518JFGBJTJL



1: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)07:58:34 ID:omx
全部事前に徹夜で書いてきた
特にアレクサンドロス大王の所は滅茶苦茶がんばったから見て欲しい








5: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)07:59:08 ID:yte
見るで

7: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)07:59:20 ID:omx
全部50個分に分けてるからよろしく

じゃあ解説してく
アレクサンドロスまでは最初は即効終わらせる

9: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)07:59:48 ID:omx

猿人
原人
旧人
新人

こうして人類は進化してきました
新人は今の人間と同じ
ここいらの○○人ってなってる時は旧石器時代

11: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:00:12 ID:omx

そしたら農耕・牧畜が始まりました

農業をすると用水路みたいに川から水を引く、という大規模な工事が必要となるので自然とリーダーが出来初めます(灌漑農業)
そのリーダーの権力が次第に強くなっていって王となります

これが王を中心とする国家の始まりです。

13: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:00:48 ID:9PL
狩猟すっ飛ばしてて草

14: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:01:01 ID:omx
はじめに言っとくけど、アレクサンドロスの所頑張ったから、そこまでは流れだけね
いきなりアレクサンドロスだと流れ分からないから流れだけ言うだけで

15: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:02:20 ID:omx

メソポタミア文明①
場所
no title

まず最初に出現した国家はシュメール人によるウル、ウルクなどです
ウルクの王はかの有名なギルガメッシュ

17: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:03:08 ID:omx
3.25
ギルガメッシュについての補足
ギルガメッシュ王の物語、という世界最古の物語がる。
この物語中には旧約聖書に書かれているノアの箱舟と類似した話が書かれている、旧約聖書の元ネタにもなっている。
あらすじとしては暴君の限りを尽くしたギルガメッシュを止める為、神が粘土からエンキドゥを作り出すが、ギルガメッシュはエンキドゥと仲良くなって2人で冒険をする。
神が召還した聖牛と戦ったり、エンキドゥが死んだり、洪水があって船で助かったり(ノアの元ネタ)、そして最後に不死の草を手に入れるが、蛇にそれを食べられてしまい、そうして彼は疲れきって自国に戻り、物語は終了。

19: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:03:57 ID:omx
3.5
シュメール人についての補足
no title

↑シュメール人
宇宙人説まで出ているシュメール人ですが、彼らは最古で最大の都市国家を作った他、凄い事色々やりました。

1:世界初の文字の発明(楔形文字)
2:1週間は7日と決める
3:60進法(現在1分は60秒、などと残っている)
4:太陰暦

そして彼らは自らを「混ざり合わされた者」と自称し、文明は神(アヌンナキ)から与えられたと言っています。
神話ではアヌンナキは宇宙人で地球で金を発掘するためにシュメール人を作り出して地球に送った、解釈されたりも。
ちなみに彼らが国を作る前に先住民がメソポタミアにはいたのだが、シュメール人はどこからか急にやってきて国を作り、その後④で説明しますが、あっけなく滅亡して歴史から姿を消します。(ちなみに現在も民族系統不明)

20: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:04:53 ID:omx

メソポタミア文明②
しかし、シュメール人はセム語系(アラビア語とかの元)の人たちに滅ぼされます。(一瞬だけ勢力回復はしましたが)
そうして次にメソポタミア地域の覇者となったので有名な人は「ハンムラビ王」
「目には目を、歯には歯を」のハンムラビ法典で有名です。
↓ルーブル美術館で実物が見れます(普通に近くまでいけます)
no title

21: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:06:12 ID:omx

メソポタミア文明③
ハンムラビ王の国はヒッタイトという現在のトルコから来た国にやられてしまいます
no title

このヒッタイトという国は「鉄」の作り方を独占していました。
なろう扱いラノベ「百錬の覇王」でスマホ片手に主人公が無双していく物語でも、最初にスマホで「鉄」の作り方を調べ、無双しました。
つまり、それくらい鉄の武器は強いという事です。(その時代は青銅器が主流)

23: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:07:17 ID:omx

メソポタミア文明④
しかし、その最強ヒッタイトは「海の民」という全てが未だに謎という集団に滅亡させられてしまいます。
更に「海の民」はエジプトにも攻撃して衰退させるだけでなく、陸上主流のアラム、海上主流のフェニキア、ヘブライ王国(ユダヤ)のように周りにいる物は所構わず攻撃するバーサーカーです。

しかも彼らは壊すだけ壊して、征服などをする事なく何処かに消えてしまう文明クラッシャーです。
現在はメドポタミアの話ですが、ギリシア世界にも乱入してきて、ギリシアを暗黒時代にさせてしまいます。

暗黒時代についての補足
途中まで順調に発達してきたギリシア世界(詳細は後で)は突然「海の民」に攻撃されて、400年間文字による記録がなく、何が起こっていたのかが全く分からない空白の400年間の事を暗黒時代という。
※ 暗黒時代以前には文字はちゃんとありました。

28: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:09:40 ID:omx

オリエント①
その後アッシリアという国がオリエント統一を果たしました。
しかし、アッシリアは武力で強制的に国を治めてたので反乱たくさんで即効滅亡。
4つの国に分かれます。
no title

