61h1xZFhOwL



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/01/24(木) 02:38:28 ID:1Cas2mwg0
ここは横山光輝先生の中国史漫画を語るスレです。
『三国志』『水滸伝』『項羽と劉邦(若き獅子たち)』『戦国獅子伝』『史記』『殷周伝説』
などの作品を語ってください。








2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/01/24(木) 08:12:26 ID:qdkjJ0ZeO
自分はこの人の三国志を読んで初めて中国史に興味を持つようになったな
その後、項羽と劉邦、史記を読んで中国史にのめり込んでいった

3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/01/24(木) 08:21:38 ID:zraRf54HO
小学校の図書館にあったが難しくて投げたっけなw

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/01/24(木) 13:05:13 ID:9GFaQu4sO
あらかた読んでるけど『戦国獅子伝』は結構おもろかったなぁ。

主人公の名前は忘れたけど、こいつの親父の燕王が強かったり、こいつが宋に仕えて活躍したりと、マイナーな国のことが描かれていてよかった。

時代は戦国初期だったのかな?
孫ピンとホウケンの話しに絡んでたし

戦国獅子伝 1


249: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/04/22(火) 06:55:53.26 ID:I7K9ctHb0
戦国獅子伝は高校の時に初めて読んだけどあらすじは全く覚えていないがエログロのオンパレードで初見はショックだったな 
登場人物が悉く救いようのないクズか悲惨な最後の奴ばっかりで感情移入出来る奴がいなくて困った 
得にBBAのセッ〇ス描写がキモ過ぎ、読んだ時は喉に酸っぱいものがこみ上げて来る感じでその日は飯が食えなかったのを覚えてる 

(主人公) 
・張飛みたいな親父の愛人誑かして親父にバレて殺されそうになるも親父返り討ち 
(暗黒雲) 
・張飛みたいな親父にチンコ切られる 
・幼少時、略奪兵が家に押し入ってカーチャン(BBA)が渋々脱衣して兵とセクロス開始、少年黒雲、兵とカーチャンやってる上から二人ともメッタ刺しで殺害、仲間の兵がやってきて「殺したの誰?」問いつめる、隣にいた兄貴が「コイツです」と言った側から兄貴も殺害して逃走 
・どっかの身持ちの堅い賢母(BBA)を手○ンだけでイカせまくりながら「この世に貞淑な女なぞいる筈無い」等とのたまう(BBAその後殺害される) 
(恵王) 
・包丁親父の娘を昏睡レ○プして殺害 
・包丁親父に娘の死体を大勢の前で捌かさせて大喜び、客同情するどころか包丁非難(その後包丁も殺害される) 
・奴隷の若い男女を全裸にして「無事に渡ったら平民に昇格」とか空手形切って燃え盛る焚き火の上に敷いた丸太の上を歩かせる、女が途中で足滑らせて焼死、男も「俺もすぐ行く」といって火に飛び込んで焼死、それを観て大喜び 


何て言うか、漫画をそのまま捉えて言ってもしょうがないけど 
いつの時代でも中国人に生まれた時点で9割は人生オワテル感じなんだな

251: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/18(水) 18:40:58.52 ID:kyQDYY7YO
>>249 
名前忘れたけど、ドカベン似のアイツはスゲーいいやつだったぞ。

254: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/01(火) 00:55:22.43 ID:L1OcSH010
>>251 
武虎はあれが後の孟子とか無理があるなぁw
363: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/18(日) 18:39:06.89 ID:BpboJ7p60
戦国獅子伝は武虎が孟子になる予定だったとかちゃんと終わらせてほしかったな 
文庫本で燕子雷の子の子竜に対して怨黒雲が言った台詞が変わっていたのが残念 
母と交わり母を斬る文竜以上の親不孝ってのが良かったのに 
それと怨黒雲は母者も兄も俺を裏切ったとか言ったけど母は裏切ってないような 
横山先生の中国史漫画では一番好きかもしれない

