612R8RMFDDL



1: 世界@名無史さん 2018/10/09(火) 18:55:22.92 0
ヴァレンシュタイン
グスタフ・アドルフ
リシュリュー







三十年戦争

三十年戦争は、ボヘミア(ベーメン)におけるプロテスタントの反乱をきっかけに勃発し、神聖ローマ帝国を舞台として、1618年から1648年に戦われた国際戦争。「最後の宗教戦争」、「最初の国際戦争」などと形容されるが、スウェーデンが参戦した1630年以降は、ハプスブルク家、ブルボン家、ヴァーサ家による大国間のパワーゲームと捉える向きもある。

三十年戦争は新教派(プロテスタント)とカトリックとの間で展開された宗教戦争と捉えられることが多いが、それはこの戦争の単なる一側面に過ぎない。当初は宗教闘争に名を借りた民族対立の様相を呈していたが、戦争の第2段階から徐々に国家間の権力闘争の側面が露わになり、ヨーロッパにおける覇権を確立しようとするハプスブルク家と、それを阻止しようとする勢力間の国際戦争として展開することになった。




3: 世界@名無史さん 2018/10/09(火) 19:04:40.63 0
最初のスターはマンスフェルト?
270px-PeterErnstIIofMansfield02


エルンスト・フォン・マンスフェルト
(1580年 - 1626年11月29日)は、ドイツの軍人、傭兵隊長。三十年戦争初期に傭兵を率いて転戦する一方で略奪を繰り返し、「甲冑をまとった乞食」の異名を取った。

5: 世界@名無史さん 2018/10/09(火) 19:28:58.47 0
この戦争のオールスターぶり

6: 世界@名無史さん 2018/10/09(火) 20:17:18.70 0
神を殺した戦争

7: 世界@名無史さん 2018/10/09(火) 20:20:04.02 0
旧教軍と新教軍は総人口の三分の一を死に至らしめた。
人々は自らの行為に恐怖した。

11: 世界@名無史さん 2018/10/10(水) 16:38:42.05 0
講和条約の無効宣言を無視されるローマ教会

13: 世界@名無史さん 2018/10/10(水) 21:27:05.08 0
むしろグスタフ・アドルフやヴァレンシュタインが死んだ後の方が面白い

14: 世界@名無史さん 2018/10/13(土) 07:45:29.22 0
この戦争でドイツの人口は別に減らなかった、という人もいるみたいだが。

15: 世界@名無史さん 2018/10/13(土) 09:31:36.67 0
徴税人口が減ったという意味かも

16: 世界@名無史さん 2018/10/16(火) 02:39:46.69 0
馬鹿にも分かりやすく説明しろ!

19: 世界@名無史さん 2018/10/25(木) 15:10:56.52 0
カトリック教会の腐敗(免罪符)→宗教改革ムーブ(我も我もと、反カトリック)→王家対立も絡んで→三十年戦争
→神聖ローマ国体制崩れて、民族分散
→統一国家願望沸々→プロイセンドイツ隆盛、オーストリアのバルカン支配
→→第一次世界大戦→後はご承知の通り…

22: 世界@名無史さん 2018/10/31(水) 08:47:53.01 0
日本だと知名度が低いなあ
登場する国と人間が多すぎて軽く混乱する

24: 世界@名無史さん 2018/10/31(水) 13:00:56.47 0
プラハの窓放り投げと、樹に吊された人達の絵が象徴的だけど、どちらも授業で見せられなくなってるからかも。
375px-Defenestration-prague-1618


第二次プラハ窓外放出事件


1618年5月23日、プラハ城を襲った民衆によって王の使者である国王顧問官2名と書記の3名が、城の三階の窓から地面に投げ落とされた事件。三十年戦争の発端となった。

1617年、熱烈なカトリック教徒で対プロテスタント強硬派として知られていたハプスブルク家のフェルディナント(後の神聖ローマ皇帝フェルディナント2世)がボヘミア王に即位し、プロテスタントを迫害する政策を実行しようとした。これに反対するプロテスタントのボヘミア貴族たちはフェルディナントを王と認めず、対立が深まっている最中の事件であった。