オリエントとは「太陽の昇るところ」という意味です。
太陽は地図と右から昇ります。
ヨーロッパから見ると、オリエントは右ですね。

よく国語で欧米中心の世界とか主題に出されるけど、オリエントって呼び方も欧米中心の影響。
関係ないけど国語とかはこういう出題されやすいテーマを知っておくと、どういう話にもっていくか分かるから便利(評論)

29: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:10:33 ID:omx

オリエント②
そうして次に分裂した4つの国をまとめ上げたのはアケメネス朝ペルシアです。
この国は優しかったので、反乱もあまり起きなかったので長続きしました。(更に統治の仕方も上手かったです)
↓赤い所
no title


すっごい広いです。

30: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:11:01 ID:omx
こっからのアレクサンドロスの話したいがために、ここまで書いたからアレクサンドロスの話だけでも聞いてくれると嬉しい

31: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:11:21 ID:7RS
>>30
よくがんばった

32: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:12:11 ID:omx

しかし、ここでだだっ広いアケメネス朝を倒そうとする身の程知らずの田舎者が、⑧の地図で赤く囲った「マケドニア」という所から現れます。
そう、それがかの有名な「アレクサンドロス大王」
no title

又の名を「イスカンダル」

35: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:13:17 ID:7RS
ペルシアは今やイスラム教のイメージやけどイスラム帝国に征服される前はゾロアスター教がペルシアの宗教だったんだよな

36: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:13:36 ID:bH0
アレクサンドロスガチガチの侵略者やんけ

37: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:13:37 ID:omx

アレクサンドロスの活躍①
彼は哲学者で一番有名であろうアリストレスを家庭教師としていました。

ところが父親が暗殺されたため、若くして(20歳)マケドニアという田舎者の王となります。
そして、それを好機と見て、周りの国々はまだ若いアレクサンドロスを倒そうとします。

しかし、アレクサンドロスは向かってきた周りの国々を即効で倒します。

でもこんなのまだ序の口です。

彼は田舎の王の癖に、あの広大なアケメネス朝>>29を倒すため東方遠征(東に突き進む)を始めます。

38: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:13:53 ID:gpS
インドぐらいで苦戦しだすんやっけ

40: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:14:53 ID:omx

アレクサンドロスの活躍②
そうして彼はアケメネス朝に進軍を始めます。
勿論、最初は連勝です。

ただアレクサンドロスは自身が真っ先に戦闘に突っ込んで行く為、最初の本格戦争「グラニコス河の戦い」でギリシア人傭兵相手に死にかけたらしいです。
↓ルート

no title

41: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:15:22 ID:uIt
なんでそんな強いんや…

42: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:15:45 ID:omx

アレクサンドロスの活躍③
しかし、この広大な領域を持つアケメネス朝の王、ダレイオス3世はそんな事許しません。
自身自ら大勢の軍を引き連れて、アレクサンドロスと対決します。
これがアレクサンドロスとダレイオス3世の初対面となる、イッソスの戦いです。

no title

43: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:16:01 ID:gpS
紀元前300年ってえぐいよな

44: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:16:32 ID:omx
見なくていいけど一応

11.5
ここで対戦国のアケメネス朝について軽くまとめます。
この国の王であるダレイオス1世の行いが有名です。

1.領域を○○県のように20個に分けて、王の目、王の耳と言われる県が反乱を計画していないかを監視する人たちを送らせる
2.「王の道」という駅伝制度を整える。
※ 駅伝制度
馬で長距離を移動しようとすると、馬が疲れてしまって休憩を途中途中に挟む必要があり、移動時間が長いです。
しかし、途中途中の駅に元気な馬を置いておく事によって、馬が疲れたら駅で元気な馬に乗り換えられるので、移動時間短縮となります。
この時代、スマホのような連絡手段はなく、情報も時間差ができてしまうため、素早く情報を手に入れるという事は大変有利でした。
⑤でも出した、なろう系ラノベの「百錬の覇王~」でも主人公がスマホで調べて実践して無双しました。


48: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:18:08 ID:omx

アレクサンドロス大王の活躍④
いよいよイッソスの戦いです。
イッソスの戦いの地形は軽く書くとこんな感じです↓

no title

ダレイオス3世はアレクサンドロスの何倍もの兵を連れて来たのですが、アレクサンドロス側が全然動きません。
その理由は、アレクサンドロスが川で水浴びをしていた時に急性肺炎(?)にかかってしばらく休んでいたからです。

そうなるとダレイオス3世は待ちきれず、自分から攻撃を仕掛けなければいけなくなります。
その理由は食料問題です。

ダレイオス3世は10万人もの兵を連れていたので、それだけの人数を養える程の食料がさすがにありません。
(勿論食料は、現地調達したり、追加で送られてきたりはしますが10万人分を養うのはさすがに厳しいです)

という事でダレイオス3世側から戦いを仕掛けて決戦です。

49: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:18:51 ID:omx
一応イッソス有名だから、どんな戦いかは書くけど、この戦いしょぼいから期待しないでね
次の2個が凄い

56: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:21:07 ID:omx

イッソスの戦い②
no title


ダレイオス3世は山を越えて、アレクサンドロスと川を挟んで対峙します。
ちなみにアレクサンドロスは、逆側から相手が攻めて来ると予想していたので、背後を取られた形になり、慌てて方向転換します。

