41GM183QQZL







300px-Bundesarchiv_Bild_146II-277,_Albert_Speer


ベルトルト・コンラート・ヘルマン・アルベルト・シュペーア
(1905年3月19日 - 1981年9月1日)は、ドイツの建築家、政治家。アドルフ・ヒトラーが最も寵愛した建築家として知られる。ヒトラー政権のもとで軍需大臣(ドイツ語版)を務め、終身刑に処されたルドルフ・ヘス、および音楽指揮者アウグスト・クビツェクを除けば戦後を生きたナチ関係者の中で最もヒトラーと親しかった人物として知られる。





3: 世界@名無史さん 2009/07/03(金) 23:18:40 P
息子もドイツを代表する建築家になっているのはすごい。

4: 世界@名無史さん 2009/07/03(金) 23:22:59 O
>>3
祖父も父も建築家だったよな

7: 世界@名無史さん 2009/07/03(金) 23:42:40 0
ニュルンベルク裁判では口下手な労働者出身のザウケルに外国人強制労働の責任を押し付けて死刑台に追い遣り自分はエリートとしての知的イメージをフルに活用
まんまと死刑を逃れた利口者。

強制収容所で何が起きていたか全部知ってたんじゃないのか?
マウトハウゼン収容所ではヒムラーが鬼畜そのものの演説をするのに同席していて
後日「数十分違いでその場にはいなかった」と弁明していたはず。

13: 世界@名無史さん 2009/07/20(月) 05:51:49 0
たしかに上手く身を運ぶのに長けていただけの人物って感じだものな。
それだけ頭も良かったんだろうし、幾ばくかの良心もなきにしもあらずだったみたいだけど。ヒトラーは要らんけど完成したゲルマニアは見てみたかった。
我ながら矛盾しているね。
ベルリン大会堂とか、あれって技術的に可能なの?
空調など室内環境として使用に耐えうるかどうかを含めて。

Bundesarchiv_Bild_146III-373,_Modell_der_Neugestaltung_Berli


世界首都ゲルマニアとは、ドイツ首都ベルリンが広く国内外で「世界の首都」と讃えられるよう、アドルフ・ヒトラーがグランド・デザインを考え、建築家アルベルト・シュペーアが細部デザインを任された都市改造構想である。戦時下であっても土地収用や工事は並行して行われていた。


47: 世界@名無史さん 2009/08/20(木) 00:24:15 0
>>13
ヒストリーチャンネルだけど、当時の技術でも大会堂の建設は可能だそうだ。ただし実用に堪える建物だったかは疑問が残るらしい。
18万人の屋内収容施設だと人の呼吸で天井に雲が発生しするかもしれないんだそうだ。

48: 世界@名無史さん 2009/08/20(木) 02:36:51 0
>>47
レスありがとうございます。
人の呼吸で生じた水蒸気が凝固するというのは、「ファーザーランド」でも触れられていたので、その辺が気になったのです。
それにしてもものすごいスケールですよね。
ベルリンには実際に行ったことがありますが、模型ではあの連邦議会議事堂がそれとはすぐに分からないほど小さく見えるのですから。

50: 世界@名無史さん 2009/09/04(金) 19:25:07 0
>>48
しかし独裁者ってでかい建物好きだよなあ。

51: 世界@名無史さん 2009/09/04(金) 20:40:37 0
>>50
金日成一族とか

14: 世界@名無史さん 2009/07/20(月) 11:04:26 0
DVD見ましたか?結構良かった。

15: 世界@名無史さん 2009/07/20(月) 11:25:50 0
ヒトラーの建築家 アルベルト・シュペーア DVD-BOX 

ヒトラーの建築家 アルベルト・シュペーア DVD-BOX
ハピネット・ピクチャーズ (2005-12-23)
売り上げランキング: 190,975


17: 世界@名無史さん 2009/07/22(水) 01:47:48 0
>>14>>15
似たようなタイトルの評論なら読んだことがあります。
あと、大戦に敗れなかったドイツを舞台にしたフィクション、「ファーザーランド」(これも映画になっていたような気が)に、完成したゲルマニア(ベルリン改造計画)が描かれていますが、なかなか臨場感があって良かった。
シュペーアのまとまった作品集は、知る限り1冊しかないけど、これに掲載されている自邸案は他の作品と毛色が違っていますね。
古城風というか。ゲーリングあたりが気に入りそう。

18: sage 2009/07/22(水) 20:12:50 O
>>14>>15
借りて見たけど面白かった。
生前のレニとか出てるし。

レンタルにはメイキングなかったんだけど、見た人どうでした?

