41BQy5iyVoL



1: 日本@名無史さん 2017/04/05(水) 10:01:43.18
『 日本における「身分」や「家格」は天皇家との距離で決まる。
日本人はすべてこの物差しで<格付け>される。』
このテーゼは「宮中席次」「叙勲制度」「菊栄親睦会」という形で華族制度廃止後の現在にも当てはまる。 


主に北条氏関連の内容になってます。








2: 日本@名無史さん 2017/04/05(水) 10:07:14.92
【朝廷の枠内に収まってしまった幕府】
◆歴代の武家政権トップは自己と他の武士(大名・御家人など)を区別し序列化を図り、独自の秩序を作っていた。身分や家格のランクを表すものとしては幕府内の席次、主君からの偏諱・賜姓、衣服、邸宅の面積や門構え,屋形号その他沢山あるが、最も解り易いのは官位であろう。だが、官位と言うのは元来天皇との距離を示すツールである。
武家政権は朝廷から独立した組織と社会原理を創造・発展させながらも、「格付け」に官位を初めとする朝廷関連の「物差し」を主軸に持ってきた。
いくつかケースを書いてみる。

まず、豊臣政権を見てみよう。豊臣秀吉は関白になり、有力諸侯を積極的に公卿・諸太夫に任官させ、公家の家格制度に合わせて清華成大名・公家成大名を創出したことはよく知られている。秀吉は有力大名に豊臣姓を下賜した。松平や徳川などの苗字ではなく氏(うじ)である。
例えば家康は豊臣朝臣家康となる。秀吉は朝廷より「豊臣氏」の氏長者に任ぜられ、五大老などの豊臣氏一族の宗家となった。(続きます)

3: 日本@名無史さん 2017/04/05(水) 10:10:43.27
◆官位を最大限有効活用したのは徳川幕府であろう。
大名・旗本は石高や将軍家との親疎、歴史などで武家を格付けし、ことに官位は江戸中期にその家ごとに極位極官が定められた。それと徳川時代に初めて源氏の長者が将軍と完全セットになった。
(足利時代は義満から始まり義政あたりで終わった。詳細は各自で調査してね。)
ここで一つ指摘して置きたいのは武家の頂点である徳川将軍家である。
禁中並びに公家諸法度では宮中席次についてわざわざ皇族より大臣(三公)が上席と定められた。これは徳川宗家が左右大臣であるため、皇族より上位に付ける措置であった。公家側は猛反対したが結局押し切られた。徳川宗家は朝廷の席次で摂関家と同格になった。

次に鎌倉幕府を見てみる。幕府創設期 源頼朝は官位叙任を源氏一族に限定した。(のちに崩れるが)
また御門葉を創設し源氏一門を格付けした。(新田などの一部の源氏が排斥された)。まあ源氏云々は幕府内の格付けであるが、そもそも流人の頼朝が東国武士の棟梁に担がれた理由が「軍事貴族 源家」という貴種だったからであり、この「貴種」こそ「天皇との距離」が物差しとなっている。(続きます)

4: 日本@名無史さん 2017/04/05(水) 10:15:46.80
◆じゃあ、北条氏はどうなんだ、朝廷とはあんまり関わらなかったじゃないか、と言う指摘もあろうが、源氏将軍亡き後、京都より摂家・皇族を鎌倉殿に頂いて、一同「ハハーつ」と傅いておるわけだから何おか況やである。
朝廷より貴種を鎌倉殿に迎えることが政権存続のキモになっているわけだから、ある意味では朝廷との補完性が一番高い武家政権とも言える。 
また、官位上昇に興味が無かった北条得宗家も、その官位は従四位であり、足利氏(従五位)ら有力御家人の上位をキープし続けたことを留意しておきたい。

このように、歴代の武家政権は大名たちを序列化組織化するツールに朝廷の古臭い物差しをわざわざ積極活用したことに留意するべきである。 
そしてそれは現代にも当てはまる。日本人は天皇制から派生する「格付け」から無縁であったことは一度もない。(一旦終わり)

6: 日本@名無史さん 2017/04/06(木) 00:05:43.28
鎌倉幕府の武士の家格ってのもいまいちファジーだよね。席次争いなんかよく起っている。時代をある程度経過しないと、こういったものは整備されないのだろう。
江戸時代は石高制があったので大名小名他の経済力軍事力を数値化でき、あとは将軍家との関係性(親藩・譜代)等の変数を掛け合わせて序列化がある程度システマチックに可能だった。
鎌倉幕府の場合は先祖がどうたら、一族が各地に散らばっているとか、本家か分家か、家格を決める変数が多すぎて簡単ではない。 時代的にも江戸期のようにガチガチにする必要性も無かった。

