514oiGQD2iL



1: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:15:27 ID:gfE
遅くなってしまった、昨日に引き続きやるでー








5: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:20:45 ID:gfE
【黄忠】
no title

・字は漢升。荊州南陽郡(現在の河南省南陽市)出身。

・劉表配下として仕え、中郎将に任ぜられ、劉表の甥っ子である劉磐と長沙攸県の守備の任につく。

・荊州南部で反乱した張羨や江南の孫権に対する防衛戦力として当てられるくらい有力であった模様。

・劉備の荊州平定後は劉備に仕え、益州攻略では常に先駆けとして劉璋軍の陣地を攻め落とすなど大分ハッスルしていた。

6: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:22:10 ID:gfE
no title

no title

no title

・蜀軍オールスターズVS曹操軍関西方面軍の戦いである漢中攻防戦の定軍山の戦いにおいて、参謀の法正の指揮下で夏候淵(曹操軍関西方面軍司令官)を討ち取るという大金星を上げる。

・関羽「なんであのジジイが後将軍でワイが前将軍やねん、ジジイの前とか嫌や」費詩「張飛、馬超将軍や漢中王のお墨付きです」関羽「こマ?」→前将軍就任

・翌年の220年に逝去、222年夷陵の戦いには参戦していない。
・子供に黄叙という者がいたが早世している。

7: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:23:36 ID:gfE
演義における黄忠】

・劉表→劉琮→曹操(韓玄)→劉備 という順で仕えたのは同じ。

・歳の割に血気盛ん。魏延と共に韓玄配下として関羽と戦い、一騎討ちで引き分けるという武勇を誇る。

・弓の名手として数多くの将を射殺し、一騎討ちでも大活躍。
no title

・漢中攻略では同じジジイの厳顔とタッグを組んで張コウ・夏侯尚を破る。

・この戦いで韓玄の弟という設定にされた韓浩という全く韓玄とは関係ない有能が黄忠に討ち取られている。

・関羽「なんであのジジイが後将軍でワイが前将軍やねん、ジジイの前とか嫌や」費詩「張飛、馬超将軍や漢中王のお墨付きです」関羽「こマ?」→前将軍就任

・前将軍・関羽 後将軍・黄忠 右将軍・張飛 左将軍・馬超 就任が五虎将軍の元ネタとされる。

・夷陵の戦いに普通に参戦。

8: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:25:44 ID:gfE
no title

no title

no title

・劉備「張苞・関興の若手が来てくれたんじゃあ^~ワイらも老いたもんやなぁ」黄忠「!?」
老兵を軽んじた発言を聞き、部下数十騎で呉の潘璋の陣地へ突撃し暴れるも、重傷を負う。

・張苞・関興の若手コンビに助け出されるもその傷が仇になり、詫びを入れた後劉備の目の前で倒れ、そのまま死去。享年75歳であった。 

・個人的に演義では五虎将軍一幸せな死に方をした男だと思う。


no title

no title

9: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:28:03 ID:gfE
【おまけ】
no title

no title

・老いて益々盛んな男と描かれることが多く、大体の作品ではっちゃけたジジイキャラをしている。

・歴戦の将でありながらどこか手柄を欲しがる無邪気さを感じ取れる蒼天黄忠が個人的にはすこ。

10: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:29:46 ID:xSu
実際はどの世代なんやろうか

11: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:30:50 ID:gfE
>>10
年齢のことか?呂布の2~3個上って聞いた事があるがどうなんやろな

15: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:33:13 ID:xSu
>>11
呂布も生年分からんくね

18: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:34:22 ID:gfE
>>15
うん、分からん(震
張飛とか関羽も良く分からんかった、だいたい演義によせて書かれてるのが多い

22: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:37:51 ID:gfE
とまぁ黄忠のじいさんに関してはこんな感じや
弓のイメージは演義補正やったんやなぁ

27: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:41:05 ID:gfE
【馬超】
no title

