41ajBbPxl3L



1: 世界@名無史さん 2007/01/08(月) 20:39:54 0
かねてから言われていた始皇帝の悪政=万里の長城、阿房宮の建設
焚書坑儒、法律の乱発などで国民の反発をかって滅亡したというのはなんか単純な希ガスるんですが
漢の武帝も宮殿は作るは、匈奴戦争を半世紀も続けるは始皇帝以上に悪政だったのに漢はずっと続いたし、もっと他に理由があるんじゃないかなと








3: 世界@名無史さん 2007/01/08(月) 20:45:19 0
じゃあ、項羽と劉邦が偶然にも凄い有能だったからじゃね?

9: 世界@名無史さん 2007/01/10(水) 21:18:50 0
>>1
函谷関以東の新領地での法治の導入が性急すぎたんだよ。

10: 世界@名無史さん 2007/01/10(水) 21:27:19 0
「中華の統一王朝」
じゃなく
「秦が周辺諸国を征服して大きくなった国」
なのでもともと不安定だったから、とか。

11: 原長頼入道養嶽 ◆.J.A.P.4.U 2007/01/10(水) 21:28:02 0
統一政権の後継者育成を考えてなかったからだろ。

16: 世界@名無史さん 2007/01/11(木) 15:20:10 0
>>11
始皇帝は自分の死がこれほど早く来ると思ってなかったんでしょうね。


12: 世界@名無史さん 2007/01/10(水) 21:38:45 0
大陸の東西南北で文化が違いすぎたからじゃない?

13: 世界@名無史さん 2007/01/10(水) 21:56:12 0
始皇帝の死が早すぎたのと長城建設を急ぎすぎ、強制動員で秦の支配が安定せず人心が動揺し反乱が頻発した。

14: 世界@名無史さん 2007/01/10(水) 23:20:32 0
はじめてやることには先例がないから、どういう政策が丁度いいか加減がわからず、それで失敗したんでしょう。つまり、急激に膨張しすぎた。

漢やマウリヤ朝は段階的に拡大したし、アケメネス朝は、メディアやアッシリアなど広域支配国家という先例があった。

17: 世界@名無史さん 2007/01/12(金) 03:41:47 0
後継者対策が……って書き込もうとしたらもうガイシュツだったw

後はちと>>14とかぶるが、急激に中央集権化を進めすぎたことかな。
秦の失敗のおかげで、漢以降は比較的このへんをうまく匙加減できたわけで。

27: 世界@名無史さん 2007/05/05(土) 16:30:24 0
ローマのアウグストゥスに当たる人材が現れなかったからだな。

28: 世界@名無史さん 2007/05/15(火) 01:14:17 0
具体的に言うとどんな人材なんだ?

30: 世界@名無史さん 2007/05/15(火) 20:58:16 0
>>28
初代の後をついで磐石な体制をつくり、次代へ引き継ぐような人材ってことでしょう?

32: 世界@名無史さん 2007/05/15(火) 23:57:54 O
郡県制と農民をこき使い過ぎたせいだな

33: 世界@名無史さん 2007/05/16(水) 00:27:31 0
史記に書かれている以外のことは推測以上には言えんな。
戦国末~秦末~前漢初期の混乱で多くの記録は焼失しているだろうし、前漢期にすでに歴史の書き換えは多くが終わっていただろうし。

38: 世界@名無史さん 2007/05/18(金) 03:54:09 0
長城建設などの賦役を課せられた人たちが、天候などの理由で期日に間に合わない

間に合わなかったら死刑

どうせ死刑になるなら反乱をおこしてやるぜ!

41: 世界@名無史さん 2007/05/19(土) 23:31:13 0
生え抜きの軍隊が全土を制圧するには少なすぎだったからじゃないか?
他の六国も一国ずつならともかく連合された状態じゃ手が出せなかったわけだし、全土を掌握するには少なすぎたんだろう。

42: 世界@名無史さん 2007/05/20(日) 00:25:58 0
単に兵力の多少の問題ではないと思うが(もちろん軍事力は要だが)。
「史記」によると七雄時代の秦の兵力は100万人。
漢が統一を決めた「四面楚歌」の時の兵力は30万人。
実数かどうかは解らないが、比率はそんくらいと考えてもいいと思う。

47: 世界@名無史さん 2007/05/21(月) 12:29:12 0
「泰を滅ぼすのは胡なり」と予言されているのに始皇帝が息子の胡亥を偏愛した。

49: 世界@名無史さん 2007/05/21(月) 13:26:53 0
>>47
所詮は後知恵かと。改名すれば解決した問題でもなかろう

48: 世界@名無史さん 2007/05/21(月) 13:21:44 0
漢は秦の制度を引き継いだわりに長続きするよね。
これは単純に始皇帝と高祖の人徳の差によるものだろうか?