7: 日本@名無史さん 2017/04/06(木) 22:23:13.31
北条の官位は低すぎるな。従三位か近衛中将くらいは貰っても良かった。

8: 日本@名無史さん 2017/04/07(金) 12:53:11.44
歴史家の細川重男は「北条氏は将軍になろうと思えばなれたがなれた」と書いてたが、東国武士の身分意識ぁらすればそれは有り得ない。北条氏は桓武平氏を自称していたが、仮冒の疑いがあり坂東平氏らの御家人たちから見れば自分たちの主君になるのは納得できない。
だから北条は得宗専制へと向かった。

11: 日本@名無史さん 2017/04/08(土) 12:33:32.78
細川重男はどこかで鎌倉御家人・御内人の一種の家格について書いていたな

鎌倉殿独裁期→執権政治期→得宗専制期を経て執権を支える評定衆となりうる家(その中でも引付頭人を輩出する層が上位)、次いで得宗を支える寄合のメンバーを輩出する家と分化し
得宗→寄合衆家→評定衆家という序列が形成されたという趣旨だった

少なくとも鎌倉政権内部では官位は家格や身分序列に関係なかった
(室町でもそうだが、これは二木謙一の研究を参照のこと)

また北条氏が将軍(というか政権の主宰者)になりえなかったのはその通りだがそれは単純に身分上の問題で侍からやっと諸大夫になれたくらいの北条氏では不可能
鎌倉の源家は諸大夫最上層であり殿上人も輩出しているので雲泥の差

13: 日本@名無史さん 2017/04/08(土) 13:33:01.79
源頼朝の構想だと、鎌倉政権の家格の序列は、源氏将軍→平賀・大内・足利などの源氏御門葉→北条・比企などの幹部御家人+大江などの上級文官 →準幹部御家人+一般文官
といった感じだったのかなと思う。
ところが、源氏将軍が断絶してしまい、権力構造が変化したことが、鎌倉政権の家格序列をややこしくしていると思う。

15: 日本@名無史さん 2017/04/08(土) 21:16:35.56
源氏将軍亡き後の鎌倉幕府(特に宮騒動以降)、なぜ幕府側がその滅亡の日まで京都から鎌倉殿を迎えていたのかよくわからない。北条が鎌倉殿になればいいではないか?等と考えてしまうのは後世の我々が後の2つの幕府を知っているからそういう発想をしてしまうのだろう。
「北条氏が将軍に鳴れなかった理由」としてよく挙げられるのが貴種“理論”である。
ざっくり言うと「鎌倉殿になれるのは貴種だけで、北条氏は貴種でないから。」ということだが、それも後知恵で単に得宗家の軍事的政治的ヘゲモニーを確立出来たのが貞時の時代と遅かった故ではなかったのか、とも考えられる。
まあおそらく理由はこれらの複合であろう。

16: 日本@名無史さん 2017/04/08(土) 21:18:31.77
身分とか階級とかいうものは、元々は財産の多寡、権力の大小などで発生し、それが権力者との血縁や人間関係などの諸要件が重なって決定される。それは個人からその子孫へと地位が継承され固定されて、「家格」となる。
どこの国でも同様の経過を辿る。しかしながら、この北条得宗家のように日本最大の権力と財力(正確には院の方が上か?)を持ちながら、公卿の羽林家以下の家格で、武家の棟梁にすらなれないというのは理解に苦しむ。
これに対して「得宗家は官位に興味が無かった」という意見もあろうが、この意見には「北条氏は望めば官位が上昇し、官位が上がれば貴種要件を満たす」という前提が必須である。
これもさらにしっくりいかない。

17: 日本@名無史さん 2017/04/08(土) 21:28:45.67
貴種の資格要件は官位だけではなく、「家柄」「出自」だったのだろう。
皇族>摂関家>軍事貴族>在地領主(開発領主)というヒエラルヒーを北条得宗家は乗り越えられなかったんだろう。

18: 日本@名無史さん 2017/04/08(土) 21:50:35.69
乗り越える気もなかったんじゃないの?
多分、時宗はその気になれば乗り越えられたと思う。
しかし、それは朝廷に接近するということでもあるから、故にそうはしなかったんだろう。
あんまり公武合体路線とか好まなそうだしね。

