61qZJgX5jbL



1: 人間七七四年 2014/11/18(火) 01:57:56.92 ID:JLm9a0cx
上杉謙信?顕如?今川義元?斎藤義龍?徳川家康? 







2: 人間七七四年 2014/11/18(火) 03:29:11.22 ID:kGIyYVUG
なんだかんだで快川国師のような気がする

4: 人間七七四年 2014/11/19(水) 04:55:46.89 ID:AQHojZeC
織田は徳川との同盟が生命線だったから徳川家康

5: 人間七七四年 2014/11/19(水) 08:34:42.29 ID:jSXe47pQ
信忠だよ

7: 人間七七四年 2014/11/20(木) 08:47:09.21 ID:6nJR8tM3
武田信玄だろ

後、本願寺顕如とか

9: 人間七七四年 2014/11/20(木) 22:06:38.70 ID:xmWlYdEN
明らかに勝頼だろ。

10: 人間七七四年 2014/11/25(火) 15:50:37.01 ID:660brRRz
初期は今川義元、武将では上杉謙信、寺院では本願寺、本当は徳川家康

14: 人間七七四年 2014/11/30(日) 19:31:59.83 ID:h8wxssyB
>>10
家康はありえない
いつでも潰せたし

16: 人間七七四年 2014/12/02(火) 22:02:15.36 ID:NVHi7Le4
俺も快川に一票

17: 人間七七四年 2014/12/03(水) 01:18:18.50 ID:RlAIAGSC
親父だろ

18: 人間七七四年 2014/12/03(水) 09:47:20.12 ID:ezHLUEqW
快川と信玄と謙信と佐久間信盛と秀吉

26: 人間七七四年 2015/01/28(水) 07:43:36.04 ID:cE6kvvnc
今川義元じゃないかな
あの時点での織田家は明らかにザコ。
選べる手段も限られた中での今川軍との合戦は正気の沙汰じゃないわな

32: 人間七七四年 2015/03/26(木) 10:24:18.73 ID:qIBBI9PV
本願寺顕如じゃないかなあ。
後半は他の戦国武将は相手にならないと思っていたはず。

33: 人間七七四年 2015/03/26(木) 16:59:42.64 ID:KS2pykqz
斉藤道三→今川義元→武田信玄→上杉謙信・・・後は怖いものなしか・・・

36: 人間七七四年 2015/05/15(金) 06:12:13.57 ID:eHH2rRwe
武田信玄だろうな。
病死したときは躍り上がって喜んだと思う。

38: 人間七七四年 2015/06/06(土) 12:33:51.46 ID:+FtnkfV1
毛利輝元だと思う

実際、長期に渡って激戦を繰り広げたのは毛利が群を抜いている
家来に稀代の名将羽柴秀吉がいなかったら、織田も毛利におされていたと思う

45: 人間七七四年 2015/06/13(土) 03:03:59.23 ID:2++u12rw
毛利はないわ
あんなの時間だけ与えて羽柴に任せてたら一進一退こそあれどうにでもなる類いの舐められてる典型
対して顕如には最前線で自分が指揮取ってるし、上杉には毛利と同じ方法取ったら自軍が敗走してエライ目にあったんだから、この2つは毛利より明らかに強い
毛利輝元が石山本願寺と10年戦いながら武田や上杉ともしのぎ合うなんて不可能
自慢の水軍も本願寺が集めた勢力いないと高性能な鉄鋼船を造られて壊滅させられる有り様
元就でも無理だわ

43: 人間七七四年 2015/06/09(火) 09:05:55.89 ID:4WTH1qSH
上に立つ者にとって有能な息子ほど恐ろしい物は無いよ

44: 人間七七四年 2015/06/09(火) 10:16:46.43 ID:tyoAUFkM
>>43
無能でも家が滅びるから問題あるよな
家康が幸運だったのは秀忠が武官としては大したことないが文官としては優秀だったこと

