61A-rlcTr5L (2)



1: 人間七七四年 2017/02/09(木) 17:05:56.59 ID:6Z0xMexy
明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代、安土桃山時代の武将。

通称は十兵衛。
父は明智光綱のほか、明智光国や明智光隆の説もある。
さらに信長に仕えるまでの前半生には不明な点が多いが、明智軍記では美濃明智城主として斉藤道三に仕え、その没後は諸国を遍歴したとされる。
-------以上wikipediaより転載---------

その他秀満や光忠などの明智一族、斎藤や妻木や溝尾や藤田などの家臣も話題も歓迎。

■武家家伝_明智氏
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/aketi_k.html 







445: 人間七七四年 2018/04/20(金) 18:24:33.92 ID:EZUpZwvw
史料オタの自分、光秀信長周辺のビックリ史料が結構集まったけど、光秀大河となるといつ出すか迷い始めるな
ドラマが始まる前がいいのか終わった後がいいのか

447: 人間七七四年 2018/04/20(金) 19:18:36.46 ID:LejiMPzb
大河決定で注目が集まり新史料発見て恒例行事だよね
ついでに便乗トンデモ説とかも

448: 人間七七四年 2018/04/20(金) 19:29:42.09 ID:ZgDVDzS+
最終回は土民に討たれるのか?それとも・・・

456: 人間七七四年 2018/04/21(土) 07:23:26.07 ID:R2qLrHjq
フロイスは光秀のことを詐欺師みたいに評価していたような

457: 人間七七四年 2018/04/21(土) 07:50:43.04 ID:0my5alsc
庇護者の信長を討ったからじゃないの?
べつに光秀はキリスト教に厳しかったってわけでもなかったよね

458: 人間七七四年 2018/04/21(土) 12:08:27.64 ID:PZF7awDL
十五郎の褒めようを見るとなんらかの接触の跡を後付けの酷評で塗布しようとした説
明智 光慶(あけち みつよし)は、安土桃山時代の武将。明智光秀の長男。通称は十五郎。

異説が多く謎に包まれている光秀の家族のなかで、十五郎は考証的に実在を推認できる男児で、光秀の書状など史料に表記がある。

461: 人間七七四年 2018/04/21(土) 12:27:23.48 ID:SHjWiOU2
>>458
まずフロイスが「日本史」書いたのいつだっけ?
ってのが気になる
ガラシャ入信後だったら、批判もするし褒めもする

483: 人間七七四年 2018/04/29(日) 12:04:03.75 ID:DvimmXOG
>>458
> 十五郎の褒めようを見ると
なんらかの接触の跡を後付けの酷評で塗布しようとした説

十五郎のことを忘れていた。
たしかに、光秀への評価とかなりの落差。
この説では、長大な光秀への酷評のほうが、あとづけの偽装ということでしょうか。
この説の内容なり、それが載っているものなり、分かればありがたい。
484: 人間七七四年 2018/05/02(水) 08:41:34.19 ID:sVmTqkVV
光秀の評価は酷評てほどでも無いんじゃない? 
フロイスが本気出せば「あいつは悪魔だ悪魔悪魔!絶対に悪魔!あくまでも悪魔!」みたいな事を言ってるよ

485: 人間七七四年 2018/05/02(水) 12:18:39.30 ID:AlM7dQN3
個人的にはそんなに嫌いではないし評価もしてるが 
やらかしたことがやらかしたことだけに褒め難いと言ったところでは

464: 人間七七四年 2018/04/22(日) 06:41:27.82 ID:ISHGbueN
本能寺の変発生時に明智光秀や重臣達以外は、相手は織田信長って知らなかったみたいな事を歴史番組で紹介してたのを観た事がある。
でもいくらなんでも、襲撃している足軽達も信長自身をみたら『あれって信長じゃね?』って気が付きそうなもんだけどな…

466: 人間七七四年 2018/04/22(日) 09:50:27.99 ID:YBytlqBr
足軽風情は信長の顔なんて見たことないだろ

467: 人間七七四年 2018/04/22(日) 11:52:06.90 ID:ISHGbueN
信長は有名人だから、足軽でも顔を知ってる人が多いと思ってた…

468: 人間七七四年 2018/04/22(日) 12:04:23.63 ID:HgQoDz22
一緒に戦ってる軍にいたなら
チラ見ぐらいしたことあるけど
戦場で敵対する軍にいる時は信長に対面するのは稀だと思う
守られてるから