19: 日本@名無史さん 2017/04/08(土) 22:06:34.27
>>18
貴種ハードル越えはやはり無理だっただろうと思うね。時宗時代は得宗の北条氏一門内の覇権確立が未だ不十分だったし。元寇という国家の非常事態の時期でもあった。
当時 源氏信仰が強まった(北条氏自身がそれを流布したとの見方も)ので、少し考えられない。
ようは、得宗に鎌倉殿になる気があろうがなかろうが、越えられない壁が歴然と目の前に立ちはだかっていた。

20: 日本@名無史さん 2017/04/08(土) 23:13:32.21
>>19
いや、元寇の後の話。
多分元寇撃退の褒美とか言ってせびりゃ、朝廷はくれただろう。
しかし時宗は元寇後、公武合体よか朝廷を弱らせる道を取ったし、本当にどうでも良かったんじゃないかな?
なる気になればなれたと思うよ。
御家人共が反抗すりゃ霜月騒動みたいに大掃除をすればいいだけだしね。
その結果、どうなるかは分からないが。

21: 日本@名無史さん 2017/04/08(土) 23:36:55.56
官位を貰えたとしても 7代将軍源惟康の従二位の下だな。主君を超えるわけにはいかない。得宗が皇族将軍廃止して自分がその地位に就くとなると、全国的なゴタゴタが起こるな。大義名分が無いので人がついていかない。北条氏が鎌倉殿になることは全く不可能に近い。史実もそうなった。
ここが北条氏の限界でもあり、鎌倉幕府の基本構造だった。
北条氏が鎌倉殿になるには自ら鎌倉幕府を倒幕しないとダメだな。
それをやり抜いたのが足利尊氏だがな。

26: 日本@名無史さん 2017/04/09(日) 09:53:06.56
北条氏が鎌倉殿の地位に就くチャンスがあるとすれば、貞時のときだろう。
貞時のとき、得宗の権力が最大になった。
だが、嘉元の乱の失敗を見てもわかるように、貞時は一門ですら制圧に失敗している。後半生はその挫折感からか、酒びたりになり早世してしまった。

貞時の人生が得宗権力の強さと限界を示しているのではないだろうか?
そして、貞時の次の代には、北条氏は滅亡する。

後世の人は北条氏の権力について、過大評価して、その実態を見誤り、その結果、「北条氏は鎌倉殿になれた」「将軍になれた」「どんな高い官位にも就けた」などと考えてしまうのではないだろうか?

27: 日本@名無史さん 2017/04/09(日) 10:24:47.64
最近資料読んであっとおどろいたんだが、後鳥羽上皇が流された時、道中で「いつ死んでもいいように」僧侶がつけられてるんだね。
義時は、後鳥羽を、京を出たあたりで斬ってしまうことも考えたんだろうね。
今から考えれば、その決断は是非とも必要だった。
後鳥羽を斬っていれば、後醍醐だって斬られただろし、何よりも自分勝手なゴダイゴはびびって倒幕なんてできなかっただろう。義時は卑しい出だから将軍になれないなんて言われてるがそんなのは結果論。
彼は生前からて竹内宿禰の生まれ変わりと崇められた。竹内は人臣最高の地位なのだから、義時でも望めば関白太政大臣も有り得たと思う。

29: 日本@名無史さん 2017/04/11(火) 13:38:34.08
天皇家と関係を結び、地位を高めようと試みたのは藤原氏や平家だけではない。
頼朝が娘の入内を企み(挫折)、徳川秀忠が娘を入内させ次期天皇を産ませたり、足利義満が自身の正室を准三后とするなどは、天皇家との距離を狭めることで家格を上げることに努めた。
これとは反対に北条氏が天皇家と距離をとったことは日本史上では異例の事だった。
北条氏が巨大な権力と反比例して、朝廷ヒエラルヒーの中では下位に甘んじたことは政治的判断としては正しかった。
低い出自を逆手に取って有力御家人たちとの摩擦を最小限に抑えることが出来たからである。長期安定政権の秘訣はここにあったと言える。

