1: 樽悶 ★ 2019/09/07(土) 16:06:34.90 ID:c6/sTgWd9
歴史を伝える古文書などの貴重な史料が、インターネットのオークションサイトで頻繁に売買されている。水戸藩に関する文書や書簡なども取引され、新発見の史料が世に出る場合もある。一方で、出品者や落札者がサイトでばら売りするケースも目立ち、茨城県立歴史館の石井裕・主任研究員(42)は「本来ひとまとまりの史料がばらばらになると、研究の妨げになる」と史料の散逸に警鐘を鳴らしている。

匿名で気軽に出品・購入できるオークションサイトは、インターネットの普及とともに、古文書の主な売買の場として台頭した。古書店も調達の手段としてサイトを活用するほか、史料を相続した所蔵者が処分に困り、まとめて出品するケースが増えた。その傾向は2011年の東日本大震災以降に加速。専門家は「大震災の影響で保管先の蔵などが壊れ、史料を手放す所蔵者が増えた」とみる。

ネットオークションでの売買が活発になり、眠っていた貴重な史料が見つかった例もある。2017年に東京大史料編纂(へんさん)所の研究者が羽柴(豊臣)秀吉の書状を落札。この書状は、織田信長が中国地方を支配する毛利輝元を攻めた「中国攻め」の際、1577年に秀吉から播磨(兵庫県)の武将・間嶋兵衛尉(まじまひょうえのじょう)に宛てたもので、筆跡や内容から本物と鑑定された。これにより播磨国調略の具体的な内容が初めて明らかになった。

一方で、史料がインターネットの波に消えている実情もある。約3年前、幕末水戸藩の政治を知る上で重要な人物とされる中級藩士・小瀬弥一衛門(おせやいちえもん)に関する書簡などが段ボール1箱で出品され、十数万円で落札された。史料はその後、ばら売りされ、1通1万円前後で全国に散逸した。

(以下略)

全文は
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000005-ibaraki-l08








3: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:08:26.60 ID:3P5LteFK0
出品者はどうすれば一番高く売れるかしか考えていません

4: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:08:37.35 ID:nurRnT890
研究なんか関係ない
カネがほしいんや・・・へへへ・・・

5: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:09:53.87 ID:5Umo/Nv00
国とか研究機関がまとめて買うしかないだろ
価値を認めて予算付けろ、手遅れになるぞ

8: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:13:52.27 ID:3gaIL7Om0
>>1
現代の吾妻鏡だな、
しかし吾妻鏡ですら南北朝期にはすでに散逸が始まっていたことを思えば、散逸を避けようとするのがどだい無理な話

9: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:14:35.14 ID:lVI1jZGI0
じゃあ研究費で買えよ

10: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:15:45.91 ID:X6TYV/xN0
所蔵者訪ねて買い取ればいいじゃん
てかそれしか手はないだろ

14: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:19:50.60 ID:SSepZvx80
競争原理を導入したら、こういうすぐに金にならない分野は真っ先に廃れるよ

外部から研究費取るのが難しいからね
それが日本政府と国民が決めた道なんだから、仕方ないことですわ

15: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:21:15.69 ID:uITzMFpi0
研究の妨げとかじぶんのことしか考えてないな

65: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:58:58.42 ID:GOWVr2oB0
>>15
史料が自分の研究範囲じゃないものだと拒否するのかもしれないねえ

74: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 17:05:33.04 ID:mX1D+98X0
>>65
そもそも保管する場所も手間も費用も無い、というのが実状なんだろうな。

類似の事例として、古墳等の埋蔵文化財の話があって、出てくる埋文を一々マジメに調査発掘保存してたら、造成工事の遅れと費用で自治体の財布がパンクするので、ある程度のものは見なかったことにするってのが、(関西や九州の)造成工事現場では暗黙の了解事項となってる。

40: 血ヶ滝ルナ 2019/09/07(土) 16:35:04.81 ID:xTaBp0cy0
科学的な年代測定を謝礼として、スキャンさせてもらえ
研究には電子資料で十分だろ
何世紀頃の紙と墨で、筆跡も間違いないという鑑定書と引き替えに電子化させてもらう
鑑定済みなら高く売れるだろうし
古文書売りたい持ち主にとっても研究者にとってもいいだろ

44: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:37:26.19 ID:HEaqr5c30
>>40
ところがどっこい江戸時代の手紙なんて藩主でもたいして値段にならない。
量が大杉だし襖の裏にでも使うのが落ち。

52: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:45:13.34 ID:FwZ6CY0K0
どっかの大学で図書館の蔵書を大量に燃やしたとこなかったっけ?
カネ出してやったところでそういうことを学者がするんだから、ばら売りでも欲しい人の手に渡ったほうがはるかにマシだろ?

53: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:46:10.17 ID:CcqT1OqM0
散逸を防ぐには、金しかないんだよ、これが資本主義社会

58: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:53:45.16 ID:UT0TibzZ0
散逸が問題とか記事では言われてるけど散逸するのはまだマシな方で震災が起きたら多くは普通に廃棄処分になってるよ
津波かぶったりしてるところに大学教授とか博物館の学芸員が史料保護活動で向かっても被災者からすれば見ず知らずの人間がいきなり来て古文書保護に来ましたとか言われてることになるわけで良い気は普通はしない
そもそも「古文書」といっても何が古文書なのか普通はわからないわけよ(戦中の回覧板だってもはや古文書)
だから生活再建時にゴミとまとめて多くは捨てられる

61: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:57:28.79 ID:ku0RyOIi0
そんなに困るなら、ちゃんと金払えばよい事
やれ研究対象だとか貴重だとか言って所有者に寄贈とか求めると売った方が良いってなるからね

サイトでも立ち上げて高額で買い取りますってやれば良いと思う

67: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 16:59:53.55 ID:xZJbEbqJ0
そういうなら買い取っていくしかないわな。
重要文化財なんかも個人負担で保存しろって言わずに国が金出していくしかないんじゃないのかぁ。

75: 名無しさん@1周年 2019/09/07(土) 17:06:15.16 ID:PJSd+pRg0
>1日に1回は出品状況を確認し、これまでに約400点を落札した。

一応記事の人は自分で買い集めてるからな


引用元: ・【茨城】古文書、ネットで散逸 震災契機に出品増加傾向 専門家、ばら売りに警鐘 「研究の妨げになる」