51QhQuTyFaL



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/14(金) 15:45:38 ID:t8K+pBXR
飛騨国の戦国大名について語りましょう。








2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/14(金) 15:47:30 ID:KWNj/8k4
災害で滅亡するなんて珍しい。

4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/14(金) 15:53:42 ID:+yMHLKmM
>>2 
埋蔵金伝説!!

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/14(金) 19:46:34 ID:hymDeNqZ
帰雲城の埋蔵金って呪われてるの?

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/15(土) 03:24:46 ID:2cEY6jg+
>>7
呪われてはいないがなんせ土砂で城ごと押し流されて四散してる上に一帯が一世紀近く泥沼地帯になってたせいで城のあった位置もよくわからない有様。

候補地一帯を30m以上発掘する費用>>>>>>>>>回収が期待できる金の価値

だから誰も掘り返さない。
内ヶ島の採掘実績からしてある程度の金が埋まってるのは確実だろうがな。
災害直前の金森勢への献上金でかなり目減りはしてるだろうが。
巷の埋蔵金との決定的な違いは後で掘り返す便を考えて人間が埋めたのではない
ところ。

3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/14(金) 15:49:15 ID:KWNj/8k4
飛騨:3万8千石/950

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/15(土) 19:50:32 ID:9f7NjmDi
3万石ほどに過ぎない小大名の内ヶ島氏の力の源泉は、飛騨地方の豊富な金銀山だった。
白川郷周辺には、横谷、天生、森茂、片野、六厩、落部、上滝、三谷、三尾河など9つもの金銀山が所狭しとある。

小牧長久手合戦の時、内ヶ島氏理は、徳川について佐々成政を支援して、越中に出陣した。
その隙に、秀吉配下の金森長近が飛騨を手中に収めたので、氏理は長近に降ってなんとか本領を安堵された。
氏理が多くの鉱山技術者を抱えていたため、長近もこれを滅ぼすわけにはいかなかった。
そんな矢先の大地震だった。

1585年11月29日、飛騨白川郷を突如襲った山津波は領主内ヶ島の帰雲城と三百余戸の城下を一瞬にして呑み込んだ。
これにより内ヶ島氏理はじめ多数の人々が圧死を遂げた。
帰雲城の黄金伝説が生まれたのは、このときからだ。

18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/18(火) 05:05:59 ID:zb2GuJkF
姉小路最強説

・右大臣織田信長、甲斐の龍武田信玄、越後の虎上杉謙信
 無気力な強豪朝倉義景、血だけは超一流畠山義続。

このメンツに囲まれつつ、これらの誰よりも長く生き延びている姉小路飛騨宰相最強。

24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/28(金) 00:10:40 ID:XmsMv43/
>>18
やはり地形的な関係で狙われなかったのかな

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/28(金) 00:16:03 ID:KTIwRVlr
>>24
忘れられていたのが正解。

26: 姉小路不敗伝説 2006/07/28(金) 00:18:43 ID:vdr79GrL
失礼な御人だ。

27: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/30(日) 18:46:00 ID:rzi0OilE
狙われないというより、北の大名も南の大名も無理に攻めとるより軍事的緩衝地帯にした方がよっぽどいいんやないかと。

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/07/31(月) 11:57:24 ID:dLAkCeci
地形がよくわからないけど、飛騨って山がちだよね?
危険を冒してまで侵攻する、気になられなかったんじゃ?

30: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/08/09(水) 16:53:11 ID:EkXgcoFm
冬になれば四方雪で戦争にならないんだろな>飛騨

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/03(金) 13:44:04 ID:BWxO8aq3
美作と双璧をなす目立たない国

52: 奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. 2006/11/03(金) 19:36:52 ID:XeIuDdZr
本州の中央にあって目立たない。きっと飛騨は聖地みたいなやんごとなき土地なんだよ。

55: 名無しさん@お腹いっぱい。 2006/11/11(土) 14:39:47 ID:rK7cnoWk
飛騨も美作も山がちで温泉があって、いいとこですよ、両方行きましたが現代では高山や下呂温泉がある、飛騨の方が有名ですかね

でも戦国期の美作は尼子と大内・毛利の激しい攻防があったところだから飛騨の方が平穏ですかね
80: くるるん兄弟 2007/01/20(土) 21:41:29 ID:IkFXLT5s
ひ、飛騨をなめたらあかんぜよ! 
飛騨は盆地と山地だからなっ、小豪族が小競り合いしててなかなか平穏じゃねえぞ! 
しかも、ここは意外と重要なんだよ!だから江馬輝盛も父を殺してんだよ!