そしていよいよ正面衝突。

59: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:22:00 ID:omx

イッソスの戦い③
アレクサンドロス兵4万VSダレイオス兵10万
形はこうなります↓

no title

66: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:24:13 ID:Byb
>>59
斜線陣ってアレクサンドロスだっけ

67: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:25:16 ID:omx
>>66
違う
テーベの新聖隊(同性愛者集団)の奴だと思うけど

68: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:26:10 ID:omx
斜線陣も実は興味深くて
これってテーベがやったんだけど、実はそっからアレクサンドロスの父がその戦術を学んでそれがアレクサンドロスに受け継ぐって流れができてる

63: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:23:20 ID:gpS
不死兵がやっかいやな

64: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:23:37 ID:gpS
不死隊か

70: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:26:34 ID:omx
13.5
用語説明
騎兵:馬に乗って戦う人、機動力があり強い

ファランクス
これも「百錬の覇王」最初のスマホで調べた無双戦術
槍を前に突き出して密集する為、近づく事は困難、前方向には異様に強い
ただし全体像を見れば分かる通り、前にしか槍を突き出していないので、側面を突かれると終わる。(この為、機動力の高い騎兵と組み合わせて使う事が多い)
no title

ヘタイロイ
fateのライダーの宝具(アイオニオン・ヘタイロイ)の宝具名のも使われている。
アレクサンドロスの持つ最強騎兵部隊

不死隊
相手国アケメネス朝の1万人の精鋭部隊。
メンバーの何人かが死んでも、すぐに追加メンバーが入って1万人になるため、死んでも死んでも1万人を保ち続ける事から、不死隊と呼ばれる。

72: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:27:57 ID:omx

イッソスの戦い③
そうして戦いが始まります。
しかし、アレクサンドロスとダレイオスの戦略は完全に一緒でした。

その作戦とは、右翼で強引に相手の左翼を突き抜け、そのまま中央にいる側面攻撃に弱いファランクスを横から倒す、という作戦です。
(将棋に例えるなら飛車で突っ込んで、そのまま一直線に左の王に食らいつく、みたいな)
模式図↓

no title

しかし、こうなるとお互い同じ作戦なので単純に兵数で勝っているダレイオス3世側が有利です。

73: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:29:26 ID:Byb
ヒストリエはいつイッソスまでたどり着くんやろか

74: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:29:56 ID:omx
>>73
名前しか知らないけど、まだそこまでいってないの?

76: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:30:46 ID:Byb
>>74
そもそも主人公アレクサンドロスじゃないし
まだ皇太子時代やで

75: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:30:37 ID:omx

イッソスの戦い④
アレクサンドロス側は、アレクサンドロス率いる右翼が敵側の左翼を貫き、そのまま中央へと攻撃する事ができました。

しかしダレイオス側は、ダレイオス側の右翼もアレクサンドロス側の左翼を攻めましたが、うち破る事はできませんでした。
理由としては、地形的に山と川に阻まれた狭い場所なので、兵数では勝っていても、実際に相手するのは目の前にいる人だけで、包囲される事がないからです。

敵が大勢いても、狭い通路で戦えば、一人ずつしか通ってこれないから、実質戦力差は関係ない、みたいな漫画でよくある奴です。


で、そうして敵の左翼を突き破ったアレクサンドロスは中央のファランクスや不死隊、そしてダレイオスのいる所に側面から攻撃します。


ついに両者対面です。
no title

右:ダレイオス
左:アレクサンドロス

78: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:31:27 ID:omx

イッソスの戦い⑤
いよいよ対決……になりそうでしたが、ここでダレイオスが逃げました。

主が逃げたので戦争は混乱し、ダレイオス側は負けました。
ダレイオスの妻をこの時取られたとも言います。

イッソスの戦いはアレクサンドロス側の大勝利です。

だけどこんな戦いは序の口です、というかこの戦いに限っては敵が無能だった感しか感じません。(そんな凄い戦略がある訳ではないので)


次にティルスの戦い、そしてダレイオスとの最後の完全総力戦であるガウガメラの戦いがアレクサンドロスの滅茶苦茶凄い所なので、そこまで見て欲しいです。

80: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:32:39 ID:omx
関係ないけどこの戦いって
アレクサンドロス側は自身自ら最強部隊ヘタイロイを連れて攻めに行ったのにダレイオスは中央で不死隊みたいな精鋭部隊を自分の守りに使った臆病者だから負けただけだよなぁって

81: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:33:37 ID:omx

ティルス戦①

次にアレクサンドロスは逃げたダレイオス3世を追わずに、南下します。
理由は下の地図を見て下さい。

no title



赤く囲ったマケドニアが、アレクサンドロスの自国で、緑で囲った国が敵サイドが抑えている海上貿易国家です。
それでアレクサンドロスがなぜ、緑で囲った部分を先に征服しないといけないか、というと緑で囲った部分の都市は、その左の海(地中海)を占領しているからです。


アレクサンドロス側はその海が敵サイドに占領されていると、自国マケドニアから船を利用した救援物資を受ける事ができません。
⑫で話しましたが戦争中は、食料やその他色々が足りないので自国から何か送ってもらえないと困ります。(もっともアレクサンドロスは基本現地調達ですが)
ですが海上を敵に取られたまんまだと、陸からの遠回りルートになります。
なので緑の部分を占領する事に決めました。