29: 世界@名無史さん 2009/07/29(水) 18:04:03 O
ヒトラー最期の12日では本人つれてきたみたいにそっくりだったなw

33: 世界@名無史さん 2009/07/30(木) 03:26:56 O
>>29
「わが教え子ヒトラー」も結構似てたと思う
106: 世界@名無史さん 2009/12/26(土) 19:58:21 0
シュペーアに関する書籍 
東秀紀著・小説「ヒトラーの建築家」 
アルベルト・シュペーア著「第三帝国の神殿にて」 
グイド・クノップ著「ヒトラーの共犯者」 


107: 世界@名無史さん 2009/12/26(土) 22:00:22 0
「ナチス狂気の内幕 シュペールの回想録」 読売新聞社(1970) 

自己弁護はかなりあると思うけど、ナチの自伝ではこれが一番面白かった。 
ヒトラーとは政治やイデオロギーではなく建築に対する思いで結びついているから二人の関係は他のナチとはちょっと違って人間的である。 
最後に工場施設の破壊命令を実行しなかったことで死刑になるかも知れないのに地下壕のヒトラーに別れの挨拶に行くところはぐっとくる。 
映画でもこのシーンはあったが、この本のようには感動的に描けていなかった。 

112: 世界@名無史さん 2010/01/09(土) 00:58:05 0
>>107 
同意。 
他にも書いているらしいけど邦訳されてないのだろうか

44: 世界@名無史さん 2009/08/07(金) 11:05:25 0
欧州の建築家は、アートも理系もできんといかん、ハイレベルな資格・職業です

46: 世界@名無史さん 2009/08/19(水) 23:05:30 0
>>44
逆じゃね?
欧米では構造屋と意匠屋が完全に分離してるって聞いたな
逆に構造屋が意匠まで決めてしまうのが日本だとも

60: 世界@名無史さん 2009/09/15(火) 01:07:44 0
総統官邸建設で自慢タラタラはいただけない。
作り始めたときはまだ設計図ができてなかったんですよ、とか。
その個人商店的ないいかげんさがナチスそのもの。

62: 世界@名無史さん 2009/09/20(日) 05:10:23 0
>>60
別にいいじゃない、仮官邸みたいなものだし。
それにしては視覚効果を巧みに利用したインパクトのある造りだったけどね。
シュペーアがベルリン改造計画の一環として設計していた総統宮殿は、きちんとまとまっていて規模もより壮大なものになるはずだったが、すぐ傍に建つ予定の大会堂の圧倒的な存在感で却って影が薄くなったに違いない。


116: 世界@名無史さん 2010/01/16(土) 20:17:25 0
シュペーアは、なにしろヒトラーの命令(すべての工場や鉄道などのインフラ破壊)を
の背いて、命をかけて阻止したからね。
最後にヒトラーに会った時に彼が直接命令に背いた。
もしやってたらドイツはマジで滅茶苦茶になっただろうしね。
ある意味、最後の土壇場でドイツを救ったのかもしれん。

118: 世界@名無史さん 2010/01/23(土) 23:08:20 0
>>116
シュペーアがやらなかったことを戦後ソ連がやった。
片っ端から、機械、資材をぶんどった。


125: 世界@名無史さん 2010/02/20(土) 05:23:34 0
昔、ニュルンベルクのシュペーア設計のツェッペリン広場を見に行った。
廃墟になっていて非常に寒々しい。
ツェッペリン広場はナチス党の党大会用の建物で、構成は中央にヒトラー総統の基壇があり、周りは階段状の閲覧席になっている。
正面から見ると、演説する総統の周囲に人民が配置される、そんな映像が見える。
シュペーアの建築手法かもしれない。

他に現存する建物として、ベルヒテスガーデンの山荘ぐらいか。
まだ、残存しているシュペーア設計の建物ってありますか。
教えて賢い人!!
1280px-Zeppelinfeld1

126: 世界@名無史さん 2010/02/20(土) 21:02:01 0
シュペーアとヒトラーが理想としたのは古代ギリシャ建築のように、廃墟になっても美しく凛としているものだったんだけどね

128: 世界@名無史さん 2010/02/28(日) 20:59:51 0
まだ、残存しているシュペーア設計の建物ってありますか。
教えて賢い人!!

