51Es9ocP-AL



1: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)11:52:40 ID:Zi5
絶対高句麗が勝つやろこんなん


no title








2: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)11:52:55 ID:Zi5
なお

5: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)11:55:43 ID:maD
高句麗とかいう隋や唐の侵攻を何度も防ぐやばい国

6: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)11:55:53 ID:Zi5

第一次高句麗遠征→高句麗「撃退しといたぞ」
第二次高句麗遠征→高句麗「殲滅しといたぞ」
第三次高句麗遠征→高句麗「撃退しといたぞ」
第四次高句麗遠征→高句麗「流石に限界だから和議結んどいたぞ!でもやっぱり朝貢はしないぞ」


第一次高句麗遠征→高句麗「撃退しといたぞ」
第二次高句麗遠征→高句麗「撃退しといたぞ」

中国相手にしてこれやし

22: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:03:28 ID:PRF
>>6
武則天すごい

7: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)11:56:48 ID:3Te
あんな辺境までちうごくが本気出す訳ないやろ

8: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)11:57:28 ID:maD
>>7
煬帝はガチやったやろ
大運河も高句麗遠征のためやし

11: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)11:59:47 ID:Ei9
日本「救援しなきゃ」

なお

13: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:01:12 ID:Zi5
>>11
白村江とかいう日本の黒歴史

14: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:01:34 ID:RIv
>>13
よくあれで国生き残ったと思うわ
168: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:41:11 ID:Had
白村江はそもそも船で出兵出来た時点でおかしいやろ
遣唐使の時点で船の座礁率結構高かったはずやし

175: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:48:49 ID:PRF
>>168
なにより戦後処理はよくわからないまま壬申の乱という謎の流れ
国が一体になって国防しなきゃあかん状況なのに

陰謀論好きのワイは壬申の乱は唐派と反唐派の争いかと思ってる

183: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:57:22 ID:baT
>>175
唐派と反唐派の争いはあったと思うで
負けた時に国は割れやすいしその2派で争ってても不思議やない

179: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:52:24 ID:5xj
>>168
北路は比較的安全だった
死ぬ思いで行くのは南路のほうやろ
鑑真とかは中国サイドの影響で南路選ぶことになったから何度も失敗した


no title

180: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:52:58 ID:RIv
>>179
なんで北路行かなかったんや?

181: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:55:04 ID:5xj
>>180
唐と新羅が当時戦争してたから朝鮮半島経由で行けなくなった
16: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:02:04 ID:Zi5
三国史記とか結構おもろいで
新羅の脱解王が倭出身とか普通に書いてるし
脱解尼師今は、新羅の第4代の王(在位:57年 - 80年)で、姓は昔、名は脱解。吐解尼師今とも記される。

脱解が船で渡来した人物であることを示す挿話などと併せて、出生地を韓国では満州またはカムチャツカ半島と見る意見ともしくは日本列島内の小島に所在すると見る向きが多く、丹波国、但馬国、肥後国玉名郡などに比定する説があり、上垣外憲一は、神話である以上、他系統の伝承が混ざっているだろうと述べた上で、脱解は丹波国で玉作りをしていた王で、交易ルートを経て新羅にたどり着いたというのが脱解神話の骨子であるとし、神話の詳細な虚実は措くとしても、昔氏は倭国と交易していた新羅の氏族だと推測できるとした。

19: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:03:02 ID:Zi5
脱解王とか瓠公とかいう新羅の重要人は倭人や

21: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:03:28 ID:RIv
>>19
じゃあ韓国は日本やった…?

24: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:04:07 ID:Zi5
>>21
日本府もあったしな
これは向こうの学者も認めとる

29: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:06:00 ID:3Te
脱解王卵から生まれたとか本当は倭人やないやろ

脱解尼師今

『三国史記』新羅本紀・脱解尼師今紀は、誕生及び即位については以下のように記している。

倭国の東北一千里のところにある多婆那国で、その王が女人国(不明)の王女を妻に迎えて王妃とし、妊娠してから7年の後に大きな卵を生んだ。王は王妃に向かって、人でありながら卵を生むというのは不吉であり、卵を捨て去るように言った。しかし王妃は卵を捨てることに忍びず、卵を絹に包んで宝物と一緒に箱に入れて海に流した。

23: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:03:35 ID:uIy
元寇の時にモンゴルに振り回されるイベントおもろそう

25: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:04:19 ID:UzJ
>>23
高麗「すり寄って日本侵略を進言しておいたぞ。」

33: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:07:13 ID:maD
>>25
これガセやな
侵略する上での助言を求められて答えただけってのが歪んでるんやな

42: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:08:39 ID:UzJ
>>33
はえー
それでしっかり巻き込まれて国民殺されまくるのも悲しいな

44: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:09:21 ID:PRF
>>42
南宋もそうやで
一番とばっちりやろ
81: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:17:58 ID:Zi5
高麗末の倭寇、元、中国と戦わなければならない状況は結構面白い

87: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:19:20 ID:RGe
高麗が元寇にやる気出なくて船造り手抜きしてたみたいな説間違いらしいね
むしろかなり手の込んだ作りだったらしい
そもそも日本攻めを進言したのが高麗いう説もあるし

99: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:21:13 ID:baT
>>87
攻めるようにまでは言って無いらしいで
元が攻める気満々やったけど準備がダメダメやったから
攻める対策を色々進言したらしいのは確か見たいやけど

26: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:04:41 ID:Zi5
ちなみに高句麗だけやなくて高麗も異様に強い
李朝だけ雑魚

28: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:05:50 ID:Zi5
新羅→高麗→李朝が今の朝鮮人の正統ルーツやね
もちろん高句麗や百済の血も混じっとる

37: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:07:28 ID:UzJ
>>28
モンゴルの血も入っとるしな

34: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:07:20 ID:5xj
三韓征伐知らんのか?