82: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:34:15 ID:omx

ティルス戦②

と、言ってもアレクサンドロス一行がダレイオスに勝ったという噂は広がっています。ダレイオスに勝った相手に勝てる、なんて正直思わないので、緑エリアは皆戦わずして降伏します。

しかし、中には降伏しない所もありました。
それがティルスです。

しかもティルスは緑エリアの中ではかなりでかい所なので、倒さないとまずいです。
という事でティルス戦です。

83: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:35:42 ID:omx

ティルス戦③

でもアレクサンドロスは正直困りました。
というのも、ティルスというのは――――

no title

陸から離れています。
アレクサンドロスの軍は陸軍なので、船なんて持ってません。
しかもティルスの周りにはちょー高い城壁があります。

その高さ、なんと45m!!

3階建ての学校の高さが12~14mなので3~3.5倍です。
凄いです。
やばいです。
正直無理です。

84: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:36:26 ID:omx

ティルス戦④

しかもこの時代の城壁を壊す手段は丸太を城壁に思いっきりぶち当てて、力技で破る方法です。
なので船で近づいて、船から丸太攻撃しようにも、この時代の不安定な船では丸太を載せただけでも終わる感じなので、まず不可能です。


そして勿論、敵だって黙って見てる訳はなく、城壁の上から弓矢撃って邪魔してきます。
勿論、こっちからは城壁の上の弓手に攻撃、なんて高すぎてできません。

85: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:37:11 ID:Fdv
ティルスってフェニキアどもの都市やっけ
ところでカルタゴは滅ぶべきである

86: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:37:25 ID:omx
ここで一旦少しだけ止めてみる
アレクサンドロスがどうやってティルスを倒そうとするか考えて出してくれると嬉しい

知ってる人はいわないで欲しい

95: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:42:23 ID:FDp
投石か地下掘るかしか思いつかへんわ

100: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:44:08 ID:Fdv
フェニキア人相手に海上封鎖で兵糧攻めなんて無理やひ…わからん!

102: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:44:31 ID:H5w
スパイ大作戦

110: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:45:41 ID:omx
ヒント
超原始的で脳筋

111: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:45:44 ID:H5w
うーん
ほらあの大阪みたいに海うめてったとか

113: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:46:09 ID:omx
>>111
大正解!!
君アレクサンドロスと同レベルだよ

114: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:46:40 ID:omx
21
ティルスの戦⑤
答え合わせ

正解は埋め立てして、ゴリ押しで陸を作ります。

no title

116: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:46:45 ID:Fdv
脳筋戦法で草

120: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:47:39 ID:omx
22
ティルス戦⑥

勿論、敵は黙って見ていません。
弓矢で城壁の上から攻撃したり、艦隊を出したりして製作の邪魔をします。(火薬乗っけた船で突撃したりしたらしいです)
また、嵐にあって埋め立てした陸も全壊してしまいます。

no title

121: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:48:09 ID:Fdv
火薬はまだないやろ

123: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:49:01 ID:omx
>>121
そうなのか....何か乗っけた船で突撃したって聞いたのだけれど
よう考えたら確かに時代明らかにおかしいわ
火薬はなしで

129: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:51:35 ID:a0p
>>123
ギリシャ火薬なんてのあるから紀元前でもありえなくはないんやない
今の火薬ほどの性能ではないやろけど

122: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:48:25 ID:omx
23
ティルス戦⑦

しかし、アレクサンドロスは諦めません。
今度は⑱で服従した国々に船を借りてティルス(敵)の船を足止めをしてもらいます。

そした今度も陸作り!
no title

124: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:49:25 ID:omx
24
ティルス戦⑧

こうなるとティルス側は少しやばいです。
艦隊による陸作りの邪魔をする事はできなくなるので、城壁の上からひたすら弓を撃って製作の邪魔をするしかありません。
しかし、これが中々きついです。

今のティルスのように城壁に閉じこもっている、というのは大変な精神力を消耗します。
なんせ一度でも城壁を破られたらそこで終わりです。
1箇所が崩れれば、そこからどんどん崩れていくので、最終的に中の人全員死亡です。

だからこそ、何が何でも、この埋め立てを止めなければいけません。

まぁ、これこそアレクサンドロスの思う壺なのですが……。

126: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:50:27 ID:omx
25
ティルス戦⑨

そうしてティルス側が陸作りの妨害に全集中して、周りに気を使わなくなった時、アレクサンドロスが人目のいない方に船を出しました。
↓こんな感じです

no title


そしてその船でティルスの城壁を壊しました。
一度、城壁が崩れれば、そこから兵が雪崩れ込み、ティルス側はパニック状態になるでしょう。

ティルスがパニックになる理由、それは勿論こうです。


ティルス「何で船で城壁壊せたの???」

128: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:50:57 ID:omx
25
ティルス戦⑨

アレクサンドロス「船一つだと丸太が重過ぎて載せられないのなら、2つの船を連結して乗せればいいのでは?」

こうしてアレクサンドロスはティルスを攻略しました。
見せしめとして、男は全員殺害し、女子供は奴隷として売り飛ばしたようです。(一応アレク側も使者を殺されているので……)