・字は孟起。司隷扶風郡茂陵県(陝西省興平市)の出身。

・後漢の名将馬援の子孫の出身で祖父は馬平、父は馬騰。弟は馬休・馬鉄。従弟は馬岱。妻は楊氏・董氏(側室)。子は馬秋・馬承。娘は劉理の妻。

・若いころ馬騰と韓遂が対立した際に韓遂配下の閻行に殺されかけるというエピソード持ち、なおこのいざこざは司隷校尉・鍾繇が仲裁。

・そのの要請で龐徳と共に軍を率いて郭援・高幹を討伐。
no title

30: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:42:34 ID:gfE
no title

no title

・また馬騰と韓遂が仲悪くなり、その件で馬騰が都へ入朝、このタイミングで馬超は馬騰の軍勢を引き継ぐ。

・曹操「そろそろ漢中攻めよかな」鍾繇・夏侯淵「おかのした」西涼軍閥「ヒエッ…絶対こっち来るで」の疑心暗鬼状態に

・馬超「アイツ(鍾?)信用できひんわ、馬騰パッパ捨てて韓遂パッパと反乱起こすで~」韓遂「ええで」曹操「なんで?」馬騰「なんで?」

31: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:43:55 ID:gfE
no title

・長安→潼関と攻め落とし、弘農・馮翊の郡県まで呼応、黄河南岸では曹操本人を強襲し、後一歩で逃がすという珍プレーを犯す。

・馬超「え?曹操本人が会談に来るんか?捕まえてぶっ殺したろ!!」→許?が護衛にいたため断念。

・賈ク「はい離間の計」馬超「パッパワイを裏切るんか!?」韓遂「えぇ…?」→疑心暗鬼になったところを攻め込まれ敗走。

・曹操「はい処刑」馬騰「ぐえー」馬超&韓遂の敗走後に元パッパの馬騰、一族200名余りが処刑される(反乱前ではない)

36: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:45:33 ID:xSu
>>31
長安落ちたってどこにあった?

43: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:48:30 ID:gfE
>>36
もしかしてこれ落ちてないんか…だとしたら位置的に流れで書いてしまったわ

47: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:50:59 ID:xSu
>>43
馬超伝にはなかったで

45: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:49:37 ID:gfE
no title

no title

・馬超「リターンマッチするでー」ネームバリューで羌族の兵を集めて隴上で蜂起、冀城に籠った涼州刺史の韋康を騙し打ちで殺害。

・馬超「なんやいけるやん!!ワイが征西将軍・并州牧・涼州の軍事総督やで!!(自称)」楊阜・領民「ざけんなコラ!!よくも韋康様を殺したな!反乱や!!」この反乱で馬超は家族を殺される。

・馬超「張魯ニキ兵貸して」→趙昂とその妻王異の抵抗に遭う&夏侯淵・張コウらの援軍到来、ボコられる。

・馬超「張魯ニキまた兵貸してや」張魯「また涼州行くんか…」楊白「なんやこいつ…」→再三兵を借りた張魯に不満を抱きはじめる。

50: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:51:23 ID:M8E
>>45
五斗米みちって漢中だけやのに本願寺みたいにリッチやな

52: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:52:06 ID:gfE
>>50
なお今も続いている模様

49: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:51:14 ID:tpt
親族見捨てるのは時代的によくあるのに馬超だけ責められるのはおかしい
これも演義と正史におけるギャップのせいやろ

53: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:53:09 ID:FER
>>49
曹操軍も兗州のときに官吏に親を棄てさせて批判されてるからそんなでもない

54: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:53:24 ID:gfE
no title

no title

・この時成都を包囲していた劉備に密使を送って降伏、馬超は妻子や部下を漢中に置き去りにして出奔(この中に龐徳もいた)

・馬超「来たで~」劉璋「ああああああああああああああああああ」→劉璋降伏

・彭羕「将軍が今反乱すれば天下取れるで」馬超「は?なんやこのガイジ…チクったろ」→彭羕処刑。

・劉備に帰順後は漢中の戦いに参戦、下弁での作戦で曹洪・曹休らと戦うもいまいちな戦果で撤退。

・221年驃騎将軍になるが、「まだ馬岱がいるんでお願いしますやで」と言って劉備に上疏した後、47歳で死去。子の馬承が後を継ぐ。

55: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:53:25 ID:M8E
まあ当時の長安って中華屈指に栄えてたのかわからんけど
曹丕の時代はぼくとかいうアホが太守やし

57: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:55:14 ID:xSu
>>55
董卓李カク後やぞ

61: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:56:22 ID:M8E
>>57
洛陽廃墟やけど長安ってそこまで死んでたっけ

63: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:57:02 ID:FER
>>61
董卓が遷都したときに赤眉以降長安微妙やねんっていう記述があった気がした

56: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:55:14 ID:gfE
【演義における馬超】
no title

no title

no title

・「錦馬超」(きんばちょう)として称えられ、面如冠玉,眼若流星,虎体猿臂,彪腹狼腰(ガチムチのイケメン)として描かれる

・李傕らとの戦いで李蒙、王方を瞬殺しデビュー(この戦では敗北
・馬騰が曹操暗殺計画に加担していた為、入朝した際に一族もろとも処刑された後に挙兵

・馬岱、龐徳らと出陣して苛烈なまでに曹操軍を追いつめる。許チョとの一騎討ちやその武勇の誉れ高さを強調されている。

・一騎で十数騎を相手取れるくらいに強い、掛け声一つ上げれば大体確定で死ぬ奴が出る。

64: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:57:06 ID:uwn
>>56
韓遂ほんま可哀想

65: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:58:19 ID:gfE
>>64
そういや横山三国志だとなぜかあの辺りで韓遂40歳って年齢なんだよな

59: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:55:34 ID:FER
多分姜維のパッパは馬超の乱で死んでるから姜維馬岱はバチバチやろ

62: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)20:56:26 ID:gfE
>>59
そこらへんの軋轢はありえなくもないな