61: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/28(木) 13:09:38 ID:3UWSJlaG
江馬輝盛は戦国時代でも数少ない実父殺しをした人物

62: 名無し議論スレにて投票方法審議中 2006/12/28(木) 21:21:01 ID:hptYFGYi
江馬氏といえば、外交文書に頻出する河上氏の存在が気になる。


90: 人間七七四年 2007/03/01(木) 01:43:51 ID:MVBwedSN
江馬輝盛が討死した戦いで江馬勢が三千余、三木勢が二千余だったらしい
江馬勢には越中勢も含まれていたと考えるべきだから
飛騨一国なら総勢五千にも満たないな

91: 奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. 2007/03/04(日) 23:56:41 ID:k+99PJ2B
>>90
それすら誇張の可能性が高い。
検地前の姉小路による動員能力は最大でも800~1200程度だし。

92: 人間七七四年 2007/03/05(月) 20:09:21 ID:hfpJ0ZN+
飛騨を賭けた戦いがお互い千余位の軍勢だったとはいくらなんでもしょぼくないか?

93: 奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. 2007/03/05(月) 22:08:52 ID:AS393Dgc
大国の実際の兵数なんてしょぼいもんだと思うよ?
ましてや飛騨は太閤検地後で35000石扱い。100石3人でも1050人しか動員できない。

95: 人間七七四年 2007/03/08(木) 05:00:07 ID:qI923yck
飛騨は小国だが、国中の村々から男を集めたら3000~4000は集まるのでは?
要はやる気の問題でしょ・・・

96: 人間七七四年 2007/03/08(木) 07:21:09 ID:KGxXE02E
一回のいくさで国を根絶やしにするなよ・・・

97: 人間七七四年 2007/03/13(火) 13:12:39 ID:kTzCL53F
飛騨高山在住の人!姉小路(三木)氏は地元では敬われてるのか!?
どんなマイナー武将でも地元では有名だったりするけど、三木氏もそうなのか?

98: 奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. 2007/03/13(火) 21:00:19 ID:GLkL2Zjq
飛騨の人は今でも天領だったことを郷土の誇りにしてたりするよ。

99: 人間七七四年 2007/03/14(水) 03:21:59 ID:zXCPLIJv
姉小路は三木自綱が武家として残ったのか…
良かったな(泣)
でも江馬やら内ヶ島は一族み~んな滅亡した訳か?

111: 人間七七四年 2007/04/01(日) 01:55:35 ID:Xa4pqI9s
>>99
内ヶ島氏はご存知の通り地震で帰雲城ごと地中に埋まって領民含め全員消息不明ですよ。
戦国史に残る悲惨な滅亡といっていいんですがここまですさまじい大自然の脅威に当てられるともう呆然としてしまいますな。帰雲城が心霊スポットになってるとか一切聞いたことないし
というか幽霊にしても掘り出せないほどの土砂に埋もれたら出てこれねえか。

113: 人間七七四年 2007/04/01(日) 11:30:46 ID:ndi4rSzI
>>111
心霊スポットもなにも、どこに埋まってるのかすらもはっきりしてない
庄川の右岸か左岸かもわかってないし>帰雲城

103: 人間七七四年 2007/03/24(土) 19:42:35 ID:7EMlET2E
これまでの流れを無視した書き込みであれなのですが、姉小路(三木)良頼の命日をご存知の方います?

104: バロン曽志崎 2007/03/25(日) 11:01:25 ID:cxmf559q
>>103
元亀三年十一月十二日卒。(「公卿補任」)

106: 人間七七四年 2007/03/31(土) 18:48:44 ID:hfxABUKa
自称国司のくせに公卿補任に載ってんの?