470: 人間七七四年 2018/04/22(日) 18:23:45.57 ID:bcp1bBZ9
襲撃されてる時に、我は信長じゃ~無礼者!と叫べば動揺が広がると思う。

471: 人間七七四年 2018/04/22(日) 18:40:00.29 ID:AaOheC/S
断言できるけど絶対に広がらないよ
本能寺に攻め寄せたのは丹波・近江の直臣と地元兵だけ
彼らにとっての主君はあくまで光秀だから、彼がやれといったらたいていのことはやる
ましてや戦場心理で何でもありな状態だからな


486: 人間七七四年 2018/05/02(水) 13:15:59.75 ID:zcxaTtEM
毛利討伐に向かう前に領地没収の上に、新領地は毛利の領地をあげるから頑張ってね。
なんて言われたら年齢的に高齢な訳だから、目の前が真っ暗になって一か八かの暴挙に出るのも納得がいく。
ましてや格下と思っている、羽柴秀吉の下で指示を仰げとも言われてるしねぇ…

487: 人間七七四年 2018/05/02(水) 14:15:52.38 ID:6zwamjFM
出征前に領地召しあげって信憑性あるのかね?
本当はいつも通りの征服後に召しあげじゃないのかな

489: 人間七七四年 2018/05/02(水) 16:42:50.70 ID:eOJyHsed
毛利って秀吉が攻めて担当だったのに援軍だけの光秀のモノになっちゃっていいのかな?
秀吉怒らない?
大抵担当した人のモノになるような?

491: 人間七七四年 2018/05/03(木) 21:20:16.95 ID:ecyKoD/u
>>489
武田攻めを考えると
大将信忠で主力が滝川
滝川がもらったのは上野国
甲斐は穴山梅雪が本領安堵でそれ以外は河尻
信濃は信忠世代の主力候補の森長可や団忠正達
結局使える秀吉光秀勝家一益あたりは攻略するたびにさらに外行けって言われ続けるんだろう
織田家の外縁部にいる毛利上杉北条との決着がついたら国割や転封で何らかの整理をすると思うけどそれは本能寺の炎の中に消えたしね
ほぼ消化試合になった先のプランは分からないから召し上げ自体の意味合いも判断つかない

495: 人間七七四年 2018/05/04(金) 09:21:16.28 ID:tj1aRTNV
>>491
官位的なものを考えたら明智光秀は織田信長の天下統一が実現すれば九州に領地を貰えるんじゃなかろうか。
本能寺の変直前の明智光秀は34万石と言われている。
流石にここから減ることは考えられない。
時節的に考えるなら、日向と肥後は国主格たる大名が不在で埋めやすい。
光秀が納得しうるかどうか、あるいは本当にそうなのかも不明ではあるが、最終的に明智光秀は日向と肥後を領することになっていたと推測する。
ちなみに日向+肥後は足すと42万石。一応石高的には加増

496: 人間七七四年 2018/05/06(日) 03:22:23.59 ID:EVMo14sv
>>495
まあ、信長の構想では普通に京都付近は蔵入地か親藩で固めるだろうしね。
南近江の滋賀郡だけで10万石以上、丹波は30万石以上だから40万石は有る。
まあ、日向の守に九州では由緒ある惟任姓だから九州の国持ちにする構想なんだろね。
逆に言うと、大身の大名は九州、奥州、出羽、北陸ぐらいにしか残さないんだろね。
残りは信長の蔵入地と一門大名で固める。
徳川すら、東海三ヶ国は危険視されて北関東とか飛ばされそう。

492: 人間七七四年 2018/05/03(木) 22:34:19.54 ID:pSLxbVzv
堀家に残ってた文書を信じるなら、秀吉も長浜没収確定だったからね

493: 人間七七四年 2018/05/04(金) 00:10:03.36 ID:Hx4h1KNW
難しいところを治めて織田領化した有能な武将に次の難しいところに行ってもらう

494: 人間七七四年 2018/05/04(金) 01:02:50.64 ID:B0AqDv2C
武家っちゃそういうもんやな。普通に加増転封

498: 人間七七四年 2018/05/11(金) 16:46:05.89 ID:vfIWnmw9
織田本家:織田信長+織田信忠ら織田家当主の直轄地。近江+美濃+尾張+伊勢+志摩+伊賀+大和+摂津+河内+和泉+播磨+山城+丹波で約320万石

織田信雄:武蔵約66万石の過半約60万石を継承。関東北条氏は伊豆+相模+武蔵一部で約30万石くらい?

