1: しじみ ★ 2019/09/03(火) 11:54:43.45 ID:HCoBMqUY9
1845年5月、英国の探検家で英国海軍将校だったジョン・フランクリン卿は、大西洋と太平洋を結ぶ「北西航路」開拓のための北極海調査を行うため、133人の隊員とともにエレバス号とテラー号に乗り込み、テムズ川を出航した。それは、北極探検の歴史において最も凄惨な出来事の始まりだった。

計画では、フランクリンの探検は万全のように思えた。隊員たちは経験豊かで屈強な若者たち。乗り込んだ艦船は外側が鉄で覆われ、蒸気機関や温水設備といった、ビクトリア時代の最新技術が満載されていたし、3年分を超す食料品も積み込まれていたからだ 。

海軍本部の指令に従い、探検隊は北極海でも最も危険な海域へと船を進めた。しかし1846年9月頃に、2隻の船はキング・ウィリアム島の北西で海氷に閉じ込められ、1848年4月までに24人が絶命。フランクリンもその一人だった。

(略)

歴史学者たちの間では、隊員のほとんどが1848年のバック川への無謀な徒歩行の途中で命を落としたのではないかと長く考えられてきた。しかし、カナダのブリティッシュ・コロンビア州を拠点に歴史を研究するデビッド・ウッドマンは違う考えをもつ。1980年代にイヌイットの目撃証言を分析したところ、徒歩行で命を落とした隊員はほとんどいないことがわかったのだ。

また、ステントンが率いる研究チームは、発見された人骨のDNA分析を進めている。隊員の子孫からもDNAサンプルを集め、骨が誰のものかを特定しようというのだ。

1世紀以上の時を経て、探検隊を襲った悲劇の真相が明らかになる望みが出てきた。

(以下略)

全文は
ナショナルジオグラフィック日本版サイト 
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/082900502/

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/082900502/ph_thumb.jpg
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d0/Franklin_raerels_800.jpg








5: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 11:58:18.53 ID:d/bCWJ9E0
北極に消ゆ

11: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 12:02:29.69 ID:0S/UDBTj0
>>5
犯人はヤス

12: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 12:03:14.58 ID:L8i8JdKX0
カナダの北をまわって太平洋に行く航路か
今日この時点でもカナダの北になんて船いないからなあ

20: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 12:08:42.11 ID:uA5KYXeJ0
こういうスレ見つけるとすぐにWikipediaに飛んで読み込んでしまう

24: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 12:11:22.03 ID:hpaevnSU0
鉛中毒で船員死んだんじゃなかった?
別の事件だったかな

26: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 12:12:27.50 ID:BFJ8bolC0
シロクマに喰われちやったとかあるんじゃない?

28: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 12:12:53.89 ID:RxVkiIoA0
自然を甘く見たからとしか思えない

29: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 12:12:57.48 ID:q6qm2kuA0
>>1
Amazonプライムで配信中の『ザ・テラー』を見ろ
ばか
答えがあるわ

31: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 12:13:55.24 ID:irviwDWi0
ダン・シモンズのザ・テラー面白かったな

閉じ込められて船から出た後
現地のイヌイットに目撃されてんだよな
数人くらいだったら助けてくれてたかも

35: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 12:15:38.61 ID:x17WxnUw0
死んだ隊員くったりしたんだよね…
エスキモーと遭遇してるんだけど、
「こんな沢山の白人を救うことは出来ない」
て逃げられたりいろいろ悲惨

65: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 12:36:13.10 ID:j3o9suID0
>>35
仲間食ったのアンデスの航空機遭難じゃなかったか?

73: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 12:45:16.76 ID:x17WxnUw0
>>65 それもだけど、フランクリン隊もな。
かなり骨が発見されてて刃物で肉を削り取った痕があるんだってさ
専門家が検証してた。BBCだかのドキュメンタリーで見ると良い
涼しくなるぞ…

173: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 21:33:03.24 ID:b9/Rn0Z20
>>73
そっか…フランクリンのは子供の時に漫画本(世界のなんちゃら系の本)で見たっきりだったから
アンデスの正餐は映画館で見たけど、今上映したらトラウマもんだな

46: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 12:19:15.01 ID:yZ6+t6uq0
エスキモーが現地で何年も生きてるのだから
彼らの生活のマネをすればよかったろうにな
人数多すぎかもしれないけど

80: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 13:13:35.78 ID:ZQFvY7cl0
氷で動けなくなるとこまで船でいき
動けなくなってから船放棄
食糧、暖房、生活基盤はすべて船頼み
そりゃ、死ぬよ

