no title




1: 人間七七四年 2017/04/24(月) 07:52:05.89 ID:33/h3AKq
駿府城天守再建について天守台、堀の公開発掘調査が行われている。
また、資料は少ないがマニア等により数多くの考察が行われ県も再建に向けて積極的である。

そんな駿府城天守について語ろう







2: 人間七七四年 2017/04/24(月) 08:04:41.44 ID:33/h3AKq
3: 人間七七四年 2017/04/24(月) 08:12:57.53 ID:33/h3AKq
日光東照宮には五重塔がある。
久能山東照宮にも明治期の廃仏毀釈により五重塔が破却されたと聞いている

久能山東照宮↔駿府城↔富士山↔日光東照宮
ラインならば
駿府城天守は五重塔や東照宮のように外観は豪華絢爛だった可能性はないだろうか?
柱は朱と金箔により茶色に見えた可能性はないだろうか?

4: 人間七七四年 2017/04/24(月) 08:50:32.85 ID:N6TRpQTM
また、外観が茶色なのは単に木材の柱や板目を使用していたというより、今川時代より発展していった駿河漆器の技法を使用して茶色の漆仕様だった可能性もないだろうか?

5: 人間七七四年 2017/04/24(月) 18:02:59.94 ID:mg4Yuei3
むっちゃかっこいいな

7: 人間七七四年 2017/04/25(火) 07:23:08.74 ID:XYX81Jcf
六の段 五間、六間屋根、破風、鬼板白鑞、掛魚、鰭(ひれ)、逆輪、釘隠銀 物見の段 天井組入(てんじょうぐみいり) 屋根銅を以って葺くなり 軒瓦(のきがわら)鍍金、破風銅、掛魚銀、鰭銀 筋黄金、破風の逆輪銀、釘隠・鴟吻(しふん)黄金・熨斗板(のしいた)・逆輪黄金・鬼板黄金

五の段 六間、八間、腰屋根・唐破風・鬼板 何れも白鑞、逆輪(さかわ)、釘隠いずれも銀

四の段 八間、十間、同間、腰屋根・唐破風(とうはふ)・鬼板(おにいた) いずれも白鑞(しろめ)、掛魚(げぎょ)銀、鰭(ひれ)同、 逆輪(さかわ)同銀、釘隠(くぎかくし)同

三の段 腰屋根瓦(こしやねがわら) 同十間、十二間、同間

二の段 同十間、十二間、同間 四方欄干あり

元の段 十間、十二間但し、七尺間、四方落縁(しほうおちえん)あり


「創業記考異」「慶長政治録」「天守御注文〔故事類苑城郭下〕」「慶長見聞書漏文」「慶長見聞録案紙」等

8: 人間七七四年 2017/04/25(火) 09:35:08.68 ID:nneo9s4j
白鑞瓦がまぶしいな 雪をかぶった富士山みたい
一富士二鷹三茄子は家康の好物という説もある
天守から毎日眺めてたんだろうな 
これはいい観光資源になるよ
駿府城天守から富士山拝むツアーが流行る

9: 人間七七四年 2017/04/25(火) 10:48:00.70 ID:IFI1TLnh
静岡市民の家康好きは異常
街や建物の名前に葵を使いまくってる

12: 人間七七四年 2017/04/25(火) 20:10:30.71 ID:AnTRwufj
現在天守台の発掘調査中のようですが、石垣の多くに亀裂が入っている

TVでは天守が火災にあった際の熱が原因とあるが、静岡大空襲の影響もあるのではないのか?

再建するには石は新しくする部分がかなりあるだろう。
地震も考慮するならば、地盤改良も必要かも知れない。

14: 人間七七四年 2017/04/26(水) 01:45:50.92 ID:vkN5wdCA
再建するなら木造で
間違ってもコンクリ城だけはやめてくれ

22: 人間七七四年 2017/04/26(水) 19:56:37.72 ID:T0W15d5W
西側の一辺。石垣の長さは南北約68m、高さは約5.6m。
長さだけ比較すると江戸城天守台(南北約45m)の1.5倍

