1: しじみ ★ 2019/07/12(金) 12:55:16.58 ID:U8qTSzcE9
南米ペルー沿岸部の砂漠には、長い乾期がある。そしてこの地域で古代に栄えてきた文明、インカやナスカ、チャビン、ワリなどは、いずれも雨期の降水を最大限に活用する方法を知っていた。

首都リマから車で2時間のところにあるアンデスの山村、ウアマンタンガでは、住民たちが今も1400年前の技術を利用している。古代水路「アムナス」だ。

アムナスは石造りの浅い水路で、雨期に降った雨水はここを通って砂と岩の多い場所まで流れていき、地中にしみ込む。水は地表より地下の方がゆっくりと流れるため、地下に入った雨水は、しばらく経った後で地中から泉となって湧き出る。つまり、雨期の水が乾期に使えるようになっているのだ。

このほど、この古代水路アムナスの機能が初めて調査された。アムナスはアンデス高地の各地にあり、放棄されたものも多い。だが、修復して活用することで、世界第2位の砂漠都市であるリマをどれだけ支えられるか、研究者たちが試算した。人口1000万に届こうとしているリマではダムや貯水池を設けているものの、それでも不十分で、平均的な乾期には4300万立方メートルの水が不足する。リマの水の総需要は、年間8億4800万立方メートルだ。

雨期にリマク川流域を流れる水の34.7%をアムナスに移すことで、9900万立方メートルの水を乾期に備えて貯めることができ、これは必要量の2倍以上になると、研究者たちは報告している。この研究結果は、学術誌「Nature Sustainability」6月号に掲載された。

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/071100405/








2: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 12:56:02.99 ID:pu/9SmRD0
ローマ帝国 「・・・・・orz」

3: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 12:56:59.12 ID:0HRmCvAs0
地下ダムか

9: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 13:00:22.50 ID:/EmAC6Br0
そりゃ1400年前の人間と今の人間は脳みそ変わらないからな

11: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 13:00:44.50 ID:1g56bY4v0
1400年前に人類がポンと生まれたわけでもないし
その技術をその当時の人類は既に5000年くらい使ってたかもしれんし
そういう意味じゃ今より部分的には科学が発展してたやろ

54: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 13:36:12.96 ID:XtmX50lG0
>>11
というより、今の近代文明も古代中世からの基礎はあるものの大体1800年ぐらいからのたかだか200年間の出来事。古代でも70歳90歳の人が居たらしいし、親子孫位の時代で一文明ぐらい築ける力は昔からあったんだよ人類は

13: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 13:02:29.10 ID:woMvEC2r0
インカのことはみんな知っている
あえて先住民なんて言いかたしてることにポリコレ臭を感じる

21: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 13:07:27.68 ID:NblkaCCG0
>>13
結局のところどんな人たちだった可能性が高いの?

98: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 15:52:57.22 ID:fvRInkJZ0
>>21
平和を愛してれば誰からも攻められないと信じてた人たち

101: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 16:03:02.85 ID:qNzDUZfd0
>>98
インカとか南米の王国も中米に負けないくらい戦争も皆殺しも生贄もしてたよ

18: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 13:05:34.59 ID:2RBfxJxw0
凄いな、未だに恩恵を授けてるなんて、大尊敬。

20: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 13:06:29.67 ID:mpi6JbCT0
人は記憶型と思考型に大別できる

>>1 画像を貼れよ
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/071100405/02.jpg?__scale=w:400,h:600&_sh=07b0f70f10

ちなみにこっちは同時代の日本の古墳の排水溝
http://ktmrj15.webcrow.jp/p22sz/sz103miike09.jpg

28: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 13:11:11.09 ID:JmKNRBiQ0
アジアの乾燥地で発達したのと同じ理由と原理だな。
山脈がうけた天水をあつめることが集落成立の必要十分条件だったというか。
トウモロコシが熱帯性で水を大量に欲するので、米州全土で水源管理は発達した。

43: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 13:22:44.84 ID:ZYf3qrQv0
たまに現代人より古代人の方が頭良かったんじゃないかなと思うことあるよね

50: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 13:33:44.37 ID:/4hYP/d+0
必要は発明の母ってやつだな
中東でも地下水路掘ったりしてるよね
日本は水路よりも治水で水害対策が多かったけど

51: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 13:34:47.17 ID:Elq4vkR40
数千年に渡って代々その土地で暮らしてきた人らに生きるための知恵で勝つことはできんよ
北海で無敵を誇ったヴァイキング達のグリーンランドコロニーは自然に敗北しあっという間に滅亡した

56: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 13:38:07.39 ID:o5+xBPRi0
こういうのいいよなー

81: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 14:09:42.46 ID:v0Tjrviu0
地下にそんだけ溜められんの?

82: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 14:11:45.10 ID:Lkc1ZHf70
>>81
忍野八海で検索

89: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 14:24:52.06 ID:w4DfsxEP0
ふと思ったのだが、山崩れ・土石流・山体崩壊が
盛んに起こったりしないだろうか。心配してあげる。

93: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 14:56:54.87 ID:BdMIFisZ0
ペルーだの南米の先史文明は色々と辻褄が合わない技術力があるからなぁ
誰がそれを設計し構築したのか、謎は深まるばかり

107: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 17:42:49.00 ID:2YZqmwuA0
>>93
単に試行錯誤でしょ
おそらく膨大な年月と失敗の連続が土台にあると思うぞ

94: 名無しさん@1周年 2019/07/12(金) 14:59:29.37 ID:lDXRKRC+0
設計が正確ってよりもそういう所だけが生き残ってるってことじゃ?

123: 名無しさん@1周年 2019/07/13(土) 02:20:02.34 ID:y8XPsJJp0
元々は天然の小川でもあって、それと泉との法則性に誰かが気付いたってことなのだろうかね

135: 名無しさん@1周年 2019/07/13(土) 07:29:23.72 ID:85WERYje0
リマからナスカへ向かうバスの景色がほとんど砂漠地帯で所々にオアシスが現れる

引用元: ・【ペルー】1400年前の古代水路が現代の水不足を救う、研究 驚くほど正確だった先住民の治水施設