70: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:00:16 ID:gfE
no title

・張魯から派兵された際に張飛と一騎討ち。

・馬超「むむむ」 李恢「なにがむむむだ!」で劉備軍に帰順。

・五虎大将軍に任じられ、漢中の戦いで活躍、その後は魏の五路進行作戦の際にアンチ羌族軍として出陣、羌族はビビって逃げるというネームバリュー作戦で勝
利。

・史実よりも微妙に長生きし、その死は南蛮遠征中に孔明が馬岱の口から知らせられた。

73: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:00:52 ID:gfE
【おまけ】
・某ゲームのせいか槍のイメージだが、北方三国志では剣の達人として描かれ、ここぞと言う時に抜き放たれる剣で敵を両断するという珍しい馬超を見ることが出来る。
潼関の戦いで張コウ&許褚に追いつめられた際の馬超は必見物。

・三国志戦記2の呂布外伝ではある理由で五虎大将軍が馬超では無く魏延に変わっている。

82: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:04:48 ID:gfE
とりあえず馬超は以上や

てか長安が落ちたのって演義だけだったんやな、初めて知ったわ

90: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:06:25 ID:M8E
イッチに質問やけど韓遂は何回も反乱して結局何したかったんや?

94: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:09:03 ID:gfE
>>90
あのジジイの心境までは分からんから推測になるが
叛乱→蹴散らして良い条件で和睦→また叛乱→以下略

影響力を高めるって言う意味でも、後漢に叛乱起こすってのは一種のステータスやったんちゃうか?
単純に物資を奪うとかもありそうやけど

92: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:08:15 ID:M8E
なんか韓遂と劉備は同じようなタイプの英雄っぽいけど

103: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:11:20 ID:M8E
>>94
董卓のときに一緒に行けば徐栄くらいの位置におれたやろうし
馬超の反乱で微妙に曹操軍と通じてるのは何が目的なんやろ

104: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:11:59 ID:gfE
>>103
そう考えると上で言われてるように確かに劉備っぽいな

93: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:08:31 ID:FER
馬騰は李傕に接近したり鄴に人質としてはいったりしてて政権にすり寄る感じあるけど韓遂はホントにずっと金城周辺から動かないのホンマ草

98: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:10:34 ID:gfE
>>93
あの叛乱って馬超そそのかしたの韓遂やろって最初思ってた

100: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:11:01 ID:gfE
【趙雲】
no title


・字は子龍(しりゅう)。冀州常山郡真定県(現在の河北省石家荘市正定県)出身。子は趙統・趙広。

・公孫サン繋がりで劉備と知り合い、青洲方面で袁紹と交戦していた田楷の援軍として派遣された劉備に随行したのが始まり

・主に劉備の身辺警護や要人護衛、要人救出など特殊任務に携わっていた模様。そのため将軍というよりは典韋や許チョのような親衛隊長のポジションにいた。
陳到と共に選りすぐりの兵を率いて劉備を守っていた武将というのが正しい認識なのかもしれない。

107: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:13:05 ID:gfE
no title

no title

no title

・208年、荊州の長坂にて曹操軍の追撃で劉備は妻子を捨てて逃走、劉禅と甘夫人を救い出すも劉備の娘二人は捕まる。この時牙門将軍へ昇進。

・213年劉備の入蜀時は一時荊州にお留守番するが、後に孔明、張飛、劉封らと入蜀し、江州、江陽等を攻略。益州平定後は翊軍将軍に昇進。

109: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:14:41 ID:gfE
no title

no title


・将軍として活躍し始めるのが劉備の死後、227年諸葛亮の北伐で箕谷に軍を向けた曹真を牽制するため鄧芝とコンビを組んで出陣。

・この戦いで普通に負けはしたが、兵を取りまとめて良く守り、大敗には至らなかった。(尚降格処分は受けている

・229年死去、趙統が後を継いでいる。

・序列的には五虎大将軍という枠組みの中では一番下どころか、位でも魏延、法正、蔣琬・費禕・陳祗、李厳、黄権らよりも下だった模様。

・忠義に厚い傑物として劉備や蜀に尽くし、中国では老将軍と言えば趙雲を指すと言われている。

110: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:15:09 ID:Mw4
趙雲は正史の記述がめっさ少ないから色々言われるねんな

112: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:15:50 ID:gfE
>>110
せやな、とても少ない
その代わりに別伝がよくあるんや

113: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:15:54 ID:FER
というか趙雲別伝の分量と内容が重すぎるから非常に嘘くさい
別伝自体は珍しくないんやけどな

115: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:16:29 ID:gfE
>>113
色々盛ってるんやと思ったわ、まぁ紹介していく

119: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:18:22 ID:gfE
【別伝における趙雲】
no title

・荊州平定時に偏将軍・桂陽太守へ。

・趙範「兄嫁が未亡人なんやけどどうや?」劉備「こう言ってるが?」趙雲「こいつは追い詰められて降ったに過ぎず、良く分からん身です。あと、女は世に沢山いるんで」と拒否。