49: 世界@名無史さん 2007/05/21(月) 13:26:53 0
>>48
高祖の方がより辛辣で周囲に余計な幻想を持たなかったという事でしょ

50: 世界@名無史さん 2007/05/21(月) 14:12:16 0
李斯列伝を読む限りでは二世皇帝が余りにも愚か且つ残虐。

52: 世界@名無史さん 2007/05/21(月) 21:13:28 0
>>50
後の大義名分論というか正統観と同じように「滅ぼされるのは天命」な感じで書き換えられていると思うけどな

53: 世界@名無史さん 2007/05/22(火) 01:51:48 0
史記の、胡亥を後継者にするために李斯と趙高の二人きりの陰謀、まるでみていたかのように書かれているけど誰が見てたんだろう…
気になって夜も眠れません…

54: 世界@名無史さん 2007/05/22(火) 02:23:04 0
皇帝の子である扶蘇が後継者として、後を継いでも秦は滅亡したのかな?

55: 世界@名無史さん 2007/05/22(火) 02:36:30 0
>>54
胡亥に亡国の責任を被せるためにも史記では扶蘇が賢明であるに描かれているようだけど、実際にそうだったかは闇の中だからねえ。
胡亥が宗族を大量に殺したのは事実のようだけど、扶蘇にしろ他にしろみんなそう易々と殺られるもんなんだろうか。

他の王朝の例からすれば一族間の血で血を洗う内乱があってもよさそうなもんだけど。

65: Ryuju ◆RlujhF6VrA 2007/09/07(金) 23:58:09 0
>>55
後世(秦を倒した漢)の人間にとって、扶蘇を美化する必要があるのか?と思う。
胡亥を叩くのは当然としても、扶蘇も所詮は秦の皇族なわけで。
正直、「始皇帝の子供は全員バカだった」とされて、同様に叩かれてもおかしくない存在だ。
まともに書かれるだけの理由が、扶蘇にはあったと思う。

62: 世界@名無史さん 2007/08/04(土) 21:01:44 0
やはり法律で何でも縛ってればいいという安易な考えが元凶だったと思う
厳しい法律のアンチテーゼの形で始皇帝亡き後各地で反乱が起こったといってもいいだろう

77: 世界@名無史さん 2008/05/10(土) 20:47:59 0
>>62
それはちょっと違うと思う。
厳しい法治体制で秦が強国になったのは間違いの無い所。
法治体制自体に問題があるなら、秦が強国になるまでの間国が持つわけがない。

78: 世界@名無史さん 2008/05/10(土) 20:55:45 0
>>77
秦の法治体制は100年以上かけてゆっくりと発展していったもので、その独自に発展した法体系をいきなりそのままの形で他国に導入すれば、当然拒絶反応が起こるだろ。

79: 世界@名無史さん 2008/05/10(土) 20:58:31 0
>>78
他国の征服は一朝一夕に成したものではないし、秦の支配下になって導入されたのは法治制度だけではないですよね。
度量衡しかり、字体しかり。

67: 世界@名無史さん 2007/10/13(土) 00:34:44 0
章邯や蒙恬らの活躍が…

71: 世界@名無史さん 2007/10/14(日) 23:41:04 0
戦国時代から数えても300年超えて存続しているわけで、統一したころには王朝の末期症状が来ていたとおもう

83: 世界@名無史さん 2008/05/19(月) 19:58:07 0
秦が滅びた後、なぜ元の七国に戻らなかったのか?

