41zJ2kZZa8L



1: 世界@名無史さん 2007/04/24(火) 04:38:21 0
一説ではヒトラーはベリリンの地下防空壕で拳銃自殺したということらしいが誰も死体をみていないことから、実はでっち上げで実はヒトラーは生きておりナチス党員とともに南米に落ち延びてプラウン婦人と余生を静かに送った言われている

いずれによ。ヒトラー亡命説を検討して見る価値は有ると思う








2: 世界@名無史さん 2007/04/24(火) 04:45:19 0
んー
スイスに亡命って風説なら聞いたけど

5: 世界@名無史さん 2007/04/24(火) 08:52:49 0
昔ヒトラーはまだ生きているとか主張する米人のサイトがあってヒトラー直通の電話番号まで書いてあった。

7: 世界@名無史さん 2007/04/24(火) 21:58:27 0
ヒトラの性格だと生きてた場合に大人しく余生をすごすなんてことはかんがえないかと

9: 名無し 2007/04/24(火) 22:31:26 0
ヒトラーはゲルマン民族主義者であったが、ドイツ民族主義者ではなかった。彼自身オーストリア人である。だからドイツの滅亡にあたり、ドイツ民族は頼むに足らずという見捨てる意見を述べている。
ドイツは道具に使われたのである。日本人が日本のために殉じるのとは感覚がだいぶ違う。天才ではあるが変人である。

38: 世界@名無史さん 2007/11/07(水) 17:20:52 0
>>9
ヒトラーはドイツ系オーストリア人という括りだと思うよ。
ちょうど、シュワツルネッガー加州知事みたいな感じの。
で、ヒトラーはウィーン時代にオーストリア兵として徴兵されるのを拒否して、バイエンルンのミュンヘンに行き、第一次大戦ではドイツ帝国兵として戦っている。だからドイツ主義者だったと思うけどな。
それに1925年にはドイツ人としてドイツ国籍もはれて取得しているし、それに東名だって国家社会主義ドイツ労働者党でしょ。彼は、ビスルマルク,大モルトケ,メッケル,ルーデンドルフといった人材が綺羅星の如く輝いていた、あの栄光ある陸軍大国・ドイツ帝国を理想としていたんではなかろうか。
「我が闘争」読むとそんな感想を抱くんだけど。
それにもしもドイツ主義の理念の下に行動してなかったのなら、ヒンデンブルグ大統領にあそこまで遠慮しないと思うんだけど。
オイラはそう思うよ。

18: 世界@名無史さん 2007/08/17(金) 11:53:14 0
ヒトラーの検死報告ってかなりあやふやらしいね

20: 世界@名無史さん 2007/09/08(土) 00:15:09 0
ヒトラー生存説が流れるたびにスターリンは庭を掘り起こしてヒトラーの骨を確認するという逸話が

21: 世界@名無史さん 2007/09/08(土) 12:00:29 0
>>20
それもう病気でしょ?w

24: 世界@名無史さん 2007/10/05(金) 11:31:23 0
影武者(ダブル)が代わりに死んだという説もあるね。
異母兄のアロイスという人がそうだと書いてあったんだが信憑性は、薄いのかな?

58: 世界@名無史さん 2007/12/19(水) 06:04:52 0
>>24
それなんて松尾伝蔵大佐?w

51: 世界@名無史さん 2007/12/10(月) 19:26:24 0
>>1
>いずれによ。ヒトラー亡命説を検討して見る価値は有ると思う 


終戦7年後、南極で生きたヒトラーに会った人物がいた!! 

南極にあるナチス地下秘密基地 

物理学者アル・ヴィーリック氏証言 
南極に秘密基地があることを米英は知っていた。 
そこへ向った米国海軍は不可解な事件に次々と巻き込まれた。  
ドイツでのUFO製造を証明するもう一つの証拠が見つかった。

元米空軍大佐・ウェンデル・スティーブンス氏の証言 
ドイツには6箇所のUFOの製造基地があった。 ネバダ州のエリア51で開発が続けられている。  

55: 世界@名無史さん 2007/12/13(木) 07:46:05 0
まあ、こうやって謎を残して伝説化させることがヒトラーの望みだったんだろうね。
死体が確認されて、さらされるなんて、ヒトラーの美学に反したんだろう。
だから死体を焼くように命じた。

燃えカスならまだ、生存説が流れる余地があるからね。
77: 世界@名無史さん 2008/03/22(土) 10:35:27 0
よくわからんのが、ボヘミア伍長は南ドイツのカソリック信者だったんだろ? 