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/01/24(木) 13:29:41 ID:ZCzI5Qsh0
後の方になると考証もしっかりしてくるんだが水滸伝や三国志の初めの頃はカタカナ語が出て来たり地方官が皇帝の冠かぶったりしてて楽しい

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/01/24(木) 17:23:28 ID:iY5R4mPG0
史記で荊軻が匕首の試し斬りする相手が死刑囚だったのはセンセイの優しさゆえだろうが
秦の役人でもヌッ頃した方がヒットマンらしかったように思う

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/01/25(金) 19:12:21 ID:d7jLjDJJO
この人の代表作は『三国志』なんだろうけど、吉川英治の筋書きを流用してるよね?
おかげで、同じ筋書きを読むのが苦痛になって、吉川『三国志』を途中で投げたしたよ。

信長とかは山岡総八原作とか書いてあったけど、『三国志』には確か原作者名は書いて無かったと思う。これって著作権的に大丈夫だったのかな?
芙蓉姫とかおもいっきり吉川の創作キャラだし。

まぁ、吉川の著作権を持ってる人(遺族か?)がおおらかな人なのかもしれんが、変に揉めて横山『三国志』が読めなくなるよりましか。

70: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/15(月) 10:49:20 ID:7M3L0gY00
>>8
>おかげで、同じ筋書きを読むのが苦痛になって、吉川『三国志』を途中で投げたしたよ。

それはもったいない
原作吉川だけど、端折って漫画化してないエピソードが多いのでちゃんと読むべきだ

例えば
・孔明の嫁が出てこない
・敗走する玄徳に自分の嫁を殺してその肉を食わして(善意で)もてなすおっさんの話
・関羽の百里行のとき玄徳の嫁は正室と側室の2人いた(側室が最初に出た芙蓉姫)
・趙雲が子供を抱いて曹操軍を突破したとき、正室は助かり井戸に身を投げて死んだのは芙蓉姫
・曹操が袁紹を滅ぼす話が丸々カット(これだけで単行本2~3冊のボリューム)され
 劉表と玄徳の会話の回想にされていた。
他にもたくさんあるから漫画との違いがかなり楽しめますぜ
294: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/18(土) 03:37:50.57 ID:aPhEHNcs0
横山三国志では劉備の師・盧植は黄巾の乱のとき連行されてそれっきりだが、吉川三国志では十常侍の乱のときに再登場し、董卓の皇帝廃位論に反論して官位をはく奪され隠匿する。 

俺は横山三国志のあとに吉川三国志を呼んだので、盧植先生があのあと処刑されてなかったことに安心したw

230: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/05(水) 22:11:19.66 ID:sQuCs60L0
袁紹をあんなかませ丸出しの小悪党ではなく、呂布並にスポットあてて官渡の戦いをしっかり描いていたら横山三国志は70巻いってたな。

231: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/05(水) 23:43:03.12 ID:iHqKRqSG0
>>230
雑誌を移籍して、主人公劉備不在の話ができないような状況になってしまったのだから仕方だない
アニメだと1話だけど、ちゃんと書かれてたんだけどな

232: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/06(木) 00:49:45.83 ID:RJCkgFzx0
せめて公孫サンの扱いもう少し良くできなかったん?

234: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/08(土) 11:28:13.77 ID:r8zXWMX/0
・袁紹、公孫にもスポットをあてる
・晋が統一するまで描く

これで100巻余裕

235: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/08(土) 15:22:44.71 ID:ewIMh+Yv0
吉川さんは孔明死亡でその後書く気なくなったから五丈原で終わり
まだダイジェストながら横山さんは蜀の滅亡までは書いてる

237: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/14(金) 17:41:12.70 ID:s6rEW9OW0
今更気付いたが三国志1巻でスパイて単語出しちゃってたのな

243: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/21(金) 21:46:18.30 ID:A9Yl+XEt0
>>237
盛大に花火打ち上がってるからな