織田信孝:四国征伐の功から讃岐+伊予の約50万石を領有か

明智光秀:日向+肥後+大友島津龍造寺次第で他に領土加増 約50万石

羽柴秀吉:毛利降伏後割譲される領土五カ国(備中・備後・美作・伯耆・出雲) 約80万石 (播磨、長浜などは没収) 秀吉死後は織田秀勝が継承?

柴田勝家:越後国39万石+越前半国で合わせて約60万石(残りの越前半国は没収される)

丹羽長秀:紀伊国37万石+もともと持っていた若狭8万石で約45万石 紀伊徳川家より少し小さい形

滝川一益:上野国全てで約49万石+α。北伊勢は恐らく没収。

徳川家康:安房+上総+下総で合計約80万石。旧領の東海三州は没収。

堀秀政:勝家から没収された越前半国を与えられる。約25万石。

池田恒興:家康が入っていた旧領のうち三河遠江を得て約50万石。駿河は河尻秀隆か?


あくまでIFでしかないけど基本ラインは畿内+中部+東海+その周囲を織田本家が囲って、周りを織田信忠に親しいメンツから埋めていく感じじゃないかな。

499: 人間七七四年 2018/05/11(金) 18:27:22.52 ID:+qnilUIM
畿内近隣は信長の馬廻りとか近習近臣上がりできまりじゃないの?

500: 人間七七四年 2018/05/12(土) 01:06:42.82 ID:/A0W3lH/
方面軍は、かなり独立性が強いね。
一円支配の戦国大名としては、矛盾物の面があったのではないか。
方面軍を使って全国制覇しても、そのまま群雄割拠の要素が残りそうな気もする
信長の後、秀吉も、方面軍体制をとらず、自ら大軍を率いて制覇してゆく方法を採った。

501: 人間七七四年 2018/05/12(土) 22:54:43.70 ID:ijuy1kxh
方面軍と言っても独立性自体は全く感じられないと思うけど
例えば柴田勝家の北陸討伐に与力の前田佐々は殆ど従軍していないし
明智光秀が実際に謀叛を起こした時も細川筒井は協力を渋った。
豊臣秀吉だって結局は織田信長亡き後の織田家を継承するという名目ありきで纏めていったわけで、
基本的には織田と関係の薄い独自行動で与力が追従したケースは稀だろう

522: 人間七七四年 2018/07/22(日) 21:25:56.60 ID:57sQu5iZ
明智の大河って延暦寺虐殺に反対していたとか明智側の嘘で塗り固める内容なのか?

523: 人間七七四年 2018/07/22(日) 21:46:02.00 ID:SQv63BAj
史実通りにやったら視聴者みんなどんよりして終わる一年になっちゃうからなぁ
これまで以上の嘘ドラマにするんじゃね

524: 人間七七四年 2018/07/25(水) 00:33:30.33 ID:LVaGWRZs
本能寺の変自体が史実通りにやると千載一遇の謀反のチャンスが目の前に転がって来ちゃったんで、信長に不満も恨みも無かったけど欲にかられてつい謀反を起こして破滅しちゃいましたという視聴者を馬鹿にしてるとしか思えない展開になるからな

531: 人間七七四年 2018/08/06(月) 20:51:05.12 ID:9U7tWhhv
遊行三十一祖京畿御修行記の記述との整合性はどうなるんだろうな

『遊行三十一祖 京畿御修行記』(遊行同念の天正8年(1580年)7-8月の旅行記、随行者が記述)天正8年(1580年)正月24日条に、阪本城の光秀へ南都修行のために筒井順慶への紹介状を称念寺僧を使者にして依頼し、知人として「惟任方はもと明智十兵衛尉といって、濃州土岐一家の牢人であったが、越前国の朝倉義景を頼り、長崎称念寺門前に十年居住していた。そのため称念寺使者僧とは旧情が深くて坂本にしばらく留め置かれた」と記述。

535: 人間七七四年 2018/08/22(水) 15:01:59.26 ID:hX4MlII7
>>531
ドラマ的に主人公が若い時の10年間長いよね

「遊行三十一祖京畿御修行記」の部分の
同廿四日坂本惟任日向守へ六寮被遣、南都御修行有度之条筒井順慶へ日向守一書可有之旨被申越。
惟任方もと明智十兵衛尉といひて、濃州土岐一家牢人たりしか、越前朝倉義景頼被申長崎称念寺門前に十ヶ年居住故念珠(ねんごろ)にて、六寮旧情甚に付て坂本暫留被申。
折節大和筒井方安土へ年始之出仕、則惟任取次なれハ来儀幸、六寮直行合遊行上人南都御修行日州助言故順慶別儀無く御請被申キ。