131: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:51:58 ID:omx
勿論、2つの船を連結させて~~って簡単に言ってるけど難しい
アレクサンドロスは自国から兵以外にも1000人程色々な技術者つれてるから、こういう芸当が可能

132: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:52:21 ID:omx
26
その後、エジプトに行きます。
普通に受け入れられて、ファラオ(王)の称号を貰い、学術都市アレクサンドリアを建設

133: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:53:05 ID:omx
27
ガウガメラの戦い①
そしてついに最終決戦
ガウガメラの戦いです。

これがアケメネウス朝ペルシアVSアレクサンドロス、の最終決戦です。
イッソスの戦いで敗走したダレイオス3世(アケメネス朝の王)はこの最終戦に向け、全勢力をかき集め、ガウガメラで待ち構えます。
その数、24万!!

no title


勿論、敗走したダレイオス3世がそれだけの兵を集めるというのはとんでもない所業である。
しかし彼は英雄ではないが、無能ではない。
ここで20万以上の兵を集められたのは彼は優秀だったからである。

134: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:53:58 ID:omx
28
ガウガメラの戦い②
折角なので戦力を見ていきます。

アレキサンドロス側
4万歩兵
7000騎兵
計4万7千

ダレイオス側
20万歩兵
3万5000騎兵
6000傭兵
200戦車

計24万(諸説ある)

兵力は数倍もあります。
ダレイオスも本気、完全総力戦、最終決戦に相応しいメンツです。

傭兵:お金で雇われた兵
戦車(戦車の数で軍事力が決まる、とまで言われている)


135: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:54:34 ID:6o5
政治に関してはクッソ有能やからな

136: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:55:09 ID:omx
>>135
そう、それ
それ知らないで教科書資料集知識しかない人は、相手が雑魚だったってダレイオス馬鹿にする

155: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)09:08:51 ID:a0p
>>135
軍事でボロ負けしても政治は有能とかあるあるやからな
けど片方で負けたらすべてがダメみたいに言われるんよな

157: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)09:09:41 ID:omx
>>155
一応ダレイオスは軍事でも普通に有能なんだよー
それを見せたかったのに....

137: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:55:35 ID:omx
29
ガウガメラの戦い③

まずはダレイオス3世側の戦略を確認です。
彼はイッソスの戦いでの、狭い場所での戦闘という失敗を学び、戦場は凄い広い平野にしました。
更に騎馬での戦闘をいかすため、周りにある障害物全てを取り除き、完全な平野にしました。
(馬で戦う時、下がでこぼこしてると上手く戦えない)
そしてここで最終決戦のため、アレクサンドロスを持ちます。

no title

141: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:57:33 ID:omx
30
ガウガメラの戦い④

対するアレクサンドロス側はこうです

no title

テンプレ的配置です。
中心に正面の攻撃に強いファランクス(歩兵)を揃え、ファランクスの弱点である側面を機動力の高い騎兵で固める。
そしてアレクサンドロスは真っ先に相手に突っ込むため、右翼。

補足
ちなみに現在の状況は、敵のダレイオスがアレクサンドロスの攻撃を待ってる側です。
なのでアレクサンドロスはいつでも攻め込む事ができます
だから部下が「夜襲をしたらどうですか?」と言った所、有名な名言が出ます

アレクサンドロス「私は勝利を盗まない」

さて、いよいよ最終対決の始まりです。

142: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:58:15 ID:omx
31
ガウガメラの戦い⑥

そして夜、ダレイオス3世は寝ずに敵の夜襲に備えていた。
勿論、アレクサンドロスは夜襲などせずに正々堂々戦うつもりであった。

しかし、ダレイオス3世はそれに気づけない。
だって彼は優秀であり、英雄ではなかったから。

もし、彼がアレクサンドロスの立場になったら、迷わずに夜襲を決行するだろう。
だってそれが合理的であるから。

彼のような優秀な人物には、英雄の気持ちが理解できなかったのであろう……。
この時の夜襲の警戒での寝不足がなければ、あるいはアレクサンドロスの策略に気づいていたかもしれない。

だけれども、筆者である私はそれでも勝てなかったと思う。
だって優秀な彼は英雄の踏み台にしか過ぎなかったから――。

143: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:58:42 ID:omx
徹夜で作って深夜テンションだったせいで、こっから物語風(笑)にしてるけど許して

144: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:59:14 ID:6o5
私は勝利を盗まない

145: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)08:59:44 ID:omx
まぁ実際はアレクサンドロスは高度な戦術で勝つ気だったから
夜襲なんてしてたら逆に負けてた説あるけど

146: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)09:00:37 ID:omx
夜だと回りが見えにくいから、今から説明する高度な策略は難しい
見た感じ簡単そうだけど、実際にやるとなると凄い難しいから

147: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)09:01:15 ID:omx
32
ガウガメラの戦い⑥
最終対決、お互いの陣形を合わせるとこうなります。(書ききれませんが、実際はもっと戦力差があります)
(マークは前と同じで)
no title

148: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)09:01:23 ID:6o5
ダレイオスの軍は夜襲に備えてたから疲れ果てて戦えなかった説もある

149: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)09:02:49 ID:omx
敵側
クマ:ダレイオス3世
パンダ:騎兵
赤の顔:歩兵

アレクサンドロス側
顔:アレクサンドロス
目が燃えてるの:騎兵
眼鏡とヒゲと花:歩兵

このマークよろしくお願いします

161: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)12:18:15 ID:R38
これアレクの戦略が勝ったってよりはダレイオスが軍事面でやらかしただけでは?
空城計みたいに計算してやったわけやないやろ?