39: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:07:52 ID:PRF
>>34
あれ何でか知らないが教科書にないらしいな

41: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:08:32 ID:Zi5
>>39
政治的にめんどくさいからしゃーない
だからちうごくが一番朝鮮史ではリードしてる
広開土王碑が本物ってのも証明したし

43: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:09:17 ID:Zi5
広開土王碑だけに刻まれてる蔑称とかもある模様
百残とか

52: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:10:29 ID:Zi5
定期的に文明破壊してる(されてる)国やから昔の書籍や史跡がほとんど残ってないんよな
百済語とかどう話されてたか全くわからんし
交流のあった日本や中国の記録からは高麗くらいまではそれなりに栄えてたみたいやけど

57: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:12:20 ID:UzJ
>>52
このあたりモロ中国の影響よな
自らの正当性を示すために前支配者の残したものを壊しまくる
現在でも同じ事しよると考えたら少し理解出来るが同意したくないわね

61: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:12:46 ID:3Te
>>57
言うて王朝変わったら資料編纂するし

72: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:15:04 ID:baT
>>61
大化の改新でも有ったと言われてるからな

78: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:16:52 ID:PRF
>>72
壬申の乱の前後で確実に改変あるやろうな

55: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:12:02 ID:Zi5
未だに旧百済地域と旧新羅地域の中が悪いってのが草生える

65: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:13:28 ID:K5L
今の伽耶って全羅道とかやろ?
バリバリ差別されてるのは倭の植民地だったせいか?

84: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:18:32 ID:ZJS
>>65
歴史の影響が全く無い事はないんだろうけど
政治家の対立や光州事件が大きいんじゃね?


104: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:22:17 ID:Zi5
百済とか新羅とか高句麗とか国名がかっこよくてすこ
かっこいいというかは名前が綺麗やな

108: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:23:02 ID:UzJ
>>104
これは今もなおやな
やたら綺麗な名前に拘るわね

117: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:25:02 ID:Zi5
前後の流れから考えて高句麗は外国勢力なんやが
前半のほとんどは高句麗に圧迫されつつ倭国の援助で対抗
今と変わらんから実はあまり面白くはない

で、後半新羅が伸びてくるんやが何で伸びたんかよー分からん

131: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:28:20 ID:UW6
>>117
済や加羅取り込んでから大きくなったってことはその地域が豊かやったんやない?

134: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:29:30 ID:Zi5
>>131
その百済らへんの資料がほんまに残ってないからそれすらもよく分からないという…

141: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:31:03 ID:sEn
>>134
百済は敗北者やからな
なお助けに行こうとするヤマト

143: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:31:42 ID:Zi5
>>141
敗北者…?
そういえば日本に百済王子の子孫が何人かおるみたいやな
大内氏もその噂があるし

123: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:26:17 ID:5xj
渤海とかいう日本とめっちゃ交易してたのにいつの間にか消えた謎国家すこ
後の満州やろか?
関連記事
【朝鮮民族の王朝?】 渤海 【中国の地方政権?】



125: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:26:37 ID:Zi5
>>123
高句麗がそのまま渤海になった説とかもあるからな

127: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:27:37 ID:RIv
>>125
高句麗が一回なん等かの理由でバラけてその残党の豪族が集まって
渤海になったと思ってたわ

132: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:28:59 ID:5xj
>>125
靺鞨が母体でそこに高句麗の難民が合流したかんじじゃね?
靺鞨語が公用語だったみたいだし

138: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:30:20 ID:Zi5
>>132
その辺の勢力の集合体てわけか
靺鞨(まっかつ)て呼び方狂おしいほど好き

128: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:27:44 ID:Zi5
白頭山が噴火して滅んだ説とかもあるから渤海はロマンやわ

130: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:28:15 ID:PRF
渤海と契丹と女真族と鮮卑と高句麗
満州はそういうのがごっちゃでようわからん

137: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:30:13 ID:z52
>>130
中華と半島と騎馬民族とシベリアがぶつかる地域とか意味わかんなくて当たり前だよなぁ

150: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:34:32 ID:uIy
KOEIも企画くらいはしたことあるんやろか

151: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:35:30 ID:Zi5
>>150
ないやろ
あんまおもろくないからなこれといった武将もないし

154: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:36:29 ID:RIv
>>151
まず資料が少ないのに武将の名前が残ってる筈もないわな

152: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:36:09 ID:NxP
この辺りはややこしいしあんま学ばんしなぁ…
日本人的には百済関連だけやし…

153: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:36:26 ID:lr9
この三国時代はいつ頃なんや?

162: 名無しさん@おーぷん 19/05/13(月)12:39:53 ID:Zi5
>>153
4世紀から7世紀まで

引用元: ・百済・高句麗・新羅の三国時代とかいう朝鮮史のクソゲー



朝鮮三国志 高句麗・百済・新羅の300年戦争 (Truth In History)
小和田 泰経
新紀元社
売り上げランキング: 533,947