1: 樽悶 ★ 2019/09/01(日) 18:45:48.73 ID:FT3K1CJD9

弥生時代初期の稲作の実態の解明につなげようと、県立橿原考古学研究所(橿原市)などの研究グループが、日本に伝来した可能性がある古い形質を持つ稲を中心に選んで明日香村の県有地に植え、栽培実験をしている。実りが早い早生(わせ)、中生(なかて)、晩生(おくて)の品種によって生育の程度が明らかに異なっており、研究グループは31日、稲の生育の様子を報道陣に公開した。【藤原弘】

研究グループは、橿考研の本村充保・調査課第2係長や岡田憲一・指導研究員、橿考研特別指導研究員の稲村達也・京都大名誉教授(栽培システム学)、川島茂人・京都大教授(農業気象)ら。約1600平方メートルで早生を5品種、中生を3品種、晩生を2品種の計10品種を栽培。31日時点では、早生は既に穂が伸び、中生は穂が出ているのに対し、晩生の穂はまだ出ていない。稲作は九州に入り、東に伝わったとされ、稲村名誉教授は「弥生人は稲の早生や中生の特性を知っていた可能性がある。稲作が東北まで伝わるには、早生、中生、晩生を別々に管理する必要があったのではないか」と指摘する。

(略)

今年12月には収穫した米を一般の人たちに味わってもらう催しを企画する。研究代表の本村・橿考研調査課第2係長は「弥生時代初期の水田が後の条里制水田へどう変遷していくのか、調査、研究に取り組みたい」と話している。

全文は
https://mainichi.jp/articles/20190901/ddl/k29/040/282000c?inb=ra
穂が伸びた早生の品種(手前)を示す稲村達也・京都大名誉教授。奥は穂が出ていない晩生品種=奈良県明日香村で、藤原弘撮影 
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2019/09/01/20190901oog00m010024000p/9.jpg







2: 名無しさん@1周年 2019/09/01(日) 18:48:44.97 ID:bZShwSBm0
当時の地質とか気候も再現できるの?

7: 名無しさん@1周年 2019/09/01(日) 18:51:15.30 ID:2SyLfECd0
稲作文化は、自然破壊と貧富格差の始まり

8: 名無しさん@1周年 2019/09/01(日) 18:51:54.23 ID:us0mlxi10
>>7
そして戦争の始まり。

11: 名無しさん@1周年 2019/09/01(日) 18:57:36.89 ID:MNUsIwSY0
>弥生人は稲の早生や中生の特性を知っていた可能性がある。

あたりまえだろw
なんで、昔の人は知識が少なかったかの誤解があるんだ?

17: 名無しさん@1周年 2019/09/01(日) 19:37:53.89 ID:zHXk6nBI0
そら当たり前やろ
なろうの異世界人じゃあるまいし
自分が育ててる農作物の特性くらい知ってるだろそりゃ

15: 名無しさん@1周年 2019/09/01(日) 19:30:38.71 ID:rtGvI0ns0
世界が食料革命起きても日本は食い物豊富なので一万年も灌漑農業シカトして狩猟採集してたてNHKでやってたな

18: 婆 ◆HKZsYRUkck 2019/09/01(日) 19:42:31.99 ID:+77eIdzi0
稲は特に日長に敏感なんだよね。
たとえばコシヒカリを北海道で植えても実をつけない。

引用元: ・【奈良】「弥生期稲作」栽培実験、収量解明へ 橿考研など公開 「弥生人は稲の早生や中生の特性を知っていた可能性がある」