162: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)18:49:04 ID:omx
>>161
イッソスはダレイオスが無能だった
今からやるガウガメラはダレイオスは別に無能ではない

163: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)18:50:15 ID:omx
33
ガウガメラの戦い⑦
※ ここからは会話的に、みんなも戦況よんでみて下さい。

先に動き出したのは……アレクサンドロス。

アレクサンドロス「右翼の騎兵部隊!、右に進めー!!」

no title

171: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)18:54:16 ID:diQ
ティルスとの戦いは熱いよな

198: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:46:39 ID:omx
34
ガウガメラの戦い⑧


ダレイオス3世「なるほどな……真正面では勝てる筈はない、だから機動力のある騎馬隊で回って側面を突こうと考えたか」

no title

ダレイオス3世「だが、そう簡単にはいかぬぞ、アレクサンドロス! 左翼の部隊は側面を取られぬよう、左に進めー!」

no title

199: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:47:08 ID:cfi
このままではパンダに食い殺されて終わるな

200: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:47:40 ID:omx
まぁ当たり前だけど騎馬は戦場の中で最も強くて早い

だからお互い騎馬が主力って事抑えといて欲しい

202: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:48:43 ID:cfi
パンダと目燃えが主力の地獄絵図

203: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:49:12 ID:omx
ギリシアだと山地が多くて、騎兵は役にたたない事があったけど
今回のガウガメラの戦いではダレイオス3世が事前に戦場平らにしといて
騎馬を最大限生かすようにしている

パンダ:敵側騎馬
目が炎:アレク側騎馬

205: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:50:02 ID:omx
35
ガウガメラの戦い⑨

部下「アレクサンドロス大王! 敵もこっちに来ました!」

アレクサンドロス「構わん! 右に突き進めー!!」
no title

206: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:50:39 ID:omx
36
ガウガメラの戦い⑩

ダレイオス3世「まだ止まらぬかアレクサンドロス……いったい何が目的……ッ!」

部下「どうしましたか? ダレイオス3世?」

ダレイオス3世「なるほど……奴の目的が分かったぞ。私は騎馬隊をいかすため、この辺り一帯の障害物全てを取り除き、平野とした」

部下「そ、そうですね」

ダレイオス3世「そう、障害物がなければ奴の障害物を利用した奇想天外なひらめきも起こりにくいと思ったから」

部下「えぇ、確かに。平野で戦闘となると障害物の利用ができないので、数で勝るこちらが圧倒的に有利です」

ダレイオス3世「だが、奴がこのまま右に出たらどうなる? 私たちが作った平野ゾーンから外れ、何が起こるか分からない地形へとなってしまう」

部下「な、それってやばいんじゃ……!」

ダレイオス3世「いや、気づいてしまえばこっちの物よ。今すぐ左翼はアレクサンドロス部隊に突撃して進行を止めろー!」

no title

207: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:51:18 ID:UNP
うおおおおパンダだけ襲ってきた!

209: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:52:07 ID:omx
37
ガウガメラの戦い⑪

部下「ダレイオス3世、左翼の部隊が攻撃に入りました」

ダレイオス3世「ああ……だが、それだけでは心配だ」

部下「……と、言うと?」

ダレイオス3世「右翼の部隊も出撃開始だ! 奴を左翼で足止めしている今、奴のいない右翼側の攻撃なんてたやすい!」

部下「た、確かに!」

ダレイオス3世「それにアレクサンドロス……奴は侮れん。左翼で止められるか心配だ。だが、右翼で敵を打ち崩せば奴は救援せざるを得なくなり、右側進軍を止める……そうなれば私の勝ちだ!!」

no title

212: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:53:39 ID:omx

38
ガウガメラの戦い⑫

そして実際に、戦況は誰が見てもダレイオス3世の優勢であった。
ダレイオス側は右翼の騎兵部隊によってアレクサンドロス側のファランクスを突き破り、壊滅寸前。
戦況全体図↓

no title

敵サイド
ダレイオス3世:クマ
騎兵(機動力大):パンダ
歩兵:赤い顔

見方サイド
アレクサンドロス:オレンジ顔
騎兵:目が炎の目とマユゲ
歩兵:眼鏡と鼻とヒゲ

214: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:54:50 ID:omx
39
ガウガメラの戦い⑬

部下「アレクサンドロス大王! 左翼が崩壊寸前です!」

アレクサンドロス「構うな! 右へ突き進めー!!」

no title

217: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:55:54 ID:omx
40
ガウガメラの戦い⑭