ここの「越前朝倉義景頼被申長崎称念寺門前に十ヶ年居住故」の部分が明智光秀が朝倉士官の根拠だという意見もあるみたいだけどどう読めばいいのだろう?
「朝倉義景に頼るよう言われた長崎称念寺の門前に10年住んでいたため」じゃないのかな?
なぜ、朝倉義景が若い時の明智光秀に時宗の称念寺を頼れと言ったのか、意味わからないけど朝倉義景に士官してたとは読めないような気がするね

とにかく、明智光秀が土岐一族で、主家を失ってた武士で、当時、明智十兵衛尉と名乗ってた事、称念寺に10年間住んでた事、称念寺でお世話になった人々を坂本でおもてなししたり、大和への旅の便宜を図ってあげたのは確かそうだね

536: 人間七七四年 2018/08/22(水) 21:58:18.53 ID:RgT28RZX
その文は、他人から聞いた話を書いたものでは?

537: 人間七七四年 2018/08/23(木) 20:29:24.10 ID:EMv4ODGY
>>536
たぶん光秀と仲の良かったという六寮からだと思う
写本らしいけど一冊しか残ってなく光秀存命中の同じ時衆の僧の誰かの書いた紀行文なので信頼性は高いと思うけど…

538: 人間七七四年 2018/08/24(金) 00:09:31.37 ID:WUtS10EV
光秀が10年も越前にいたのなら、光秀には越前出身の家臣が多くてもよさそうだが少ない

539: 人間七七四年 2018/08/24(金) 02:38:01.60 ID:T0Qx/DEo
大谷学報に掲載されてる紹介論文のやつをちょっと見た
伝来が面白いよね
三河大浜の称名寺
松平清康の父信忠が若くして隠居した(させられた)寺で松平広忠が連歌の会で家康の幼名竹千代の由来になる歌を詠んだ寺
松平家ゆかりの寺だから江戸時代にも恩恵受けて歴史資料が残りやすかった

天正8年2月13日に宇治から南都に行く話だけど(68ページ)
多聞院日記の2月14日条にも
「一遊行上人昨日極楽坊へ来、上人ハ初ヨリ三十六代目也、此上人ハ六十三才云々、人数大勢在之、筒井ヘ惟任日向守ヨリ申来、馳走云々、」
とあり裏付け出来る上に我々にとって「遊行三十一祖京畿御修行記」の補足になってる
2月13日の薪能など他の部分も一致する
傍注や補注に見当たらなかったから補足

540: 人間七七四年 2018/08/25(土) 02:01:33.94 ID:mf+9hYbx
信長に謀反したけどとても義理堅いところが多々垣間見れるよね明智光秀
この頃は出世して、天下人信長の重臣なのに昔お世話になった人達を丁重にもてなしてる
もてなしを受けた方に文面から意外さが伺えるような感じがする
昔お世話になった地域も柴田勝家に荒らさないよう依頼してるし身分の差なく平等に戦で亡くなった家臣の為に供養米を奉納してる文書もある
民衆の税を軽減したり、洪水対策してたりという逸話もある
「仏の嘘を方便と言い、武士の嘘を武略と言う、百姓は可愛きことなり」の逸話は事実ではないかも知れないけど全くの嘘ではないような気がする

541: 人間七七四年 2018/08/25(土) 19:51:14.10 ID:iDXhXqg6
光秀の性格を考えると、謀反したのが不思議だね
本能寺について、光秀無罪説というのがあるけど、以前はトンデモ説扱いだった
最近はその根拠になりそうなものが出ているようだし
検証してみるのもいいかもしれない

549: 人間七七四年 2018/08/25(土) 21:43:53.52 ID:gCwimAmy
そういえば9月に光秀は残虐っだったって内容の本が出るみたいだな
比叡山焼き討ちや門跡領横領の件の考察なんだろうけど

552: 人間七七四年 2018/08/26(日) 07:42:35.18 ID:dkzYOdBm
>>549
現代人の倫理観や価値観でもって残虐と言い張るのもどうかと思うし、ある程度は指示されてやってるわけだからね

554: 人間七七四年 2018/08/26(日) 10:07:11.39 ID:WYuqpPjR
>>552
信長は家臣に丸投げだったって話もある、結局どっちなん?

