1: みなみ ★ 2019/09/16(月) 13:31:08.34 ID:2QG9MRoe9

「ドラえもん」の作者として知られる藤子・F・不二雄氏の漫画について、「男性が『~かしら』という言葉を使っている印象がある」などと指摘するツイートが、2019年8月下旬に投稿され、話題になった。

投稿者のユーザーは、「女性的な言葉だと思うが、F先生の口癖だったのかしら?」と疑問を投げかける。そもそも「~かしら」はいつから使われ始めたのだろうか。J-CASTニュースでは、過去の文献を振り返るとともに、識者に見解を聞いてみた。

■「坊っちゃん」や「少年探偵団」にも登場

「広辞苑 第七版」(岩波書店)によると、「かしら」は助詞。「『...か知らぬ』の転。明治以降の語。主として女性が用いる」としている。体言と同等の語に続いて、不審や疑問の意を表す。否定の助動詞「ない」「ぬ」に続いて、願望や依頼の意も示す。「かしらん」とも表記されるようだ。活用語の連体形に続いて、危ぶむ意も表すという。

ツイッター上では、「『~かしら』は小説でも使われている」という趣旨の投稿があった。実際に小説で、「~かしら」「~かしらん」が多く使われているのが確認できる。

例えば、夏目漱石の『坊っちゃん』(1906(明治39)年)では、主人公の「おれ」が「気乗り損なったのかしら」「清が面白がるようなものはないかしらん」と疑問を表す場面がある。ほかにも、江戸川乱歩の少年探偵団(1937(昭和12)年)では、少年探偵団の「桂正一君」が「お化けだったのかしら」と疑問を抱いたり、団長の「小林芳雄少年」が「おぼれ死んでしまうのかしら」「明智先生はどうしていらっしゃるかしら」と考えたりしている。

 一方、ツイッター上では、「~かしら」は「山の手の言葉のようなもの」「東京の方言」「東京方言のひとつ『山手言葉』の言い回し」などと指摘する声も上がっていた。

以下ソースで

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00000001-jct-soci 








4: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:32:35.80 ID:PWol58he0
~か知らん だよ

18: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:36:16.68 ID:LJeFJ1SBO
>>4
井上ひさし氏とか戦中派作家のエッセイには
「~かしらん」は少なくないよな

6: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:33:02.13 ID:Pu8bxVme0
女の子に憧れてるのかと思ったわ。実際女の子が羨ましいとか言ってドラえもんの道具使って静香ちゃんとボディチェンジした回あったし。

11: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:34:15.96 ID:mYOhG0pO0
小生、オッサンだけど使うぞ
今日雨ふるのかしらねェ…
ってな具合で

253: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 14:38:47.97 ID:jl7smWXg0
>>11
小生って言ってる奴のオッサン率の高さ

13: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:34:26.89 ID:ddZ5GGXN0
年配の男の人が「かしら」って使ってる
若い男が使ってるのは聞いたことないけど
のび太の年齢じゃ使わないイメージあるから違和感ある

79: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:55:01.75 ID:575D3KOo0
>>13
その年配の人がいきなりそういうしゃべり方をするようになったわけじゃなくて、昔からそうだったと考える方が自然かと思う。きっとその人が子供のころから。

ドラえもんの連載開始は50年前なんだから、今と言葉遣いが違う部分があっても仕方がない。

14: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:35:19.77 ID:8xWenkVm0
たしかに乱歩作品ではよく目にした

340: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 14:59:56.46 ID:5z8fboFF0
>>14
小林少年が使ってたのを子供の頃に目にしてるから~かしらの表現に違和感ないな

21: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:36:50.66 ID:zeF3Zh+Z0
なぜかガキの頃は変に思わなかった
ということは別の媒体でもそれなりに使われていた表現なんだろうな

22: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:36:50.73 ID:TVN0cn3S0
ちょっと古い小説とかで普通に使われてる表現だろ

24: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:37:14.07 ID:BhXu/mBx0
アホか、こんなので女言葉とか言ってたら大阪のオッサンとかどうなるんだよ
語尾に「~ですわ」付けまくってお嬢様みたいだぞ

37: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:40:34.51 ID:KTfhSLve0
>>24
で↑す↓わ↑

で↓す↑わ↓

どっちだゴルァ

39: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:41:08.06 ID:mB/Z/ivv0
>>37
これな!

36: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:40:21.32 ID:wgrhJJjv0
ガキの頃からコミック版ののび太の「~かしら」ってすげぇ違和感あったな
「女かよw」ってみんな笑ってた

165: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 14:19:42.23 ID:77mYV+TC0
>>36
俺も同じだったが
なぜか男性医師で使う人が多いんだよ
彼らが意識しているのかしていないのかわからないが
穏やかで良い印象を受ける

38: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:40:59.83 ID:bj86tIT90
これは思ってた

40: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:41:41.12 ID:Ae/U9Epb0
ドラえもんを熟読していた子供の頃確かに違和感があったな
今ではたまに自分でも使うことある

42: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:41:53.69 ID:ypWH736f0
昭和末ごろにはすでに強い違和感があったな。
原作ぐらい古い文章を読むとなんぼでも出てくるから、
時代性として後から理解すりゃいいじゃん。

44: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:42:29.59 ID:hRrdaGyq0
「かしらん」はよく見かける気がしないかしら

46: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:42:38.75 ID:2g3Vn9L30
漱石とか大宰読むとかしらかしら~言ってるな

48: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:43:12.88 ID:U6LYPKq70
かしらぬが変化してかしらんになって更にかしらに変化したってややこしい

55: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:44:59.13 ID:l06ej6ix0
東京の噺家がよく使っているな

59: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:46:47.69 ID:wCIMFq3s0
>>55
江戸の言葉って今の感覚だと女言葉っぽくない?

670: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 22:20:55.23 ID:eWdJ+hrO0
>>59
>江戸の言葉って今の感覚だと女言葉っぽくない?

正統派伝統的下町(日本橋など)の言葉が女性言葉に転用されたのが多い。
「あたし」(これは下町全土に分布)「かしら」(上で出てた吉田秀和も日本橋の人)「なのよね」(今も超年配の男性が日本橋の裏道で話してるのを聞く)など、元は全部男性が普通に使ってた。

57: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:46:14.64 ID:JKlOmQfG0
原作の連載開始が昭和44年の上に、その時代でも古風なせりふ回しだったらしいし
女の子が同級生の男の子にさん付けで呼びかけるのももはやないだろう

78: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:54:58.61 ID:JtcUgCrQ0
昔の小説とかでよく出るよな
あと、東京の落語聞いてると
カマっぽい話し方だなて思うことがある
江戸の丁寧な話し方ってあんな感じなんじゃないの

80: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:55:23.19 ID:QYYaPznM0
>>1
>男性が『~かしら』という言葉を使っている印象がある

近衛家の当代がNHKでやっぱり「~かしら」と言ってたな
山の手言葉なのかな

87: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 13:58:22.82 ID:G0CTi8un0
年配の人は口語でも使う人がいるけど、
発音は、女言葉と違って「ら」はトーン上げだからね。

100: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 14:03:11.01 ID:6iJbduRa0
彡⌒ミ
(´・ω・`)…女性的な頭になりたいです

113: 名無しさん@1周年 2019/09/16(月) 14:06:26.28 ID:MN5zzE7v0
>>100
かしらが薄いわね

引用元: ・【話題】のび太の「~かしら」は女性的?「東京の方言」 言葉の歴史を紐解いてみた