015/09/15(火) 16:28:31.78 ID:YvIiMLXo
>>124
柴田は上杉と、徳川は北条と戦っている状態なんだけどな。
特に徳川は天正壬午の乱で北条と講和できたのは実力以上の戦果。

127: 人間七七四年 2015/09/15(火) 18:26:25.87 ID:T7zFIImG
仮に輝元が秀吉を討ったとしても 輝元、毛利家は織田方の人間じゃないから織田家旧臣は輝元のことを認めないだろうな。

128: 人間七七四年 2015/09/15(火) 21:16:01.01 ID:DpTeHJIa
織田家中の羽柴を討てば、明らかに織田の敵なんだがな。

149: 人間七七四年 2016/10/19(水) 01:31:43.44 ID:4e6OTBJg
>>1から目を通したけど無能の極みみたいな人間だな

150: 人間七七四年 2016/10/20(木) 13:20:26.51 ID:KXXOk9wa
>>149
そりゃ生まれついての坊ちゃん大名だからね。父親が早く死にすぎた不幸はあるが。

151: 人間七七四年 2016/10/21(金) 11:36:47.90 ID:oDy6jjxL
輝元は無能じゃないぞ。性格がゲスで肝が座らないだけで

153: 人間七七四年 2016/10/21(金) 13:25:17.70 ID:DY08GY5N
>>151
>性格がゲスで肝が座らないだけ。

それだけで無能では?

154: 人間七七四年 2016/10/21(金) 19:37:47.55 ID:yCcDCjte
無能だったからこそ改易を免れた、と思うようにしよう

157: 人間七七四年 2016/10/23(日) 09:52:32.42 ID:dTiMG/bm
吉川の嘘つきが居なければ関ヶ原で普通に勝ってたぞ。

158: 人間七七四年 2016/10/23(日) 12:09:31.95 ID:OlfOBSY9
別に吉川が一人で勝手に内通していたわけではないのだが
実際は毛利の家臣団が署名して徳川に不戦の書状を出している
吉川は徳川家臣団と親しかったから交渉役を任されて最終的な責任を押し付けられただけ
そもそも吉川だけで数万の大軍を止められるわけがない
吉川独断説は毛利の負け惜しみ史観の産物でしかない

161: 人間七七四年 2016/10/23(日) 14:02:23.75 ID:RE5sw96A
>>158
反戦派の筆頭の吉川に全責任があるのは当たり前。
しかも重臣筆頭である吉川なら、数万の大軍は止められるのは自明。
どう見ても輝元より敗戦の責任は重大。
のうのうと余命を全うしているけれど、主命に背いたのだからひっそり自刃するべきだった。

164: 人間七七四年 2016/10/23(日) 14:39:03.73 ID:IKstK/uk
>>161
吉川の他に福原広俊とかも徳川家に内通していたんだがな。

165: 人間七七四年 2016/10/23(日) 14:49:07.22 ID:RE5sw96A
>>164
福原広俊もどうしようもない奴だよな。吉川と違い所領没収されたんだから、さっさと自刃すればいいのに権力争いをぐだぐだ。

162: 人間七七四年 2016/10/23(日) 14:04:29.82 ID:OlfOBSY9
別に輝元は関ヶ原で戦えなんて命令は下していないぞ

163: 人間七七四年 2016/10/23(日) 14:11:48.72 ID:RE5sw96A
>>162
じゃあどんな命令だったんだよ?「戦わずに山登って弁当食え」とか?

219: 人間七七四年 2017/01/31(火) 22:38:20.32 ID:L/FOVdO3
鑑定団で輝元やってたぞ
骨董屋で1000円で買った木箱に輝元の書状が入ってて、それ本物で1300万円だってよ

220: 人間七七四年 2017/02/01(水) 21:17:49.52 ID:3xhNUpcf
大坂冬の陣に書いた輝元の書状が箱に入って骨董屋に眠ってるんだから世の中ほんとわからん

221: 人間七七四年 2017/02/01(水) 23:40:29.51 ID:/SWV+tyK
関ヶ原の時に大坂城で書いた書状も片付けずに家康に見つかって怒られて減封されたくらいだし
輝元は書状の保管とか真面目にやってなかっただろうな