だとしたら火葬は、最後の審判の日の「死者の復活」ができなくなるから本来嫌うはずなんだが。 

56: 世界@名無史さん 2007/12/13(木) 10:00:15 O
ヒトラーのニュルンベルク裁判は見たい。
耄碌していた可能性高いけど。
部下や側近の裁判なんて茶番劇みたいなものだろう…。

66: 世界@名無史さん 2008/01/28(月) 12:19:00 0
ヒトラーはスターリングラードでパウルスが降伏した時に「ドイツ国元帥ともあろう者が自決もしないとは」って怒り狂ってた。
それ考えると下手に脱出図って捕らえられるよりベルリン防衛の責任者として死を選ぶのが自然だと思うぞ。

結局ナチ上層部でうまうまと生き延びたのはゲシュタポ・ミュラーくらいだね。

67: 世界@名無史さん 2008/01/29(火) 00:14:24 0
>>66
ソ連のスパイだった ってホントかねミュラー?

68: 世界@名無史さん 2008/01/29(火) 15:15:01 0
>>67
今んとこそういう証拠書類は出てないらしい。

ラインハルト・ゲーレンが「ボルマンはソ連のスパイで、東側に亡命した」って回想録に書いてたけど、実際はベルリンからの脱出に失敗して服毒自殺したらしいし。
ミュラーも逃亡先は南米じゃないかね。

71: 世界@名無史さん 2008/02/04(月) 23:22:01 0
ヒトラー生存説はスターリンが傀儡にした東欧諸国をヒトラー復活の恐怖によってソ連に縛り付けるために流したというのをテレビとかで見たが、本当だろうか


81: 世界@名無史さん 2008/05/29(木) 09:37:09 0
死体が発見されなかった以上、逃亡したと見るべき。
ソ連が発見したならすぐ発表しないのは変。

82: 世界@名無史さん 2008/05/29(木) 09:48:09 0
「ヒトラーは西側が匿っている」などと西側にイッチャモンをつけて話を有利に進めるのに役立ったから公表しなかった。
あと、見つかった遺体がヒトラーだと断定するのに時間が掛かったのもある。

84: 世界@名無史さん 2008/06/05(木) 07:07:14 0
断定した時点でなぜ発表しない?
生存説でたら、ナチス残党の抵抗起きるからすぐ死亡発表するだろ。
米国が、イラク国内の反米レジスタンス沈静化させるためにフセイン処刑をすぐ公表したように。

85: 世界@名無史さん 2008/06/05(木) 22:33:37 0
実際、生存説は当時のドイツ、世界で膾炙されていたが、ナチ残党の組織的なゲリラ活動なぞ無かった。所詮、ナチス、ナチズムは一時的な不満や熱狂、機会主義によって成立存続した政権、イデオロギーで、ドイツ人に対して本質的な求心力なぞなかったってことでしょ。

86: 世界@名無史さん 2008/06/05(木) 23:37:39 0
しかしソ連にとっては「鬼の首」を取ったのだから、なぜ公表しなかったのか理解に苦しむ。
スターリンにしてみれば、捏造してでもヒトラーの遺骸を全世界に公表するのが最大のプロパガンダになると思うが?

87: 世界@名無史さん 2008/06/06(金) 00:29:51 0
それは先にも書いた。
西側にも伝えて共同でヒトラーの遺体を鑑定してもよさそうだが、それすらしていない。
やはり西側を恫喝するネタとしてヒトラーは生きていることにしたかったのだろう。

91: 世界@名無史さん 2008/06/10(火) 10:54:27 0
処刑説は説得力無い。
国際的に分析された証拠が1つもない以上、ソ連政府の発表は大本営。
終戦時に、死体発見を発表しなかった時点で、逃亡は確定。
ミュラー、アイヒマンでさえ逃亡できた以上
総統の脱出は容易。


92: 世界@名無史さん 2008/06/10(火) 11:16:45 O
「でさえ」のレベルだから逃亡に成功したんじゃないの?アイヒマンは「でさえ」ですらない。ゲッベルス、ボルマンが自殺してるのにパーキンソン病で体の自由がままならないヒトラーの逃亡なんてありえない。多数の証言、証拠にも反する。