107: 中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y 2007/03/31(土) 19:09:08 ID:1cQbDQUY
補任にも載ってるし土台にも載ってる
しかし嗣頼の野郎毎年ほとんど在京してんのなw

108: 中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y 2007/03/31(土) 20:29:13 ID:1cQbDQUY
暇だったのでピックアップ

弘治四年
 良頼 1月10日 叙従五位下任飛騨守
永禄三年
 良頼 2月16日 叙従四位下飛騨守如元
 光頼 2月16日 叙従五位下任左衛門佐
永禄五年
 良頼 2月21日 叙従三位改嗣頼 飛騨守護
永禄六年
 嗣頼 3月12日 任侍従
 光頼 3月12日 (叙従四位下?)任侍従改自綱
 嗣頼 7月22日 被補闕
永禄七年
 嗣頼 前参議 在国
永禄八年
 嗣頼 在国
永禄九年
 嗣頼 在飛騨
永禄十年
 嗣頼 在国
永禄十一年
 嗣頼 在国
永禄十二年
 嗣頼 在国
永禄十三年
 嗣頼 在国
元亀二年
 嗣頼 在国
 自綱 4月7日 任太宰大弐
 親宣 4月7日 従五位下
元亀三年
 嗣頼 11月12日卒
天正四年
 宣綱 12月12日 従五位上任侍従
天正七年
 宣綱 変死

>>104
ところで補任の永禄五年末尾に書かれてる「称古川国司」ってどういう意味?
三国司の間違いだろうか

114: 人間七七四年 2007/04/01(日) 18:41:47 ID:Au6JkecL
>>108
凄いな、これ。幾らほど献金したんだろ?その財源とか気になる。

115: 人間七七四年 2007/04/01(日) 19:21:42 ID:7otu1Nzs
>>114
内ヶ島氏は金山もってたらしいが、三木氏も同じなんだろうか

112: バロン曽志崎 2007/04/01(日) 04:33:10 ID:QRhGJQ8y
飛騨国司姉小路氏はその居住地名から古川家、小島家など数家に分立。
三木氏は古川家の名跡を継承(再興)する形で姉小路氏を称した模様。

118: 人間七七四年 2007/05/10(木) 15:10:09 ID:hy1tH0FZ
飛騨の金山ってそれほど有名じゃないよね

121: 人間七七四年 2007/05/19(土) 15:43:46 ID:+yo5eKBm
以前高山に行った時に、江戸時代初期あたりには飛騨の鉱物資源は枯渇したとか説明書きがあったような。

農作物に乏しい土地だから江戸期は布や林業とかで細々と暮らしてたんだっけ?


128: 人間七七四年 2007/07/05(木) 22:22:30 ID:9bAVvVpa
この国って石高ひくいけどさ
戦とかどんな規模だったの?

163: 人間七七四年 2008/03/07(金) 02:01:08 ID:WeD51DtS
>>128
飛騨の石高は確か6万石
動員力は全土合わせてもおよそ1500人

129: 人間七七四年 2007/07/06(金) 17:43:24 ID:vNJkTAsZ
30人対18人とかそういう感じ。

130: 奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. 2007/07/07(土) 23:17:56 ID:Z+OfWKU3
冗談抜きでそうかもしれない・・・

164: ◆QqQquqqauQ 2008/03/07(金) 06:40:12 ID:PoU11Z7d
そりゃまあ江馬氏の動員力は一門挙げても最大で500ないからね。
他国の動員力でも万単位なんていうドーピングがゲームのせいか知らんが頻繁にまかり通っているほうがおかしいんだよな。

165: 人間七七四年 2008/03/07(金) 13:40:01 ID:myi6uz77
石高三万五千石とは別に金山収入3万石って検地ではなってたらしいけどね。
この金山収入に銀山の分は含まれているのかな?
つーか、鉱山収入も杓子定規にあてて百石2,5人計算していいの?

131: 人間七七四年 2007/07/07(土) 23:53:36 ID:yWMLpe5f
さすがに数百人規模ではあったんじゃないか?

133: 人間七七四年 2007/07/12(木) 18:25:36 ID:YRhKBFwg
一人当たりの重要性が半端じゃないな
戦後の建て直しが大変そうだ

175: 人間七七四年 2008/05/05(月) 18:00:52 ID:zyAykIfU
隣の佐々が40万石で22000人動員してんのに
もっと兵数いるさ 同じ鉱山国だし

150: 人間七七四年 2007/11/13(火) 23:13:55 ID:XS58//zl
武田義信は駿河攻撃に反対する代案として、飛騨を攻略して越中・美濃へ進出する構想を持っていたようだ
江馬氏の降参で飛騨全域が武田領になったが、武田の目が駿河へ向き江間氏が上杉方に転じたため飛騨作戦は終わった。

151: 奇矯屋onぷらっと ◆/6/o/w/o/6 2007/11/14(水) 00:55:36 ID:i0f0aF34
ぶっちゃけ東美濃(旧恵那郡)は美濃でなく実質飛騨。

152: 人間七七四年 2007/11/14(水) 01:30:56 ID:GXk0ro3/
>>151
当時の認識も、そんなもんかね?

