1: ごまカンパチ ★ 2019/07/06(土) 20:05:31.79 ID:MBgCNFvi9

福岡県朝倉市一木の下原遺跡で弥生時代中期中頃の最古級のすずりが出土していたことが、柳田康雄・国学院大客員教授(考古学)の調査で分かった。
同時期のすずりは同県糸島市や佐賀県唐津市で確認されているが内陸部は初めて。
日本独自の形状が普及していた可能性も強まり注目される。柳田氏は7日に糸島市で開く講演会で公表する。

1981年の調査で住居跡から見つかり、当時は砥石(といし)とされていた。長さ14・6センチ、幅6・7センチ、厚さ2センチ。
黒色顔料が全面に付着している。時期は同時に出土していた土器から判断した。
これまで大分県日田市や熊本県阿蘇市などでも見つかっているが、時期が分からなかったり、弥生時代終末期だったりしていた。
今回内陸部でも最古級と判断できるすずりが確認されたことで、柳田氏は「朝倉周辺では中国の青銅器をまねたと考えられる土器も早くから出土しており、背景を考えなければならない」と言う。

今回のすずりは、黒色顔料の付着具合から中国や朝鮮半島で確認されている机にはめ込んで使う長方形のものとは違い、当初から一辺を斜めに切断したように加工されていたと考えられている。

(以下略)

全文は
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/524741/ 









4: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 20:10:00.36 ID:87zyvulP0
>>1
これはすごい

9: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 20:16:53.11 ID:Eemp1xXV0
すずりはあるのに文字の使用や文書はなかったなんてありえるのか

14: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 20:21:00.94 ID:DaUUUfT80
>>9
高温多湿の日本の気候で当時の技術で作った紙が持たなかっただけじゃ…

23: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 20:40:16.36 ID:+ylVgIWi0
>>14
まだ紙は普及してない
木簡か竹簡に書いてた。

11: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 20:18:52.15 ID:oFir3PwX0
文字を書いたのか、絵を描いたのか、何かの薬にしたのか?

12: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 20:20:31.90 ID:2OnLG+JT0
全身に刺青をしてたって魏志倭人伝に描写されてるから硯が在っても不思議じゃ無い

29: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 20:43:58.94 ID:oFir3PwX0
この時代にちゃんとした文字があったのなら、古事記は何故あんな
へんてこりんな漢字の使い方をしたのだろう?

31: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 20:44:10.18 ID:w8iht3p00
文字くらい使えなきゃ大陸と貿易できないだろ
半島には漢人も多かったし、逆に文字使ってないほうが不自然

44: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 20:55:43.60 ID:GMc5yFDQ0
だいたい奴國も邪馬壹國も国書を携えて後漢や魏へ朝貢したわけやろ。文字すら書けないわけがない。そんなの相手にできんやん。

46: 婆 ◆HKZsYRUkck 2019/07/06(土) 20:59:21.67 ID:eHb7N7p70
>>44
晋書倭人伝に「泰始初遣使重譯入貢」という文章が出てくるな。
「(晋の)泰始元年に遣使し、通訳を重ねて貢を納めた」と。

あんまり語学は堪能じゃなかったっぽい。

62: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 21:20:04.26 ID:+ylVgIWi0
>>46
それ「(晋の)泰始元年に遣使が重ねて貢を納めた訳である」 でしょ
泰始元年に遣使が2回来たってことでしょ。

68: 婆 ◆HKZsYRUkck 2019/07/06(土) 21:23:06.50 ID:eHb7N7p70
>>62
おりょ、そうなん?
ネットで検索したかぎりじゃ「訳を重ねて」が優勢な気がする。

51: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 21:07:31.92 ID:Ju8JWnUc0
春秋戦国時代のどこかで漢字は伝来していたのではないかな。

56: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 21:12:51.28 ID:mnJel69p0
黒の顔料が付いてたってことはやっぱり文字を使ってたんだろうな
これまでは顔料の情報が無かったから朱丹を潰すのに使ったとかの説もあったが

59: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 21:16:40.62 ID:ENcQFkqF0
漢字と言うけれどアルファベット26文字と違って、膨大な漢字が書かれた辞典のようなものがいるだろうし、当時の大陸の商人が漢字を使いこなしていたのか、数字と年月日と売る買うぐらいの利用だったか。

69: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 21:23:38.05 ID:MxEEPkJs0
硯があるということは王朝があり官僚がいて漢字を使っていたということ

101: 名無しさん@1周年 2019/07/06(土) 21:46:15.20 ID:0bo+TF8V0
これ文字を書くため使ったとは必ずしも特定できないだろ。
倭人はみんな入れ墨してたってあるからそのために使った可能性もある。

引用元: ・【考古学】最古級のすずり 内陸部にも 朝倉・下原遺跡で出土、弥生中期中頃 黒色顔料が付着 福岡