223: 人間七七四年 2017/02/02(木) 12:17:05.91 ID:jhja+CkY
>>221
元就おじいちゃんにも「あの子は機密をすぐにバラすね、困ったものだ」とボヤかれてるし
戦における情報管理の重要性自体あんまよく分かってなかったんだろうなw

252: 人間七七四年 2017/03/26(日) 08:47:20.74 ID:z2FtQkKL
家臣の奥さんを横取りしてその家臣は死を命じるとか鬼畜すぎるだろ

毛利輝元

側室の二の丸殿が幼少の頃に広島の児玉家門前で遊んでいたのを通りがかりに目に入れたのをきっかけに大変気に入り、その後しばしば児玉家を訪問する始末であった。二の丸殿の父である児玉元良はこの輝元の態度を快く思わずに二の丸殿が12歳になると周防国の杉元宣の嫁に出したが、天正17年(1589年)に元宣を殺害して二の丸殿を奪ったという逸話が『古老物語』に収録されている。


253: 人間七七四年 2017/03/28(火) 12:58:42.89 ID:cmU+MzVK
三代目はあかんと言うけど…
元就爺ちゃん、草葉の陰で泣いとるな
隆景にまた折檻されたら良かったのに

254: 人間七七四年 2017/03/28(火) 22:26:31.60 ID:JYXzD0m1
隆景の怨霊の折檻が死因だったり

256: 人間七七四年 2017/03/31(金) 13:03:30.61 ID:eSXCEB5T
横取り話を聞いた時の品行方正な隆景の心中を察するわ
怨念有ってもおかしくないw
児玉某の名刀をパワハラで奪った話もあったよな~
本当クズじゃわ

257: 人間七七四年 2017/03/31(金) 15:29:00.10 ID:I8/01WBV
児玉家は大変だったんだな。

まあ、後世で児玉源太郎という偉人を出したから、報われたかな。

268: 人間七七四年 2018/08/24(金) 18:54:08.76 ID:+nMLV60g
諦めが悪かったのか二股かけたのかしらんが、大坂の陣の佐野道可入城問題は酷すぎる
上杉なんか徳川のために奮戦したのに
内藤 元盛(ないとう もともり)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。毛利氏の家臣。別名は佐野道可。毛利輝元の密命を受け、大坂の陣で豊臣方として参戦した。

慶長19年(1614年)、大坂冬の陣が勃発すると毛利氏は徳川方に従って参陣するが、毛利輝元と執政の毛利秀元の密命を受け、名前を佐野道可と変え、軍資金と兵糧を持参し大坂城に入城する。しかし、慶長20年(1615年)、大坂夏の陣において豊臣方は敗北し滅亡。道可こと元盛も毛利氏一門であることが露見してしまう。

江戸幕府の厳命を受けた毛利氏の厳しい捜索により逃亡中に京都で捕縛される。元盛は、取調べの担当である大目付の柳生宗矩に対し、あくまで豊臣氏に恩義を感じての個人的な行動で、主家とは関係ないと主張する。元盛の2人の息子元珍・粟屋元豊も父が勝手に取った行動と主張したので、幕府も毛利氏の陰謀を追及することができなかった。同年、元盛は山城国桂里大藪村鷲巣寺にて自刃し、事件は一応収束する。

ところが、事情を知る息子の元珍・元豊は、幕府の追及を恐れる輝元らにより密かに自刃させられる。これに激怒した綾木の大方(隆春の娘で元盛の妻)は輝元の振る舞いを非難するが、輝元は元珍の子・元宣を幽閉して、家名存続の約束を反故とした。このため、内藤氏はいったん断絶する。

270: 人間七七四年 2018/08/25(土) 13:00:21.67 ID:0iTwmZsJ
輝元は家康以上に野心に溢れているけどそのために自分の命を賭けることができない人間だと言える
だから色々と謀略を仕掛けるけど、少しでも身の危険を感じると諦めてしまう

何のリスクも負わずに野心が成就することはありえないから無能と言えばそうなるな

272: 人間七七四年 2018/08/25(土) 21:50:44.02 ID:ngOOtXFz
子ができないから秀元を養子にした後家臣の嫁を強奪し子を産ませる
関ヶ原がなかったらどれくらいのお家騒動になってたんだろうか

引用元: ・毛利輝元



毛利輝元:西国の儀任せ置かるの由候 (ミネルヴァ日本評伝選)
光成準治
ミネルヴァ書房
売り上げランキング: 482,696