30: 日本@名無史さん 2017/04/11(火) 21:08:54.04
今谷明氏によると天皇の権威が最も低かったのは室町時代(前半)だという。
足利義満時代の一番“底”を過ぎ、権威復活の最初の一手になったのが永享の乱における「治罰の綸旨」の発給だった。義満は有力大名の討伐はあくまで将軍の権威において行い決して朝廷を介在させなかった。
しかるに6代義教が治罰の綸旨と言う禁断の果実に一度手を出してからは、その後頻繁に頼るようになった。
天皇の権威は戦国時代にさらに高まる。 鎌倉開府以降 武家の叙位叙官はすべて幕府(官途奉行)の奏請を必要としたが、戦国期には大名と天皇が直接官位のやり取りをし始める。幕府の力が弱まり金欠病になった天皇が官位のバーゲンセールをやり出した。
その結果 官位の“市場価格”が下がり、大内義興の従二位、三木頼綱(勝手に姉小路家を称した)の従三位などが平気で現れた。(続く)

31: 日本@名無史さん 2017/04/11(火) 21:14:11.14
武家が朝廷より官位を受けることに異論を唱えたのが新井白石である。
白石は大名が官位を得るーーつまり、「朝廷の臣下となる」ことで将軍家と大名が天皇の下では対等になってしまうと考えた。
白石によれば、明徳・応永の乱は有力大名の内心にこういった意識があったため起こったとする。
ゆえに幕府は朝廷より独立した身分制度が必要であると説いた。
この白石の指摘は尊王論が高揚した幕末期に現実となった。

33: 日本@名無史さん 2017/04/11(火) 23:00:32.78
>>31
新井白石の指摘は、非常に鋭いと思った。
確かに、江戸幕府は、自前の官位を作り、朝廷の律令制の官位を受けないことにしてもよかったはずだ。徳川宗家の当主自身が征夷大将軍の官位を受けることさえ不要で、単に「江戸殿」でよかったはずだ。「江戸殿」が大名や旗本に自前の官位を授ければよかった。
そうすれば、江戸幕府は尊王論にゆさぶられることはなかった。

34: 日本@名無史さん 2017/04/12(水) 00:42:39.20
>>33
こういう画期的(ぶっ飛び)な説が新書本で出ている。

「源氏と日本国王」(講談社現代新書)
https://www.amazon.co.jp/%E6%BA%E6%B0%8F%E3%A8%E6%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E7%8E%8B-%E8%AC%9B%E8%AB%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%B0%E6%9B%B8-%E5%B2%A1%E9%8E-%E5%8F%8B%E5%BD%A6/dp/4061496905

征夷大将軍より源氏長者が重要だった!とする、目から鱗(鼻から牛乳)の新解釈である。

36: 日本@名無史さん 2017/04/12(水) 07:40:52.36
>>34
この本は征夷大将軍職が権力の原泉であることに疑義を呈しているなどの点で問題提起としてはよかった
その後の論理展開は…

37: 日本@名無史さん 2017/04/13(木) 11:53:10.95
>>33
家康の征夷大将軍就任は豊臣家の「武家関白制」に対抗する手段でもあったと思う。
これで最終的に武家関白制(豊臣家の世襲)を廃止出来たし、家康も豊臣家康から源家康に戻れた。
家康の政権確立にはこういう手続きが必要だったんだよ。でないといつまで経っても家康は豊臣政権の筆頭大老のままだ。
執権北条氏のようなスタイルで権力世襲もあり得るが、やっぱりいつまでも豊臣家の家臣というのはねえ。

32: 日本@名無史さん 2017/04/11(火) 22:52:24.14
義時・泰時・時頼・時宗など、歴代の執権(得宗)の特徴は、とても勤勉に実務をこなして働くことだと思う。この「実務をこなして働く」ということが実質的な権力につながっているように見える。ちょうど、省庁の課長が毎日夜中まで働き、実質的に省庁を動かしているようなものだ。

「課長はなぜ大臣になれないのか?」と論じても仕方ないのと同様、「執権はなぜ将軍になれないのか?」と論じても仕方ないのではないか?
実務者が精力的に実務をこなして、実質的に組織を動かすこと自体に使命感を感じていたと理解すべきなのではないか。

34: 日本@名無史さん 2017/04/12(水) 00:42:39.20
>>32

参考:東大の入試問題と解説“北条氏が将軍になれなかった理由”
http://www.geocities.jp/michio_nozawa/10hatten/hatten9.html

引用元: ・天皇制と身分制度について持論を吐き出すスレ



北条氏と鎌倉幕府 (講談社選書メチエ)
講談社 (2015-08-28)
売り上げランキング: 62,070