238: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/14(金) 20:45:50.25 ID:vP28pRZv0
最初は少年誌だったんだっけ?
なら仕方ないような気もする

240: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/15(土) 17:02:01.64 ID:+qlUPgbp0
トムって少年誌だったっけ

242: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/16(日) 12:20:17.18 ID:cPdWeSnpO
>>240
私が購読していたのは『三国志』の後期から『項羽と劉邦』の頃だったが、あまり少年誌という感じではなかった。
その頃に連載していたのが『風雲児たち』とか『石の花』だったせいもあるが。

244: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/28(金) 19:56:53.89 ID:V6kU4Zcj0
初めて横山三国志を読んだ時死体にカラスが群がってる画が凄い怖かった記憶

247: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/04/13(日) 15:59:06.97 ID:8rpmWbkFO
うろ覚えだが
横山史記ってビックコミックゴールドっていう雑誌に連載されてた
ビジネスマン向けとして創刊された雑誌・のはず

だから最初は新時代を切り開く官僚を取り上げてたのかな
途中から楚漢戦争になったが


256: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/05(土) 21:50:48.35 ID:4LsWgy2Y0
今更ながらやっと殷周伝説読んだぜ!
主人公の呂尚の初登場が4巻の57ページとはすごい作品だ しかも72歳w
前半はおもしろいけど後半は延々と戦っているだけでイマイチだな 人間ドラマがもっと欲しかった

時代的な古さに違和感を感じるな~
この時代に瓦とかあったんだろうか
wiki見ると最古の瓦は前8世紀 日本だと6世紀らしいし
城壁も石で高く組み上げられてたのか疑問だ
基礎は石でも上は土塀程度だったんじゃないのかとか
鎧や武器なんかは始皇帝時代とたいして違わないのかな
これはあまり気にならん

殷周伝説―太公望伝奇 (1) (Kibo comics)


262: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/07(月) 03:13:20.68 ID:r8FHvCVj0
>>256
水滸伝だって主人公の宋江が一巻の最初からいたわけじゃないでしょ

258: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/06(日) 00:15:29.23 ID:XtqrzhPL0
殷周伝説はとてもじゃないが、服や家などの物が殷時代だとは思えないな
まあ藤崎版封神演義と比べたらだいぶマシだが

259: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/06(日) 00:34:50.53 ID:TZ/nUAswO
いやー、だって本来の原作封神演義自体が殷代なのに明代の風俗や官制・地名ばっかりなんですもん。
殷周だけ時代考証しっかりしろ、は酷いってもんで。
でも御大自身が生前語ってた通り、殷周執筆時の絵の崩れ方はヤバかった。

261: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/06(日) 10:24:33.10 ID:P2FkRxtS0
兵数も疑問だな 終盤は周軍30万 殷の降伏兵30万+同盟軍 
対する殷軍は100万以上らしいけど
そんなに人いたのかね

始皇帝時代の全人口が2000万くらいとすると殷の終わりは多く見積もっても1000万
戦いの舞台周辺に限ると600万 半分が女で残り300万
年齢制限や職種や病気で兵士対象から外れるのが半分で残り150万人
…あれ? けっこういるなw

263: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/08(火) 21:24:22.21 ID:0R8dMoW60
横山三国志で好きなキャラは張飛と司馬懿だ
自ら行動し騒動を巻き起こしつつ物語を引っ張る張飛は主人公クラスだな
間違いなく前半~中盤のヒーローだ
後半は苦悩する司馬懿から目が離せねえw
子供の頃や出世途中のエピソードが欲しかったなあ

孔明の南蛮行は話が長すぎ 
孟獲がウザくて… 7度も捕まってんじゃねえ!