57: 人間七七四年 2015/06/29(月) 10:35:13.88 ID:5F7GJI/A
恐れたのは信玄だろうな

58: 人間七七四年 2015/06/29(月) 10:45:34.61 ID:bg/BmMDE
信玄恐れるくらいなら謙信のほうが恐れてたでしょ

59: 人間七七四年 2015/06/29(月) 12:13:06.36 ID:3LBld9IY
合戦の強さでは怖いのは謙信だろうけど現実問題脅かされたのは信玄じゃないかな?徳川が蹴散らされて詰む寸前

60: 人間七七四年 2015/06/29(月) 12:33:50.69 ID:5F7GJI/A
謙信と敵対したころって信長も足元固まってるからな~

61: 人間七七四年 2015/06/29(月) 19:07:00.36 ID:3LBld9IY
そうそう
だからやっぱり恐れたって言うか死を覚悟したのは今川義元のときくらいじゃないかな

65: 人間七七四年 2015/06/30(火) 18:31:44.54 ID:E1AKHQhO
荒れ果てた京都を復興させて畿内統一するまでの間だろうな
武田信玄・上杉謙信あたりかやはり

94: 人間七七四年 2015/07/19(日) 03:32:30.21 ID:hvN+/ikp
別に誰相手でも厄介だ難敵だとは思っても
恐れてはいないんじゃなかろうか

恐れる位なら桶狭間の時点で降伏してそう

95: 人間七七四年 2015/07/31(金) 22:36:42.76 ID:OGn1tSiu
>>94
わかってないな
桶狭間の時は命懸けられても、そこから天下を目の前にして欲をかいていけば人は変わってくる
命も惜しくなるし、人一倍用心深くもなる
庶民が金持ちになって変わるのと一緒

96: 人間七七四年 2015/08/24(月) 04:20:47.14 ID:u4DnGXpZ
庶民ならそうだろうが、士族は庶民と違う

97: 人間七七四年 2015/12/10(木) 21:55:06.31 ID:JtvIEVLg
てか仮に人が変わるとしても、天下目前の状態で一体どこの誰を恐れるって言うんだと

誰と戦うにせよ、もう部下に全部まかせりゃ良くてどこを敵にして何回か手痛く負けようとも後方から圧倒的な兵力をどかどか送ってりゃ良い立場で誰も恐れる必要なんか無いでそ

106: 人間七七四年 2015/12/27(日) 19:52:11.88 ID:EIiQCBx6
>天下目前の状態で一体どこの誰を恐れるって言うんだ

後世の歴史家さ。

・・・冗談はさておき、信長が生涯恐れてきた相手は”身内”かも。
謀殺という非常手段を使った相手は弟・信行だし、本能寺の変で最初、嫡子 信忠の謀反を疑ったみたいな話 (『三河物語』)もある。

戦国の世、武田信玄の例のように父子で争う例も少なくない。
最初、事変を自分の影響力を恐れ、疎ましく思った息子の仕業と考えたのかも。
信長は革新的な自分が趙の武霊王と似ていると感じ、彼の轍を踏まぬよう嫡子に全幅の信頼置いたが、やはり、同じく息子に討たれるのか?
と(当初、あるいは光秀の黒幕を息子と)思ったのかも。

実際は二条城で最期をとげた息子は裏切っていなかった。
ただ、光秀側は世間の非難は足利義昭を担ぎ、織田家中での非難は信忠を担いで避けようとした可能性はないか?それゆえ当初、信忠への攻撃は甘かったのでは?
信忠の家臣には美濃出身が多く、光秀の家老斉藤利三の縁者もいて光秀側としては重臣を通し若い信忠を仲間に引き入れようとしたのでは?
彼らの縁者である信忠の重臣たちも旧来の武士として、絶対君主の信長により「一所懸命」の精神を踏みにじられた長宗我部氏や光秀たちに同情し、謀反に加担したのでは?
主君信忠を傀儡の身から実権ある当主に変えることを大義として。

他方、信長が不覚をとった理由は当時は隠居し、あまり自分が出しゃばれば息子が育たないと当主の信忠に権限委譲していたからでは?