・劉備の入蜀時に孫権が孫夫人を呉に帰らせようとした際、劉禅まで連れ去ろうとしたが、趙雲らにバレて奪回される(このエピソードは時系列的に否定されている

・劉備「益州獲ったで!なんか備蓄してあった財宝とか分配しよや!」趙雲「ダメです」劉備「せやな(せやな」

・定軍山の戦いではピンチの黄忠を助け出し、見事な撤退戦、空城計を演じた。

・劉備「う~んこの子龍は一身これ胆なり(子龍一身都是膽也、子龍は度胸の塊の意)」と賞賛され、虎威将軍と呼ばれる。

・諸葛亮「負けたけど物資はほぼ無事なんやね、これ恩賞にするで」趙雲「いや負けたんで恩賞とかダメです、これは冬の備えにしましょう」諸葛亮「はえ~!!(賞賛」

121: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:19:23 ID:Mw4
>>119
この負け試合をうまくまとめるいぶし銀

120: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:19:10 ID:M8E
でも魏延、法正、蔣琬・費禕・陳祗、李厳、黄権らよりも下
これで怒らんの凄いわ髭男爵ならぶちギレや

124: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:20:04 ID:FER
趙雲さん白波賊上がり説あるってな

127: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:20:56 ID:gfE
【演義における趙雲】
no title

no title

・裴元紹、淳于導、夏侯恩、晏明、刑道栄、朱然、金環三結、韓徳、韓瑛、韓瑤、韓瓊、韓琪を瞬殺

・誰かがピンチになると趙雲が助けに来る。

・瞬殺した夏侯恩から青紅の剣をゲット

・長坂の単騎駆けは趙雲最大の見せ場、阿斗を抱えて敵中突破。名だたる将達の包囲を掻い潜り、無事に主君の子を届けるとか格好良すぎる。

・周瑜「孔明を生きて返すな!」趙雲「はい」周瑜「げえっ!?」

・縁談を勧めてきた趙範をボコボコにして帰る。

132: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:21:42 ID:M8E
趙雲って仙石秀久の強化版みたいなイメージや
やから知力高いのはあんまりなっとくいかない

133: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:22:10 ID:FER
>>132
コーエー作製陣に趙雲ファンがいたとかいないとか

139: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:24:21 ID:gfE
no title

no title

・孫夫人「阿斗連れて帰るで~」趙雲「ダメです」

・夷陵で敗走中の劉備を助け、追撃してきた朱然を突き殺す(なんで朱然が

・南蛮平定では魏延とコンビを組み南蛮軍と戦う、苦戦もするがここぞという時の安定感は異常、流石ベテラン。

・張苞、関興らの若手と共に北伐に参戦、老齢ながら姜維と互角に渡り合うなど活躍するが、唐突に病死する。

140: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:24:28 ID:gak
趙雲は許チョに近いイメージ
親衛隊ぽいというか

144: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:25:01 ID:gfE
>>140
そう、どうやらそういうポジションにいたっぽい

141: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:24:31 ID:LtP
趙雲は軍令違反による致命的失敗とかが少ないから馬鹿としては見にくいのか?

146: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:25:37 ID:dX4
>>141
あとは
長生き

145: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:25:01 ID:xSu
逆に五虎で知力高そうなやつだれよ

154: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:27:04 ID:tpt
>>145
張飛>>>>関羽>>黄忠>>>>>趙雲>>馬超

157: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:27:43 ID:dX4
>>154
知力で張飛さん???

159: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:28:26 ID:M8E
>>157
晩年張飛は策凄いで

165: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:29:32 ID:dX4
>>159
そうなんや
ごめんよ張飛さん

179: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:31:37 ID:tpt
>>165
正史やと全員知力エピソードがなくなるから左伝の暗唱ができた関羽が一つ飛びぬけてるかな
趙雲は脳筋突撃マンじゃなくなるからその分知力があがる
馬超は……馬超は……

156: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:27:31 ID:gfE
【おまけ】

・民間伝説では白龍という愛馬に跨り、涯角槍という槍を得物とした

・時は流れ南宋の時代、北方から金の軍勢が成都に夜攻め寄せた際に、どこからともなく白馬に乗った将が現れ「我に続け!!」と号令、その将に従った南宋軍が金軍の撃退に成功した。
指揮官が恩賞を取らせようとその将を探すも、誰もその将を知らず困り果てる。
兵の一人がある方角へ去っていくのを見たと言うので、言われた方へ行くと子龍池の近くへ出る。
かつて趙雲の住んでいた屋敷の裏には池が在り、白龍とともに趙雲が傷を癒したという。後に子龍池を、民や負傷兵らも傷が癒せるように解放し、大変喜ばれていた。
指揮官「あれもしかして趙雲だったんか…?」という言い伝えがある。

158: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:28:07 ID:IwU
趙雲はイケメンだったのか?ドカベンだったのかか?