99: 世界@名無史さん 2008/06/12(木) 20:40:43 0
狂信的崇拝者に囲まれてドイツ軍・政府を全面協力させられる以上総統の逃亡は容易。
大量の物資を前線に送るのに比べたら人数人の移動は容易。

やはり総統は一指導者というより、ナチス思想というドイツの「宗教」の根源でしょ。
日本軍が天皇制護持に固執したように、ドイツ軍も総統の生存を最優先するはず。
ナチスの狂信的崇拝者たちが、逃亡・ナチスの存続・再起を放棄するとは考えにくい。

100: 世界@名無史さん 2008/06/12(木) 21:10:55 0
1945年のあの当時、如何に自己保身を図るかに汲々としていたドイツ国民に総統の命運などもはやどうでもよかったのではないかと思うな。
特に残虐無比の復讐心に燃えるロシア人が首都に迫る中で何も出来ない当時のドイツ政府に将来に期待を掛けて再起を期すことを考える人間がいたとも思えんな。

105: 世界@名無史さん 2008/06/14(土) 22:39:30 0
日本政府があれほど天皇の安全にこだわってたのにドイツ政府が総統の生存に無関心というのはありえない。狂信的部下たちは、絶対に逃亡させるだろう。
日本軍が松代に本土決戦用の大本営用意してたようにドイツ軍も極秘の計画あったはず。

106: 世界@名無史さん 2008/06/14(土) 23:19:36 0
あったとしても、東西から挟撃されている絶望的状況では総統の生死よりも、自己保身が第一になるでしょう。ヒトラーと不即不離のナチス巨頭がベルリン陥落直前に沈没船から逃げ出すネズミの様に総統を見捨てて逃亡したり裏切ったんだから。
日本だって本土決戦があってベルリン陥落に近い状況で中央政府が崩壊していたら、本能むき出しで自己保身に走るのが大半じゃないかな。

107: 世界@名無史さん 2008/06/29(日) 18:22:32 0
あのゲーレンが言うように
ボルマンとミュラーは実はソ連がかくまってたかも

南米への逃亡説は自国で保護してるのを気付かれない為のソ連側の偽情報じゃないかな?

110: 世界@名無史さん 2008/07/02(水) 15:26:59 0
俺の親父が学生時代にアルゼンチンを旅行してたら
ヒトラーを農場で見たって

118: ウーゴ ◆eaYqa3SeLE 2008/07/11(金) 20:47:31 0
ガウチョ風の服装でマテ茶を飲みながら、農園でペオンと一緒に働いてるヒトラーを想像したらなんかワラタw
コルドバ辺りのナチス残党村なら、ヒトラーじゃなくても案外こういう生活してたナチス幹部もいたかもしれない
ゲシュタポの残党はボリビア軍で偉くなってゲバラを追い詰めたりしてたわけだし

120: 世界@名無史さん 2008/07/12(土) 12:52:55 O
望月三起也のマンガにドイツ軍がメキシコから米国本土を襲うってのがあったね。
ナチ幹部がメキシカンに変装していたカット(笑)

121: 世界@名無史さん 2008/07/15(火) 06:41:35 0
>>120
特殊空挺部隊雷神(1999年、歴史群像コミックス、学習研究社)だね。
ヒトラーのダブル(影武者)が出てたね。
食べ物にかなりこだわるようなコメントもしてたね。

128: 世界@名無史さん 2008/07/25(金) 19:47:43 0
もし生きてたとしてら、やはりアルゼンチンかな?

132: 世界@名無史さん 2008/07/26(土) 21:17:16 0
自殺しなくても20年どころか、10年も生きれたか疑問。
ヒトラーの妹パウラは晩年の六十代前半になる頃には七十代後半に見えたという。平均的な人間より早くに老化が進行していたようだ。
冷酷な独裁者の妹ととして戦後に味わった気苦労も大きく原因したのだろうが、やはり両親が叔父と姪という関係も少なからず影響していたのではないだろうか?
兄ヒトラーのパーキンソン病と妹同様に急速だった老耄を思うとさらにそう思わざるを得ない。

168: 世界@名無史さん 2008/10/13(月) 22:11:41 0
ヒトラーが生き延びて変る事といえば、地球の人口が一人多かった事が判明するだけだな。

175: 世界@名無史さん 2008/11/02(日) 01:37:51 0
ヒトラーがソ連に亡命してたら笑う。

188: 世界@名無史さん 2008/12/18(木) 16:04:47 0
まだ生きてんだけどね

201: 世界@名無史さん 2009/05/13(水) 11:20:47 O
ヒュー・トマスのヒトラー検死報告ぐらい読め
逃亡が成功したのはエヴァとボルマンだろな