部下「ダレイオス3世、アレクサンドロスが更に右に進みました!」

ダレイオス3世「血迷ったかのか、奴は!」

部下「好機です! アレキサンドロスと本隊とに間が出来ました、ここに騎兵を投入すれば側面から攻めて一瞬で壊滅させられます!」

no title


ダレイオス3世「い、いや、奴に限ってそんな過ちを……」

部下「何を深く考えているんですか! 急がないと敵に気づかれます! 気づかれる前に素早い騎兵を投入して落とすべきです!」

ダレイオス3世「そしたら私の守りが……」

部下「この後に及んでまで、必要以上に自分の心配ですか!? そうやって自分の身を心配するから、自分中心に戦力を集中しすぎてイッソスの戦いで負けたんですかよ!」

ダレイオス3世「だが、主である私が死ねば兵士は混乱し、士気は下がり、敗北は必至! 数はこっちのが上回っているから焦らなくても勝つなんて………」

部下「だからマケドニアの田舎風情に何度もやられるんですよ!」

ダレイオス3世「うっ…………、私の周りの騎馬兵よ……出撃しろ……」


この時、ダレイオス3世は夜襲対策で寝不足であった。
本来なら合理的な判断ができていたのかもしれない。
しかし、彼は寝不足の頭とかつての勝利必至の戦いでの敗北。

それが足を引っ張っての敗北であった。

218: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:56:37 ID:omx
41
ガウガメラの戦い⑮

アレクサンドロス「勝利の方程式は全て揃ったか……。残念だったな、ダレイオス3世よ。お前の敗因は一つ、たった一つのシンプルな答えだ……お前は優秀すぎたんだよ」

部下「……どういう事ですか?」

アレクサンドロス「そのまんまだ。あいつは優秀すぎたからもっとも合理的な判断をし、優秀すぎたからこそ周りとの思考の齟齬が起こる。そして……優秀ではあるが英雄ではないから……ここで奴は負ける」

部下「…………」


アレクサンドロス「まぁ相手が悪かったって事だ。なんたって俺はあのヘラクレスの子孫だから、な」

220: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:58:48 ID:omx
42
ガウガメラの戦い⑯
no title


もはや、今、アレクサンドロスを止める事のできる者は誰一人としていない。
機動力のある騎兵は全て戦闘中。
本隊を囮にして、ファランクスを突き破られはしたが、全力で騎兵を足止めさせている。

歩兵はダレイオス3世の周りにはたくさんいるが、もはや歩兵如きにアレクサンドロスは止められない。
そうして敗北を悟ったダレイオス3世は2度目の敗走。
これを追おうとしたアレクサンドロスは、左翼・中心の部隊がほぼ壊滅寸前だったので救援に向かい、深追いはせず。

王の逃走により、軍は士気を失い、乱れ、逃げ出す。


そうしてアレクサンドロスはガウガメラの戦いで勝利を収めたのであった。

222: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:59:41 ID:omx
というかこれ正直、歩兵たくさんいるからアレクサンドロス止める事できただろうけど
ダレイオス3世が真っ先に逃げたせいで、歩兵みんな混乱して負けたんだけどね

221: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)19:59:39 ID:GFc
スパルタはでてこないの

225: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:01:04 ID:xtV
>>221
とっくに征服された

226: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:01:42 ID:omx
>>221
スパルタギリシアの方だよ
もうちょい詳しくやれば斜め戦術でテーベがスパルタ倒す奴もできなくはなかったけど

実はこっから戦術が生まれてアレクの父に受け継がれていったし

223: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:00:59 ID:omx
43
ガウガメラの戦いの後、逃走した王は、その後各地に逃げ回るが紀元前330年、部下によって暗殺された。(ちなみにこの部下は以後、新たな王を名乗って戦いを仕掛けるが、アレクにぼこられた)
その後、アレクサンドロスは彼を丁寧に葬った、というのは有名な話だ。
歴史上最強と今なお呼ばれる彼はダレイオス3世を認めていたのかもしれない。

「ライバル」だと……

227: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:02:14 ID:omx
44
その後、ダレイオス3世という王が亡くなったアケメネス朝ペルシアにはもはやアレクサンドロスに歯向かう物はいない。
その後、アレクサンドロスはアケメネス朝の首都を無血開城する。

228: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:02:51 ID:omx
45
部下A「いや~、東方遠征、凄い長旅でしたね!」

部下B「3年前にマケドニアを出て、グラニコス河の初の本格戦闘でアレクサンドロス大王が死にかけ」

部下C「2年前のイッソスの戦いで敵王様が直々に10万もの兵を連れてきて、もう無理だーと思ったら」

部下D「何か勝利しちゃって、その後海上貿易のフェニキアの都市を無血開城していって」

部下E「ティルスとかいう所だけ歯向かってきたけど、海だからどうやって倒すんだ?、って思ったら」

部下F「まさかの埋め立てで陸作り出して、ティルス倒して」

部下G「エジプトによって学術都市とかいう超かっこいー奴建てて、アレキサンドロス大王はファラオにされたりw」

部下H「そしたらついに最終決戦のガウガメラの戦い」

部下I「あれはやばかったなぁ」

部下J「ああ、でも……負ける気はしなかったよな?」

部下K「……そうだな。あれが最後の戦いでよかったぜ!」

部下L「これでやっとマケドニア(故郷)に帰れるなぁ」

アレクサンドロス「おい、ちょっと待て、誰がこれで終わりっ言った?