160: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:28:27 ID:dX4
>>158
横山VSその他やな

166: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:29:36 ID:gfE
これで趙雲は終わりや
功績は地味かもしれないが、この時代に忠義を尽くし決して裏切らず、劉備や諸葛亮や兵士たちから信頼が厚かった趙雲という人間がワイはすこ

167: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:30:00 ID:IwU
ワイもすこすこ

176: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:31:12 ID:jRI
子龍という字は水戸光圀も採用してたりして、如何に人気武将だったのかが窺い知れるね

170: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:30:05 ID:gfE
んじゃ次はその張飛や

173: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:30:43 ID:dX4
>>170
猪武者のイメージ

181: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:31:49 ID:IwU
翼徳と益徳どっちもカッコいい字!

182: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:31:56 ID:gfE
【張飛】
no title

・字は益徳。幽州涿郡(現在の河北省涿州市)の出身。

・関羽と共に劉備と出会い、劉備の身辺警護を務めるところから三人の物語が始まる。

・劉備が徐州牧になった後、下邳を守備していた際に曹豹らと対立、これを粛清するも呂布に城を奪われる(酒の失敗では無い模様

・呂布討伐ではその功績を認められて曹操より中郎将に任命されている。

・長坂では20騎で曹操軍の追撃を止めてこいという劉備の無茶ぶりを聞き、成功させる(長坂橋大喝)

・程昱「張飛の武勇は関羽に次ぐで」郭嘉「関・張の勇は見事なものや(だから劉備殺したろ)」董昭「あのツートップはヤバい」劉曄「関羽と張飛の武勇は三軍の筆頭である」関羽と並んで絶賛される。

・赤壁戦役では周瑜に従軍し、南郡の曹仁軍らと戦う。周瑜「あの二人おったら大業を成せるわ」と言わしめる。

189: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:33:52 ID:dX4
つか関羽張飛おって伏龍鳳雛もおって統一できんかったんは劉備さんにかなり問題あったんちゃうやろか

194: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:35:29 ID:gfE
>>189
ないとは言えないが、タイミングと時間がなかった
あと相手が曹操ってのもな

206: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:38:38 ID:LtP
>>189
やっぱ人材不足が祟ったんじゃね
いくら彼奴らがいたとしても結局中央からは弾かれてる訳だし。その上荊州失陥したら余計集まらんのでは

191: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:33:55 ID:M8E
長坂の張飛って蒼天航路で一番最強なシーンやな

200: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:37:13 ID:gak
>>191
魔物みたいになって六韜披露するの好き

199: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:36:38 ID:jRI
>>191
張飛仁王立ちの描写をどう解釈するかで随分と意見が分かれるんだよな
橋を落としたんだけど敵側で無双したのか味方側で弓撃って時間稼ぎしただけなのか

203: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:38:16 ID:gfE
>>199
マジで食い止めたらしいんやが方法までは分からんなぁ

192: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:34:06 ID:gfE
・劉備の入蜀では一軍を率いて各郡を制圧、厳顔を降伏させるなど活躍、その後巴西太守に任ぜられる。

・巴東、巴西に攻め込んだ張コウ軍を攻撃、撃破。

・漢中攻略戦では下弁方面で馬超らと共に曹操軍と戦うも目立った戦果無く撤退。

・張飛「漢中太守はワイやろなぁ」劉備「魏延やで」張飛「ファッ!?!?」

・劉備が漢中王になった時に右将軍に任命される(五虎将軍の元ネタとされる
no title


・呉進行の際に部下の張達・范彊に殺される。

・部下を手討ちにしたり鞭打ちしたりなど恨みを買いやすいタイプだったとされ、それが仇となってしまった。

・張苞はこの時点で若死にしていたため次男の張紹が後を継ぐ。

・夏候淵の娘を奥さんにしていた(らしい

196: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:35:45 ID:gak
>>192
夏侯氏の娘とはあるけど夏侯淵の娘って記述あったっけ?
夏侯覇がらみ?

201: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:37:15 ID:gfE
>>196
姪かもしれん

205: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:38:27 ID:FER
>>201
夏侯覇の従妹やから夏侯淵の兄弟の娘やろ

208: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:39:50 ID:gfE
【演義における張飛】
no title

no title

・身長八尺(約184cm)の虎ひげガチムチとして描かれる、因みに初期の横山三国志ではどうみても2m以上あったりする。

・脳筋、かなり喧嘩っぱやい。

・演義劉備のイメージを崩さない為か、劉備の粗行は大体張飛のせいになっている。

・一騎討ちでは呂布と渡り合い、紀霊を討ち、許チョを退ける等の豪勇ぶりを発揮。

・下邳を留守番していた際に酒に酔った事が原因で城と劉備の家族を人質に取られる。

・曹操軍の劉岱が攻めてきた際には陣中酒盛りの計で誘き出し、撃破するなど知能戦をする。

・張飛「孔明とかいうぺーぺー信用できんわ!」関羽「せやせや!!」→孔明が有能だと分かると感服。

・益州攻略では計略を用いて戦うなど、成長ぶりを見せつける。

・自分が認めた相手には敬意を示す。

・部下に恨みを買われ泥酔したところを殺される。

209: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:40:48 ID:QhY
>>208
・目を開けて眠る

