51mv0qKKQGL



1: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:14:31 ID:zGD
しばしばおすすめされたんで水滸伝はついに購入したんやが楊令伝と岳飛伝はどうなんや?








2: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:15:09 ID:Q6N
岳飛伝は途中まで面白いが悲劇やからな

4: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:16:23 ID:zGD
水滸伝は満場一致で面白いやったけど楊令伝と岳飛伝はつまらないという人もおったんで購入するか悩んでるんや

16: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:25:13 ID:O1a
ハードボイルド

18: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:31:18 ID:j7y
北方はゲバラ書きたい病だからなあ
歴史小説として読まなかったら面白いわね

19: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:32:59 ID:zGD
>>18
聞けば徹頭徹尾反体制派らしいな
水滸は五回読んだガチ勢やがそれはそれで楽しみにしてるで

20: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:36:38 ID:j7y
>>19
北方は中身の本質が常識人で善人なんよね
ブルースリーが好きで自称純文学だから作品としては大好き

21: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:37:59 ID:jK8
岳飛あんまり強くないゾ

23: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:38:46 ID:zGD
>>21
あの時代で岳飛強くせず話成り立つのか?

24: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:40:50 ID:jK8
>>23
まあまあ強いけど梁山泊2代目とかオリキャラがな

25: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:41:47 ID:zGD
>>24
なるほど
岳飛伝といいつつ水滸伝関連の人物が主役張ってる感じ?

26: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:41:54 ID:fut
楊家将読んでどうぞ

27: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:42:25 ID:zGD
>>26
好き過ぎて憤死するほど読んだぞ

29: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:42:41 ID:fut
>>27
ワイは六郎すこ

31: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:44:07 ID:zGD
>>29
ワイも大好きやぞ
弓比べで六郎の弓を敵が引くことすらできなかったあのシーンすこ

30: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:43:17 ID:jK8
>>26
北方の?

32: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:44:20 ID:zGD
>>30
北方版の楊家将あるんか?

34: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:44:52 ID:fut
>>32
上下と血涙って後日談があるで

38: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:46:06 ID:zGD
>>34
あるんか
ワイも読んだことない
ワイは勉誠出版の南宋史伝、いわるゆ楊家将演義ってやつやな

43: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:49:05 ID:fut
正直北方水滸伝はあの終わり方のまま終わっても良かった気がするわね

45: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:51:00 ID:zGD
>>43
楊志の息子の楊令が後継者になるとか聞いた
説岳の楊再興に当たるであろう人物の単独の話は超面白そう

47: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:53:17 ID:fut
>>45
林仲「吹毛剣はお前に返す」
宋江「この旗がお前を生かす」
泣けるで

50: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:56:13 ID:zGD
>>47
そういうのぐっとくる
この趣味わかる人ほとんどおらんやろうけど人物がバタバタ死んでいくなかで後代が現れるのすげー好きだわ
楊家将の四郎五郎六郎や三国の関興張苞や説岳の岳雷あたりが後を継いだ興奮よ

62: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:04:13 ID:fut
>>50
まぁ中華史の醍醐味やな
ただ岳飛伝なら英雄の裏で悪役やりながら王権をなんとか延命しようとする秦檜みたいな奸臣がいてこそ

64: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:06:00 ID:zGD
>>62
秦檜はそういう書かれ方か…
そこだけはあまりすこやないな

67: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:08:05 ID:fut
>>64
まぁ猛虎が攻めて来なかったらこいつ易姓革命起こすやろってスタンスやからな

71: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:09:39 ID:zGD
>>67
史実とだいぶ違うわ
癖が強いとも聞いていたがどういう解釈してるか興味あるなそれ

72: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:10:53 ID:fut
>>71
解釈ってか歴史シミュレーションハードボイルドファンタジーやから

75: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:13:24 ID:zGD
>>72
せやったら歴史的事実に脚色を加えるの域で考えないでファンタジーとして楽しむのがよさそうやな

76: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:14:24 ID:fut
>>75
あと後書きの吉川晃司すこ

78: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:15:11 ID:zGD
>>76
なにそのハードボイルド×ハードボイルド

81: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:16:57 ID:fut
>>78
「シェシェシェシェーシェ」
※要約
「北方の親父すこ」

82: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:17:11 ID:zGD
>>81
??????????????

89: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:20:23 ID:fut
>>82
昴で連載してたころ対談したとき何言ってるかわからんけどとりあえず愛を感じた
それを後書きにして編集が文庫の最終巻近くで起こして文字化したんや

95: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:24:05 ID:zGD
>>89
何言ってるかわからんけどとりあえずで草生える


聞いた限りでは合う合わないがありそうなんやな
届いたらまず読んでみて続編はそれから考えてもよさげか

52: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)22:59:27 ID:OAl
北方謙三の小説は騎馬隊が無双しているイメージが強い

55: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:00:06 ID:zGD
>>52
騎馬専門の特殊部隊がいると聞いた

56: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:00:35 ID:arW
黒騎と致死軍の安定感

70: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:08:59 ID:Cld
とりあえず水滸伝一巻読んでみ
原作じゃ微妙な鮑旭とかにもスポットライトあたってておもろいで

85: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:19:03 ID:UbC
上の方でも言われとるけど北方の本質はハードボイルドなんでそれが楽しめるならOK
別にこれって歴史物でやらんくてもええよなって気付いたらアウト

87: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:20:01 ID:Cld
北方水滸伝は死に様がホント好き

102: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:32:05 ID:fut
ソープ行けおじさんは死に様の描写が凄いわね
三國志の一巻で孫堅が射ぬかれるのは良かったわ

103: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:34:05 ID:zGD
>>102
梁山のメンバーは半分位が地味に死ぬからそこを改善していてくれたら嬉しいわ

114: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:50:57 ID:jK8
あっそうだ
北方先生一人殺すの忘れてたよなあ

115: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:51:19 ID:zGD
>>114
誰?

116: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:53:39 ID:jK8
>>115
催命判官さん
かわいそう

117: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:54:42 ID:zGD
>>116
これまた微妙な名前が
死ななかったなら結果オーライやろ(適当)

118: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:55:32 ID:jK8
>>117
死ぬ描写ないまま存命人数減ってました(小声)

119: 名無しさん@おーぷん 19/05/31(金)23:56:18 ID:zGD
>>118
あっ・・・(察し)

引用元: ・北方謙三の水滸伝・楊令伝・岳飛伝に詳しい人おらんか?



水滸伝 一 曙光の章 (集英社文庫)
集英社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 54,603