41cQ5pyKyxL



1: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:28:59.98 0
桂小五郎と劉備がぱっと思い浮かんだけど








128: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:07.00 0
西園寺公望は二二六事件を事前に察知して逃げてた。 普段からいつでも逃げられるよう準備してたらしい。

131: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:10.00 0
>>128
毎回逃げられずに痛い目に遭うが生き延びる鈴木貫太郎も終戦クーデターでは逃げ切れたね。

129: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:08.00 0
ヨーゼフ・メンゲレだろう

135: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:14.00 0
いつも逃げ遅れる自分には迷いがあるんだよな。
周りよりも先に逃げたらダメなんじゃないか、自分が幸せになったらダメなんじゃないかって。そういう力点の置き方に問題があるんだろうとは思うんだが・・・
上手く逃げていくにはどうしたらいいんだろうな。

136: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:15.00 0
まずは真っ先に逃げても恥ずかしくはない立場を得ましょう
偉大なリーダーならお逃げくだせいってもんだが、雑兵が即逃げしたら銃殺だ

156: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:35.00 0
イベリアからアフリカへ逃亡に成功したガイセリック

157: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:36.00 0
ここまでなぜない


耶律大石

158: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:37.00 0
ポーランド亡命政府
最後の最後で政権に返り咲けた。

160: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:39.00 0
なぜここまでない

シャルル・ドゴール

167: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:46.00 O
>>160
ド・ゴールは捕虜の経験もあり脱走の常習者だったがすぐ捕まったそうだ。
原因はあまりにも高身長で目立ちすぎたから。
逃げ足ならば我が国にも辻政信、牟田口中将もいる。

162: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:41.00 0
劉邦から離れてうまく危険からのがれたのは張良


166: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:45.00 0
関ヶ原合戦の島津隊
新撰組や見廻組の襲撃から逃れ明治維新を迎えた志士たち
時の権力者スッラの怒りを受けながらも逃げ延びたカエサル

168: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:47.00 0
普仏戦争の時、プロイセンにパリが包囲された時、気球で脱出した
レオン・ガンベッタ。

300px-Léon_Gambetta_by_Lége,_Paris


レオン・ガンベッタ
(1838年4月2日 - 1882年12月31日)は、19世紀フランスの政治家。

ルイ=ナポレオン(ナポレオン3世)のクーデタを攻撃し、共和主義者として活躍、1869年に立法院に入る。1870年、普仏戦争でナポレオン3世がセダンの戦いで敗れると、共和国政府の樹立宣言に参加し、ルイ・ジュール・トロシュを首班とする臨時国防政府の内務大臣となる。プロイセン軍がパリを包囲する中、写真家で気球研究者でもあったナダール率いる気球部隊の偵察・輸送用気球「アルマン・バルベス号」を使ってパリを脱出し、トゥールにあって5か月間、フランス政府首班となった。


169: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:48.00 0
>>168
何か怪盗○○みたいだなw

172: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:31:51.00 0
楽しげに女装までしてたチャールズ君の亡命生活
カロデンの戦いは1746年4月16日にスコットランドのハイランド地方インヴァネス近郊のカロデン湿原(ムア)において、ジャコバイト軍とグレートブリテン王国軍との間で行われた戦いである。この戦いでジャコバイト側は完敗、ブリテン島でのジャコバイト運動はほぼ鎮圧されその組織的抵抗は終わりを告げた。

チャールズは戦死を免れたが、フランスに辿り着くまでに女装までして捜索の眼をごまかす羽目になった。このときの顛末は政府側のプロパガンダとしてスコットランド・アイルランド各地に伝えられ、かつてボニー・プリンス・チャーリー(愛しのチャールズ王子)とまで慕われたチャールズの人気は地に落ちた。



182: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:01.00 0
女装して逃げたといえばケレンスキー
196: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:15.00 0
ケレンスキーほど上手く逃げたヤツも珍しいのでは。ロシア革命の主要登場人物で、彼の没年だけ浮きまくり。
180: カ-ル・デ-ニッツ 2012/02/10(金) 20:31:59.00 O
第一次大戦で潜水艦長として捕らえられたが、精神病を装い脱走。
第二次大戦では、無制限潜水艦作戦を実施したが、連合軍もやっていたので厳罰に処されなかった。
ヒトラ-の後継者として指名された戦犯にもかかわらず、禁固服役したが、釈放され大往生した。

187: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:06.00 0
歴史上最高に上手いわけではないだろうが、盛期中世ヨーロッパで上位に入りそうなのがブラバント公アンリ1世