一同「「「「「「え!?」」」」」」」」

アレクサンドロス「私の東方遠征はまだ終わってなんかいない」

これが一同を驚かせた有名な名言である。
そして実はここまでの出来事は全部合わせてたったの3年間である。

部下一同「その言葉を待ってました。俺たちはいつまでもあなたに付いていきます!」

これに対し、部下は待ってましたと言わんばかりに快く受け入れたという。

229: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:03:36 ID:omx
詳しくはやらないけど、こっからのラスボス戦終えた後の番外編みたいなの超好き

230: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:05:15 ID:omx
46
その後、アレクサンドロス一行は最果ての地、インドへと向かう。(この時代インドを最果てだと考えられていた)
しかし、そこまでの道のりには今までのような目だった出来事はなく、現地人たちとのゲリラ戦ばかりで、兵は疲れきっていた。
歴史上最強と名高い、遊牧民族との勝利を収める、などという戦績も残してはいるが。

しかし、過酷なゲリラ戦と協力な遊牧民族との戦いにより、兵は疲れきってしまいアレクサンドロスが死にかけたグラニコス河の戦いで自身の腕を犠牲にしてアレクを助けたクレイトスというアレクサンドロスの唯一無二の親友を酔いに任せてアレクサンドロスが殺してしまった事や、その他陰謀などが起こり、部下との間に隔たりができていった。

231: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:05:49 ID:omx
47
その後も彼は東方遠征を続け、戦象(象によって兵をなぎ倒す、ゾウの戦争利用)などと戦い、インド周りの諸国を立て続けに撃破していったが、インド中央部に入ろうとする時、部下の疲れが限界を超え、激しい反対にあったため、引きかえす事にした。

232: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:06:01 ID:6o5
正直ここまでできるフィリッポス2世の軍の方が化け物やと思う

233: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:06:23 ID:omx
48
しかし、途中で彼は蚊にさされて熱病で33歳という若さで死ぬ事になる。

こんな英雄の命も蚊というはかない存在によって消される事になるのは、実にはかない、と自分は勝手に思ってます。(ちょっと今、感傷的な気分)

234: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:06:48 ID:omx
49
もし、彼が熱病で死なず、再びインドへ向かったらどうなっていたのだろうか
そしてインドに向かえばその先の中国の存在を知るだろう。

中国と言えば、その時代は戦国時代の真っ只中である。
戦国時代で一番有名な人はやっぱり孔子だろうか。

そして中国を越えたら、東の最先端、「日本」に辿り着くだろう。
日本ではその時代、縄文時代のぴったりど真ん中であり、土器に文様をつけるという独特な縄文土器を作って、貝のゴミを積み重ねて貝塚を作っているのだろうか。

そして太平洋に辿り着き、東方遠征は終わる。
こうなるとその時代に残された主な文明はアレクサンドロスの故郷の少し西側にある、まだ勢力の小さいローマだけであろう。 

孔子は春秋時代の思想家


236: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:07:30 ID:omx
50
アレクサンドロス――彼は死ぬ前にこう遺言したそうだ。

「一番強い者にこの国を託す」

そして彼の死後、セレウコス朝ペルシア、ササンドロス朝マケドニア、プトレマイオス朝エジプトの3つの国に分裂した。
特にこの中ではプトレマイオス朝エジプトが有名で最後の王(ファラオ)、クレオパトラは誰でも聞いた事があるだろう。

237: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:08:20 ID:6o5
アレキサンドロスはオッドアイ説カッコよくて好き

238: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:08:20 ID:omx
51
その後、これらの3つの国は全てローマ帝国に滅ぼされる事になる


盛者必衰の理を表す。
我らが日本の代表的軍記物語、健康法師が伝えた平家物語の一節である。

239: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:08:47 ID:omx


244: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:09:37 ID:FzC
銃と蚊は同じくらい危険やな

249: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:11:53 ID:omx
アレクやられて分裂からのローマに全部やられる流れ好き

250: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:12:03 ID:6o5
ここまで強かったのも親父が軍備を改革したのが一番デカイと思う

254: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:14:53 ID:omx
>>250
まぁ軍備に関してはそれだろうけど、戦術はアレクが一番

257: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:16:00 ID:UNP
アレクサンダーとナポレオンどっちがつおいの?

259: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:16:51 ID:omx
>>257
アレク
それ以降はみんなアレクのパクり

アレクから戦術が生まれた(実際はテーベあたりだけど)

266: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:20:54 ID:UNP
ちなアレクサンダーの国って宗教はなんやったん?

268: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:21:43 ID:omx
>>266
なんだろ
教典はない多神教とかだっけ?」

269: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:22:00 ID:UNP
>>268
ゾロアスター?

272: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:22:37 ID:UNP
まあアレクサンダーほどのカリスマがおったら偶像崇拝なんて不要かもな

273: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:23:32 ID:sOi
>>272
かっこe

287: 名無しさん@おーぷん 19/08/09(金)20:43:53 ID:Oc6
最近歴史好きになったからありがたいスレ
イッチさんがつぅ

引用元: ・歴史を分かりやすく古代史から、アレクサンドロス大王の所まで説明する



アレクサンドロス大王東征記〈上〉―付インド誌 (岩波文庫)
フラウィオス アッリアノス
岩波書店
売り上げランキング: 75,198