1: 樽悶 ★ 2019/09/30(月) 23:06:44.08 ID:5PlOGGDh9
虐殺の後が残る頭蓋骨
https://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/0/1/010a0b5a.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/3/2/32325393.jpg

1238年、モンゴル軍がロシアのヤロスラヴリの村を襲撃、大虐殺が行われた。

占領中、おびただしい数の住民たちが残虐な方法で殺された。今、DNA分析によって、犠牲となった3世代に渡る家族の悲劇が垣間見えてきた。

■虐殺後、共同墓地に打ち捨てられたおびただしい数の遺体

虐殺の後、遺体はまとまった単位で共同墓地にうち捨てられた。身元がわかるようなものはなにも出てこないが、モスクワ物理工科大学の研究者たちが、ひとつの墓から発見された3遺体のDNA分析を行った。3人は女性ふたりと若い男性で、母と娘、そしてその孫息子という近親者であることがわかった。

3人のうち年長の女性は、少なくとも55歳、娘は30~40歳、孫息子は未成年だった。この家族の遺体が出てきた墓は、ヤロスラヴリにある9つの墓地のうちのひとつで、全部合わせると300体以上の遺体が葬られていたという。

人類学者によるこれまでの骨の調査でも、3人は血縁ではないかと思われていた。頭蓋骨の特徴が似ていて、骨格から脊椎披裂、つまり未発達の脊髄をもつ遺伝性先天異常であることがわかっていた。

この3人の家族は、ヤロスラヴリの中心にある城郭内の住居穴で発見され、ここには全部で15人が埋められていた。

町が占領されていた間、この敷地の多くが焼き払われたが、わずかに残った建物や人工物から、ここはかつては裕福な屋敷であることがうかがえたという。

殺された家族が裕福だったことは、遺体の歯からもわかる。ほかの地域の住民よりも、ここの遺体の歯はかなり虫歯が進行していて、この家族がハチミツや砂糖を含む食事を習慣的に食べていたこと、つまり身分が高い家系であったことがわかる。

(以下略)

全文は
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0927/kpa_190927_7404746974.html








4: 名無しさん@1周年 2019/09/30(月) 23:09:51.75 ID:Aq77/Eat0
おそモンゴル

7: 名無しさん@1周年 2019/09/30(月) 23:11:53.86 ID:UiCfsPlN0
本当の第一次世界大戦ってヨーロッパイスラムモンゴルで三つ巴戦やった13世紀だろ

12: 名無しさん@1周年 2019/09/30(月) 23:21:20.69 ID:JJ6fE4kQ0
殺すのはしかたないにしてもなんで残酷に殺すの?

16: 名無しさん@1周年 2019/09/30(月) 23:25:22.32 ID:AFpcnSSl0
写真を見ると共同墓地っていうより死体を埋めた穴の跡だな。
何ヶ月も野ざらしだったということは、ヤロスラブリは長期間行政がない状態だったんだろう。

騎馬民族が有力だった時代にロシアみたいな平原で農耕民族が国家を保つって並大抵のことじゃないわ。

31: 名無しさん@1周年 2019/09/30(月) 23:43:26.00 ID:2pLnGqf00
>>16
この時代まだロシアという国はなかったしね
モンゴルにとっても豊かでない現ロシア支配は旨みがなかったらしい

36: 名無しさん@1周年 2019/09/30(月) 23:57:05.90 ID:wwqJdJ1A0
>>16
イヴァイロ (豚飼い→第2次ブルガリア帝国皇帝)

モンゴル帝国・ビザンツ帝国、の両帝国軍を相手に農民集団を率いて勝利し続けうまくいけばVSモンゴル帝国で最優秀賞候補・・・クーデター起こされ終了

やはり陸続きだと政治的圧迫がきつい

33: 名無しさん@1周年 2019/09/30(月) 23:46:06.94 ID:n2k1nkFO0
やはり逆らったから殺されたんだろうか。
素直に帰順していれば助かった?

34: 名無しさん@1周年 2019/09/30(月) 23:55:06.29 ID:kVsWng5f0
モンゴルは交渉相手たりうる規模の大きな政府や大邑にたいしては降伏勧告から入るが、蹂躙して通るほうが早い集落はこんなかんじ。
ロシアにはウラジーミル大公ってタイトルはいちおうあったけど基本的には突出した中心のない小集落群の大地だったんだよな。

35: 名無しさん@1周年 2019/09/30(月) 23:56:51.50 ID:Y3/lJrYd0
最近は 元朝の文化は 本当は充実してたって言うけど 本当なのかな。文学とかなんか残ってるのかね。ホーミー以外思いつかん。

43: 名無しさん@1周年 2019/10/01(火) 00:27:37.24 ID:VH6aosSf0
>>35
元朝こそ中国の大衆文化が花開いた時代なんだぜ。

理由は、(当初)元朝政府が経済に強い色目人を官僚として重用し、中国古典を脳内にぎっしり詰め込んだ漢人官僚を冷遇したから。
官僚としての立身出世の望みを絶たれた漢人たちは、古典知識をフル活用して中国の歴史に題材をとった戯曲や小説を大量に作成した。

中国史=悪政の中央政府や侵略者たる北方民族に抵抗する勧善懲悪()の物語だから、歴史物語をテーマにするだけで元朝を批判することができたんだよ

37: 名無しさん@1周年 2019/10/01(火) 00:09:18.53 ID:2n7zepg+0
ロシアのコサックだってシベリアを征服した時には似たようなことをしたんじゃないの?

39: 名無しさん@1周年 2019/10/01(火) 00:12:56.70 ID:GvUGaEtW0
これが人間の歴史の本性的な部分なんだろうな

またいつ牙を剥き始めるか

40: 名無しさん@1周年 2019/10/01(火) 00:14:34.88 ID:O5+1G3YV0
何つーか、想像してた以上に虐殺だった

44: 名無しさん@1周年 2019/10/01(火) 00:28:54.60 ID:+CH14NyJ0
面白いのはタタールの軛でもっとも得をしたのはロシアの前身であるモスクワ大公国なんだよ。
キプチャク汗国の集金係におさまってロシア全土から貢納を絞るうちに指導的地位を得るに至った。

引用元: ・【歴史】ロシアの共同墓地から発見されたモンゴル軍に虐殺された痕跡が残る13世紀の家族の遺骨