項羽はきっとそういう体制を望んでいたのだ。
自らは覇王となり諸王に号令する。

しかし統一され漢ができた。
劉邦は皇帝になった。
一部は手直ししたものの秦の制度を引き継いだ。

87: 世界@名無史さん 2008/05/20(火) 01:50:22 0
織田信長がすぐ滅亡したのと同じ理由
始皇帝はキ〇ガイ過ぎる

88: 世界@名無史さん 2008/05/20(火) 23:22:57 0
キ〇ガイじゃなきゃ天下統一できねーんだろ

さらにそれを維持させるには、劉邦・家康タイプじゃないといかん

89: 世界@名無史さん 2008/05/20(火) 23:49:32 0
それはどうかな?
劉秀や李世民や朱重八は基地外だろうか?

…ごめん最後は余計だった

100: 世界@名無史さん 2008/05/24(土) 02:21:13 O
>>89
朱重八に関しては、明王朝自体は存続したものの、死後すぐに靖難の役が起きて南京政権が倒れているから、体制が長続きしたとは言えない気がするが。

93: 世界@名無史さん 2008/05/22(木) 03:59:09 0
>>1
始皇帝があまりにも天才過ぎて、その意義と功業が定着できる時間が無いまま崩御したから。

98: 秦は滅亡しなかった! 2008/05/23(金) 20:17:44 0
秦は滅亡しなかった。
ただ王様と国号が変わっただけ。

という解釈はどうだ。
秦の構築した国家システムの上に、劉王朝が乗っかった。
史記にも、劉邦が秦を攻め滅ぼしたとき、部下の・・誰だったかな、
とにかくそいつが秦の文書を保存させた、という記述がある。
つまり、秦の国家システムを保存し存続させたわけだ。

99: 世界@名無史さん 2008/05/24(土) 00:02:24 0
旧秦の王族貴族で漢に仕えた人間はいたの?

120: 世界@名無史さん 2008/06/05(木) 02:48:47 0
>>99
積極的に採用している
有名なのは李信将軍の子孫かな

101: 世界@名無史さん 2008/05/24(土) 09:24:28 0
秦は異民族だったからだろ。
国家が崩壊滅亡したというより異民族から漢民族へ政権の移行が起こっただけ。

105: 世界@名無史さん 2008/05/24(土) 21:38:42 0
>>101
劉邦の出身国の楚や燕辺りも漢民族かと言うと微妙な位置だと思うんだが。

106: 世界@名無史さん 2008/05/24(土) 23:51:18 0
>>101
あの当時は漢民族なんて概念も無く
漢族の劉ほうもまた中原に割拠する一民族の出身でしかなったはず

まあ、孤立してた秦族とくらべて、 大多数の少数民族を味方に付けた部分は大きいけどな

121: 世界@名無史さん 2008/06/05(木) 04:32:06 0
一応、史記に書いてあることを真に受けると

秦&項羽 厳しすぎ
劉邦 ゆるゆるが民衆に大ウケ

という感じだが

122: 世界@名無史さん 2008/06/05(木) 09:38:44 0
>>121
民衆ではなく、現実に社会に影響力を持っている領主、貴族層にゆるい、ってのが正しい認識だと思うがな>劉邦
足利尊氏みたいなもんだ。

129: 世界@名無史さん 2008/06/24(火) 04:12:21 0
秦は戦いに使ったエネルギーをそのまま阿房宮やら驪山稜の建設にまわしたから、平和を望んだ民衆の怒りが募る

これがあっての陳勝・呉広の乱が起こる+始皇帝が死んで胡垓&張高じゃ手に負えない
こんな感じじゃね

130: 世界@名無史さん 2008/06/24(火) 06:52:24 0
秦の章邯では楚の項羽や漢の韓信にとても対抗できなかったから。

133: 世界@名無史さん 2008/06/24(火) 19:46:44 0
巨鹿の戦いでの敗戦が契機となってそれまでの優勢が一気に逆転、
滅亡まで追い込まれた。

134: 世界@名無史さん 2008/06/25(水) 04:36:20 0
農民が反乱するとは思わなかったんじゃね?

陳勝・呉広の乱が中国史上初の記録された民衆反乱だし

引用元: ・どうして秦は短期間で滅亡したのか



人間・始皇帝 (岩波新書)
鶴間 和幸
岩波書店
売り上げランキング: 164,921