72: 世界@名無史さん 2019/07/30(火) 14:32:00.54 0
>>24 
2番目のプラハの窓落としか 
たしか皇帝の使者はゴミ箱がクッションになって助かったんだよな

25: 世界@名無史さん 2018/10/31(水) 23:32:14.24 0
>樹に吊された人達

あれは被害者かと思っていたが、実は加害者だそうな
7332_thirty-years-war2

27: 世界@名無史さん 2018/11/01(木) 11:02:17.26 0
反乱軍とはいえ島原の乱で、オランダに軍船での原城砲撃を許したり鎖国中の貿易国としたのも、カトリック布教の危険性を三十年戦争の経緯から江戸幕府が感じとったからとする言説があります。

三十年戦争は、オランダの独立戦争と並行してたも言われてるのでアンチカトリック(スペイン)な進言だったのでしょう。

28: 世界@名無史さん 2018/11/01(木) 23:03:39.55 0
鎖国完成した時は30年戦争の真っ最中でネーデルランドなんて「国家」は認められてなかったんだよなあ

31: 世界@名無史さん 2018/11/07(水) 22:30:27.89 0
ポーランドは何してたん?
自国に有利になるようにドイツに容喙する絶好の機会だったろうに
ロシアとの抗争で忙しかったんか?

32: 世界@名無史さん 2018/11/08(木) 20:40:58.38 0
前半はスウェーデンとの戦争

それが終わるとロシアとの戦争
あとオスマンとも黒海方面巡って戦争

35: 世界@名無史さん 2018/11/13(火) 20:14:11.66 0
オスマン帝国もちゃっかり参戦してるんだよなー

37: 世界@名無史さん 2019/04/02(火) 23:08:29.75 0
ドイツでの三十年戦争の終結と入れ替わるように、ポーランドでは「大洪水時代」と呼ばれる悲惨な戦乱が始まった

ここでも、主役となったのはスウェーデン

北欧ヴァイキングの勇猛さは健在だった

46: 世界@名無史さん 2019/04/08(月) 18:46:56.22 0
ランツクネヒトってのは、ほんとにこんな大道芸人みたいな恰好で戦争してたの?
日本で言えば傾奇者的な趣味?

no title
ランツクネヒトは、1486年に神聖ローマ帝国のドイツ王マクシミリアン1世によってスイス傭兵を教師にして編成されたヨーロッパ(主にドイツ)の歩兵の傭兵である。


47: 世界@名無史さん 2019/04/08(月) 19:48:17.42 0
>>46
見た目は滑稽だが、民衆から略奪しまくる危ない奴ら

48: 世界@名無史さん 2019/04/09(火) 20:54:32.65 0
なので、いくら活躍したとしてもこの連中を主人公にした映画などは作りにくい。
どんな凄腕の脚本家を雇っても、連中が人面獣心の輩であることは隠しようがない。

51: 世界@名無史さん 2019/06/15(土) 13:16:32.61 0
確か30年くらい前に潰れたSPIと言うアメリカのボードゲーム会社が30年戦争のゲームを出してた
ブライテンフェルト、リュッツェン、ネルトリンゲン、ロクロワの四つ入り

60: 世界@名無史さん 2019/06/16(日) 23:25:01.16 0
>>51
かつてホビージャパン社が刊行していたシミュレーションボードゲームの専門誌(後にはテーブルトークRPGも扱ったが)「タクテクス」の1988年6月号に、「ブライテンフェルトの戦い」が付録ゲームとして掲載されていた。
さらに1989年12月号には、三十年戦争の政治と軍事全体をテーマとしたゲーム「神聖ローマ帝国」(オリジナルはWWW社)が掲載された。

53: 世界@名無史さん 2019/06/15(土) 16:25:46.07 0
どうして宗教戦争なのにカトリックのフランスはプロテスタント側に付いたのですか?