90: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 13:28:20.98 ID:KnPoVXgX0
氷に閉じ込められてた船が後に氷が溶けて移動してイヌイットに発見されてるんだよな
イヌイットはそこを船の場所って呼んでてそこに船が沈んでるんだっけ

92: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 13:29:48.78 ID:3+JnwAGE0
Amazonプライム・ビデオで観たけど、あれはアレンジされたフィクションだよね
謎のクマっぽい巨大生物とかさ

缶詰めの素材に含まれた鉛中毒はありそう

99: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 13:39:30.07 ID:/2+D5spt0
>>92
開発されたばかりの缶詰の鉛中毒で全滅した探検隊があったな、とぼんやり思いだしたが
やっぱりフランクリン隊だったか
その後の研究ではそんなに急激に鉛中毒が進行するとは思えないから全滅の原因はは違うんじゃないか
という話だったけど
(はんだ付けされた缶詰の鉛が食品に溶け出すまではかなり時間かかるというので)

112: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 14:12:27.43 ID:hpaevnSU0
>>99
最近の研究で鉛中毒は船の真水供給装置(水の蒸留装置)が原因だと考えられてるみたいだよ

104: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 13:50:35.95 ID:1iXU4AEd0
南極点を目指したスコット隊も全滅してるし、この時代の大英帝国民は自信過剰で無謀だったんじゃね。

108: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 14:02:00.47 ID:0S/UDBTj0
>>104
アムンゼンが先に旗立ててたからなあ
スコット隊の士気も下がるってもんよ
基地まであとちょっとだったのになあ

124: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 14:30:20.88 ID:XQ5aCsN20
>>104
もっとずっと後の白瀬矗も参加した日本の千島探検(千島報效義会)と
比べたらどんだけ堅実か驚くぞ。手こぎボートで千島まで渡ろうとして
千島どころか探検の出発地点に着く前に本州で遭難。
結局地元民の船に便乗して千島到着。越冬で大量死。
千島報效義会マジブラック。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A1%E5%8F%B8%E6%88%90%E5%BF%A0

121: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 14:29:01.63 ID:4/XT4GQ40
この事件は初めて知ったが、ロアノークの集団失踪事件もなかなか興奮するぞ

なんと400年以上前の話だ
1587年、115人のイギリス人の入植者が北米東海岸ロアノーク島に移住したが、
先住民の敵意を買うわ食糧は不足するわで、救助を求めて本国に使者を立てた
ところが当時のイギリスはスペインと戦争中だったので、支援物資を積んだ船が
到着したのは三年後の1590年。はたして入植地はもぬけのから。砦は解体していた
が戦争の形跡はなく、近場の木に近所の地名「クロアトアン」だけが彫られていた

それ以後、入植者は殺されたのか先住民に一部なりと同化したのか、不明なままだ
ただ、20世紀になって英語を彫った石が、島から少し離れた場所の川沿いで発見
されていて、そこには「大半が疫病と戦争で殺されて、生存者は7人だけ。この石の
発見者は英国人に伝えてほしい」と彫られていた。石の真贋を巡る論争は今も続く

133: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 15:34:22.27 ID:bo4AvqJz0
遭難当初に病死した隊員のミイラが3体調査発掘されてるんだが、極寒の永久凍土に埋葬されてたから保存状態かなりいいんだよな
特に20歳のジョン・トリントンくんはきれいなブルーの瞳の色素が残ってる

134: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 15:36:04.50 ID:2+K4grDg0
南極のスコット隊の全滅は映画化されて当然と思うような悲劇性あるけどTVで見かけたこと無いな
あれだけの題材だから存在するとは思うけどよほどの駄作なのかな
いいの作ってほしいわ

140: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 17:18:45.89 ID:+ernUlgw0
スコット南極探検、エペレスト大量遭難、八甲田山あたりは生存者がいたり詳細な記録が残ってて
人間ドラマとして、再現ドラマ化すると、人間関係の機微や些細な不運、運命の分かれ目など非常に面白い見物になるが
フランクリン隊、ディアトロフ、ロアノークとかは全滅だから真相わからず仕舞いでもやもやするな
推測でしかドラマ作れない

170: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 21:11:18.93 ID:cAq6XOEV0
遭難事故はウィキ読むと面白いな
ドナー隊とかメデューズ号とか初めて知った

176: 名無しさん@1周年 2019/09/03(火) 22:52:12.97 ID:becuMRA30
わからないってところが、逆に空想を掻き立てられて面白い

引用元: ・【歴史】“世紀の大惨事”と呼ばれる19世紀の英国フランクリン探検隊133人はなぜ北極に消えたのか、調査は今なお続く