153: 奇矯屋onぷらっと ◆/6/o/w/o/6 2007/11/15(木) 00:14:25 ID:Uq/BUmGZ
>>152
飛騨の北部は江馬氏。南部と恵那郡北部に三木氏が勢力を持ってる(というほど人口ないけど)。
当時の認識は言わずもがな。

154: 人間七七四年 2007/12/05(水) 16:17:30 ID:KcEr+NkU
遠山は恵那郡だよね?

155: 奇矯屋onぷらっと ◆/6/o/w/o/6 2007/12/05(水) 23:53:17 ID:8BHc4u5G
南部はね。旧苗木・山岡・岩村町(恵那市に併合済)あたりが遠山氏。

176: 人間七七四年 2008/05/22(木) 23:10:39 ID:qfYwv4tQ
美濃八幡藩の二代目が三木直綱の子が養子として継いだんだってさ。
血筋的にはちゃんと大名として残ってるじゃないか。途絶えてるけど。
旗本だけじゃなかったんだね。

178: 人間七七四年 2008/06/09(月) 15:43:02 ID:lhsueXGc
遠藤慶利の事か。でも奥平信昌の三男常友を養子に迎えているね。

179: 人間七七四年 2008/06/23(月) 15:08:07 ID:bNrezQ+z
遠藤家は三代後改易→後に近江三上で取立

180: 人間七七四年 2008/07/02(水) 13:00:17 ID:BoAPK7dO
日本酒の本読んでたら、たまたま出てきた。

飛騨とは山ひだの中の国という意味らしい。
上古、白鳳、天平時代から人里があり、室町時代になると飛騨の国司に任ぜられた姉小路尹鋼の治める所となった。
この姉小路氏は、日本の三国司(伊勢の北畠、四国の一条、飛騨の姉小路)といわれた実力者で、いわゆる守護大名の形で南吉城郡が勢力範囲であった。ここに、後藤、日下部、蒲、田辺の四天王と呼ばれた重臣たちがいた。
彼らの後裔はいずれも百姓となってこの付近に土着したが、この中の蒲氏は近くの杉崎(飛騨古川の次の駅)と言う地に居を構え、代々神職を兼ねて暮らしていた。それが元禄初年(1688年頃)、弟が分家して古川の一之町に出た。
その五代目の時、弘化二年(1845年)から酒造りをはじめている。

186: 奇矯屋onぷらっと ◆SRGKIKYOUM 2008/08/17(日) 20:33:38 ID:TCBxslTY
そういえばカバさんは岐阜に多いし、造り酒屋にも蒲酒造ってあるな。

187: 人間七七四年 2008/08/26(火) 15:12:45 ID:2EWcRIVW
飛騨では煙硝を密かに作ってたので実は結構な収入が・・・

188: 人間七七四年 2008/09/12(金) 15:15:47 ID:wWlOnvCJ
煙硝づくりは江戸期の話とも…

190: 人間七七四年 2008/09/29(月) 14:30:55 ID:mIYlxK+f
硝煙作りは五箇山が有名だった。五箇山に隣接してる内ヶ島?

191: 人間七七四年 2008/10/14(火) 15:28:33 ID:QV/etZmz
五箇山は越中だよね。

192: 人間七七四年 2008/10/14(火) 22:59:25 ID:LhYf2iCk
内ヶ島は越中に隣接してるよね

193: 人間七七四年 2008/10/15(水) 02:37:23 ID:Ik3xxcjU
内ヶ島は本願寺の要請で能登・越中の畠山や長尾と戦ってるしな

194: 人間七七四年 2008/10/16(木) 00:00:49 ID:ogDM2aVa
徳川埋蔵金もいいが、内ヶ島埋蔵金も発掘してくれないものか・・・

引用元: ・【姉小路】飛騨の戦国大名【内ヶ島】



飛騨・三木一族
飛騨・三木一族
posted with amazlet at 19.06.24
谷口 研語
新人物往来社
売り上げランキング: 795,991