実際、信忠は裏切っていなかった。ただ、事変に自身の重臣が関与し、もしくは、自身の不注意で父を死なせたことを悔い、偉大な父に認められ、愛されるという生涯の目標を失った悲しみで、また、重臣たちも主君の気持ちに染まって光秀軍と戦ったため、そのような話は伝わっていないのかも・・・所詮、妄想だけどね。

101: 人間七七四年 2015/12/26(土) 13:58:49.78 ID:CVcck6MD
まあ桶狭間に関しては負ければゲームオーバーだし信長にとっては唯一自勢力以上の相手との戦いだから議論からは外したほうがいいのでは?
ここでのテーマは基本的には天下握ってからの信長が一番恐れた敵ってことでそ?

102: 人間七七四年 2015/12/27(日) 00:48:58.59 ID:InDBj75F
実際信長って武田や上杉の事どのくらいわかっていたのだろう?
東北とか関東にも旅行で行ったこともないんだろうし。

129: 人間七七四年 2017/03/15(水) 14:44:17.10 ID:BqdiaTGR
>>102
信玄はともかく、謙信に対しては御機嫌伺いの書状や贈り物が複数現存しているので間違いなく恐れていた事は伺える。
仮に手取川の戦いが無かったとしても七尾城落城後に織田が支配した加賀南部を放棄して全軍越前に撤退し、空になった加賀最南端の城・大聖寺城を一向一揆軍が占拠した記録が残る。
ちなみに石川県南部と福井県北部では加賀と越前国境まで来ていた信長が美濃方面に命からがら逃亡したとの逸話が残ってるな。

112: 人間七七四年 2017/02/10(金) 10:57:06.43 ID:acSHMQKQ
信玄かなあ
信玄謙信死んでた後は怖いものなしって感じだったんだろうか

てか大河とかだと大抵、山崎か賤ヶ岳の戦いに勝った秀吉がいきなり天下人とか言われてるけどその場合、本能寺の変の前には信長がすでに天下人って言われてなきゃ成立しないやん

もし本能寺がなかったら信長は紀州征伐~小田原征伐まで行けたのか?

115: 人間七七四年 2017/02/11(土) 22:17:26.69 ID:Ua06m4uE
義元、顕如だろうな
信玄、謙信は非常に厄介な相手と思った程度で恐れたとは違う

116: 人間七七四年 2017/02/11(土) 23:23:16.72 ID:kCOZyopN
織田信秀

118: 人間七七四年 2017/02/14(火) 08:20:18.12 ID:ddhGZ0Qu
息子織田信忠
本能寺のときは始め、信忠が謀反起こしたと思ったらしい

141: 人間七七四年 2018/03/11(日) 07:00:35.78 ID:WZ0453+u
上杉謙信に貢物を贈っておべっかを言い続けたから謙信を恐れたっておまえら馬鹿?
そうじゃなくて本願寺の宿敵は1に謙信、2に信長だったんだよ。
本願寺包囲網に信長と謙信しか参加してないのだから土下座してでも謙信に媚びへつらうのは当たり前だろ?
ガチに恐れたのは本願寺だよ。実弟を二人も殺されてるんだから。

149: 人間七七四年 2018/03/15(木) 08:41:41.03 ID:Ifc5Hec9
朝廷だと思う、ともかく煮ても焼いても食えない、すぐつぶせそうでいて、実はへたに天皇家を刺激したりすると、全国の勤王武将が黙っていないという

引用元: ・信長が最も恐れた男は誰なのか? Part2



現代語訳 信長公記 (新人物文庫)
太田 牛一
中経出版
売り上げランキング: 14,348