213: 世界@名無史さん 2009/09/29(火) 14:10:46 0
ヒトラーは生きていた? DNA鑑定の結果、遺骨は女性のものと判明

20世紀最大の悪人と名高いドイツの独裁者、アドルフ・ヒトラー。
1945年4月30日に拳銃(もしくは服毒)自殺したと言われていますが、ここにきて生きていた可能性が出てきました。

これはよくある眉唾物の“ヒトラー生存説”とは違い、非常に科学的な事実に基づいたものです。ヒトラーの遺骨は戦後ソ連によって掘り返され、その後拳銃自殺によって穴があいた部分の頭蓋骨だけを残して処分されましたが、その頭蓋骨がなんと女性のものらしいことが分かったのです。

この衝撃の事実を発表したのはアメリカの考古学者、ニック・ベラントーニ氏。
彼はヒトラーの頭蓋骨の厚みが非常に薄く、まるで20~40歳の女性のようだと語っています。そして研究所でDNA鑑定を行った結果、その頭蓋骨が少なくともヒトラーのものではないことが分かったんだそうです。

ヒトラーと一緒に自殺した妻のエヴァ・ブラウンは服毒自殺です。
2人の遺体はガソリンをかけられて焼却されました。
ソ連軍は男女の遺体を発見し、男をヒトラー、女をエヴァであることを鑑定によって確認しています。
じゃあ、今あるこの頭に穴のあいた頭蓋骨は一体誰のものなんでしょう?
そして本当のヒトラーの遺骨は? 謎は深まるばかりです。

http://digimaga.net/2009/09/dna-test-shows-hitler-skull-is-that-of-a-woman.html
※リンク切れ

ありゃりゃ

214: 世界@名無史さん 2009/09/29(火) 20:53:12 O
自殺は偽装だとしたら、敵軍に囲まれてる最中、どうやって逃げたのだろ?

215: 世界@名無史さん 2009/09/29(火) 20:55:58 0
頭蓋骨がヒトラーの物でないとしても、生きてベルリンを脱出したと誘導するようなタイトルを書くような記事なぞ信用できんよ。
それに頭蓋骨はロシアの物なのになんでアメリカ人が調査しているのか?

219: 世界@名無史さん 2009/10/02(金) 08:44:29 0
当方は、米のウィークリー・ワールド・ニュースというタブロイドに載ってた記事で、「ヒットラーは、第二次大戦後、アルゼンチンに逃亡し、1993年まで生き延びた」というのが有ったのを覚えている。 

当方は、勿論、そんな記事を鵜呑みにはせずに、写真だけから出来る方法で判定してみた覚えが有る。 御承知の様に、人間の耳たぶのパターンというのは、個体差が明確でなかなか誤摩化せないもんだ。 

終戦前のヒットラーの写真と、終戦後にアルゼンチンに隠れていた時に撮られたとされる、彼の写真の耳たぶを拡大して付き合わせてみた所、同一人物のものだと判定出来た覚えが有る。

そういうわけで、タブロイドに載っている記事も、全部が全部捏ち上げとは限らない。 

223: 世界@名無史さん 2009/10/03(土) 00:40:19 0
>>219
生前の写真を修正した可能性は考慮しなかったの?w

最後の映像として有名なユーゲントと握手するヒトラーの映像を見てあれから五十年近くも存命する人間に思えるか?

238: 世界@名無史さん 2009/10/25(日) 11:25:20 O
一切の情報が漏れることなく、南米で余生を送るなんて事、可能なんだろうか?

239: 世界@名無史さん 2009/10/25(日) 12:54:38 O
幹部たちは一生ナチハンターに追われて大変だったもんな。
しかしメンゲレみたいに逃げ切り勝ちした奴もいたし。
ヒトラーは自殺したのが公になっているからそいつらよりは可能性は……あるか?

243: 世界@名無史さん 2009/11/03(火) 19:10:31 0
ヒトラーは南極でUFO作ってるよ

引用元: ・ヒトラーは地下防空壕で自殺したの?



帰ってきたヒトラー(字幕版)
(2016-12-23)
売り上げランキング: 4,114