26: 人間七七四年 2017/07/08(土) 08:40:50.70 ID:gi1XbcFS
駿府城天守台調査で初めて発見 豊臣系の「金箔瓦」一般公開

静岡市が駿府城公園で進めている天守台発掘調査で約20年ぶりに金箔付きの瓦が見つかり、7日から同公園内にある「発掘情報館きゃっしる」で一般公開が始まった。
今回見つかった「金箔瓦」は、織田信長系の城にみられる、瓦の凹部に金箔を貼り付けたものではなく、凸部に金箔を貼り付けた豊臣秀吉系のもので、駿府城の改修の歴史を知る上で貴重な発見という。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170708-00000001-san-l22

27: 人間七七四年 2017/10/18(水) 11:33:11.51 ID:o7OBKief
最近、隆慶一郎の『影武者徳川家康』を読んで興味を持ちました。

小説内では、駿府城を改築直後に敵側の忍びが入り込んで火事、その後作り直した城は忍びが入り込めない様な設計にした、とありました。

どんな感じなんでしょうね。

また、家康は駿府を上なしの自由区にしたかったともあります。堺みたいな?

小説内の事とはいえ、駿府という土地自体どういう気風の場所になっているのでしょうか。

一度訪れてみたいです。

28: 人間七七四年 2017/10/18(水) 17:17:16.98 ID:Mz0FjOfW
静岡もいい名前だけど、駿府市に変えればいいのに 県名も駿河県に


30: 人間七七四年 2017/10/19(木) 21:15:13.63 ID:I5s8epne
>>28
静岡市と清水市が合併するときに駿府市にすれば最高だったね
29: 人間七七四年 2017/10/19(木) 20:54:33.01 ID:6nQTIESE
>>28 
遠江地域民激怒

31: 人間七七四年 2017/10/27(金) 05:45:49.39 ID:zQl1yUCS
見える化された静岡「駿府城」今だけしかできない観光方法がヤバい
https://www.travel.co.jp/guide/article/28967/

駿府公園が面白くなってきてるね

33: 人間七七四年 2018/07/14(土) 09:46:46.37 ID:3uF2nEJr
まず、家康の遺言。

「(遺体は)久能山に納め奉り、御法会は江戸増上寺にて行はれ、霊牌は三州大樹寺に置れ、御周忌終て後下野の国日光山へ小堂を営造して祭奠すべし。京都には南禅寺中金地院へ小堂をいとなみ、所司代はじめ武家の輩進拝せしむべし」と遺言したという。

久能山東照宮と駿府城と富士山と日光東照宮が一直線になるようになるように考えられるとすれば、駿府城も東照宮に近い飾られ方をされていても不思議ではない。

つまり、駿府城天守は静岡浅間神社や久能山東照宮と同様の飾りがされていた可能性がある

今川義元の人質として幼少期を過ごした家康、駿府城の前にいた二条城天守と同様の天守の可能性も高い

柱が朱塗りの可能性や、東照宮のような黒漆など使われた可能性もある

36: 人間七七四年 2018/10/20(土) 16:42:55.00 ID:oQvAfdE9
>>33
確かにそうですね。
下記の順と年号を考えればセットで造営したはずなので共通の建築、装飾が考えられる
となると晩年の東照宮までの飾りはなくとも江戸城や名古屋城、そして二条城の装飾(破風等)までは駿府城には最低あっただろう

駿府城に関わった 中井正清
江戸城、増上寺、日光東照宮、江戸の町割りまで手掛けた大工頭 初代京都大工頭。
駿府城天守閣、江戸の町割り、内裏、増上寺、方広寺大仏殿、日光東照宮など、幕府関係の重要な建築の多くを担当した。

二条城1606
江戸城1607
駿府城1608
名古屋城1612
禁裏1613
方広寺大仏殿1614

晩年
久能山東照宮
日光東照宮

二代目 正侶
二条城寛永度造営
大阪城天守再建

37: 人間七七四年 2018/10/20(土) 16:58:44.97 ID:oQvAfdE9
その調査の為には本丸堀に焼けた建物の燃え残り木材などの付着塗料など調査しなければならないがどこまでの深度まで掘って調査が進んでるかはわからない
一部木材は見つかっているようだが。