211: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:41:21 ID:tpt
>>209
・雷のようないびき

216: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:42:19 ID:gfE
>>211
追加情報で草生えた

210: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:41:03 ID:M8E
>>208
関羽は将軍に強くて兵卒に優しい
張飛は将軍に優しい兵卒に厳しいんやっけ

218: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:42:39 ID:gak
>>210
関羽はエリート嫌いで下っ端に優しい
張飛はエリートに憧れてて下にはパワハラ

217: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:42:37 ID:uwn
蛇矛めっちゃ好きなんやけど実際は使ってなかったんやっけ

220: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:43:11 ID:gak
>>217
当時の技術であんなもん作れん

225: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:43:34 ID:gfE
【おまけ】
no title

no title

思慮の浅い典型的な脳筋野郎として良く描かれるが、計略を用いて敵を撃破したり、降伏させたりと決して武勇だけではない
知勇兼備の将として劉備軍を支えた。
もし広く部下に慕われるような人物だったら最後は変わっていたかもしれない。

234: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:45:03 ID:rMq
>>225
部下に優しかったら夏候惇みたいな扱い受けるやろうな

230: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:44:20 ID:gak
劉巴さんと話したくて訪ねてったけど相手にされずしょんぼり帰る張飛かわいい

235: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:45:25 ID:LtP
こいつら最初から強かったのか?
元は肉の解体人と酒屋だったんだろ?

237: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:46:01 ID:gak
>>235
正史では家柄はよーわからん

246: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:47:04 ID:FER
>>237
劉巴に「兵卒」と言われてるくらいやし学のある名士ではない

255: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:48:50 ID:gfE
【関羽】
no title

・字は雲長(うんちょう)元の字は長生。司隷河東郡解県(現在の山西省運城市塩湖区解州鎮常平村)の出身。

・河東郡解県で塩の商いに関わっていたとされ、塩の貿易関係で劉備と出会ってた可能性がある。

・関羽の生没年(162~219 演義の)だが劉備161年~よりは下、張飛よりは上(張飛伝)張遼169年~に兄弟と呼ばれる(関羽伝注)黄忠よりかなり下(費詩伝)

・劉備が180年頃~活動だとすれば、張飛が15歳くらい、184年挙兵とすると関羽17歳、反董卓連合時には22歳の計算になる

259: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:49:15 ID:gfE
・175年頃、洛陽、緱氏、解県で劉備が盧植の元で公孫瓚と共に学んでいたころに交友を持った可能性もあり、同郡には徐晃、毌丘倹がいる。

・関羽の出身地解県は中国最大規模の塩田であり、当時生産・入手方が限られていた塩は交易品であり、貨幣代わりにも扱われていた。
孫権が朱桓の葬儀費用に塩5千石を下賜したりしている。

・解県の塩は高品質で生産量が多く北方との塩馬交易に使われていた。交易ルートは解→晋陽→中山→涿郡→薊→幽州の更に北までに至り、馬の調達・輸送ルートとして使われていた模様。

・180年代に塩馬貿易の隊商か馬商人の張平世の繋がりで劉備と出会っていた可能性も。

・馬を取り扱っていた中山の大商人・張平世と蘇双が劉備に大金を与えて組織を作り、漢の統治が弱まったことで異民族や賊のリスクが高まったことで塩馬貿易守るために商人たちは劉備を起用した。その劉備と同郡の張飛と共に彼の左右を護衛した(先主伝

・遅くとも184年には公孫瓚が涿郡の県令になっている。公孫瓚は商人、商業を重視し、その財で北方に基盤を固めた実力者。
公孫瓚と劉備は繋がりがあり、交易の保護を図っていたので、張平世のとの繋がりで関羽とも出会っていたという推測もある。

265: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:50:34 ID:UAR
蒼天の関羽が一番すこ

268: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:51:13 ID:IwU
>>265
最後は関帝航路やからな

266: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:50:38 ID:gfE
no title

・関羽「杜氏と結婚させて欲しいやで」曹操「おkやで」→好きだった奥さん候補は曹操に寝とられ子を4人産まされる

・騎兵を率いて袁術戦で活躍、後に騎兵を率いる将として曹操軍に加入する

・劉備が徐州で曹操に敗れると捕虜になり、そのまま袁紹戦に参加、張遼と共に白馬県に向かい顔良を迎撃し、指揮車に乗っていた顔良を討ち取る。

・張遼「曹操様のところで長く働こうや」関羽「嫌やで、恩返しが済んだらアッニの元に帰るで」曹操「はえ~!!(賞賛」

・曹操の荊州進行の際には劉備の指示で数百隻の船団を率いて別働隊となる、使える船をごっそり奪ったため曹操の水軍編成を遅らせる

・赤壁戦役では南郡を攻めた周瑜に呼応し、騎兵を率いて漢津で徐晃と満寵を攻撃し妨害しまくる

・周瑜「関羽&張飛がいれば天下取れるかもしれん」と絶賛される

273: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:52:10 ID:dX4
>>266
商売の神になった人