264: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/09(水) 00:24:50.15 ID:r1h4MuVM0
>>263
関羽・張飛・劉備が次々死んで、悲しくなった読者はみな南蛮行のギャグっぷりに癒されたのだ

265: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/09(水) 03:20:35.25 ID:ow/BuwHq0
>>263
実際に七回負けたんだから仕方ないんだよぉ・・・

逆に孟獲が孔明を七回負かすという民間伝承もあるんだぜ

267: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/09(水) 08:23:41.02 ID:aI7RiO/n0
>孔明の南蛮行
わかった 
羅貫中ががんばりすぎたんだな
やりたい放題書けるのはこの部分だけだし
当時としては最大のファンタジーメルヘンに思いを馳せ創作に没頭したに違いない
筆が走ったろうなw

兀突骨なんかは少年漫画でよく出る大きな敵キャラ(徐々に普通サイズに戻っていく)の
初登場時のインパクト狙いみたいな思惑だったに違いないw

312: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/24(金) 20:20:19.77 ID:NhQcOGVM0
>>267
超亀だけど南蛮戦は俺も大好きだわ
劉備が亡くなって暗い雰囲気をスカっとさせてくれる孔明無双。

趙雲が命令違反を唆して魏延が止める立場だったのがちょっと意外だった
魏延…この頃はいい奴だったのに…

268: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/09(水) 11:01:10.31 ID:ckQimuzt0
ゴツトツゴツ?がワイルドなヘビの丸かじりで
さすがの孟獲、祝融夫人も唖然

269: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/09(水) 12:17:07.06 ID:ow/BuwHq0
ヘビよりも猿の生首の方が不気味だった

270: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/09(水) 18:37:38.43 ID:lMGAohUU0
冒険物語として新体制での南蛮編は楽しいし最高の構成

274: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/09(土) 19:00:10.88 ID:+uZtV9q00
中国ドラマの項羽と劉邦観ていよいよ終わりそうなんだが、ダラダラのグダグダ過ぎる
御大はまとめるの上手いな…
(中国ドラマの)水滸伝はかなり良く出来てる

266: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/07/09(水) 07:51:17.59 ID:Botw1Cj60
横山先生は史記で何故秦恵文王蘇秦張儀屈原辺りの時期はスルーしたんだろうか?

278: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/21(日) 12:30:04.54 ID:BWhkdYQv0
史記に出てくる戚夫人って定陶出身ってあるけど、定陶って項羽に虐殺されたんじゃなかったっけ?

279: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/23(火) 17:41:35.83 ID:A5sn18CS0
城外に住んでたんだろ

280: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/24(水) 19:22:20.42 ID:4LkBNraTO
生き残りぐらいいたんでしょ

281: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/24(水) 19:36:01.57 ID:Xj5oQg750
女はあまり人間にカウントされなかったとか


300: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/20(月) 02:36:35.99 ID:hZ3iLiJk0
ヒマなので『項羽と劉邦』と『史記』のキャラ比較をやって見た。

・韓信
『項羽と劉邦』:不思議な雰囲気が漂う天才、完璧超人。
『史記』:天才だが出世欲の強い俗物。

・李斯
『項羽と劉邦』:善悪ともに中途半端な小悪党
『史記』:清廉潔白な悲劇の宰相

・王陵
『項羽と劉邦』:知勇兼備の名将、プチ韓信
『史記』:頑固で単細胞なヒゲ親父

・虞姫
『項羽と劉邦』:常識家で家臣の対項羽の切り札。
『史記』:死ぬ為の出番。

・呂稚(呂后)
『項羽と劉邦』:冷たい感じのする美人、でも夫思い。
『史記』:優しそうな雰囲気漂う奥さん、天下統一後は妖怪。

呂稚のビジュアルはないと思ったわー
子供の年から考えて10年経ってないのにあそこまで劣化するか普通…
でもこんだけキャラ変化があっても項羽と劉邦はぶれてないのな、さすが主人公。

308: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/20(月) 23:20:00.74 ID:Xy+jVeP30
>>300
陳平と蕭何もだいぶ違うな
陳平は『項羽と劉邦』だと普通の文官っぽい顔なのに『史記』だとイケメンに
蕭何は『項羽と劉邦』だとほっそりとした神経質そうな文官で、『史記』だとポッチャリ目のおおらかそうな文官