38: 人間七七四年 2018/10/27(土) 17:17:08.00 ID:hPtNT0rk
知恩院御影堂が11間9間
駿府城天守が12間10間

1階は知恩院御影堂と同じ造りで2階がそのまま上に伸びて欄干があったかんじなのかもね

https://i.imgur.com/KjFkRGe.jpg

39: 人間七七四年 2018/10/27(土) 17:21:15.36 ID:OagYNnB6
そんな小難しく考えるより、1階は地階、2階・3階は福井城や福山城のように1階・2階が一体化した構造と見たほうが良い
つまり5重6階地階1階

40: 人間七七四年 2018/10/27(土) 17:58:04.28 ID:hPtNT0rk
>>39
地下ないんですよ

41: 人間七七四年 2018/10/27(土) 18:27:24.79 ID:OagYNnB6
>>40
1階が地階に相当する
天守台より天守が小さいので地階に見えないが

42: 人間七七四年 2018/10/27(土) 20:09:32.05 ID:YLXqacz2
>>41
元段が地階に相当するならば
四方 落縁
ってのがねぇ。


元段
十間 十二間 但し七尺間 四方落 椽あり

二之段
同十間 十二間 同間 四方有 欄干

三之段
腰屋根瓦 同十間 十二間 同間

四之段
八間十間 同間 腰屋根 破風 鬼板 何も白鑞
懸魚銀 ひれ同 さかわ同銀 釘隠同

五之段
六間八間  腰屋根 唐破風 鬼板何も白鑞
懸魚 鰭 さか輪釘隠何も銀

六之段
五間六間  屋根 破風 鬼板白鑞
懸魚 ひれ さか輪釘隠銀

物見之段
天井組入 屋根銅を以葺之 軒瓦滅金
破風銅 懸魚銀 ひれ銀 筋黄金 破風之さか輪銀
釘隠銀 鴟吻黄金 熨斗板 逆輪同黄金 鬼板拾黄金

43: 人間七七四年 2018/10/27(土) 20:34:52.55 ID:OagYNnB6
>>42
ニ之段にある欄干に対応するものでしょう

44: 人間七七四年 2018/10/28(日) 16:10:57.13 ID:nzDhJhTH
>>43
ん?わからないので教えてください

45: 人間七七四年 2018/10/28(日) 18:29:01.56 ID:nkVzCJS7
>>44
欄干が張り出しているので、その下に位置する部分に落縁を設けたとか
もしくは欄干を支える柱があってその内側に落縁を設けたとか

欄干で屋根があるなら濡れ縁として、落縁を設けても問題ないかと

46: 人間七七四年 2018/10/29(月) 19:23:02.20 ID:+UvPJdXk
>>45
江戸天守を建て替えようと用意していた材料を駿府城天守再建の為に使ったようだが、そうなると天守台の中に天守台の石垣がさらにあったんだと自分なんかは思うんだが、文献と食い違いがあるんですよね


推定案?
no title


駿府城明治?
no title


江戸城天守
no title

47: 人間七七四年 2018/10/29(月) 19:47:42.00 ID:qW+Snzis
>>46
写真が本当に駿府城か非常に怪しい

48: 人間七七四年 2018/10/30(火) 06:52:13.99 ID:wO8Q1bv5
>>47
まぁ、それはありますね。

49: 人間七七四年 2018/10/30(火) 07:17:17.98 ID:wO8Q1bv5
豊臣時代の天守台が発掘されたとニュースがありましたが、名古屋城のように文化庁から石垣保全など突っ込まれたりしなければいいが。

でもあの火災と地震で割れた石や杭打ちとかどうするんだろうね

東海地震を考えたら、天守土台はコンクリートの免震ダンパーにして土台で地震の揺れを吸収しなければならないだろうに。


https://i.imgur.com/qf1Ne16.jpg

50: 人間七七四年 2018/11/07(水) 07:01:50.08 ID:Kmkfn75E
名古屋城天守台高さ19.5m

駿府城天守台高さ19m(水面からの高さ)
広さ68m×61m

名古屋城と天守台高さが同じっていうのが
おもろいね

引用元: ・【徳川家康】駿府城天守再建【発掘調査



よみがえる日本の城 (11) (歴史群像シリーズ)

学研
売り上げランキング: 660,039