129: 世界@名無史さん 2010/03/01(月) 03:50:53 0
テンペルホーフ空港は彼自身の設計じゃなかったけど
ちびっとかかわっていたような希ガス
あとオリンピックスタジアム
あとウンターリンデンの街灯
1280px-FlughafenBerlinTempelhof1984


Bundesarchiv_Bild_183-R82532,_Berlin,_Olympia-Stadion_(Lufta


91: 世界@名無史さん 2009/11/14(土) 16:14:12 O
イギリスで心臓発作で死んだんだよな。 
ヘスと一緒で始末されたんじゃないか?9月1日とか意味深だしな。 
イギリスはナチスとの関係で隠蔽したいこと山ほどあるだろうから、色々知りすぎてる幹部は邪魔だったはず。 
広島の原爆の真実に関しても当然知ってたんだろうが、何かコメントしてる?

137: 世界@名無史さん 2010/03/16(火) 18:13:47 0
シュペーアはイギリスの愛人宅で心臓発作で倒れた。
腹上死とのうわさもある。

148: 世界@名無史さん 2010/04/15(木) 06:35:25 O
>>137
おそらく暗殺だろう。
テレビのインタビュー収録の為だったらしいから。
ヘスと一緒で色々知っていたのだろうから。
ロックフェラー兄と一緒で腹上死とは不可解。

149: 世界@名無史さん 2010/04/15(木) 11:07:18 0
>>148
そりゃ「私は英米と取引したんです。ドイツにある英米系資産をヒトラーの焦土命令から守ったので本来なら死刑だったんだけど懲役20年にしてもらいました」
とか言い出されたら大騒ぎになるw

150: 世界@名無史さん 2010/04/16(金) 00:31:48 0
享年76歳、まあ普通の寿命だが、前に1981年まで生きてたと聞いてけっこう最近まで生きてたのだなーと思った。私は1970年生まれなので。

154: 世界@名無史さん 2010/04/18(日) 00:30:07 0
>>150
自分も思った
ヒストリーチャンネルのWorld at warで生シュペーアがインタビューに答えてて、びっくりしたよ

151: 世界@名無史さん 2010/04/16(金) 06:04:56 O
ヒトラーに直訴して遺言書から名前を削除してもらったとか、英米と司法取引して代わりにヨードルが死刑になったり。腹黒いよ。
でも実は晩年にホロコーストのことを知っていたことをほのめかしてる。
「たとえ全てを知っていてもヒトラーの勝利のために尽くしただろう。」みたいなセリフだったと思うけど。
これイギリスのTVで喋るつもりだったらマズいよな。
あとは英米とナチスの癒着とかね。

156: 世界@名無史さん 2010/04/22(木) 23:00:21 0
>>151
シュペーアの戦後の態度コロコロは有名だと思うけどヨードルまで売り飛ばしてたんですか。
ヨードルってまだ謎な部分が多くて気になっております。

164: 世界@名無史さん 2010/05/16(日) 10:15:09 0
>>156
売り飛ばしたのではなくソ連が身代わりに要求。
英米とナチスの1938年以前の関係を良く知ってた人間は死刑にしたくなかったってのもあるんじゃないかな。
ヘスも然り。

153: 世界@名無史さん 2010/04/16(金) 10:48:21 0
ヨードルは死刑にすべきじゃなかったとニュルンベルク裁判の判事が後年言っているな

158: 世界@名無史さん 2010/04/28(水) 10:52:21 0
ヨードルは、戦後拘束されてから、作戦立案で自分の知っていることを洗いざらい全部しゃべったとか。
後世になんらかの役に立てばいいという動機で。

引用元: ・ヒトラーの建築家・軍需相アルベルト・シュペーア



第三帝国の神殿にて〈上〉ナチス軍需相の証言 (中公文庫―BIBLIO20世紀)
アルベルト シュペーア
中央公論新社
売り上げランキング: 489,266