ちなみに当時の人が光秀を残虐と言ってるのはフロイス以外見たことないけど、日本人だと常識知らずって言ってるな

555: 人間七七四年 2018/08/26(日) 10:21:05.45 ID:dkzYOdBm
>>554
丸投げではない
方面軍にも細かい指示を出していたのは書状にも残っているし

556: 人間七七四年 2018/08/26(日) 23:27:52.85 ID:8hcDJ8Hw
特に光秀は事細かに状況を信長に報告してたっぽい
現地に居て見てるようだと報告内容を信長に褒められてる書状があったよね
細川家に遺されてる信長からの書状も戦の指示が多い
詳細は日向守に伝えてあるので、指示に従ってくれと言う文言が多い

557: 人間七七四年 2018/09/04(火) 13:40:14.58 ID:C3XibP7T
「明智光秀 残虐と謀略 一級史料で読み解く」読んだ人いる?
一級史料と言ってるのに武功夜話や綿考輯録からの引用が多い等
?な部分も多いみたいだけど光秀享年40代説は気になる

559: 人間七七四年 2018/09/04(火) 21:36:39.26 ID:I7ohN1bk
>>557
光秀享年67歳説より享年40代説のほうが現実的だよ

560: 人間七七四年 2018/09/05(水) 06:31:22.27 ID:kSVU+773
>>559
光秀は25歳前後若かった訳だね。
そりゃあ天海の120歳説も納得出来る。

558: 人間七七四年 2018/09/04(火) 19:50:14.20 ID:4yNJGn9R
武功夜話や綿考輯録の引用は部分的だったけど一級史料で読むと言いつつこの名前が出てきたのはがっかりだった
この著者の桶狭間の本は正しいかはともかくそこそこ面白かった記憶があるんだけど今回のは断片的な記述を膨らませて解釈してる感が強くて正直残念な出来だと思う

562: 人間七七四年 2018/09/05(水) 21:33:24.83 ID:yEGih/+g
明智憲三郎さんの21日発売の本「光秀からの遺言」楽しみだな
称念寺に10年居たこともちゃんと書かれているみたい
全部が全部そうだとは思えないけど
一理ある部分もあると思う

563: 人間七七四年 2018/09/05(水) 22:50:32.75 ID:J3fQi1n7
常識的に考えると、光秀が越前の寺の前に10年いたとは考えられない

570: 人間七七四年 2018/09/07(金) 15:14:43.88 ID:2scjysMc
>>563
どうして?

当時、時衆の寺の門前には戦の敗者など色々な理由で流れて来た人々が住んでいたようだよ
籍は寺にあっても俗人と同じような生活をしていた半僧半俗
様々な職人や商人も沢山いた
堺の自治都市とはまた違うけど、戦国大名の手の届かない、寺が保護する比較的自由な環境だったのでは?
時宗僧として各地を遊行できるから情報も集まる
当時の長崎称念寺はとても大きく、僧とともに和歌や医学などの教養も身につけることができたらしい
技術や教養をもって天皇や将軍、戦国武将に仕える人もいたらしい

明智光秀は教養があり、医学にも詳しく鉄砲の技術や築城や造船、架橋などの土木技術に長けてた、刀剣もマニアだったけど門前の人には刀剣の技術者も多かったらしい
その理由は10年もの長い間、門前に居たからなんだと逆に納得したけどなぁ
そこで様々な技能者とのネットワークができたんだと思う

571: 人間七七四年 2018/09/07(金) 22:29:44.77 ID:Ysvh/sMQ
光秀が越前の寺に10年いたのなら、美濃譜代の家臣はその間何をしていたのかな

572: 人間七七四年 2018/09/07(金) 23:45:58.69 ID:2scjysMc
わからないけど一緒に門前に居ることもできると思う

574: 人間七七四年 2018/09/08(土) 15:17:20.74 ID:44E96pk8
>>572
寺の門前に光秀主従とその家族が1555年から1565年までの10年間居候?
           ↓
1568年に、光秀が500人の家臣を率いて足利義昭を越前から美濃に送る
延暦寺、浅井朝倉軍との戦いでは、琵琶湖の城を光秀が攻略

ということがあるので、光秀が寺の門前で10年間寺でニートしていたとすると、光秀が信長と会ってすぐに軍功をたてていることから、つながらない気がする
光秀はニートではなく、美濃を出た後は武家で戦に出て経験を積んでいたのでは?

577: 人間七七四年 2018/09/09(日) 07:43:24.83 ID:ZCavtqvF
越前に拠点を置きつつあちこち巡ってコネ作りしてたってのが妥当な推測じゃないか

引用元: ・【本能寺の変】明智光秀/惟任日向守を語る9



明智光秀: 史料で読む戦国史

八木書店古書出版部
売り上げランキング: 77,095