61M945ST5PL


1: 天之御名無主 2018/02/23(金) 18:28:45.53
穀物の起源神話とかはまだわかるけど、大洪水なんて滅多に起きないしどうして広まったかわからん








2: 天之御名無主 2018/02/24(土) 01:52:25.36
有史以来これまでナイル河の氾濫はじめ古今東西大洪水事故は数え切れないほど起こって来た
近年の我が国でも大洪水現象は起こっている

4: 天之御名無主 2018/02/25(日) 00:22:10.39
氷河期が終わった時の伝承が各地にあるだけだろ

6: 天之御名無主 2018/02/25(日) 05:34:33.61
以外と皆んな知らない事実だけど、今から12000年前は現在の海抜より、120メートル程低かった。
それは単に氷河期時代の終わりに氷雪が溶けただけの話。
氷の溶ける温度は0度なので、緩やかな上昇ではなく、一気に数十メートル級の水面上昇が起こって、海抜が低かった頃の文明をいくつも呑み込んだのが起源だと思う。
現在の人口の大半が海抜100メートル以内だからそりゃ当時のアトランティスやムー、マヤなどの先進文明も滅びるしかなかった。

144: 天之御名無主 2019/07/04(木) 09:30:05.11
>>6
そこから更に現在より5~10メートル海面が上昇した。(いわゆる縄文海進)
東南アジアからボルネオ、フィリピンに至る広大な海域はかつて海面が低かった時代は広大な平原が広がっていて、現在、それらをスンダランドとか言います。

また、ニュージーランドは海没した(オーストラリア大陸に匹敵かそれ以上の)大陸の極一部分だった。 というのが最近明らかになりました。
調査の結果、地殻の厚みが周囲の海洋底に比べて遥かに厚く組成も要件を満たしてるとして(海没した/失われた)大陸と認定されたらしい。

12: 天之御名無主 2018/02/27(火) 20:39:21.76
中国のは異色で
石像の目が赤くなると、その地は海の底に沈むという言い伝えがあって
それを聞いた悪戯者が目を真っ赤に塗ると本当に洪水が起こってその一帯が海に沈んでしまう話になってる。

日本でも、宇治拾遺物語に
「唐土の卒塔婆に血の付く事」として伝わっている。

17: 天之御名無主 2018/03/05(月) 22:51:30.56
〇〇文明って大抵でかい川の名前やん?
長く続けば大洪水の1つや2つぐらいあるやろ

18: 天之御名無主 2018/03/09(金) 23:26:43.53
パクリ元がシュメール神話の洪水話と思しきものがある。
その代表が旧約とギルガメシュ叙事詩。

24: 天之御名無主 2018/04/22(日) 12:39:41.06
>>18
あの辺りの洪水譚はかなり広範に影響を及ぼしていると感じる

26: 天之御名無主 2018/04/23(月) 23:04:18.33
>>1
雨期と乾季を交互に繰り返す地域や、ナイルの氾濫が出典。

27: 天之御名無主 2018/04/25(水) 10:21:04.83
縄文海進だろ

28: 天之御名無主 2018/04/25(水) 15:50:48.29
総ての宗教は互いに影響を与え合い成立しているから
そういう情報も共有されていても不思議ではない

31: 天之御名無主 2018/04/26(木) 18:06:05.99
メソポタミアから麦作農耕と共に広まっていった説
麦作と言えば氾濫原!みたいな考え方があったとか

40: 天之御名無主 2018/06/08(金) 20:39:30.33
つーかよう、世界中ってどこだよ 

125: 天之御名無主 2019/05/22(水) 16:13:42.85
>>40
だよな
普通の洪水の話ならともかく、人類の始祖に関わるような大洪水伝説なんて出てこない神話体系も多い
そもそも日本神話に大洪水神話ないし

62: 天之御名無主 2018/08/30(木) 21:42:34.06
メソポタミアの「ギルガメッシュ叙事詩」に洪水伝説も洪水7日後にニシル山に漂着して鳩を飛ばし水の引きを確認するくだりも出て来るとさ

71: 天之御名無主 2018/09/03(月) 14:07:16.17
>>62
山への漂着や鳩飛ばしのエピソードまであるんじゃなあ。
ギルガメッシュの聖書への影響は考えねばと。