320: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/27(月) 21:31:51.99 ID:TLGlZ85J0
>>300
韓信は完全に前者のイメージなんだが、末路などを考えると実際は後者のほうが実像に近いのかなぁ。

李斯は超有能かつ腹黒ってイメージなので、どちらも微妙に違うんだよなー。

301: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/20(月) 10:27:15.49 ID:agSdfXfn0
項羽と劉邦での韓信のキャラは良かったよね 顔のデザインも特張的で一目で認識できる

史記で気になったんだけど 秦vs趙の長平の戦いで白起将軍が趙の「敗残兵40万人!!」を生き埋めにしたらしいがそんな事可能なんだろうか

東京ドーム満員で5万としてその8倍の人数だよね
漫画のシーンでは数十人の描写だったし想像つかないな~

303: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/20(月) 11:25:20.27 ID:hZ3iLiJk0
飢えて殆ど生きる屍状態だったから出来たんだろうね

作中では説明なかったけど埋められた塹壕はもしかして廉頗の築いた堅固な要塞の奴じゃないかな
40万人を収容できる砦なら相当広くて深いだろうし

韓信は劉邦に叩き起こされるシーンが印象的
「どこかで聞いた声だな…げぇっ! 大王!」

304: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/20(月) 13:53:49.58 ID:Ozwt32fY0
数字は10倍まで盛って良いとの話だが、それにしても凄い人数ではある

306: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/20(月) 17:29:14.46 ID:yrNrs8VL0
項劉韓信はキザっつーかかっこつけな雰囲気がある(股くぐりの場面すら)
だからこそ酔いつぶれた時の慌てっぷりに笑ったw

史記韓信はそういう雰囲気は全く無い冴えない兄ちゃんになってた

309: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/21(火) 02:48:21.00 ID:Dyy52QBq0
>>306
史記の股くぐりでは韓信が何かと計算してたのが何かやだったな。
「恥は一時」って当然の考えなんだろうけど何だか普通の人っぽい
顔色一つ買えず平然とくぐるのが
ある意味常識で測れない天才らしくて良かったのにね。

323: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/04(水) 20:13:26.92 ID:zGMXuOZe0
三国志は面白い。
ただ面白いだけ。

史記は人生でも役に立つ感じ。
我、鳥獣に非ずで一念発起しました。

326: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/04/02(木) 23:38:57.31 ID:Nm10GW4e0
>>323
あれで李斯をはじめてかっこいいと思ったw
330: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/23(月) 23:01:07.88 ID:8p48sdCB0
李斯って末路のせいでたいがい小人物だけど、横光の史記では主人公級の扱いだから、李斯に対するイメージがかなり変わったわ。

331: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/12/08(火) 09:00:49.03 ID:oQUtw6rb0
李斯って、30年くらい前小学校の学研漫画中国の歴史見て好きだったから 
御大の史記でのかっこよさがうれしかったのを覚えている

333: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/03(火) 09:54:44.17 ID:Wij1XIpF0
李斯ってさあ 
史記だと利発そうな顔立ちで有能キャラとして描かれてたのに項羽と劉邦じゃ、ただのおっさんキャラになってて、宦官(三下キャラ)に一方的にハメられボコられてたよね 
この急激すぎる深刻なかませ化は何なの? 
DB超の悟飯の比じゃないぞ

334: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/04(水) 04:23:50.58 ID:K/BdpvWq0
>>333
項羽と劉邦の後に史記が書かれたからむしろ逆 

歴史小説とかでもよくある事で、同じ人物でも作品によって描かれ方や評価が違うっていう書き方だな

324: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/22(日) 22:49:09.12 ID:Txicgd+T0
史記の韓信は凡人っぽい顔だったな
項羽と劉邦だといかにも天才肌なイケメン顔だったのに

325: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/03/04(水) 18:10:42.73 ID:yLJZ7gjk0
横山光輝項羽と劉邦より
「斉景公は秦を滅ぼした」


やったぜ。

335: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/04(水) 13:08:46.78 ID:lVkSUjk/0
横山史記で蘇秦と張儀やって欲しかったな
今じゃ史記に矛盾がありすぎて書ききれないのかな?