272: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:51:43 ID:uwn
no title

277: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:52:30 ID:dX4
>>272
これこれ

284: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:53:40 ID:gfE
no title

no title

no title

・劉備の入蜀の際に、曹操軍の濡須口攻めの隙を突いて襄陽の楽進を攻撃、青泥付近で戦うも楽進、文聘らに撃退される

・215年、荊州領有を巡る争いが解決しないことに業を煮やした孫権の命令で呂蒙らが長沙・桂陽・零陵の三郡を襲撃すると、関羽は3万の兵から5千を選抜して益陽に布陣。
劉備も大軍を率いて関羽の助勢に駆けつけ一触即発になるも、なんやかんやで関羽と魯粛の対談が実現した(単刀赴会)この時、劉備と関羽が久しぶりに再会していたのではないかとされる。

・湘水を境界線とし、長沙・江夏・桂陽は孫権領に、南郡・武陵、そして一度は奪われた零陵が劉備領となった

290: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:55:17 ID:gfE
no title

no title

no title

・217年劉備が張飛、馬超らを下弁へ侵入させ、漢中攻防戦勃発

・荊州刺史の傅羣の主簿・楊儀が関羽に降伏、翌年に許で耿紀、韋晃、金褘らが叛乱(劉備と連携し、関羽を頼った計画)、王必が頑張り阻止するもあわや皇帝を奪われそうになる

・218年、劉備軍主力が漢中に進行、曹操が自ら軍を率いて援軍に向かうが、長安に着くころ南陽郡の侯音が叛乱、宛城を占拠し周辺の賊徒を扇動(曹仁の攻撃に三カ月耐える)

304: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:58:14 ID:gfE
no title

no title

no title

・同年に関羽北上開始、曹仁が宛、満寵が樊城へ、この時曹操軍本隊から?徳が荊州へ援軍に向かう(この頃夏候淵が戦死)

・曹操、鮮卑討伐軍の曹彰、田豫を宛城に召還し漢中入りするが3カ月で撤退
・孟達が房陵を攻略、漢中から劉封、王平が派遣され上庸陥落、益州から襄陽・樊城までの制水権を劉備軍が握る

・曹仁、満寵、龐徳のピンチに于禁が派遣されるも大雨による漢水の洪水で于禁・龐徳軍壊滅、3万人が関羽軍の捕虜になる(洪水の被害は関羽軍はほぼノーダメージ)

・劉備が漢中王になり、この時関羽が前将軍に任命される

312: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:59:37 ID:jRI
>>304
于禁さん迫真の「命ばかりはお助け下され!」すこ
その後曹丕に思いっきりディスられるのきらい

315: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:00:26 ID:gfE
>>312
no title

代わりにこれ挙げとくわ

305: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:58:43 ID:gfE
・荊州刺史「アカン、ワイ関羽に寝返るわ」南郷太守「ワイも」河南太守「こマ?ワイm」曹操「アカン…(アカン」

・急遽魏国から錬度の低い3万の兵を招集し、徐晃が指揮、揚州から夏侯惇、張遼も召集するが関羽の調略で許昌近郊で叛乱が発生

・魏の首都・鄴で魏諷が叛乱、鎮圧される

・荊州北部の戦闘に朱蓋、徐商、呂建ら十二将を逐次投入するも荊州・予州が叛乱続きでカオス化する

311: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:59:34 ID:zKn
>>305
勝ったな!漢復興してくるわ

309: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)21:59:10 ID:gfE
・呂蒙「これワイら単独で攻めても勝てるか分からん」と孫権に報告

・呂蒙「アカン、病気や療養するで(嘘)」関羽「…(嘘くっさ)」孫権「合肥攻めるで~(八百長)」関羽「うーん」陸遜「関羽にへりくだったろ」関羽「大丈夫そうやな」

・糜芳「アカン、軍事物資足りひん、処罰される」呂蒙「内応しよや」糜芳「おk」糜竺「死ね(直球)」

・董昭・徐晃「呉が来るで」関羽「は?ありえへんわ」→疑心暗鬼になった関羽軍を偽撃転殺の計で急襲しまくる

322: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:02:03 ID:gfE
no title

no title

no title

no title

・魏呉同盟で魏と呉が総力を上げて関羽を包囲、糜芳を内応させた呂蒙が将兵の家族を人質にとって江陵を落とし、陸遜が長江沿岸を西へ向かう

・文聘が関羽水軍を焼いて水路を遮断、麦城から撤退を図る関羽を陸路へ追いつめる

・兵が四散し、関羽臨沮に向かうも朱然らの待ち伏せに遭い捕縛→関平らと共に斬られる、享年51

338: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:06:27 ID:gfE
・対関羽戦に参加したとされる武将一覧(判明している範囲で)
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