63: 天之御名無主 2018/08/31(金) 11:03:07.58
ギルガメの話がユダヤの民族に伝わったものがノアの方舟の話ということか

64: 天之御名無主 2018/09/01(土) 06:08:49.69
聖書話の元ネタはメソポタミアの神かいな

65: 天之御名無主 2018/09/01(土) 08:47:10.23
直接ではないだろう
当時西アジア一帯に広まっていたものをシュメールもヘブライも拾った

66: 天之御名無主 2018/09/01(土) 11:34:54.38
バビロン捕囚で捕らえられていたユダヤ人たちがバビロンで聞いたギルガメッシュの話を解放された後にエジプトや行き先で語ったという説があるな

78: 天之御名無主 2018/09/06(木) 15:20:42.32
世界各地の水源のある地域では古来何度も自然の洪水はあったが、ギルガメッシュと聖書の波及で似たような神話、伝説が世界中に存在するということですかね

79: 天之御名無主 2018/09/06(木) 16:28:33.08
実際にメソポタミアの下流域が沈んでるわけだし

83: 天之御名無主 2018/09/10(月) 07:25:39.38
大抵、人間は川などの水辺にまず住み着いて
そういった川は定期的に反乱するからじゃないかと

86: 天之御名無主 2018/09/11(火) 12:44:49.08
人間という同じ種が形成したものだから、洪水という同じ被災を受けた人間たちは、同じような行動をするというだけの話

88: 天之御名無主 2018/09/11(火) 22:30:49.10
ミャオ(苗)/モン族の洪水神話は口伝のせいか諸説別れていて
ノアの箱舟そのままの話とストーリーは別物だが船(瓢箪)で生き残る話がある
どれも兄妹婚姻オチは共通している
ミャオは中国(漢民族)側の呼称でミャオ族自らはモン族と呼ぶ

92: 天之御名無主 2018/09/12(水) 14:32:19.36
マツヤ(サンスクリット語: ??????, Matsya)は、ヒンドゥー教におけるヴィシュヌの第1のアヴァターラ(化身)である。

マツヤが7日後に大洪水が起こり全ての命を破壊することを予言した。
マヌは海にも入りきらなくなった巨大魚マツヤがヴィシュヌの化身であることに気づいた。
彼に船を用意して七人の賢者と全ての種子を乗せるよう言うと魚は姿を消した。
やがて大洪水が起こり、マツヤ(ヴィシュヌ)は船にヴァースキを巻きつけてヒマラヤの山頂まで引張った。
こうしてマヌは生き残り人類の始祖となり、地上に生命を再生させた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%A4

98: 天之御名無主 2018/09/16(日) 20:35:03.42
神話・伝説は出所の民族と接触した人々を介して伝播、還流して各地、各文化圏でアレンジされ固定化してゆくのかな

99: 天之御名無主 2018/09/29(土) 08:33:22.29
幾つか系列があるんだろ

101: 天之御名無主 2018/10/05(金) 07:29:09.34
よく判らないがノアの方舟の漂着した跡だとか(否定する調査報告も出ている)、方舟の材料の木片が発見された…とされている
浪漫があると言うか、何とか史実としたい情熱があるんだな

106: 天之御名無主 2018/10/12(金) 16:59:55.56
>>1
水治が進んだ今だからあまり起きてないが、何も整備されてなかったらどこでも大洪水は起きる。

113: 天之御名無主 2019/02/06(水) 01:10:29.68
大雨でも地震由来でも起こるからなあ

116: 天之御名無主 2019/03/31(日) 01:02:05.65
生き残った人が一瞬にして跡形もなくのみこまれ多くの人が亡くなるという強烈な体験を伝えたくなるから

128: 天之御名無主 2019/05/27(月) 18:16:31.80
日本の場合は縄文海進よりも喜界噴火の方が大ごとだったからねえ

大量の火山灰のせいで近海の魚が全滅
腐った魚が大量に打ち上げられたためにほとんどの港町が見捨てられて放置
無人の町が海進で沈んでも伝説には残らない

130: 天之御名無主 2019/05/31(金) 13:51:33.06
洪水神話が残らない理由の考察も面白いね。

引用元: ・どうして大洪水神話は世界中にあるんだろう



世界の洪水神話―海に浮かぶ文明

勉誠出版
売り上げランキング: 1,407,249