336: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/05(木) 10:37:36.50 ID:JNU20nZL0
史記に矛盾ってあるんだ・・・
今日まで評価が高いからそういうのはほとんどないと思ってた
まあ、確かに当人しか知らないはずの話が記載されてる不自然はあったけど

337: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/05(木) 12:00:31.80 ID:YwfeGlXh0
合従連衡で有名な2人なんだけど
特に6国宰相になったと言われる蘇秦の業績に矛盾が多いみたい

338: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/05(木) 16:09:29.36 ID:zk8KKFK90
というか「史記」をそのまま信じると蘇秦の活躍期間がやたら長い事に

340: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/05/06(金) 03:10:30.35 ID:2vA0wa7R0
焚書坑儒で秦以外の六国の資料が乏しかったらしいね
だから秦の宰相の張儀はだいたい正確だけど六国宰相の蘇秦はあいまい

342: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/14(日) 14:07:31.47 ID:zOzH9b6d0
「史記」のエピソードで
呉子(呉起)が高級の女官達を訓練するというやつで、従わなかった皇后達をオノで斬首するというエピソード

あれを取り上げたあたり、横山先生って本質的に女性が嫌いだったんだなと思った

あと始皇帝の中傷を隕石に書き込んだ村を全員焼き殺した話で、女を身ぐるみ剥いでムチ打ちとか、かなりリョナも入ってた

漫画家って、女がものすごく好きか、ものすごく嫌いな人が多いなと思った
中間がいないイメージ

343: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/14(日) 14:59:57.79 ID:8wkHvIcy0
それ呉起じゃなくて孫武な

347: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/08/15(月) 11:17:06.95 ID:mWV8/H010
孫武が妃妾たちを練兵する話は別に女性嫌いがあって描いたわけじゃないと思うが
なんでおかしな勘ぐり方するんだろう

364: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/19(月) 20:33:26.82 ID:z0yAeOh80
水滸伝を読み終わったけど、やっぱ後の歴史漫画と違ってかなり荒削りだな
終盤がダイジェストなのも残念
それでも後の三国志などの中国史漫画にはないギャグとかあったり色々新鮮で楽しめた

365: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/19(月) 22:56:43.83 ID:hRXli6kp0
活劇と割り切ってて完成度は高いんだが、ちっとも水滸伝としての醍醐味を味わえないな
三国志よりよほど中国を理解できるものなんだが

366: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/30(金) 17:17:38.52 ID:JdjwS25Z0
そう言えば孔子の漫画は描かなかったんだよなあ
それと水滸伝は小説でも田虎や王慶戦をやらないのが多いから残念
百八星終結以後の遼討伐や三大反逆者戦を読みたい

375: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/02/26(火) 21:49:24.98 ID:04YieSc60
三国志は于吉仙人と左慈のところで一気にテンションが下がる
あの逸話は描かないでほしかったわ

377: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/03/02(土) 15:28:45.66 ID:2OTI6bUE0
三国志は徐庶がいつの間にか消えたり、韓遂が行方不明のままだったりするのが気になる。

379: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/05/25(土) 13:53:02.24 ID:YIc/WFhG0
横光の中国物シリーズも
キングダムの登場により、風の前の塵と成り果てた

380: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/05/27(月) 09:53:51.59 ID:ZHMT2jPy0
キングダムが許されるのは中高生まで

引用元: ・横山光輝中国史漫画総合スレ



三国志 (1) 桃園の誓い (希望コミックス (16))
横山 光輝
潮出版社 (1988-11-20)
売り上げランキング: 47,710