55: 世界@名無史さん 2019/06/16(日) 05:53:36.96 0
>>53
それ以前には、ハプスブルク帝国に対抗するため、イスラム教徒のオスマン帝国とも同盟してたくらいだからな

58: 世界@名無史さん 2019/06/16(日) 16:28:29.19 0
>>53
スペイン・ドイツの挟み撃ちになるから

59: 世界@名無史さん 2019/06/16(日) 18:33:02.46 0
>>58
ん?スペインはカトリックだから挟み撃ちにはならないよ。

61: 世界@名無史さん 2019/06/17(月) 12:15:20.25 0
>>59
ハプスブルクに挟撃
実際三十年戦争ではスペイン軍が主力で参戦してたくらい
オーストリアとスペインのつながりは強かったわけで

66: 世界@名無史さん 2019/06/17(月) 15:11:04.88 0
>>53
ハプスブルク帝国と戦うため、その一言に尽きる

ルイ13世自身はユグノーを弾圧するカトリック信者なので、本音は新教側と戦いたかったらしいがブルボン朝の初代アンリ大王は、ユグノーからカトリックに改宗したのに結局カトリック信者に暗殺されたという人物

54: 世界@名無史さん 2019/06/15(土) 19:32:11.09 0
国益は宗教に勝るという意識が既に力を持ってきてたんだろうな
それがウェストファリア条約にも結実するわけで

もし戦争絵画を一枚となったらリシュリューのラ・ロシュル包囲戦が欲しい

ヴェストファーレン条約は、1648年に締結された三十年戦争の講和条約で、ミュンスター講和条約とオスナブリュック講和条約の総称である。この条約によって、ヨーロッパにおいて30年間続いたカトリックとプロテスタントによる宗教戦争は終止符が打たれ、条約締結国は相互の領土を尊重し内政への干渉を控えることを約し、新たなヨーロッパの秩序が形成されるに至った。


56: 世界@名無史さん 2019/06/16(日) 06:00:28.46 O
『皇帝』に成りたかったのもアルよね…何回も神聖ローマ皇帝選挙に出て、負けてるし…
外国生まれの簒奪者のナポレオン・ボナパルトが『皇帝』位をもぎ取ったら…絶大な支持を得たわけだし…

63: 世界@名無史さん 2019/06/17(月) 14:42:45.33 0
受験生がウェストファリア条約を覚えればそれでおしまい。
マンガでも出ていれば日本のライトな歴史ファンにも知られるのだが。

65: 世界@名無史さん 2019/06/17(月) 15:00:31.98 0
>>63
情勢が複雑すぎて難解なので、マンガ向きではない

79: 世界@名無史さん 2019/08/04(日) 13:36:00.39 0
>>63 >>65
「イサック」という漫画は三十年戦争を背景にしている。
といっても日本出身の銃の達人をヨーロッパの戦争に参加させるなら三十年戦争の時代が適当だった、という理由らしいが。
(大阪夏の陣が1615年、三十年戦争が1618年~1648年)

70: 世界@名無史さん 2019/07/30(火) 07:24:02.11 0
リシュリューの対外政策に、フランス国内の教会からは異論がでなかったのだろうか。

73: 世界@名無史さん 2019/08/01(木) 23:07:03.03 0
>>70
実際にカトリックの信心派が母后マリー・ド・メディシスと組んでの叛乱を企てている

74: 世界@名無史さん 2019/08/02(金) 08:42:04.49 0
Popeはブルボン家よく破門しなかったな

75: 世界@名無史さん 2019/08/02(金) 23:20:57.28 0
教皇の主敵はむしろ両ハプスブルグ家
だからフランスには常にその牽制役を期待していたため

78: 世界@名無史さん 2019/08/03(土) 00:03:25.67 0
宗教間の争いだったはずの三十年戦争では旧教国のフランスが新教徒側についてたけど,それ以外にも新教国のデンマークが同じ新教国のスウェーデンと争った際に旧教側がデンマークを支援してるな。

80: 世界@名無史さん 2019/08/08(木) 12:17:05.88 0
>>78
結局宗教は口実なのよね
端緒のベーメンも宗教を口実にした民族運動の側面が強い
ハプスブルクも旧教を使ってハプスブルク主体の統一国家形成をもくろんだのであって
旧教を広めるためではないだろう

引用元: ・三十年戦争



ドイツ三十年戦争
ドイツ三十年戦争
posted with amazlet at 19.08.23
C.ヴェロニカ ウェッジウッド
刀水書房
売り上げランキング: 429,777