魏 曹操、夏侯惇、曹仁、張遼、于禁、徐晃、龐徳、満寵、文聘、趙儼、裴潜、呂貢、呂常、李緒、田豫
成何、董衡、董超、傅方、胡修、殷署、朱蓋、徐商、呂建、浩周、董昭、司馬懿、蔣済

345: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:08:55 ID:gfE
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

呉 呂蒙、孫皎、蔣欽、朱然、陸遜、韓当、諸葛瑾、潘璋、孫桓、虞翻、全琮、馬忠、李異、謝旌

348: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:09:47 ID:gfE
【演義における関羽】
no title

・桃園の近いで劉備・張飛と義兄弟になる

・美髭公と称される立派な髭を持ち、青龍堰月刀を振るう忠義に厚い男として描かれる

・汜水関で華雄を斬り、虎狼関で呂布を食い止める

・呂布討伐の後、赤兎馬をゲットする

・袁紹戦では顔良、文醜を斬って曹操陣営から劉備の元へ帰参

・華容道でかつての恩義から曹操を見逃す

・黄忠と一騎討ちを繰り広げる

・陳寿「当世における勇猛の臣や、恩義を持って曹公に報い、国士の風格があったが強情やったのが身の破滅を招いてしもたんかもね」

・関帝聖君として神として祀られる傑物

350: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:10:21 ID:gfE
【おまけ】
荊州失陥という結果からかしばしば無能扱いされることを見るが、曹操、孫権幕僚からの賞賛は厚く万人敵と称され、後世や現代においても「関張之勇」は衰えていない名将。
義と恩恵を大切にし、その統治によって民に広く慕われた。自らの名声を最大限に活かし、外交調略を駆使して曹操を後一歩まで追いつめている。
魏や呉単独では関羽を相手できず、同盟を組まなければ勝利できなかったという点を忘れてはならない。
関羽は無能、そういうのは簡単だが、個人的にそれは関羽を相手に死力を尽くした魏や呉の将達をも貶める言葉だと思う。

353: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:11:15 ID:gfE
とりあえずノルマ達成やわ

360: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:11:45 ID:dX4
>>353
乙やで

362: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:11:56 ID:xSu
>>353
おつやで

354: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:11:22 ID:uwn
孔明「見逃す事はわかっていました(白目)」

356: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:11:37 ID:tpt
>>354
天命理論やぞ

361: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:11:53 ID:gak
>>354
ならせめて順番代えろよと

374: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:13:33 ID:tpt
>>361
天命があるからには劉備・張飛・趙雲・諸葛亮の誰が行っても曹操は生き延びられた
だから関羽にやらせて後々見逃さないようにしておこうってこと

369: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:12:35 ID:zKn
そういや何で関羽は神として祀られたんやろ?

373: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:13:19 ID:gak
>>369
そら演義で曹操に祟ったりしたからやないか?
いつから関帝聖君になったかは知らんが

379: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:15:08 ID:tpt
>>369
山西商人が地元の神として祀る
清の明攻略に山西商人に協力
清の守り神として全国に配置
って流れ

386: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:16:57 ID:zKn
>>379
はえ~全国区になったのは清代なんやね

391: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:18:48 ID:tpt
>>386
せやで
ちな商売の神になったのも山西商人のせい
山西商人「地元の神様崇めたろ!」
他郷の人「はえ~あの商人たち関羽崇めてるからきっと商売にご利益あるんやろな~」

377: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:14:38 ID:fiH
魏の関羽討伐の武将達ガチ過ぎるやろ...

382: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:15:38 ID:gfE
>>377
ガチで殺しにかかってるからなこの陣容
逆にここまでしないと関羽を抑えられなかったみたいやが

387: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:17:05 ID:xSu
>>382
万全策取っただけやない

393: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:19:31 ID:gfE
>>387
関羽が北上して于禁軍が壊滅したあの時点で魏はもうアカンかったんや
実質曹操の天下統一を止めたのは関羽や

呉単体でも関羽には勝てないって呂蒙がいっとるし
曹操が呉を動かして結果は皆が知る通りやな

378: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:14:45 ID:zKn
傲慢関羽でさえ惹きつける劉備の人徳よ
マジで何で裏切らなかったんやろ?曹操の下にいた方が出世できたで

385: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:16:50 ID:gfE
>>378
出あった当初に何かあったんやろな

曹操に仕えず劉備に殉じたから神様になったんやろなぁと思う

366: 名無しさん@おーぷん 19/08/05(月)22:12:21 ID:tpt
イッチ乙

引用元: ・蜀漢の五虎大将軍とかいう連中wwwwww



正史 三国志〈5〉蜀書 (ちくま学芸文庫)
陳 寿 裴 松之
筑摩書房
売り上げランキング: 296,144