ブーヴィーヌの戦いでフランス王フィリップ2世が優勢だと見ると娘婿の皇帝オットー4世を置き捨てて速攻でブーヴィーヌから脱出(オットーも抜け出せた)
皇帝方の諸侯の大半がフランス王の捕虜となり、高額な賠償金を支払わされるかブーローニュ伯ルノー・ド・ダンマルタンのように一生牢獄行きか、オットー4世のように廃位されるという中で、アンリ1世はその地位と領土を全うし、ついでに前ドイツ王フィリップの娘を息子の嫁にすることで皇帝フリードリヒ2世の親戚筋になることでフランス王の報復を防ぐことにも成功した

晩年はシュテディンガー十字軍の軍団長を務めたり、新皇后を迎える使者としてロンドンに行ったりと、ブーヴィーヌの敗将が総じて失脚していったのに当時の権力者として一定の影響力を持っていたのは驚異的

189: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:08.00 0
明の建文帝。
50隻もの巨大船団を繰り出したりして捜索したけど、遂に見つからず、どこかでひっそりと世に出ること無く生涯を終えた。

193: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:12.00 0
>>189
その辺は滅んだ王朝の最後の主への哀悼ってやつじゃないの
十中八九その辺で野垂れ死んで、土地の人にひっそり埋葬されたりしてんだよ
哀れだし、新王朝に墓を暴かれしたりしたらもっと哀れだからみんな口をつぐんでるだけで

本朝でもあるわな
大陸でチンギスハンになった義経とか鹿児島まで逃げた秀頼とかフィリピンまで逃げた西郷どんとか

その手の伝説だべさ

190: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:09.00 0
彭城の戦いでの劉邦

192: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:11.00 0
逃げ弾正の異名を取った高坂はどうだ

あとまあ諸葛亮も撤退戦は上手かったな


197: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:16.00 P
逃げるのが下手だったのはルイ16世
逃げることはできたはずなのにヘマやって捕まった

201: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:20.00 0
なんといっても逃げ上手の筆頭はナポレオンだと思う。
次々に倒れていく自軍の兵を尻目に自分はさっさとパリに逃げ帰ること3回。

227: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:46.00 0
>>201
1回目の敵前逃亡で銃殺されとけばよかったのにナポレオンは。
恥を恥とも思わない人間の強みだな。

206: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:25.00 0
ドゴールだろ。ロンドンにずっと隠れていただけなのに、戦後、でっかい顔して国連で常任理事国の座におさまる。

208: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:27.00 0
>>206
あれは絶対おかしい。フランスはどこにも勝ってないのになぜ戦勝国なんだ?

210: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:29.00 O
>>208
今頃ゆーても遅い

213: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:32.00 0
画家のダヴィッド。
フランス革命が起こるとそれまで貴族や王家に仕えた画家は亡命を余儀なくされるのだが
ダヴィッドはまんまとジャコバン派の一員になる。
テルミドール反動で監禁されるも、ナポレオンによって召抱えられる。
ナポレオンが失脚するととうとう亡命。
この逃げ切り上手な画家のおかげで現代人はフランス革命を名画でうかがい知ることが出来るのであった。

215: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:34.00 0
信長の弟の織田有楽斎もなかなかのもんだよ
逃げ足の早さだけなら信長より上かも知れん

220: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:39.00 0
ジャラールッディーン(ホラズム朝スルタン)
モンゴルとの戦闘で何度も死線をさまようものの、つど逃げおおせて再建を試み続けた
死んだ後も生存説が何度も噂され、なかば伝説的な存在となっていた
またその行動範囲は甚大なもので、たぶん延べ1万kmは超えてるんじゃないかとおもう

221: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:40.00 0
>>220
ここまで行くと、よくぞ心が折れずに最期まで戦ったなというレベル
ジャラールディーン麾下の軍団は、最後エルサレムを占領してアイユーブ朝に殲滅されてるから行動範囲の広さが違う

222: 世界@名無史さん 2012/02/10(金) 20:32:41.00 0
モンゴルに追われながら、インド北西部やグルジアとかほうぼうで戦争しかけ
人によってはハタ迷惑な存在だったともいえるw 
さっさとあきらめろよと言いたかったろうw

引用元: ・歴史上最も逃げることがうまかったヤツって誰だ?



ヴァレンヌ逃亡 マリー・アントワネット 運命の24時間 (文春文庫)
中野 京子
文藝春秋 (2014-08-06)
売り上げランキング: 117,738